ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を扱っている個人ブログになります。
サンプルレシピの紹介や開封結果、大喜利などを取り扱っています。

もしよろしければ、フォローもお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【雑記】10月からの新リミットレギュレーションについての感想!


そろそろかなと思っていましたが、10月からの新リミットレギュレーションが判明しましたね。
では、中身を見てみましょう。
【新禁止】
「真竜剣皇マスターP」
「ドラゴニックD」

新禁止は、「真竜」デッキで厄介な2枚が同時に牢獄に行くことに。
「真竜剣皇マスターP」は、いくかなと思っていましたが、まさか両方いくとは…。
【新制限】
「ABC-ドラゴン・バスター」
「源竜星-ボウテンコウ」
「召喚師アレイスター」
「真竜拳士ダイナマイトK」
「魂喰いオヴィラプター」
「同族感染ウィルス」
「ベビケラサウルス」
「テラ・フォーミング」
「グリモの魔導書」
「真竜の継承」
「真竜皇の復活」
「トリックスター・リンカーネイション」

続いては、新制限。
やはり目立つのは恐竜と「真竜」、そして「WW」関連ですね。
特に「真竜」は、少し過剰気味かなとも思いますが、前例もあることですし、制限を受けても出張パーツとして、他のデッキへ組み込まれるのを防ぐための意味合いもあるかもしれないですね。

少し驚いたのは、「召喚師アレイスター」の制限ですかね。
融合戦術を取り入れる出張パーツとして、とても優秀でしたから、仕方がないといえば仕方がないか。

そろそろリンクモンスターを推したいという思惑も多少あるかも。
(最近、「オルターガイスト」デッキに入れましたが、考え直さねば…。)

今回、禁止から出獄したのは、懐かしいの「同族感染ウィルス」くん。
エラッタもなく、出てくることができました。

このモンスターが使ってた当時は、戦士族や魔法使い族とか言って、除去したり、除去されたりしてました。
(主に、開闢や混黒を除去。)
なつかしい…。

ノーコストで、モンスター除去するヤツがライバルになりますが、今の環境でも使われるのかな?

あと「メタバース」の登場は、やはり「テラ・フォーミング」制限への布石だったみたいですね。
最近は、フィールド魔法も利用するテーマが増えているので、制限化は、影響大ですね。

「トリックスター・リンカーネイション」は、ようやくと言った感じで、この位置は妥当ですね。
【新準制限】
「WW-アイス・ベル」
「召喚僧サモンプリースト」
「増殖するG」
「化石調査」
「貪欲な壺」
「未来融合-フューチャー・フュージョン」

新準制限は、ドロー系やサーチ系が多いですね。
ついに、手札誘発の「増殖するG」が入ってきましたね。

また、緩和カードでは「貪欲な壺」は、うれしいところ。
リンク召喚すると、手札消費も荒いし、墓地もすぐたまるので、「星杯」デッキ等では、ドローカードとしてありがたいです。

「WW」からは、「WW-アイス・ベル」が規制の対象に。
サーチ効果を持つ「WW-グラス・ベル」ではないのですね。
サーチの方かなと思ってました。

「召喚僧サモンプリースト」は、新しい召喚法が出る度に、準制限に緩和されたり、制限に強化されたりと、行ったり来たり。
今回は、リンク召喚を促進する緩和でしょうか(?)
【制限解除】
「EMペンデュラム・マジシャン」
「黒き森のウィッチ」
「彼岸の悪鬼 スカラマリオン」
「レスキューキャット」
「異次元からの埋葬」
「炎舞-「天キ」」
「儀式の準備」
「機殻の生贄」
「真帝王領域」
「揺れる眼差し」
「竜の渓谷」

制限解除組は、ペンデュラムや「テラ・フォーミング」の制限に伴ってのフィールド魔法の緩和が目立ちます。

シンクロ時代に利用価値が大幅に上がった「レスキューキャット」が緩和に。
時代の流れを感じます。

エラッタされても、全盛期と同じように...とはいきませんが、獣族モンスターが増える度に、このカードの利用価値も上がってくると思うので、今後の動向に注目したいと思います。

「炎舞-「天キ」」は、「十◯獣」の呪縛から解放されるといったところ。
ようやく、獣戦士族デッキにサーチカードがフルで帰ってきます。

また、「竜の渓谷」の緩和で、「ドラグニティ」達が渓谷を自由に飛べます。
長かった。

それから「異次元からの埋葬」や「儀式の準備」の緩和で、除外を利用するデッキや儀式デッキに光が戻ってきそうです。
PIC000023
これでようやく9期の最後に登場した強力なテーマに一区切りがつき、中堅に落ちた9期のテーマや10期のテーマにチャンスが。
ただ、しばらくは「SPYRAL」環境になりそう。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

原点回帰で、ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】純構築シリーズ:「サブテラー」デッキ!


今回、紹介するサンプルレシピは、「エクストラパック2017」で登場した「サブテラー」デッキです。

では早速、中身を紹介したいと思います。
【採用したカードについて】
■サブテラーマリス
全て上級モンスターの地属性で、以下の共通効果を持っています。
〈共通効果〉
このカード名の3の効果は1ターンに1度しか使用できない。
1:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
2:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
3:このカードがリバースした場合に、それぞれのモンスターが持つ効果を発動できる。

そんな共通効果を持つ「サブテラーマリス」の中で今回採用したのは、以下の5種類です。
●サブテラーマリス・エルガウスト×1
_20170912_115828
攻撃力が高く、モンスターを攻撃表示にして、攻撃力を0にするリバース効果を持つ。

●サブテラーマリス・ジブラタール×1
_20170912_115528
手札の「サブテラー」を1枚捨てて、2枚ドローできて、+1枚のアドになるリバース効果を持つ。

●サブテラーマリス・リグリアード×2
_20170912_115645
相手モンスター1体を除外するリバース効果を持つ。

●サブテラーマリス・ボルティニア×1
_20170912_120008
守備力が高く、裏側表示の相手モンスター1体のコントロールを奪えるリバース効果を持つ。

●サブテラーマリス・アクエドリア×2
_20170912_120118
「サブテラーマリス」の数だけ、セットカードを破壊できるリバース効果を持つ。

除去系効果は2枚、その他は1枚という感じにしました。
今回紹介するサンプルレシピでは、「サブテラーマリス」は、7枚体制となってます。


■サブテラー
採用した下級の「サブテラー」モンスターは、上記の「サブテラーマリス」を展開できる効果を持っているので、それを活用していきます。

●サブテラーの戦士×3
_20170912_120241
「サブテラー」専用の「おろかな埋葬」効果+墓地へ送ったモンスターのレベル以上になるように「サブテラーの戦士」と自分のフィールドのモンスターを1体以上リリースすることで、その「サブテラー」モンスターを墓地から表側守備表示また裏側守備表示で特殊召喚する効果(1番目の効果)を持っています。

他にもモンスターが必要ですが、相手ターンでも効果を使うことができるため、対象を取る破壊を回避する使い方もできます。

また、自分フィールドの「サブテラーマリス」モンスターがリバースした場合に(ダメージステップでも発動可能)、墓地のこのカードを特殊召喚できる効果(2番目の効果)を持っています。

流れとしては、2番目の効果を使って、1番目の効果を使うとスムーズにできます。

●サブテラーの射手×3
_20170912_120437
戦闘・効果破壊された場合に、デッキから「サブテラー」モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚するリクルート効果。(2番目の効果)

破壊される必要があるものの、「サブテラーの戦士」に比べたら手間が少ないので、デッキから「サブテラーマリス」を展開したい時は、こちらがいいでしょう。

●サブテラーの妖魔×3
_20170912_120621
自分フィールドの表側表示モンスター1体を裏側守備表示すると、自分の手札・墓地の「サブテラー」モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する効果。(2番目の効果)

自身も対象にできるため、このカードを裏側にすることで、手札にたまった「サブテラーマリス」を展開、または、墓地から「サブテラーマリス」を蘇生という感じで使うことができます。


■裏風の精霊×3
_20170912_120802
召喚時にリバースモンスターをサーチできるモンスターです。
この効果で、「サブテラーマリス」をサーチしてきて、次へ備えます。
「皆既日蝕の書」があれば、すぐにサーチしてきた「サブテラーマリス」を特殊召喚することもできます。

「サブテラー」モンスターのサーチに関しては、現状「地中界シャンバラ」しかないので、サーチ手段は多くあった方がいいだろうということで採用してます。

この枠は、効果次第ですが将来的には「サブテラーの導師」になるかもしれません。


■地中界シャンバラ×3
_20170912_121928
3つの効果を持つフィールド魔法です。
まず、発動した時の効果が、「サブテラー」モンスターの1体のサーチ。
→「サブテラー」の下級モンスター、上級モンスターを手札、墓地の状況によって選択できます。

そして、自分のメインフェイズ時には、裏側守備表示の「サブテラー」モンスターを表側攻撃表示or表側守備表示にする効果。
→特殊召喚したての「サブテラーマリス」のリバース効果をすぐに使えます。

また、相手モンスターの攻撃宣言時には、裏側守備表示の「サブテラー」モンスターを表側攻撃表示or表側守備表示にして、その攻撃を無効にする効果。
→相手モンスター1体の攻撃を無効にしながら、「サブテラーマリス」のリバース効果も使えます。


■簡易融合×2
「サウザンド・アイズ・サクリファイス」と「召喚獣ライディーン」用です。
「サウザンド・アイズ・サクリファイス」は、モンスターを除去したい時に出して、その後、レベル1の「サブテラーの妖魔」とともにランク1になったり、「皆既日蝕の書」で裏側にしたりして、活かすこともできます。

「召喚獣ライディーン」は、効果で自身を裏側にして、「サブテラーマリス」を特殊召喚する条件を整えたり、「サブテラーマリス・アクエドリア」がいる時に、ランク5の素材になったりとできます。


■皆既日蝕の書×3
このカードを発動するだけで、「サブテラーマリス」を特殊召喚できる条件が整います。

もちろん、防御カードとしての機能も使えます。
ただ、相手にドローさせてしまう効果があるので、諸刃の剣でもあります。
(「月の書」と迷うところです。)

■サブテラーの決戦×2
発動後、墓地へは送らず、そのままセットする「サブテラー」専用の罠カードで、
4つの効果からその場に合わせた効果を選べます。
●裏側守備表示の「サブテラー」モンスターを表側攻撃表示or表側守備表示にする。
●表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。
●表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選び、そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、その元々の攻撃力と守備力を合計した数値になる。
●このターン、「サブテラー」カードの発動する効果は無効化されない。


■砂塵のバリア-ダスト・フォース-×1、底なし落とし穴×2
「砂塵のバリア-ダスト・フォース-」は攻撃反応型、「底なし落とし穴」は召喚反応型という違いがありますが、どちらも相手モンスターを裏側守備表示にする(表示形式を変更できない)罠カードです。

裏側表示モンスターに対して、効果を発動できる「サブテラーマリス・ボルティニア」や「サブテラーマリス・アクエドリア」の他に、裏側守備表示モンスターに攻撃した時に、そのモンスターをデッキに戻せる効果も持つ「サブテラーの射手」などがいるので、相手モンスターを裏側守備表示にできるカードがあっても役に立ちます。


【エクストラデッキについて】
今回のサンプルレシピのエクストラデッキは調整中なので、記載していませんが、その代わりにエクストラデッキの方向性について書きたいと思います。
■融合モンスター
やはり、「簡易融合」で出せるモンスターになります。

まずは、「サブテラーマリス」の特殊召喚効果満たせる「召喚獣ライディーン」が候補になります。
次は、レベル1でモンスターを除去できる「サウザンド・アイズ・サクリファイス」と言ったところでしょう。
また、シンクロを取り入れるなら「テセウスの魔棲物」も候補になってきます。


■エクシーズモンスター
ランク4やランク1、ランク5あたりになってくると思います。

●ランク4
レベル4は、「サブテラーマリス」がリバースした時に、墓地から特殊召喚できる「サブテラーの戦士」がいるため、並べやすいかと思います。

ランク4モンスターですが、汎用性の効果を持つモンスターで固めるといいかもしれないですね。
爬虫類族の「サブテラーマリス・リグリアード」をサーチできる「キングレムリン」もいいかも。

●ランク1、ランク5
「簡易融合」で特殊召喚した「サウザンド・アイズ・サクリファイス」と「サブテラーの妖魔」、
または、「召喚獣ライディーン」と「サブテラーマリス・アクエドリア」の組み合わせになります。

ランク1は、「森羅の姫芽宮」、
ランク5は、除去&バーン効果を持つ「No.61 ヴォルカザウルス」、
セットカードを2枚まで破壊できる「発条装攻ゼンマイオー」、
2回攻撃を付与でき、まずはこのモンスターを攻撃対象にしなければならない「シャーク・フォートレス」あたりが候補になるでしょう。


■リンクモンスター
守備表示という概念がないため、「サブテラーマリス」を展開しきった後に、出すという順番がいいでしょう。

地属性が素材指定の「ミセス・レディエント」やリバースモンスターが素材指定の「サブテラーマリスの妖魔」あたりに。


【サンプルレシピ】
採用したカードの説明の後は、サンプルレシピの紹介して終わりたいと思います。
ご参考になればと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター19枚〉
サブテラーマリス・エルガウスト×1
サブテラーマリス・ジブラタール×1
サブテラーマリス・リグリアード×2
サブテラーマリス・ボルティニア×1
サブテラーの戦士×3
裏風の精霊×3
サブテラーの射手×3
サブテラーマリス・アクエドリア×2
サブテラーの妖魔×3

〈マジック16枚〉
地中界シャンバラ×3
テラ・フォーミング×2
おろかな埋葬×1
ワン・フォー・ワン×1
簡易融合×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
皆既日蝕の書×3

〈トラップ5枚〉
サブテラーの決戦×2
砂塵のバリア-ダスト・フォース-×1
底なし落とし穴×2

※エクストラデッキ調整中。

以上で「サブテラー」デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王シングル買い】エクストラパック2017編!


「エクストラパック2017」の開封報告の後は、恒例のシングル買いです。
「サブテラー」デッキを作りたいので、9月8日と9月9日にかけて、「サブテラー」関連を購入しました。

■9月8日(金)
召喚獣ライディーン×1(250円)
_20170909_155428
「召喚獣ライディーン」は、「簡易融合」で出して、「サブテラーマリス」の特殊召喚条件を満たすことができるので、入れようかなと思っています。


■9月9日(土)
サブテラーの戦士×3(480円)
サブテラーマリス・リグリアード×1(380円)
テセウスの魔棲物×2(380円)
融合再生機構×2(380円)
_20170909_154014
※レア以下
サブテラーの妖魔×1
地中界シャンバラ×1
F.A.ハングオンマッハ×1
サブテラーの決戦×1
F.A.ダウンフォース×1
_20170909_154253
※追加購入分
ミセス・レディエント×1(280円)
ブラック・ホール×2(100円)
ハーピィの羽根帚×1(680円)
_20170909_154629
9月9日分は、「SPYRAL」のリンクモンスターを売ったら、それで「サブテラー」とこれから期待できそうなカードをほぼ買えたことにビックリしました。
(シングルの売りでも、SPYRALの力は恐ろしかった。)

シングル買いの中身ですが、
「サブテラー」からは、BOX買いでは1枚も当たらなかった「サブテラーの戦士」を3枚と「サブテラーマリス・リグリアード」を1枚購入。

汎用的な効果を持つ「サブテラーマリス」は、2枚ぐらいの採用でいいかなとか考えていたりします。

これからの活躍が期待できそうなカードからは、
「テセウスの魔棲物」と「融合再生機構」を確保しておきました。

融合チューナーは、これからいろいろと使われるでしょうね。
特にエクストラパックのカードは、あるうちに確保しておいたほうが、後々、役立つパターンが多いので。

「融合再生機構」は、最近、崩したシャドールを復活させてみようかなと思っています。
(リンクヴレインズパックで強化される候補に上がってますし。)

レア以下は、2箱買いで3枚当たらなかったものを中心に購入。

思ったよりも安くすんだので、追加購入で、
「ミセス・レディエント」×1(「サブテラー」は、裏側守備にする都合上、リンクモンスターとあまり相性がよくありませんが。)と、今後もデッキが増えるであろうと思い、「ブラック・ホール」×2、「ハーピィの羽根帚」×1と汎用性のあるカードを購入しました。


最後にですが、前回は終了していてもらえませんでしたが、今回は「コード・トーカー」を無事に確保できました。
(安堵)
_20170909_155454
今回の箱買いでは、作りたかった「サブテラー」関係が当たらず、残念でしたが、シングル売りのおかげで、シングル買いの予算を大幅に抑えることができました。

SPYRALのリンクモンスターですが、聞いた話によると、1カートン(24箱)に6枚の確率(しかも、固定)だそうで、デュエリストにとっても、シングルを扱うお店にとっても泣きの状態になっているようです。

今回のエクストラパックのシークレットは、ヤバいですね。

以上で、エクストラパック2017に関連するシングル買いの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力お願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王開封報告】エクストラパック2017編


さて、「エクストラパック2017」の開封報告をしたいと思います。
ただ、今回は少し趣向を変えて紹介したいと思います。
_20170908_153330
ハイロン博士:「そこに2箱のエクストラパックがあるじゃろう!」
ハイロン博士:「好きな方の開封報告を見るのじゃ。」

1.左側の箱(1箱目)
(URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/72503034.html

2.右側の箱(2箱目)
(URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/72503072.html

※気になるほう、または両方の開封結果をご覧ください。

【編集後記】
皆さんの開封結果は、どうでしたでしょうか?
今回は、「SPYRAL」や「サブテラー」デッキを作らない人は、箱買いまでとはいかないかもしれませんが、
それら以外のカードにも、注目できるカードがあるので、そちらを狙ってみるのもありかもしれないですね。

ハイロン博士:「さあ、君もエクストラパック2017でデッキを強化して、ポ〇モンマスターに!」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【ブログランキング】
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2