Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【大喜利王】お題編「私をエラッタしてください。」


すいません。
更新の間隔があいてしまいました。
ネタがないせいです笑

(早くパック発売して~)

ネタがないので、今回は少し考えていた、読者参加型の企画を形にしてみたいと思います。
(いわゆる蔵出し企画です。)

新たな企画の名は、
大喜利+遊戯王で【大喜利王】です。

参考までに、
大喜利とは...
お題に応じた面白い回答を披露し、競い合う演芸
です。
イメージ的には、出されたお題にボケを入れた回答をすればいいかなと思います。
(その辺は、私達はお笑いのプロではないので、気楽に考えてもらえればいいかな。)

では、記念すべき第1回目のお題は、「私をエラッタしてください。」です。

そして、エラッタするカードはこのカード!
■魔導法皇ハイロン
PIC000023
そうです。「魔導法皇ハイロン」です!
いつも名前を使わせてもらってます。

効果は、
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードの数まで、相手フィールド上の魔法・罠カードを選んで破壊する。
今となっては(いや、出た当時も?)無惨な効果ですね~笑
これは、早急に良い方向でエラッタが必要です!

今回は読者の皆様に、このカードのエラッタ案を考えていただきたいと思います。

例として、私が考えたエラッタ案を紹介しておきましょう。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分は3回連続で手をたたく。
その音を聞いて自分の方を見た人の数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

私が考えたのはこんな感じになりましたが、
何か思いつきましたら、コメント欄に投稿していただければと思います。
(できれば人とは被らないペンネーム的なものもあるといいのですが。)

面白い回答を集めて、いずれ紹介するのもいいかもしれませんね。

では、読者の皆様からのコメントをお待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】儀式で戦力補強?「レッドアイズ」デッキ!!


今回、紹介するサンプルレシピは、「レッドアイズ」デッキです。
過去に作っていた「レッドアイズ」デッキを新マスタールールに合わせて構築し直してみました。

まずは、サンプルレシピからの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
竜姫神サフィラ×2
真紅眼の黒竜×3
真紅眼の凶星竜―メテオ・ドラゴン×1
真紅眼の飛竜×3
真紅眼の遡刻竜×2
マンジュ・ゴッド×3
黒鋼竜×2
伝説の黒石×3

〈マジック17枚〉
儀式の下準備×3
レッドアイズ・インサイト×3
真紅眼融合×3
ヘルモスの爪×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
祝祷の聖歌×3

〈トラップ3枚〉
レッドアイズ・スピリッツ×2
竜の束縛×1

〈エクストラデッキ14枚〉
■融合モンスター5枚
真紅眼の黒竜剣×2
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン×3

■エクシーズモンスター7枚
鳥銃士カステル×1
竜魔人クィーンドラグーン×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
No.28 タイタニック・モス×1
No.11 ビッグ・アイ×1
真紅眼の鋼炎竜×1

■リンクモンスター2枚
リンク・スパイダー×1
デコード・トーカー×1

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術キーワード〉
■レッドアイズ
_20170406_145422
このデッキのメインモンスター達。
「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外は、「伝説の黒石」の効果で、デッキから特殊召喚できます。

また、「レッドアイズ」魔法・罠カードは、「レッドアイズ・インサイト」でサーチできますし、「レッドアイズ」カードは、「黒鋼竜」がフィールドから墓地へ送られた場合にもサーチできます。

以下は、「レッドアイズ」モンスター達の主な役割です。
●レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
→展開のキーカード。手札・墓地からドラゴン族を蘇生します。

●真紅眼の凶星竜ーメテオ・ドラゴン
→「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」の融合素材その1。
デュアルモンスターなので、もう一度召喚すれば、「レッドアイズ」モンスターを戦闘・効果破壊から守れます。

●真紅眼の黒竜
→「伝説の黒石」で出せる最大レベルのモンスター。
融合召喚・エクシーズ召喚・リンク召喚といろいろな素材になれます。

●真紅眼の飛竜
→召喚権を使っていない自分のターンのエンドフェイズに効果を使えます。
このカードを除外して、墓地の「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を蘇生するのがベター。
ちなみに蘇生対象は、「レッドアイズ」なら何でもOK!

●真紅眼の遡刻竜
→レベル7以下の「レッドアイズ」が相手モンスターの攻撃・相手の効果で破壊された場合の保険。
その時に破壊されたモンスターが戻ってきます。


■融合召喚
_20170406_145648
「真紅眼融合」で「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」を出します。
融合素材は、「レベル7の「レッドアイズ」モンスター+レベル6のドラゴン族」になるので、

レベル7の「真紅眼の黒竜」とレベル6は「真紅眼の凶星竜―メテオ・ドラゴン」or「竜姫神サフィラ」を手札・デッキ・フィールドから墓地へ送って融合召喚するといいでしょう。

なお、「真紅眼融合」を発動するターンは、モンスターを召喚・特殊召喚ができなくなりますので、ご注意を!
(なお、モンスターのセットはできます。)

あと、もう1つ融合モンスターを出す方法として、「ヘルモスの爪」があります。
_20170406_145951
自分の手札・フィールドのドラゴン族を「ヘルモスの爪」で墓地へ送って、「真紅眼の黒竜剣」を特殊召喚します。

なお、「真紅眼の黒竜剣」は、すぐに装備化効果が発動するので、自分フィールドにモンスターを用意しておく必要があります。
(用意しないと、装備化効果が強制なため、最悪の場合、相手モンスターに装備することになります。)

「真紅眼の黒竜剣」を装備した後は、少なくとも攻撃力は1500以上アップするので、だいたいのモンスターを戦闘破壊できることになるでしょう。
(フィールド・墓地にドラゴン族が増えれば増えるほど上昇幅がすごいことになるので、終盤になればフィニッシャー級のモンスターを作れることも。)

また、自分のエクストラモンスターゾーンを能動的にあけて、新たなエクストラデッキからモンスターを呼ぶという役割もできます。


■儀式召喚
_20170406_145840
新マスタールールになってから、新たに加えた戦術です。
「竜姫神サフィラ」を取り入れたのは、やはり「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」の融合素材になれるモンスター(融合素材その2)で、まだ汎用性があるドラゴン族の儀式モンスターということで、採用してます。

2枚ドローして、手札入れ替え効果も「真紅眼の飛竜」や「伝説の黒石」を捨てると無駄がないですし、墓地の「祝祷の聖歌」で守れる点もポイントも高いです。


■エクシーズ召喚
融合召喚に比べると出す機会が少ないですが、ランク4とランク6、ランク7を用意してます。
基本は、「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」や「死者蘇生」、「レッドアイズ・スピリッツ」などの蘇生カードで、
レベル4・6・7のモンスターを墓地から特殊召喚した後、「伝説の黒石」を召喚して、対応するレベルの「レッドアイズ」モンスターをデッキから特殊召喚するのが、自然な流れかと思います。


【あとがき】
リンク召喚に頼らなくても戦えるように、「レッドアイズ」デッキに儀式モンスターを取り入れてみました。
「レッドアイズ」の儀式モンスターと言えば、「ロード・オブ・ザ・レッド」や「黒竜の聖騎士」がいますが、「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」の融合素材になれないので、不採用に。

最初の頃は、「祝福の教会―リチュアル・チャーチル」を採用し「竜姫神サフィラ」や「高等儀式術」をサーチして、儀式素材を用意しなくても儀式召喚ができるような構築を考えました。

しかし、融合召喚で「竜姫神サフィラ」を墓地へ送ることもあるし、「祝祷の聖歌」もあるので、「儀式の下準備」を使った方が効率がいいのかなと思い、後者の方を選びました。
(前者の方は、さらにバニラモンスターや「テラ・フォーミング」も採用する必要が出てくるので、枠的にも少し厳しかった。)

このあたりの選択は、儀式素材を用意するか・用意しないかで変えるといいでしょう。
(デュアルでないレベル6・バニラの「レッドアイズ」がいたら、全然、前者でもよかったのですが…。)

以上で、儀式レッドアイズデッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【その他】ハイロン研究所を初めて訪れた方へ


今春休みで、初めてハイロン研究所に来ましたという方もいると思うので、改めてこのブログの説明をさせていただきます。

ハイロン研究所とは・・・
管理人のハイロンが、2015年6月から始めた個人ブログで、
遊戯王について書いています。

書く記事の内容は、以下のカテゴリーに分類して書いています。
(タイトルにも、【○○○】という形で記載してます。)

■【カードリスト】
文字通り、パックやストラクチャーデッキなどのカードリストを紹介してます。
カードリストだけでは足りないので、
レアリティごとに一覧にしたもの(ノーマルは除く)や、判明したカードリストを見てのハイロンの感想も合わせて書いたりしてます。


■【デッキレシピ】
ハイロンが作ってみたデッキを紹介しています。
ただ、ハイロンは大会とかに出ない人なので、フリー対戦向けと考えていただければ、いいかと思います。

最近、サブカテゴリーとして、【新マスタールール対応】と【マスタールール3対応】という表記を追加し、分類しました。


■【シングル買い】
カードショップで買ったシングルカードを紹介してます。
たまに、サプライ商品も紹介することもあるかもしれませんが稀です。
時期的には、商品の発売日以降の投稿が多いです。

去年の反省から、今年は買いすぎないようにします笑


■【開封報告】
基本は、パックやストラクチャーデッキなど発売日の1日前にフラゲできるお店で購入して、パック買いや箱買いの参考になるように、開封結果を紹介してます。
また、開封結果を受けての感想等も合わせて書いてます。


■【雑記】
遊戯王ネタについて、いろいろと書いています。
(ただ、アニメについては今まで書いたことがなかったような気が...。)
困った時は、だいたいこの雑記に分類していると思います。


■【カード考察】
ハイロンが、これ使えそうとか、面白いそうと思ったカードについて取り上げて書いています。

カード考察では発売後のカードについて紹介し、
発売前のカードを考察する場合は、【未来研究】という名で紹介してます。


■【1BOX開封合戦】
企画物その1。
参加者に、1箱で当たったスーパー以上の開封結果を報告してもらい、それにポイントをつけて、ランキング形式で順位を争う企画です。

いつもの開封に、ちょっとしたプライスレスを味わえるかも。

ちなみに私が【開封報告】を投稿した時点で、1BOX開封合戦のエントリー開始の合図になってます。


■【イラスト企画】
企画物その2。
遊戯王には、いろんな楽しみ方があると思いますが、【イラスト企画】では、遊戯王のイラストを楽しんでもらおうという趣旨のもと、テーマを設けて、それに合うようなイラストを紹介してます。

あとは、デッキ構築講座やその他などのカテゴリーがありますが、文字通りの内容で、更新が少ないので、ここでは省略させてもらいます。


上記であげた8つのカテゴリーを中心に、更新していますので、
ハイロン研究所をこれからもよろしくお願いします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

PIC000023

【雑記】マンガ版遊戯王アークファイブ第3巻!


本日は、4月に発売される遊戯王商品の1発目ですね。
そうです。マンガ版遊戯王アークファイブの第3巻の発売日です。

付録カードは「DDD運命王ゼロ・ラプラス」です!
_20170404_164936
イラストが、とてもきれいに感じます。
(10期フォーマット効果?)

10期仕様のペンデュラムモンスターは、
どうやら青と赤のペンデュラムスケール(数字じゃないところ)の部分も光るのですね。

細かい部分もいろいろと光らせてきます。


さて、「DDD運命王ゼロ・ラプラス」の効果ですが、
〈モンスター効果〉
1:このカードは自分フィールドの「DDD」モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。

2:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。このカードの攻撃力はダメージステップ終了時まで、その相手モンスターの元々の攻撃力の倍になる。

3:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

4:このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。その際、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

〈ペンデュラム効果〉
このカード名のペンデュラム効果は1ターンに1度しか使用できない。

自分メインフェイズに発動できる。自分のEXデッキから「DDD運命王ゼロ・ラプラス」以外の表側表示の「DDD」ペンデュラムモンスター1体を選んで手札に加える。

となってます。

モンスター効果は、ほぼ戦闘に関することで、
『このカードの攻撃力は、...相手モンスターの元々の攻撃力の倍になる』の効果を使って、
ラプラス無双したいですね。

ただ、元々の攻撃力が0のモンスターで、そこから攻撃力がアップしているようなモンスターには、注意が必要そうです。

ペンデュラム効果の方ですが、これからは、こういうカード効果が、ペンデュラムモンスターを救うことになるかもしれないですね。

新マスタールールによって、「エクストラデッキからのペンデュラム召喚」は厳しくなりました。
しかし、手札からのペンデュラム召喚は変わりないので、そちらをメインにするとまだ戦えそう(?)ということを読者からのコメントで教えていただきました。
(教えていただき、ありがとうございます。)

_20170404_164832
ということで、本日、マンガ版遊戯王アークファイブ第3巻が発売になりました。

「DD」使いさんや、マンガを集めている人は、ぜひとも本屋さんへお立ち寄りをお忘れなく。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】2017年3月度の人気記事トップ5!


月が変わったということで、先月3月のハイロン研究所のアクセス数をもとに、人気記事トップ5を振り返ってみたいと思います。

トップ5はこんな感じになりました↓
【第5位】
3月1日投稿。
【発売スケジュール】2017年3月の発売スケジュール!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69615128.html
発売スケジュールがランクインしてくるとは...。

3月は、プレミアムパックとスターターデッキだけだったので、少し盛り上がりに欠ける月でした。
どちらかというと、ルールや新制限関連の方が気になりましたね。


【第4位】
3月18日投稿。
【新制限】新制限についての感想!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69967950.html
_20170402_131335
ここ最近の新制限は、規制の数よりも緩和の方が多い傾向になりつつあります。
「十二獣」パーツが厳しめの規制に、ちょっと驚きでしたが、この時期らしい規制のかけ方だなと思いました。

あとは、「黒き森のウィッチ」お帰りなさい~。
これでようやくクリッチーになれますね!


【第3位】
3月22日投稿。
【特集記事】9期を振り返る(2016年・2017年編)!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69762550.html
_20170318_145225
9期にサヨナラ&感謝の気持ちを込めて、3部シリーズでお送りしました。

2016・2017年がトップ5に入っているということは、やはりこの時期に始めた人が多かったということですかね(?)

それにしても9期は、デッキの変遷がすごかった。


【第2位】
3月12日投稿。
【予想】2017年4月の新制限予想!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69700394.html
_20170312_111659
全然当たってませんでしたw
やはり予想は難しいですね。

でも予想は、規制されるカードや緩和されるカードを考えている過程が楽しみなところもあるので、やみつきになりそう。

次は、きっと「スケープ・ゴート」あたりがかかるよ(超テキトー)


【第1位】
3月4日投稿。
【カード考察】第3の蘇生カードになるか!?「シャッフル・リボーン」!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69681902.html
_20170303_011304
新マスタールールによって、蘇生カードが今まで以上に重要になりそうだったので、「シャッフル・リボーン」を取り上げてみました。

また、エクストラモンスターゾーンを空けるカードとしても紹介しましたが、こちらは無理に使う必要はないですね。
(アドバンス召喚の素材やカードを発動するためにリリースして、エクストラモンスターゾーンを空けた方が現実的そう。)

他にも、新マスタールールによって、カードの評価が変わりそうなカードがあると思うので、何かあったら紹介してみます。


以上が、2017年3月のハイロン研究所の人気記事トップ5でした。

今月は、果たしてどのようなトップ5になるのでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2