ハイロン研究所

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

ハイロン研究所へようこそ!!
当ブログは、大会とは無縁の管理人が、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いている個人ブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【遊戯王雑記】2017年10月度のトップ5記事!


少し遅くなりましたが、今回は、10月度のハイロン研究所のアクセス数をもとに、トップ5に入った記事を振り返ってみたいと思います。

10月のトップ5はこんな感じになりました↓

1位.10月01日投稿
【発売スケジュール】2017年10月の発売スケジュール!
URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/72842509.html

2位.10月21日投稿
【遊戯王雑記】お題テーマ:Vジャンプ12月号について
_20171020_225609
URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/73203483.html

3位.10月17日投稿
【遊戯王シングル買い】「エクストリーム・フォース」編!
URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/73107153.html

4位.10月13日投稿
【遊戯王開封報告】エクストリーム・フォース編
_20171013_162235
URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/73038890.html

5位.10月10日投稿
【遊戯王デッキレシピ】純構築シリーズ:「メタファイズ」デッキ
_20170710_195620
URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/72921712.html



さて、ランクインした記事ですが、その影響もあってか、バラエティー豊かになりました。

前回紹介した「メタファイズ」デッキは、「不知火」との併用型でしたが、先月紹介したものは、「異次元の精霊」がストラクRに再録されたので、純構築で作ってみました。


エクストリーム・フォース関連からは、開封報告とシングル買いがランクイン。
(それに絡む「魔導獣」は、ランク外でした。)


それから2位は、Vジャンプについて触れた雑記です。
ようやく、リンクヴレインズパックのカードが判明しました。

どうやら選ばれたテーマデッキだけでなく、他のデッキのエクストラデッキにも入りそうなので、意外なテーマにも強化という恩恵があるかもしれません。

発売前の今から探してみるのも面白そう!


そして、1位となったのは、発売スケジュールという珍しい結果に。
これは投稿数が少なかった影響が表れている一例かもしれないですね。


先月は、9つしか投稿しなかったので、少なめでしたので、今月は、それ以上の投稿を目指したいです。


とりあえずデュエリストパックが発売される前に、エクストリーム・フォース関連で、温めていたデッキレシピを1つ投稿したいと思います。


以上が、2017年10月のハイロン研究所の人気記事トップ5でした。
さて、今月はどんなトップ5になるのでしょうか?

気になるものがあれば、URLをクリックして見ていただければと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王発売スケジュール】2017年11月の発売スケジュール!


久しぶりの更新です。
今日から11月。今年も残すところあと2か月になりました。

最近のハイロンは、デッキを作ったり、デッキの調整や整理をしたりはしているのですが、ブログの記事を書いて完成させるというところまでは、至っていない感じです
(一応、デッキ調整は、期待が膨らむ「リンクヴレインズパック」での強化も控えているので、その準備もしています。)

さて、本題のスケジュールの確認ですが、今月は特別パックが2種類とVジャンプという発売スケジュールとなっています。
【11月11日】デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編2-
_20171031_174927
今回のデュエリストは、
ペガサス
インセクター羽蛾
キース
万丈目
クロノス
ヨハン
の六名となっています。

個人的には、「サクリファイス」と「古代の機械(アンティーク・ギア)」デッキがあるので、それの強化と少し昆虫族が気になるかなという感じです。
まだ全ての収録内容がわかりませんが、1箱は買う予定。(箱買いするほどでもないかもですが)

皆さんは、何を作りますか?


【11月21日】Vジャンプ
●付録カード「サモン・ソーサレス」
_20171020_225852
リンク3で、Vジャンプの次号予告から『種族デッキを強化するリンクモンスター!!』らしいのです。また、リンクヴレインズパックとも相性抜群と書いているので、期待値が上がります。

それにしても、イラストも可愛いいので、今月も3枚確保となるのでしょうか?


【11月25日】リンクヴレインズパック
_20171031_174836
今月の目玉パック。
全部で100種類らしいのですが、
1パックに4枚入り(1箱15パック)で、その中の1枚はスーパーレア以上があるみたいなので、スーパーやウルトラは、集めやすいのかな(?)と思います。

ただ、レアが25種類、ノーマルが55種類で、1箱では揃いそうにないので、選ばれたテーマと再録カードの内容次第ではヤバい感じの内容になりそうです。

また、強化されるテーマは20種類みたいですが、リンク素材の指定次第では、それ以外にも恩恵を受けるテーマがあるかもしれません。

現在、判明しているカードだけでも、作っているデッキを強化できそうなリンクモンスターがちらほらいますので、残りのカードにも期待が持てます。

※強化が判明しているテーマ(2017年10月31日時点)
デーモン、剣闘獣、ライトロード、聖刻、クリフォート、アロマ、彼岸、クリストロン
あと残り12種類。

今月は以上のような発売スケジュールになります。
では、このあたりで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
今月もよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王雑記】お題テーマ:Vジャンプ12月号について


今回の雑記は、Vジャンプ12月号の内容を取り上げたいと思います。

比重的には、「リンクヴレインズパック」に力を入れすぎてしまいました。(笑)

では、本題に入りたいと思います。
■今月の付録:セキュリティ・ドラゴン
_20171020_224853
もうドラゴンとついていても、ドラゴン族ではないことが当たり前になってきましたね。

効果は、相互リンク状態の時に、相手モンスター1体を手札に戻せる効果で、「ファイアウォール・ドラゴン」のミニ版と言ったところでしょうか。
扱いやすいリンクモンスターです。


■リンクヴレインズパック
6種類のテーマ「剣闘獣」、「ライトロード」、「聖刻」、「クリフォート」、「彼岸」、「水晶機巧」のリンクモンスターが判明。

これらのテーマデッキ以外でも使えそうな仕上がりで、どうやら救われるデッキは、20種類だけではなさそう。

ある意味、いろんなテーマのエクストラデッキを強化できますね。
●ライトロード・ドミニオン キュリオス
_20171020_225243
リンク素材:同じ属性で種族が異なるモンスター3体
リンクマーカー:上・左下・右下

【効果】
・リンク召喚時、デッキからカード1枚墓地へ。(1ターンに1度)

・自分のデッキのカードが墓地へ送られたら、自分のデッキの上から3枚墓地へ送る。(1ターンに1度)

・このカードが相手の効果・戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を手札に。

【ポイント】
・同じ属性で、3種類以上の種族を採用したデッキでしか出せないので、ある程度デッキを選ぶ。

・リンク召喚しただけで、「ラヴァルバル・チェイン」+3枚の墓地肥やしを最低限できる。

・サルベージ効果は、モンスターだけでなく、魔法・罠カードも手札に加えれるので、使い終わったデッキのキーカードを再び使える。

【相性の良いデッキ】
「ライトロード」だけでなく、「海皇水精鱗」や「ゼンマイ」、「武神」などの同じ属性でモンスターの種族を3種類以上入れたデッキ。


●天球の聖刻印
_20171020_225334
リンク素材:ドラゴン族モンスター2体
リンクマーカー:左下・右下

【効果】
・EXモンスターゾーンにいる場合に、相手ターンに1度、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースして、フィールドの表側のカード1枚をバウンスする効果。

・このカードがリリースされた場合の効果ですが、手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を攻撃力・守備力を0にして特殊召喚できる効果を持っています。

【ポイント】
・「天球の聖刻印」自身をリリースできる。

・攻撃力・守備力は0になるが、レベルに関係なく、ドラゴン族を特殊召喚できる。

【相性の良いデッキ】
「聖刻」デッキだけでなく、「ヴァレット」や「レッドアイズ」、「ドラグニティ」などのドラゴン族を使うデッキ。


●クリフォート・ゲニウス
_20171020_225433
リンク素材:機械族モンスター2体
リンクマーカー:左下・右下

【効果】
・リンク召喚したこのカードは、魔法・罠カードの効果を受けず、このカード以外のリンクモンスターが発動した効果も受けない。

・1ターンに1度、このカード以外の自分・相手の表側カード1枚ずつの効果をターン終了時まで無効にする。

・このカードのリンク先に、モンスターが2体同時に特殊召喚された時、デッキからレベル5以上の機械族モンスター1体を手札に。

【ポイント】
・リンク召喚後は、魔法・罠耐性持ち&対リンクモンスターに。

・対象の自分・相手の表側カードの効果無効。

・リンク先が同時に埋まった時、デッキからレベル5以上サーチなので、ペンデュラム向きの効果。

【相性の良いデッキ】
「クリフォート」や「ダイナミスト」などのペンデュラムデッキ。

また、耐性やカード無効効果があるため、それ狙いで、その他の機械族デッキ。


●彼岸の黒天使 ケルビーニ
_20171020_225522
リンク素材:レベル3モンスター2体
リンクマーカー:左下・右下

【効果】
・このカードのリンク先モンスターは効果では破壊されない。

・このカードが戦闘・相手の効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送れる。

・デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送って、「彼岸」モンスター1体の攻撃力・守備力を送ったモンスターの攻撃力・守備力分、ターン終了時までアップ。(1ターンに1度)

【ポイント】
・身代わり効果は、自分フィールドのカードなら、モンスターだけでなく、魔法・罠カードも墓地へ送れる。

・レベル3のモンスターなら、ピンポイントで墓地へ送れる。

・自身が「彼岸」モンスターなので、「彼岸」デッキ以外でも活躍が可能。(ただし、レベル3を採用していること)

【相性の良いデッキ】
「彼岸」デッキだけでなく、「幻影騎士団」、「天気」などのレベル3を多様するデッキ。


●水晶機巧―ハリファイバー
_20171020_225609
リンク素材:チューナー1体以上を含むモンスター2体
リンクマーカー:左下・右下

【効果】
・このカードのリンク召喚時、手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚できる。特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。(1ターンに1度)

・相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに、このカードを除外して、EXデッキからシンクロチューナー1体をシンクロ召喚扱いで特殊召喚する。(1ターンに1度)

【ポイント】
・シンクロモンスターやチューナーを採用しているデッキなら、EXデッキに1枚忍ばせれる。

・リンク召喚時に、レベル3以下のチューナーをデッキから呼べる。

・レベルの都合上、出せないシンクロチューナーでも、このカードを経由すれば、出せるようになる。

【相性の良いデッキ】
「水晶機巧」だけでなく、チューナーやシンクロモンスターを採用しているデッキ。


■ストラクチャーデッキ―パワーコード・リンク―
新規で3枚のカードが判明しましたが、その中から「パワーコード・トーカー」について、触れてみたいと思います。
_20171020_225720
▲パワーコード・トーカー
ここにきて、ようやく素材指定のない「コード・トーカー」が来ました。

リンクマーカーは、右・左・左下で、
モンスターの効果無効効果と、
モンスターとの戦闘時に、リンク先のモンスター1体リリースで、攻撃力を倍にする効果の2つを持っています。

「コード・トーカー」の中でも、非常に使いやすく、汎用性リンクモンスター登場です。


■デュエリストパック―レジェンドデュエリスト編2―

万丈目、クロノスの「古代の機械(アンティーク・ギア)」、ヨハンの「宝玉獣」のカードが判明。

しかし、だいぶ前から公式で判明していたカードなので、新鮮味がちょっとないですね。

個人的には、「古代の機械超巨人」が欲しいかなと思っています。


■来月号:サモン・ソーサレス
_20171020_225852
次回予告には、種族デッキを強化するリンクモンスターらしいのですが、魔法使い族ですかね?

イラストが可愛らしい姿なので、来月も3枚確保になりそう。


では、このあたりで。
読んでいただき、ありがとうございました。

最後にブログランキングに参加していますので、
もしよろしければ、クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】魔力カウンター+ペンデュラム効果!「魔導獣」デッキ!!


「エクストリーム・フォース」が発売してから完成したデッキから紹介したいと思います。
今回紹介するテーマデッキは、「魔導獣(マジックビースト)」です。

「魔導獣」は、簡単に言うと、魔法使い族のペンデュラムモンスターですが、ペンデュラム召喚を前提としていない変わったテーマで、片方のペンデュラムゾーンにカードが存在しない場合に発動できるペンデュラム効果と魔力カウンターを貯めて戦うスタイルなのが特徴です。

そんな「魔導獣」に「魔導書」を混ぜて作ってみました。

【採用したカードについて】
■魔導獣 マスターケルベロス×3
_20171016_121802
光属性・レベル8で、このデッキのボス。

モンスター効果は、
・魔法カードが発動したら魔力カウンターが2つ乗る。
・自分フィールドに魔力カウンターが4つ以上ある場合、マスターケルベロスが効果で破壊されなくなる。
・自分フィールドの魔力カウンターを4つ取り除くと相手フィールドのモンスターを除外して、相手ターン終了時まで、その元々の攻撃力分アップ。
の3つの効果を持っています。


魔力カウンターが4つ以上で、強力な力を発揮するのですが、まず「魔導獣 マスターケルベロス」を出さないことには、話にならないので、出すための3つのルートをこのデッキでは用意しました。

●ペンデュラムルート
「魔導獣 マスターケルベロス」のペンデュラム効果を使って、「魔導獣 キングジャッカル」をサーチ。

そして、「魔導獣 キングジャッカル」のペンデュラム効果を使って、エクストラデッキに行った「魔導獣 マスターケルベロス」を特殊召喚するというルートです。

こちらは、「魔導獣 マスターケルベロス」が手札にある時に使えるので、覚えておくといいでしょう。

●ジャッカルルート
_20171016_121615
「魔導獣 ジャッカル」のモンスター効果は、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いてリリースすると、デッキから「魔導獣」効果モンスターを特殊召喚できるので、こちらの効果を使ってでも、「魔導獣 マスターケルベロス」を特殊召喚できます。

なお、「魔導獣 ジャッカル」は、魔法カードを発動した時に、乗せれる魔力カウンターは1個ですが、「魔導加速」を使えば、一気に3つ乗せることができます。

●テンペルルート
_20171016_121513
こちらのルートは、「魔導召喚士 テンペル」の効果を使って、「魔導獣 マスターケルベロス」の特殊召喚を狙います。

「魔導召喚士テンペル」は、「魔導書」を発動したメインフェイズ時に、自身をリリースするとデッキから光属性または闇属性の魔法使い族・レベル5以上のモンスターを特殊召喚できる効果を持っているので、それを利用します。

魔力カウンターを気にせずに、「魔導書」1枚発動しておくだけで、簡単に特殊召喚できるという点が利点でしょう。

ただ、「魔導召喚士テンペル」の効果を使うターンには、レベル5以上のモンスターを特殊召喚できないので、上記のルートですでに特殊召喚してしまっている時にはこのルートは使えませんので、注意が必要です。


■魔導獣 キングジャッカル×3
_20171016_121656
闇属性・レベル6で、「魔導獣」のナンバー2。

モンスター効果は、
・魔法カードが発動したら魔力カウンターが2つ乗る。
・1ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを2つ取り除くと、相手モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。
の2つの効果を持っています。


効果モンスターメタの効果を持っているので、魔法・罠カードに対応できる「トーラの魔導書」を伏せておいて、自分フィールドに維持しておきたいですね。

このモンスターも上級モンスターですが、ジャッカルルートやテンペルルートで出すことが可能です。


■魔導獣 メデューサ×2
_20171016_121333
使うのはペンデュラム効果がメインで、墓地から魔力カウンターを置くことができるモンスター1体を特殊召喚して、魔力カウンターを1つ置くという効果です。

普通に使っていたら、蘇生できるモンスターがいないですが、「ジェット・シンクロン」の手札コストや「魔導加速」&「調律」を使うと上記のペンデュラムモンスターが落ちていることがあるので、それを狙います。

また、シンクロ召喚した「アーカナイト・マジシャン」を蘇生できれば、すぐに効果を使うことができます。


■魔導獣 ガルーダ×2
_20171016_121429
ペンデュラム効果は、魔法・罠カード除去。
モンスター効果は、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて、このカードを特殊召喚して、召喚・特殊召喚に成功したばかりの相手モンスターを手札に戻す効果を持っています。

どちらもカード除去効果なので、1枚で2役をこなせる器用さがあります。


■ジェット・シンクロン×3
_20171016_121238
レベル6の「魔導獣 キングジャッカル」とレベル1のチューナーをシンクロ素材にすれば、「アーカナイト・マジシャン」が出せるので、それ目的です。

「調律」でサーチもできるし、手札1枚捨てれば墓地から特殊召喚もできて、場合によってはリリース要因にもなれます。


■魔導術士ラパンデ×1
墓地へ送られた時に、デッキからレベル3の「魔導」モンスターを手札に加えれるので、それで「魔導召喚士テンペル」を加えます。

「ジェット・シンクロン」や「魔導加速」、「調律」、「ルドラの魔導書」などで墓地へ送って、サーチという流れがいいでしょう。

ただ、強制効果なので、1枚だけの採用にしました。


■魔導書
魔導書院ラメイソン
グリモの魔導書
ヒュグロの魔導書
ルドラの魔導書
トーラの魔導書
の5種類を採用。

この中では、ペンデュラムモンスターと「ルドラの魔導書」との相性が悪いですが、そこは手札の「魔導書」カードを墓地へ送ったり、通常召喚したペンデュラムモンスターなら「副話術士クララ&ルーシカ」になったりすることで、ある程度は解消できます。
(「魔導書士 バテル」を入れれば、早い話ですが、残念ながらバテル難民です。)


■ペンデュラム・パラドックス×1
「魔導獣」ペンデュラム効果を使っていたら、自然とエクストラデッキにたまっていくので、発動機会はあります。

ただ、2枚以上ないと発動できないので、1枚で様子見してます。


■エクストラデッキについて
紹介したサンプルレシピでは、「アーカナイト・マジシャン」と「ブラック・ローズ・ドラゴン」以外は、特に必須カードが見当たらないので、レベル7やレベル5のシンクロモンスターを中心に、自由に組むといいと思います。

あとは、通常召喚したペンデュラムモンスターを「ルドラの魔導書」で送れるモンスターに変えることができる「副話術士クララ&ルーシカ」あたりがあるといいかなと言ったところです。

エクシーズモンスターは、充分な魔力カウンターが足りていない時に出すような感じで、ランク8を中心に、ランク6やランク4といったあたりがあるといいかなと言ったところです。


では、最後にサンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
魔導獣 マスターケルベロス×3
魔導獣 キングジャッカル×3
魔導獣 メデューサ×2
魔導獣 ガルーダ×2
魔導召喚士 テンペル×3
ジェット・シンクロン×3
魔導術士 ラパンデ×1
魔導獣 ジャッカル×3

〈マジック17枚〉
魔導書院ラメイソン×1
おろかな埋葬×1
調律×2
グリモの魔導書×1
ヒュグロの魔導書×2
ルドラの魔導書×3
ペンデュラム・パラドックス×1
死者蘇生×1
トーラの魔導書×2
魔導加速×3

〈トラップ3枚〉
威嚇する咆哮×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター6枚
HSRチャンバライダー×1
ジェット・ウォリアー×1
アーカナイト・マジシャン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1

■エクシーズモンスター7枚
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1
No.40 ギミック・パペット―ヘブンズ・ストリングス×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1
No.107 銀河眼の時空竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1

■融合モンスター1枚
彼岸の巡礼者 ダンテ×1

■リンクモンスター
副話術士クララ&ルーシカ×1

以上が「魔導獣」のサンプルレシピの紹介になります。

発売した時に作ったため「アストログラフ・マジシャン」などは入っていませんが、追々入れていきたいと思います。
(あとは、「魔導書士 バテル」あたりも。)


では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2