Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【特集記事】「PSYフレーム」特集!


今回は、「PSYフレーム」を考察したいと思います。
と言っても「PSYフレーム」全般ではなく、「PSYフレームギア」について説明します。
_20150822_173047

「PSYフレームギア」は、全て光属性で、サイキック族のチューナーです。レベルは、1~2です。

「PSYフレームギア」の効果について、押さえておくべきポイントが3つあります。

以下の3つです。
■通常召喚ができず、カードの効果でのみ特殊召喚できる効果。

→説明不要なので、ここでは省略させていただきます。

■自分フィールドにモンスターが存在しない時に、相手が何かした時、手札の「PSYフレームギア」と手札・デッキ・墓地から「PSYフレーム・ドライバー」を特殊召喚できる効果。

→ポイントは、自分フィールドにモンスターがいない時にしか効果を発動できないこと。
この条件が「PSYフレーム」デッキの構築を難しくする要因ではないでしょうか。

しかし、これを克服するモンスターも少なからずいます。
「ライオウ」や「ゼンマイラビット」、「ヴェルズ・サンダーバード」の個別のモンスターから、「コアキメイル」、「スピリット」モンスターなどがいます。

ただ、この条件によって、「PSYフレームギア」は基本的に1ターンに1度しか使えないことになってしまいます。

あと「相手が何かした時」については、こんな感じです。

召喚・特殊召喚した時→α(アルファ)
攻撃宣言時→β(ベータ)
モンスターの効果が発動した時→γ(ガンマ)
魔法カードが発動した時→δ(デルタ)
罠カードが発動した時→ε(イプシロン)

何か「磁石の戦士」と「ヴァイロン」を思い出します。

なお、「γ・δ・ε」はダメージステップでも発動できます。

■上記の効果で特殊召喚したモンスターは、エンドフェイズ時に全て除外される効果。

→この効果をどう捉えるかも重要です。
具体的には、「除外を利用する」かどうかです。

除外を利用する場合は、「サイコ・フィール・ゾーン」や「ブレインハザード」、「ブライト・フューチャー」、「サイコパス」、「D・D・R」などが採用圏内になります。


除外を利用しない場合は、「PSYフレーム・サーキット」でシンクロ召喚をしてしまうことが考えられます。
除外を利用しない場合の選択肢はあまりないので、除外を利用することをオススメします。

ありがとうございました。

【デッキレシピ】ライバルはDDD!「SFX」デッキ!


今回紹介するデッキは、「SFX」デッキです!

「SFX」の意味ですが、
S→シンクロ
F→フュージョン(融合)
X→エクシーズ
の頭文字をとった、3つの召喚法を扱うデッキが「SFX」デッキです。

このデッキが生まれたきっかけは、
「DD」デッキを作りたかったのですが、作ろうとすると値段が高くなってしまうので、安く作れるものはないかなと探したのがきっかけです。

では、紹介していきましょう。

【デッキレシピ】
〈モンスター 20枚〉
アレキサンドライドラゴン×3
聖騎士ガウェイン×3
ジェムナイト・ガネット×2
BF-精鋭のゼピュロス×1
オネスト×3
ギャラクシーサーペント×3
ジェムナイト・ラズリー×3
レスキューラビット×2

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1枚
増援×1枚
貪欲な壺×1枚
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
月の書×2
超融合×1
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ 6枚〉
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
ジェムナイト・セラフィ×3
始祖竜ワイアーム×1
獣神ヴァルカン×1
BF-星影のノートゥング×1
レッド・ワイバーン×1
エンシェント・ホーリー・ワイバーン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
ラヴァルバル・チェイン×1
No.44 白天馬スカイ・ペガサス×1
武神帝―ツクヨミ×1


【基本戦術】
上記で述べたように、このデッキでは、融合・シンクロ・エクシーズ召喚ができるデッキとなっています。
それぞれの召喚の仕方について、紹介します。

●融合召喚
融合召喚は、「ブリリアント・フュージョン」を主に使います。
_20151029_135917

「ブリリアント・フュージョン」で出せる融合モンスターは、「ジェムナイト・セラフィ」になるので、デッキから送るモンスターは、
「ジェムナイト・ラズリー」+「アレキサンドライドラゴン」or
「ジェムナイト・ラズリー」+「ギャラクシー・サーペント」
の組合わせがオススメです。

なぜなら「ジェムナイト・ラズリー」は、カード効果で墓地へ送られると、墓地の通常モンスター1体を手札に加えれます。

つまり、上で紹介した通常モンスターを手札に加えることができます。

その後、「ジェムナイト・セラフィ」の召喚権を増やす効果を使うことで、エクシーズ召喚やシンクロ召喚に繋ぐことができます。

なお、「ブリリアント・フュージョン」で融合召喚したモンスターは、手札の魔法カードを捨てない限り、攻撃力・守備力が0のままなので、その点には注意が必要。


あと融合召喚では、「超融合」を使って、通常モンスター2体を融合素材にして「始祖竜ワイアーム」を融合召喚することもできます。

●シンクロ召喚
_20151029_135828

シンクロ召喚は、1つ目は、「ジェムナイト・セラフィ」と「ギャラクシー・サーペント」で、レベル7シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

2つ目は、「ギャラクシー・サーペント」を召喚後に、「聖騎士ガウェン」の効果で特殊召喚して、レベル6シンクロモンスターをシンクロ召喚する方法があります。

このあたりは、手札と状況しだいで選べます。


●エクシーズ召喚
エクシーズ召喚は、「レスキューラビット」の効果を使う方法と「アレキサンドライドラゴン」+「聖騎士ガウェン」を使う方法で、ランク4のエクシーズ召喚を行います。

_20151029_135730


_20151029_135641

以上を踏まえるとこのデッキは、融合召喚からエクシーズ召喚orシンクロ召喚に繋げていく形になります。


【採用したカードについて】
■オネスト
光属性が多いので、採用しました。
このデッキでは、あまり高い攻撃力を持つモンスターがいないので、その弱点を補ってくれます。

■おろかな埋葬
墓地へ落とす候補は、やはり「ジェムナイト・ラズリー」。

「ジェムナイト・ラズリー」のサルベージ対象がいなければ、通常モンスターも候補になる。

■和睦の使者
1ターンキルを防ぐ目的で採用しました。

最後まで、見てくれてありがとうございました。

【開封報告】ブースターSP ハイスピード・ライダーズ!!


今日は、「ブースターSP ハイスピード・ライダーズ」をフラゲ(?)してきたので、その開封結果を報告したいと思います。

全部で4箱買ってきました。

まずは、1箱目。
_20150821_142059

〈シークレット〉
HSR チャンバライザー

〈スーパー〉
レッド・スプリンター
えん魔竜 レッド・デーモン・べリアル
ミラー・リゾネーター
SR 赤目のダイス
PSYフレームロード・Ζ

「HSR チャンバライザー」と「PSYフレームロード・Ζ」は欲しかったので良かった。
残りは、う~んって感じ。


では、2箱目。
_20150821_143251

〈シークレット〉
PSYフレームロード・Ω

〈スーパー〉
SR 赤目のダイス
PSYフレームロード・Ζ
レッド・スプリンター
えん魔竜 レッド・デーモン・べリアル
スピードリバース

途中まで、1箱目と同じかなと思ったが、「PSYフレームロード・Ω」が当たってくれたので、まあいいとしよう。

「SR 赤目のダイス」が当たったということは、SRデッキを作れと言うことかな?


では、次の箱へ。
_20150821_144359

〈シークレット〉
レッド・ワイバーン

〈スーパー〉
ゴヨウ・チェイサー
HSR 魔剣ダーマ
ゴヨウ・プレデター
えん魔竜 レッド・デーモン・アビス
SR 赤目のダイス

全部、白いカードかなと思っていたら、一番最後に「SR 赤目のダイス」!
SRデッキ作るの確定しました。

シークレットは、全種類当たりました。


次が最後の箱。
_20150821_145735

〈シークレット〉
PSYフレームロード・Ω

〈スーパー〉
ゴヨウ・チェイサー
SR 赤目のダイス
SR ベイゴマックス
HSR 魔剣ダーマ
ゴヨウ・プレデター

ついに「SR ベイゴマックス」が当たった。
「SR 赤目のダイス」と当たりかたが逆だったら作りやすかったのに。



【まとめ】4箱開封した結果。

〈シークレット〉
HSR チャンバライザー
レッド・ワイバーン
PSYフレームロード・Ω 2枚

〈スーパー〉
SR ベイゴマックス
SR 赤目のダイス 4枚
レッド・スプリンター 2枚
ミラー・リゾネーター
ゴヨウ・チェイサー 2枚
ゴヨウ・プレデター 2枚
えん魔竜 レッド・デーモン・アビス
えん魔竜 レッド・デーモン・べリアル 2枚
HSR 魔剣ダーマ 2枚
PSYフレームロード・Ζ 2枚
スピードリバース


全体の感想としては、
「SR 赤目のダイス」が当たりすぎ。
あとは、バランスよく当たったかな。
「PSYフレーム」は、シングル買いしなくて良さそう。すぐに作れそう。

以上で、「ブースターSP ハイスピード・ライダーズ」の開封報告を終了します。
ありがとうございました。

【カードリスト】ブースターSP ハイスピード・ライダーズ


世界大会の結果は、見ていないのでわかりませんが、ハイスピード・ライダーズの収録内容がすごく気になっていました。

ちょっと遅くなりましたが、カードリストと個人的に注目したカードを掲載しましたので、今後の参考にしていただけると嬉しいです。
_20150821_140002


【収録リスト】
SR ベイゴマックス (スーパー)
SR 三ツ目のダイス
SR ダブルヨーヨー
SR シェイブー・メラン
SRメンコート
SRタケトンボーグ
SRオハジキッド
SR 赤目のダイス (スーパー)
HSR 魔剣 ダーマ (スーパー)
HSR チャンバライダー (シークレット)
スピードリバース (スーパー)
ヒドゥン・ショット
シンクロ・クラッカー
ダイスロール・バトル
レッド・スプリンター (スーパー)
レッド・リゾネーター
シンクローン・リゾネーター
チェーン・リゾネーター
ミラー・リゾネーター (スーパー)
ダーク・リゾネーター
バイス・ドラゴン
レッド・ワイバーン (シークレット)
レッド・デーモンズ・ドラゴン
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン (スーパー)
コール・リゾネーター
スカーレッド・コクーン
スカーレッド・カーペット
PSYフレーム・ドライバー
PSYフレームギアα
PSYフレームギアβ
PSYフレームギアγ
PSYフレームギアδ
PSYフレームギアε
PSYフレームロード・Ζ (スーパー)
PSYフレームロード・Ω (シークレット)
PSYフレーム・サーキット
PSYフレーム・オーバーロード
ゴヨウ・チェイサー (スーパー)
ゴヨウ・プレデター (スーパー)
えん魔竜 レッド・デーモン・アビス (スーパー)
えん魔竜 レッド・デーモン・べリアル (スーパー)
カードカー・D
サイクロン
強欲で謙虚な壺
強制脱出装置

【気になるカード】
〈スピードロイド編〉
・SRメンコート 風4 機械族 100/2000
相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から攻撃表示で特殊召喚し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て守備表示にする。

似たようなカードは多いが、これまでと違うのは、レベル4という点。
レベル4=汎用性のあるランク4エクシーズモンスターというイメージがあるので、ランク4エクシーズモンスターを出せるデッキに守りのカードとして採用するのもいいだろう。

・SR オハジキッド 風3 機械族 1000/200
このカードが召喚に成功した時、自分または相手の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として風属性のSモンスター1体をS召喚する。

シンクロ先は風属性に限定されるが、自分・相手を問わずチューナーを蘇生し、シンクロ召喚できる。

風属性のシンクロモンスターの値段上がるかも(?)

レベル4以上のチューナーを蘇生できれば、「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」や「スターダスト・ドラゴン」につなくことができる。

・HSR チャンバライダー 風5シンクロ 機械族 2000/1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「HSRチャンバライダー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
1番目:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
2番目:このカードが戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。このカードの攻撃力は200アップする。
3番目:このカードが墓地へ送られた場合、除外されている自分の「スピードロイド」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

攻撃力は低いが、2回攻撃ができて、攻撃力がアップするので、レベル5シンクロモンスターの中では、優秀な効果を持つ。
「SR オハジキッド」のシンクロ先候補としても優秀。


・シンクロ・クラッカー 通常魔法
自分フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のエクストラデッキに戻し、そのSモンスターの元々の攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

今までにありそうでなかったカード。
効果は、全体除去なので強力だが、ペンデュラムやマジェスペクター相手には不利。

シンクロ時代にあったら、良かったカード。


〈リゾネーター編〉
・レッド・リゾネーター 炎2 悪魔族チューナー 600/200
「レッド・リゾネーター」の2番目の効果は1ターンに1度しか使用できない。
1番目:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
2番目:このカードが特殊召喚に成功した時、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

召喚した時と特殊召喚した時では、違う効果を持つ。
召喚した時の効果は、シンクロ召喚の補助。
特殊召喚した時の効果は、ライフ8000ポイントが少なく思える現在の環境に合っている。

アロマデッキに隠し味として、採用するのも面白いかなと個人的に採用を考え中。

・チェーン・リゾネーター 光1 悪魔族チューナー 100/100
フィールドのSモンスターが存在し、このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「チェーン・リゾネーター」以外の「リゾネーター」モンスター1体を特殊召喚する。

シンクロモンスター版、ランクアップマジックのような感覚でも使える効果。
シンクロ召喚に成功した時に、効果が発動するモンスターを狙っていきたい。

・レッド・ワイバーン 炎6 ドラゴン族シンクロ 2400/2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
S召喚したこのカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードより攻撃力が高いモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

使い方を間違えれば、このカードを破壊する可能性もあるが、相手のターンにも使えるので、牽制程度になってくれると思います。


〈その他〉
・ゴヨウシンクロモンスター
「ゴヨウ・ガーディアン」を調整した効果を持つ。
「ゴヨウ・ガーディアン」の禁止解除の可能性は無くなったのかな(?)

ただ、効果や攻撃力は調整されているが、コントロールを奪う効果は、今の環境では破壊よりも強力なので、新たな汎用性シンクロモンスターとして、採用されることに期待してます。

・カードカー・D
再録カードの1枚。
効果を使えば、2枚ドローして、エンドフェイズになるが、相手の行動に対して、対応する「PSYフレーム」デッキと相性がいいと思うので、採用を現在考え中。

・強欲で謙虚な壺
嬉しい再録カード。
発動したターンの特殊召喚はできないが、サーチカードがなく、キーカードを引きたいデッキでは重宝する。

・強制脱出装置
こちらも嬉しい再録カードの1枚。
破壊耐性を持つカードが増えてきたので、環境に適した再録だと思われる。
ただ、対象をとるので、マジェスペクター相手には不利。


「PSYフレーム」については、作る予定なので、その時に紹介しようと思います。
なので、ここでは割愛させていただきます。


汎用性のあるシンクロモンスターが増えてくれたので、シンクロ召喚を取り入れたデッキも今後増やしていきたいなと思えるような内容で、非常に今から楽しみです。
最後まで、読んでいただきありがとうございました。

【雑記】夏恒例の発売日!


今日は、毎年恒例の「ザ・ヴァリュアブル・ブック」の発売日。

自分自身この本には、お世話になっています。

デッキ作りに悩んだ時や、何か相性の良いカードを探している時に、使ったりしています。

特にみんなが使っていないようなカードを探す時には、便利です。

今年もお世話になりそうです。
読んでいただき、ありがとうございました。
_20150812_144012
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2