ハイロン研究所

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

ハイロン研究所へようこそ!!
当ブログは、大会とは無縁の管理人が、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いている個人ブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【発売情報】2016年7月の発売スケジュール確認!



7月になりましたね。
上半期が終わり、下半期に突入ですね。

7月の発売情報ですが、大きくわけて3つになります。

■インベイジョン・オブ・ヴェノム
1番重要なのは、7月9日発売の「インベイジョン・オブ・ヴェノム」!

新カテゴリーの「水晶機巧(クリストロン)」や「化合獣」、「補食植物」が新たに登場します。

その他にも、判明している範囲で、過去のシリーズのプチ強化として、

PSYフレーム
グレイドル
アロマ
レッドアイズ
イグナイト
エーリアン
クリフォート
カエル
竜星
のプチ強化が決まっています。

雰囲気的には、「プライマル・オリジン」のような感じで多くのデッキをプチ強化してくれるパックになるのかな?

いつも通り、1箱予約しております。

■Vジャンプ
7月21日は、Vジャンプの発売。
映画で登場した「クリスタル・ドラゴン」がついてきます。

映画のままの効果通りになりそうな予感はしますが、果たしてどうなるでしょうか。

また、応募者全員サービスもあるので、そちらも要チェックですね。

ちなみに、応募者全員サービスの4枚は、
「D―HERO デッドリーガイ」
「レッド・ライジング・ドラゴン」
「銀河眼の光波刃竜」
「魔界劇団―ダンディ・バイプレイヤー」
となっています。

「魔界劇団」デッキを作りたい人は、特に注目しておいてほしいものです。
(こういうものは、後から上がると思うので。)

「銀河眼の光波刃竜」はランク9なので、「銀河眼の光波竜」を下敷きにエクシーズ召喚できるのかな?と予想していたりします。

効果次第ですが、2つぐらいは応募しようかなと思っています。

■遊戯王アークファイブ 最強デュエリスト遊矢!!1巻
7月29日に発売される内容が謎の本です。
1巻ということは、次もあるの...?

ちなみに「EMオッドアイズ・メタル・クロウ」が付録としてついてきます。

久しぶりの「オッドアイズ」ですね。
「天空の虹光」のサーチ候補が増えそうです。


最後になりましたが、7月からトーナメントパックも一新されます。

【ノーマルパラレルレア】
VW―タイガー・カタパルト
甲化鎧骨格
スーペルヴィス

【ノーマル】
V―タイガー・ジェット
W―ウィング・カタパルト
鬼ガエル
銀河零式
D―チェーン

その他
水晶機巧トークン
補食カウンター

「化合獣」デッキを作るなら、「スーペルヴィス」を手に入れておいたほうが良さそうですね。

「銀河零式」の再録も嬉しいところです。

「甲化鎧骨格」は、「水晶機巧」で使ってねということでしょうか?

確かに相手ターンに出すシンクロモンスターでは、守りに適していて、いいかもしれません。

こんな感じの発売日に7月はなっています。
梅雨が明けて、暑さがやってくるでしょうが、暑さに負けずに頑張っていきましょう。

ありがとうございました。

【デッキレシピ】磁石の戦士を応援!「磁石の戦士」デッキ(第2段)!!


「ABC」の活躍により、影に隠れがちの「磁石の戦士」ですが、「磁石の戦士」応援企画の第2弾として、今回は「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」をメインにしたデッキを紹介したいと思います。

【デッキレシピ】
〈モンスター22枚〉
磁石の戦士マグネット・バルキリオン×1
電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン×2
磁石の戦士β×2
電磁石の戦士α×3
磁石の戦士γ×2
電磁石の戦士β×3
マスマティシャン×1
磁石の戦士α×2
トラミッド・ハンター×1
岩石の番兵×1
電磁石の戦士γ×3
グローアップ・バルブ×1

〈マジック13枚〉
マグネット・フィールド×3
おろかな埋葬×1
テラ・フォーミング×3
強欲で謙虚な壺×3
融合×3

〈トラップ5枚〉
和睦の使者×3
幻影剣×2

〈エクストラデッキ15枚〉
始祖竜ワイアーム×2
超電導戦機インペリオン・マグナム×1
古神クトグア×1
ナチュル・ビースト×1
鋼鉄の巨兵×1
発条機雷ゼンマイン×1
ゴルゴニック・ガーディアン×2
虚空海竜リヴァイエール×1
超量機獣グランパルス×1
恐牙狼 ダイヤウルフ×1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
FNo.0 未来皇ホープ×1


【基本戦術】
■電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン
_20160628_174314

残念ながら1ターンで準備なしの状態から、「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」にはなれません。

(一応、手札に「電磁石の戦士」γとαかβ、そして「マグネット・フィールド」があって、墓地に「電磁石の戦士」βかαがいると出せます。)

1ターンでは出せないですが、基本的な流れとして、

「電磁石の戦士γ」を召喚↓
手札の「電磁石の戦士β」を特殊召喚。
「電磁石の戦士β」のサーチ効果で「電磁石の戦士α」をサーチする。

そのままランク3のエクシーズ召喚をするか、
相手ターンに「電磁石の戦士」γやβをリリースして「磁石の戦士」を特殊召喚するかができます。

そして次の自分のターンで、「磁石の戦士α」を召喚して、「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」をサーチする。

ここまできたら、フィールドや墓地に「電磁石の戦士」α・β・γがいる状態になるので、「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」をいつでも特殊召喚できる形が作れます。

■マグネット・フィールド
_20160628_174400

このデッキのキーカードになります。

1番目の効果は、自分フィールドにレベル4以下の岩石族がいれば、墓地のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」1体を特殊召喚できます。

自分フィールドにいる岩石族モンスターのレベルと同じ「マグネット・ウォリアー」を特殊召喚して、ランク3orランク4のエクシーズ召喚をするのが主な役割となります。

蘇生対象が「電磁石の戦士」αやβなら、サーチ効果を使った後、エクシーズ召喚や「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」になるといいでしょう。

また、2番目の効果もあり、自分の地・岩石族との戦闘で破壊されなかった相手モンスターを手札に戻す効果もあります。

こちらは相手の攻撃に対する牽制になります。
この効果をより活かす&ターンをまたぐ意味も含めて「和睦の使者」や「幻影剣」を入れています。

なお、どちらの効果も1ターンに1度しか使えない点には注意が必要です。


【エクストラデッキについて】
■エクシーズ編
_20160628_173754

ランク3がメインになります。

上述したように「電磁石の戦士γ」からの展開や「マグネット・フィールド」を活用した特殊召喚、「岩石の番兵」の効果を使い、エクシーズ召喚します。

効果無効&攻撃力を0にする「ゴルゴニック・ガーディアン」が1番使う頻度が高いと思います。

「虚空海竜リヴァイエール」は、「電磁石の戦士」を3体展開できた場合で、除外ゾーンにレベル3の「電磁石の戦士」がいる時に、「FNo.0 未来皇ホープ」を出せます。

その他のランク3モンスターは、様子見や防御を固めたい等の状況で使えると思います。

ランク4は、やはり「磁石の戦士」を召喚して、「マグネット・フィールド」の効果を使うと出せます。

ここはデッキの底力を上げるために、汎用性で固めてもらっていいと考えているので、お好きなように選んでください。

なお、「No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ」は、「ゴルゴニック・ガーディアン」と並べることができれば、自分・相手ターンで合計2体のモンスターを破壊しつつ、2枚ドローできるので、面白いかなと思って入れています。

■融合編
_20160628_174048

「始祖竜ワイアーム」は、「磁石の戦士」モンスター2体を融合素材にするだけで出せて、効果モンスターとの戦闘&効果に強いので、様子見やこれを立てるだけで、相手は嫌がるでしょう。

「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」が出るまで、時間がかかるので、それまでの場持ちも期待できます。

「超電導戦機インペリオン・マグナム」は、融合できたらいいな程度に考えていますので、積極的に狙うといった感じではないですが、一応、出せることは出せます。

融合召喚できたら相手の行動を妨害しつつ、高い攻撃力なので、相手にとっては脅威でしょう。

フィールドから離れた場合の2番目の効果は、採用枚数から使えないと考えてもらった方がいいでしょう。
(どうしても活かしたいなら、「融合徴兵」を入れるといいかな?)

■シンクロ編
_20160628_174005

シンクロ召喚は、このデッキに1枚だけ入れている「グローアップ・バルブ」を使います。

「電磁石の戦士」とシンクロで「古神クトグア」、
「磁石の戦士」とシンクロで「ナチュル・ビースト」になれます。

基本的には、魔法カードに対する制圧力を持つ「ナチュル・ビースト」を出しますが、
相手がランク4のエクシーズモンスターを使う場合や、シンクロ召喚した後レベル4モンスターを展開できるなら「古神クトグア」もいいでしょう。


【あとがき】
「超電導戦機インペリオン・マグナム」をメインに考えていましたが、いつも行くお店の方が作った「磁石の戦士」デッキを聞いているうちに、マグネット・ベルセリオンを活かした方が強いのでは?と思い、現在の形になりました。

(ちなみに、シンクロや融合の要素、マスマティ、強謙、和睦、幻影剣は入っていませんでした。)

もう少し展開のスピードが速まればいいのですが、
高速環境に疲れた時に、使うデッキとして使うのもいいかもと開き直っております。
今後に期待ですかね。

たまに事故ることがあるので、その辺りも調整が必要です。
ひとまず「磁石の戦士」デッキシリーズはこのあたりで終わっておきます。

いいアイデアがあれば、ぜひとも教えていただきたいです。

少し長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



【雑記】レベル4のシンクロモンスター枠で悩んでます。



今、次のブログ記事で紹介するデッキを作っているハイロンですが、少しエクストラデッキの枠で悩んでいます。

レベル4のシンクロモンスター枠で、「古神クトグア」と「古神ハストール」のどちらにしようか迷ってます。
_20160627_181517

_20160627_181533


ネタばれになるので詳しく書きませんが、レベル4のシンクロモンスターは、頻繁に出すようなものではないので、1枠でいいかなと考えています。

レベル4シンクロモンスターの中でも、攻撃力が高くて、効果が使えそうなシンクロモンスターとして、「古神クトグア」と「古神ハストール」に白羽の矢が立ちました。

「古神クトグア」は、ランク4に対して刺さる効果とエクシーズor融合素材になると1枚ドローできる効果が魅力的です。

「古神ハストール」は、墓地へ送られたら相手モンスターに装備して、そのモンスターの攻撃と効果を無効化にする効果と、装備化状態のハストールがフィールドから離れたら、装備していたモンスターのコントロールを得る効果の2つがあります。

ランク4に対する効果を持つ「古神クトグア」の方に少し傾いていますが、コントロールが奪えなくても攻撃&効果無効にできる「古神ハストール」も捨てがたいなと思っています。

皆さんだったら、どちらを選びますか?

次回は、この結果を踏まえたデッキを紹介する予定です。
ありがとうございました。

【雑記】気になる本を買ってきました!



本日(6月24日)発売の気になるこれを買ってきました。
_20160624_172557

店頭で見た時、一瞬だけ新しい「ザ・ヴァリュアブルブック」かなと思いました。

気になる中身は、
初代遊戯王のキャラクター紹介や設定画、
モンスターデザイン・作画監督の人や脚本家のインタビュー、
映画のストーリーやキャラクター、モンスター、設定画や劇中のデュエルの流れを解説したものがあります。

面白いところでは、スタッフリストとともに、次回予告のセリフが載っているページもあります。

そして付録カードもついてますよ。
「蛇神ゲー」!
_20160624_174743

効果については、ノーコメントで!

全体を見た感じとして、基本的には、イラスト集として思ってていいと思います。
設定画や次回予告のセリフなどが気になる方は、買ってみては?

あと、来月Vジャンプについてくる「クリスタル・ドラゴン」ですが、モンスター効果のヒントが191ページにありましたよ。
_20160624_175748

劇中通りの効果になるかわかりませんが、近い効果になるのではないかと思っています。

以上で、気になる本についてのご報告を終わります。

ありがとうございました。

ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2