Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【特集記事】「彼岸」上級モンスター&エクシーズモンスターなど


下級モンスターの次は、上級モンスターやエクシーズモンスターの「彼岸」について見ていきましょう。

■彼岸の鬼神ヘルレイカー(ウルトラ)
_20150919_172048

闇6・悪魔族/儀式/攻撃力2700/守備力2200
「善悪の彼岸」により降臨。儀式召喚でしか特殊召喚できない。

1番目の効果は、1ターンに1度、手札から「彼岸」モンスター1体を送ることで、相手モンスター1体の攻撃力・守備力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分ダウンする。相手ターンでも発動できる。

2番目の効果は、このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を墓地へ送る。

1番目の効果で、多くダウンさせることができるのは、「彼岸の鬼神ヘルレイカー」自身。

下級の「彼岸」では、攻撃力が1700ある「彼岸の悪鬼バルバリッチャ」、守備力が2100ある「彼岸の悪鬼ラビキャント」が最大のダウン数となる。

なお、コストとして墓地へ送った「彼岸」モンスターの効果も発動する。

2番目の効果は、他の「彼岸」と違って、フィールドから墓地へ送られる必要がある点には注意だが、フィールドのカード1枚を墓地へ送る効果は、とても強力な効果。

このカードを入れる場合は、「儀式魔人リリーサー」を採用したい。

■彼岸の巡礼者ダンテ(ウルトラ)
_20150919_172206

光9・天使族/融合/攻撃力2800/守備力2500
「彼岸」モンスター×3(同名カード1枚まで)
融合召喚でしか特殊召喚できない。

1番目の効果は、相手の効果の対象にならない。

2番目の効果は、1ターンに1度、手札の「彼岸」カード1枚を墓地へ送って、デッキから1枚ドローする。相手ターンでも発動できる。

3番目の効果は、戦闘で破壊され墓地へ送られた場合、または相手のカード効果で墓地へ送られた場合、相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。

融合召喚は少し難しい条件だが、効果はどれもいい効果。

正規の融合召喚をすると、4枚のカードが必要となってくるので、手札やボードアドバンテージの消費が大きくなる。

なので、エクシーズモンスターの「永遠の淑女ベアトリーチェ」の効果で特殊召喚する方法を狙っていきたい。

■彼岸の詩人ウェルギリウス(スーパー)
_20150919_172247

光6・魔法使い族/シンクロ/攻撃力2500/守備力1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

3番目の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1番目の効果は、「彼岸の詩人ウェルギリウス」は自分フィールドに1体しか存在できない。

2番目の効果は、1ターンに1度、手札から「彼岸」カード1枚を捨て、相手のフィールド・墓地のカード1枚をデッキに戻す。

3番目の効果は、このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、デッキから1枚ドローする。

このカードをシンクロ召喚するには、「彼岸の悪鬼ラビキャント」を採用する必要がある。

「彼岸」をコストとして発動する効果は、デッキへのバウンス。破壊耐性を持つモンスターを相手にする時には、役に立つ効果。

破壊されても、1枚ドローがあるので、次の展開へ繋ぐことができる。

■彼岸の旅人ダンテ(ウルトラ)
_20150919_165154

ランク3・光・戦士族/エクシーズ
攻撃力1000/守備力2500
レベル3モンスター×2

1番目の効果は、1ターンに1度、エクシーズ素材を取り除くことで、デッキから3枚まで墓地へ送り、このカードの攻撃力をターン終了時まで、墓地へ送ったカード数×500アップする。

2番目の効果は、このカードが攻撃した場合、守備表示になる効果。

3番目の効果は、墓地へ送られた場合、このカード以外の墓地の「彼岸」カード1枚を手札に加える。

エクストラデッキから特殊召喚できるモンスターの中では、積極的に使いたいモンスター。

1番目の効果で、3枚を墓地へ送れば、攻撃力を2500にしつつ、墓地へ送られた「彼岸」モンスターの効果を使うことになるので、このデッキのエンジンになるような効果。

攻撃力アップの効果はターン終了時までだが、攻撃しても守備表示になるので、高い守備力のおかげでフィールドに残り続ける可能性がある。

3番目の効果は、このカードがエクシーズ素材として、墓地へ送られた場合でも効果が発動する。

ランクアップマジックや「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」で吸収された場合などが該当するので、覚えておいたほうがいいだろう。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。
次回の【彼岸特集】は、魔法・罠カードです。

【特集記事】「彼岸」下級モンスター


しばらくは、彼岸の特集として、ご紹介します。
まず、始めに「彼岸」下級モンスターを紹介していきます。

いつの間にか、エクストラパックの「彼岸」枠が全て判明しました。


まずは、「彼岸」下級モンスターの共通効果から整理していきたいと思います。

ステータスは、闇3・悪魔族で
「彼岸」モンスターの効果は、制約効果と3つの効果があります。

制約効果として、1番目と3番目の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

1番目の効果は、自分フィールドに魔法・罠カードがない場合、手札から特殊召喚する。

2番目の効果は、自分フィールドに「彼岸」以外のモンスターが存在する場合に破壊される。

3番目の効果は、墓地へ送られた場合に発動する効果。発動する効果は、個々により異なる。


気をつけたいのは、1番目の効果で特殊召喚した直後に、破壊されて墓地へ送られた場合、3番目の効果が使えない点です。

あと、共通効果でできる戦略としては、召喚して、2番目の効果で破壊されて、3番目の効果を使うということも覚えておくといいでしょう。

では、個々の「彼岸」モンスターについて見ていきましょう。

■彼岸の悪鬼 スカラマリオン (スーパー)
_20150919_171037

攻撃力800/守備力2000
3番目の効果は、墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時に、デッキから「スカラマリオン」以外の悪魔族・レベル3モンスター1体を手札に加える。

サーチは「彼岸」モンスター以外でも可能なので、場合によっては、「魔界発現世行きデスガイド」や「クリバンデット」などをサーチしたい。
3枚は採用したいところだが、スーパーなのが残念なところ。
このカードと「グラバースニッチ」がスーパーの中でも、シングル価格が高いと予想している。

■彼岸の悪鬼 グラバースニッチ (スーパー)
_20150919_171201

攻撃力1000/守備力1500
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、デッキから「グラバースニッチ」以外の「彼岸」モンスター1体を特殊召喚する。

デッキからサーチできる「スカラマリオン」や墓地の「彼岸」を特殊召喚できる「ガトルホッグ」、モンスターをエンドフェイズまで除外する「ファーファレル」、手札から悪魔族・闇・レベル3モンスターを特殊召喚できる「リビオッコ」あたりが狙い目。

■彼岸の悪鬼 ガトルホッグ (レア)
_20150919_171238

3番目の効果は、墓地へ送られた場合、自分の墓地から「ガトルホッグ」以外の「彼岸」モンスター1体を特殊召喚する。

墓地からなので、「グラバースニッチ」で挙げたモンスターに加えて、エクストラデッキから特殊召喚する「彼岸」も候補になる。

■彼岸の悪鬼 ラビキャント(レア)
_20150919_171313

攻撃力100/守備力2100 チューナー
3番目の共通効果がなく、シンクロ素材とする場合、「彼岸」モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない制約をもつ。

「彼岸」で唯一のチューナー。
「彼岸の詩人 ウェルギリウス」をシンクロ召喚するのに必要。

■彼岸の悪鬼 アリキーノ
攻撃力1200/守備力0
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、フィールドの表側表示モンスター1体を選択し、ターン終了時までモンスターの効果を無効にする。

効果は悪くないが、発動タイミングが難しいかも。
このカードを使うなら罠カードの「悪魔の嘆き」がベスト。

■彼岸の悪鬼 ハックルスパー
攻撃力1400/守備力0
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を手札に戻す。

積極的に使うなら、相手のエンドフェイズ時に、「悪魔の嘆き」でこのカードを墓地へ送り、そのターンセットしたカードを戻すのがよいだろう。

■彼岸の悪鬼 ファーファレル(レア)
_20150919_171443

攻撃力1000/守備力1900
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体をエンドフェイズまで除外する。

一時的だが除外できるので、一時しのぎなどで使える。
除外なので、破壊耐性を持つモンスターにも有効。

除外した後に、「虚空海竜リヴァイエール」で利用したり、「異次元からの埋葬」で墓地へ戻してしまうこともできる。

「闇の誘惑」を採用すれば、これらのカードの利用機会も増えるはず。

■彼岸の悪鬼 リビオッコ
攻撃力1300/守備力700
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、手札から悪魔族・闇・レベル3モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

手札から特殊召喚するモンスターは、「彼岸」を選びたい。
なぜなら、効果が無効化されるので、「彼岸」以外のモンスターがいる場合でも、生き残れる点は覚えておきたい。

■彼岸の悪鬼 ハロウハウンド
_20150919_171535

攻撃力1500/守備力300
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、デッキから「彼岸」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

このカードで送ったカードを「バルバリッチャ」の効果を発動するためのコストにするなら採用もありかもしれない。

あと「彼岸の鬼神ヘルレイカー」を採用する時も一緒に入れておきたい。

なぜならこのカードで積極的に送りたいカードに、儀式魔法の「善悪の彼岸」があるからです。

「彼岸の鬼神 ヘルレイカー」を儀式召喚するカードたが、2番目の効果がとても使える効果。

自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、手札の「彼岸」モンスター1体を墓地へ送り、デッキから「彼岸」カード1枚を手札に加える効果。
ただし、このカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

「彼岸」カードをサーチできる万能カードだが、儀式魔法なのが残念なところ。このカードだけを採用するのは、ちょっと考えるところ。

儀式モンスターを採用するなら、「儀式魔人リリーサー」も同時に採用したい。

■彼岸の悪鬼 ドラゴネル
攻撃力1100/守備力900
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、デッキから「彼岸」カード1枚をデッキの一番上に置く。

このカードの効果を使った後に、「クリバンデット」のようなモンスターを使えば、デッキの上に置いた「彼岸」モンスターの効果を発動できる。

■彼岸の悪鬼 バルバリッチャ
攻撃力1700/守備力1000
3番目の効果は、墓地へ送られた場合、自分の墓地の「バルバリッチャ」以外の「彼岸」カード3枚まで除外し、除外したカードの数×300ダメージを相手に与える。

「彼岸」カードなので、除外するカードは魔法・罠カードの「彼岸」でも可能。


最後まで目を通していただき、ありがとうございました。
次回の【彼岸特集】は、「彼岸」の上級モンスターです。

【特集記事】ランクアップ先の候補!


知っている人もいると思いますが、「彼岸」デッキに入れると面白いカードに「RU―アストラル・フォース」があります。

■RUM―アストラル・フォース(LVAL)
_20150912_142626

通常魔法

ランクが一番高い自分のエクシーズモンスター1体を選択して発動。選択したモンスターと同じ種族・属性でランクが2つ高いモンスター1体を上に重ねてエクシーズ召喚扱いとして、エクストラから特殊召喚する。

墓地にこのカードが存在する場合、通常のドローを放棄することで、墓地のこのカードを手札に加えることができる。この効果を発動するターン、「RUM―アストラル・フォース」以外でモンスターを特殊召喚できない。


「彼岸」モンスターは、レベル3のモンスターなので、ランク3のモンスターを特殊召喚しやすいです。

なので、ランク3のモンスターに「RUM―アストラル・フォース」を使うことになります。

そこで、「RUM―アストラル・フォース」で出せるエクシーズモンスターを調べましたので、エクストラデッキの選択肢として、参考にしてもらえると嬉しいです。

ランク3のエクシーズモンスター(属性・種族)

ランク5のエクシーズモンスター
という感じで紹介していきます。


■彼岸の旅人ダンテ(光・戦士族)

CNo.39希望皇ホープレイ・ヴィクトリー
CNo.39希望皇ホープレイV
SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング
神聖騎士王 アルトリウス
セイクリッド・プレアデス

「彼岸の旅人ダンテ」は、ランクアップ先が多いのが特徴。その中でも、相手ターンでも発動できる「セイクリッド・プレアデス」がベストだろう。
さらに「セイクリッド・トレミスM7」にもなることができる。

次に「SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング」かな。

■ゴーストリック・アルカード、No.48シャドー・リッチ(闇・アンデット族)

紅貴士―ヴァンパイア・ブラム

「紅貴士―ヴァンパイア・ブラム」には、2つの効果があって、

1つ目は、エクシーズ素材を取り除くことで、そのターン制約を受けるが、相手の墓地のモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚する効果。

2つ目は、このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、次のターンのスタンバイフェイズに、このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する効果。

相手がペンデュラムモンスターのデッキだと、出番が減ると思うが、墓地に高攻撃力のモンスターがいれば狙ってみるのも面白い。

2つ目の効果は、守備表示になるのが少し残念だが、実質破壊耐性を持っているモンスターになる。

■機装天使エンジネル(光・天使族)

アーティファクト―デュランダル
CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン
始祖の守護者ティラス

個人的に、注目しているランクアップ先です。

「機装天使エンジネル」は、
エクシーズ素材を取り除くことで、自分フィールドの表側攻撃表示モンスターを守備表示にして、そのターン戦闘及びカード効果では破壊されなくなる効果を持っている。

いわゆる、破壊耐性を付与する効果で、相手ターンでも使えるので、すごく強力な効果を持っています。

ランク5のモンスターもすごく個性的な効果を持っていて、面白いなと思っています。

「アーティファクト―デュランダル」はどちらも面白い効果を持っていて、相手の思惑を崩すことができるかもしれません。

「CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン」は、破壊される代わりにエクシーズ素材を2つ取り除けて、エクシーズ素材が全て取り除かれた時、相手に1500ポイントのダメージを与える効果を持っています。

「機装天使エンジネル」の効果を1回使えば、1500ポイントのダメージを与える機会がすぐに作れるので、狙ってみるのもいいと思います。
また、攻撃力が2900ある点もポイント。

「始祖の守護者ティラス」
エクシーズ素材を持っていれば、カードの効果では破壊されず、このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、相手フィールドのカード1枚を破壊できる効果がある。

■先史遺産クリスタル・エイリアン(光・サイキック族)

CNo.69紋章死神カオス・オブ・アームズ

「CNo.69紋章死神カオス・オブ・アームズ」
ランクアップ先では、一番攻撃力が高くて、効果がすごく強力。ビッグモンスター。

攻撃力が4000もあって、相手モンスターの攻撃宣言時には、相手フィールドのカードを全て破壊できる効果を持つ。

まさに「死神」!

■グレンザウルス(炎・恐竜族)

No.61ヴォルカザウルス

説明不用でいいよね。

簡単に言うと、効果を使うとダイレクトアタックはできないけど、破壊とバーン効果を持つ。

もちろん、「グレンザウルス」もバーン効果を持っているので、そちらも忘れずに。

■BKチート・コミッショナー、ラヴァルバル・イグニス(炎・戦士族)

CNo.105 BK彗星のカエストス

ランク3のモンスターは、ビミョーな効果を持っている。
まさか、こんな形で「ラヴァルバル・イグニス」に光が当たるなんて思ってもいませんでした。

「CNo.105 BK彗星のカエストス」は、戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える効果を持つ。

墓地へ送らないとダメなので、ペンデュラムモンスター相手では、意味がない点には注意。

■M.X―セイバー インヴォーカー(地・戦士族)

CX―CH レジェンド・アーサー
No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー

ランクアップ先の前者は、1ターンに1度だけ戦闘で破壊されない攻撃力3000のモンスター。

後者は、エクシーズ素材を取り除くことで、そのターン「忍者」モンスターは、戦闘及びカード効果で破壊されない攻撃力2400のモンスター。
なお、相手ターンでも効果を発動できる。

■その他
闇・悪魔族や、地・岩石族もいるが、出しやすさを考慮すると、素材指定があったり、素材が3体以上だったりするので、省略させていただきます。


個人的には、「彼岸の旅人 ダンテ」、「機装天使エンジネル」、「先史遺産クリスタル・エイリアン」、「ラヴァルバル・イグニス」辺りのカードを使いたいなと思っています。

あと、「CNo.101~107」の内2枚が該当するので、「CX 冀望皇バリアン」も入れたいなと企画しています。

いずれにしろ、「RUM―アストラル・フォース」を入れると面白そうなエクストラデッキになりそうです。

読んでいただき、ありがとうございました。
次回の【彼岸特集】は、本題の「彼岸」下級モンスターに焦点をあてていきます。

【デッキレシピ】謎の生命体との共演!「Gアーティファクト」デッキ!


今回紹介するのは、「アーティファクト」に「グレイドル=G」を入れた「Gアーティファクト」デッキです。

「アーティファクト」は魔法・罠ゾーンにセットできるモンスターで、魔法・罠ゾーンにセットされたアーティファクトが相手ターンに破壊されると特殊召喚する効果を持ちます。
また、相手ターンに特殊召喚した場合、効果が発動するモンスターでもあります。

「グレイドル」は、戦闘で破壊された時や、モンスターにより異なりますが、モンスターの効果、魔法、罠カードのどれかで破壊された時に、相手のモンスターの装備カードとなって、コントロールを得るモンスター群です。

これら2つのカテゴリーモンスターを組み合わせて作ったデッキレシピは以下のようになります。
【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
アーティファクト―デスサイズ×3
アーティファクト―モラルタ×1
アーティファクト―ヴァジュラ×3
アーティファクト―ロンギヌス×1
アーティファクト―カドケウス×1
グレイドル・イーグル×3
グレイドル・コブラ×2
グレイドル・アリゲーター×2
グレイドル・スライム×1
超電磁タートル×1
ペロペロケルペロス×2

〈マジック14枚〉
強欲で謙虚な壺×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ダブル・サイクロン×3
アーティファクト・ムーブメント×3
グレイドル・インパクト×3

〈トラップ6枚〉
アーティファクトの神智×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
発条機雷ゼンマイン×1
ブラック・レイ・ランサー×1
No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー×1
アーティファクト―デュランダル×2
セイクリッド・プレアデス×2
No.61 ヴォルカザウルス×1
始祖の守護者ティラス×1
終焉の守護者アドレウス×1
発条装攻ゼンマイオー×1
迅雷の騎士ガイアドラグーン×1
セイクリッド・トレミスM7×1
グレイドル・ドラゴン×2


【基本戦術】
相手のターンでも動けるデッキなので、自分のターンと相手のターンに分けて説明します。
●自分のターン
自分のターンでは、主に相手のターンに向けて準備をする感じになります。
具体的には、「アーティファクト」モンスターと一緒に「アーティファクト・ムーブメント」や「ダブル・サイクロン」を伏せたり、「アーティファクトの神智」や「リビングデッドの呼び声」を伏せたりします。

また、これらのカードを手札に持ってこれるように、「強欲で謙虚な壺」を使ったりします。

相手ターンに特殊召喚した「アーティファクト」が、自分のターンに複数いれば、そのまま攻撃要員として使ってもいいし、ランク5のエクシーズモンスターになることもできます。

「アーティファクト」は、自分のターンでは展開しないので、
「グレイドル」モンスターの効果を使って、相手モンスターを奪って戦います。

相手モンスターのコントロールを得る方法としては、
「グレイドル」モンスターで自爆する。
「グレイドル・スライム」の効果で、「グレイドル・イーグル」を破壊する。
「グレイドル・インパクト」で「グレイドル・アリゲーター」を破壊する。
の3つの方法があります。

以上が自分のターンにできる主なことです。
~参考~
「グレイドル」カードの特徴

「グレイドル・イーグル」→戦闘・モンスターの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。
「グレイドル・コブラ」→戦闘・罠カードの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。
「グレイドル・アリゲーター」→戦闘・魔法カードの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。

「グレイドル・スライム」
「グレイドル」カード2枚を破壊すると手札・墓地から特殊召喚。この効果で特殊召喚に成功した時、墓地の「グレイドル」1体を守備で特殊召喚する。

「グレイドル・インパクト」
1番目の効果は、「グレイドル」カード1枚と相手フィールドのカード1枚を破壊。
2番目の効果は、自分のエンドフェイズ時に、デッキから「グレイドル」カード1枚を手札に加える効果。

●相手ターン
相手ターンでは、セットしていたカードを使い、相手の動きを妨害していきます。

相手ターンに「アーティファクト」モンスターを特殊召喚するには、
「アーティファクト・ムーブメント」や「ダブル・サイクロン」でセットしていた「アーティファクト」を破壊。
「アーティファクトの神智」でデッキから特殊召喚。
「リビングデッドの呼び声」で墓地から特殊召喚。
のパターンがあります。
_20150910_130158


相手ターンに特殊召喚したい筆頭候補は、「アーティファクト―デスサイズ」です。
_20150910_130058

相手ターンに特殊召喚されると、そのターン中、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できなくなる効果を持っているので、このカードの強さに納得してもらえると思います。

ただし、手札からのペンデュラム召喚は封じれないのですが、相手の思惑を崩すことはできます。

他には、特殊召喚した場合に、相手の表側のカード1枚を破壊できる「アーティファクト―モラルタ」、相手ターン中に「アーティファクト」が特殊召喚された時に1枚ドローできる「アーティファクト―カドケウス」がいます。

また、手札からでもリリースができて、お互いに除外ができなくなる「アーティファクト―ロンギヌス」もいます。


【採用したカードについて】
■アーティファクト―ヴァジュラ
_20150910_130133

「アーティファクト」の共通効果で特殊召喚する方法に加えて、相手モンスターの直接攻撃宣言時に、手札から特殊召喚する方法もある。

特殊召喚された場合の効果は、自分フィールドの魔法・罠ゾーンのカードを全て破壊することになります。

ただ、このデッキでは、「アーティファクト」や装備カードとなった「グレイドル」を破壊することになるので、プラスの効果に変えていけます。

■ペロペロケルペロス
戦闘または、相手の効果でダメージを受けた場合、墓地のこのカードを除外すれば、フィールドのカード1枚を破壊する効果を持つ。

「グレイドル」モンスターが自爆して戦闘で破壊された時に、使えるので採用しました。

相手のカードを破壊してもいいが場合によっては、自分の「グレイドル」カードや相手ターンならセットしている「アーティファクト」も対象になります。


【エクストラデッキについて】
「グレイドル」はレベル3のためランク3、そして、「アーティファクト」はレベル5のためランク5のエクシーズモンスターが入ります。
また、「グレイドル・スライム」を採用しているため、レベル8やレベル10のシンクロモンスターも採用圏内となります。

基本的には、汎用性で選んでもらってかまいません。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

【カード考察】ランク6版ラヴァルバル・チェイン!「永遠の淑女ベアトリーチェ」!!


今回の注目カードは、「永遠の淑女ベアトリーチェ」!

_20150908_121011

先日、効果が判明しましたが、もうチェック済みでしょうか?

■永遠の淑女ベアトリーチェ
ランク6 光・天使族 エクシーズモンスター
2500/2800 レベル6モンスター2体を素材とする。

手札の「彼岸」モンスター1体を墓地へ送り、自分フィールドの「ダンテ」モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚することもできる。
ただし、この方法で特殊召喚したターンは、1番目の効果を発動できない。

1番目の効果
1ターンに1度、エクシーズ素材を1つ取り除くことで、デッキからカード1枚を墓地へ送る。この効果は相手ターンでも発動できる。

2番目の効果
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、エクストラデッキから「彼岸」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。


【効果解説】
「永遠の淑女ベアトリーチェ」の効果を見てわかるとおり、強い効果しか書いていません。

このカードをエクシーズ召喚するには、正規ルート以外にも、手札の「彼岸」とフィールドの「ダンテ」の上に重ねる特殊ルートがあります。

特殊ルートで注目すべきは、「ダンテ」モンスターの上に重ねると書いている点です。

「ダンテ」とついたモンスターは、現時点で、ランク3の「彼岸の旅人 ダンテ」、「彼岸」モンスター3体を融合素材とする「彼岸の巡礼者 ダンテ」がいます。

裁定しだいですが、テキスト通りに解釈すると、初めて融合モンスターを下敷きにして、エクシーズ召喚できる可能性があります。

また、手札から「彼岸」モンスターを捨てるので、その「彼岸」モンスターの効果も発動します。


1番目の効果は、相手のターンでも発動できる「ラヴァルバル・チェイン」の1つ目の効果。
それに加えて、攻撃力2500/守備力2800のステータスがあるため、戦闘では破壊しにくいモンスターで、何度も効果が使われることが予想されます。


2番目の効果は、相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動するので、バウンスか除外するカード以外は、ほぼ発動すると考えたほうがいいでしょう。

エクストラデッキから特殊召喚できる「彼岸」モンスターは、
エクシーズモンスターの「彼岸の旅人 ダンテ」、シンクロモンスターの「彼岸の詩人 ウェルギリウス」、融合モンスターの「彼岸の巡礼者 ダンテ」がいます。

この効果で特殊召喚したモンスターが「ダンテ」モンスターで、そのモンスターを破壊できなかった場合、また、「永遠の淑女ベアトリーチェ」のエクシーズ召喚を許すことになるので、すごく厄介な効果です。

総合すると、「永遠の淑女ベアトリーチェ」はフィールドにいてもすごく厄介なモンスターだし、破壊しても厄介なモンスターです。

対策としては、除外やバウンスで処理してしまうのがいいでしょう。
ただ、墓地肥やしの効果は、相手ターンに発動できるため、チェーンされて効果を使われることは覚悟をしておいたほうがよいでしょう。

このカード名に「彼岸」という名前がないのは、良かったかもしれません。

「彼岸」モンスターの共通効果に、自分フィールドに「彼岸」モンスター以外が存在すると破壊されるからです。
でも、「彼岸」モンスターは墓地へ送られた場合、効果が発動するので、どちらとも言えませんが。


最後に、「永遠の淑女ベアトリーチェ」は基本的に強い効果しか持っていませんので、「彼岸」デッキを作る人は、最低でも2枚を手に入れておくことをオススメします。

あと、エクストラパックも予約しておくことを推奨します。

私も「彼岸」デッキにチャレンジしようと思い、エクストラパックを6箱予約しています。
(個人的には「古神」、「旧神」、「外神」にも注目しています。)


~追記~
「永遠の淑女ベアトリーチェ」に限らず、破壊に対して、耐性を持つモンスターが増えてきたので、モンスター除去は、そろそろバウンスか除外にしたほうがいい時代になってきたのかもしれません。

ありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2