ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王のみを扱っている個人ブログになります。
サンプルレシピの紹介や開封結果、大喜利などを取り扱っています。

ツイッターもしていますので、フォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【カード考察】「メタルフォーゼ」の三種の神器になれるか??「苦渋の決断」!


どうもハイロンです!
暖かくなってきましたね。

最近、注目中のカードは、「苦渋の決断」です。
_20160306_155620

■苦渋の決断
通常魔法
デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を墓地へ送り、その同名カード1枚をデッキから手札に加えます。


発動時に、デッキ内に同名通常モンスターが2体いる必要があるため、必然的に通常モンスターデッキに入ります。

このカードを入れるデッキ候補として、「メタルフォーゼ」を考えています。
_20160224_164424

「メタルフォーゼ」は、次のパックの「ザ・ダーク・イリュージョン」に登場する炎・サイキック族で、今のところ全て通常モンスター&ペンデュラムモンスターのようです。

その「メタルフォーゼ」の下級モンスターをサーチしてくるために「苦渋の決断」を採用してもいいかなと考えています。

ただ、手札に加えることにこだわらないのなら、レベル3以下のサイキック族を手札・デッキから特殊召喚ができる「緊急テレポート」の存在があります。

ですが、ペンデュラム召喚の準備や、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果を使いたい時などは、こちらを使うといいので、一応併用はできます。

また、「メタルフォーゼ」には、レベル5以上の通常モンスターがいるため、「苦渋の決断」でカバーできない部分がありますが、この点は「召喚師のスキル」を一緒に採用すると補うことができます。

「苦渋の決断」と「召喚師のスキル」があれば、好きな「メタルフォーゼ」をデッキから加えることができます。

まとめると「メタルフォーゼ」デッキにとって、
「苦渋の決断」
「緊急テレポート」
「召喚師のスキル」
の3枚が、
「メタルフォーゼの三種の神器」になるかもしれません。

今から「メタルフォーゼ」デッキを作るのが楽しみです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

【デッキレシピ】「裏風の精霊」入り「裏風シャドール」デッキ!


久しぶりのデッキ紹介です。

今回は、「裏風の精霊」が入った「シャドール」デッキを紹介します。

「裏風の精霊」は、召喚時にデッキからリバースモンスターをサーチできる効果を持っています。
この効果を使って「シャドール」モンスターを手札に加えます。
_20160304_233233

「シャドール」は、リバース効果と効果で墓地へ送られた場合の効果の2つを持つ魔法使い族モンスターです。

4月の新制限で、「エルシャドール・ネフィリム」を返してほしいという願いを込めつつ、ご紹介していきます。


【デッキレシピ】
〈モンスター22枚〉
シャドール・ビースト×3
シャドール・ドラゴン×3
シャドール・リザード×3
裏風の精霊×3
シャドール・ハウンド×3
ジゴバイト×2
デーモン・イーター×2
シャドール・ヘッジホッグ×3

〈マジック10枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
影依融合×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
神の写し身との接触×1
魔力の泉×1

〈トラップ8枚〉
激流葬×3
影依の原核×2
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
エルシャドール・ウェンディゴ×2
エルシャドール・ミドラーシュ×2
エルシャドール・シェキナーガ×2
エルシャドール・アノマリリス×2
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
ラヴァルバル・チェイン×1
交響魔人マエストローク×1
ライトロード・セイント ミネルバ×1
No.82 ハートランドラコ×1
キングレムリン×1


【デッキ解説】
知っている人も多いと思いますが、
改めて「シャドール」は、リバース時の効果と、効果で墓地へ送られた場合の効果がありますが、1ターンに1度、発動できるのはどちらかの効果しか発動できない点には、注意が必要です。

それを踏まえた上で、採用した「シャドール」モンスターは、以下のモンスターになります。
_20160304_233027


_20160304_233122

■シャドール・ビースト
〈リバース時〉デッキから2枚ドロー。その後手札を1枚捨てる。
〈墓地送り時〉デッキから1枚ドロー。

このデッキのドローエンジンとも言うべき効果を持っています。
後述する「シャドール・リザード」で墓地へ送るのが、理想的です。

■シャドール・ドラゴン
〈リバース時〉相手のカード1枚を手札に戻す。
〈墓地送り時〉フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊する。

こちらは、除去効果です。
リバース時の効果は対象が広いですが、手札に戻すので、一時的なものと考えたほうがいいでしょう。

また、守備力が0なので、セットする時は、単なる壁にしかならないので、墓地へ送られた場合の効果を使うほうがいいでしょう。

■シャドール・リザード
〈リバース時〉フィールドのモンスター1体を破壊。
〈墓地送り時〉デッキから「シャドール・リザード」以外の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。

リバース時は、モンスター除去。
墓地へ送られた場合の効果は、シャドール版「おろかな埋葬」というべき効果を持っています。

どちらも使える効果なので、状況によって使いわけるといいでしょう。

使用頻度としては、墓地へ送られた場合の方が多いです。
モンスターを送るのが基本ですが、魔法・罠カードの「シャドール」カードも墓地へ送れるので、覚えておきましょう。

■シャドール・ハウンド
〈リバース時〉墓地の「シャドール」カード1枚を手札に加える。
〈墓地送り時〉フィールドのモンスター1体の表示形式を変更する。(「シャドール」以外のリバースモンスターの効果は発動しない。)

リバース時は、「シャドール」カードのサルベージで、モンスターだけでなく、「シャドール」の魔法や罠カードを回収したりできます。

墓地へ送られた場合の効果は、表示形式を変えることができるので、セットした「シャドール」モンスターのリバース時の効果を使えたり、相手モンスターの戦闘破壊を狙えたりできます。

■シャドール・ヘッジホッグ
〈リバース時〉デッキから「シャドール」の魔法・罠カード1枚を手札に加える。
〈墓地送り時〉デッキから「シャドール・ヘッジホッグ」以外の「シャドール」モンスター1体を手札に加える。

どちらもサーチ効果です。
「影依融合」や「神の写し身との接触」が、手札にない時はセット、それ以外はモンスターのサーチカードとして使うのがベストです。



以上のモンスターとともに、「影依融合」や「神の写し身との接触」を使って、融合モンスターを出していきます。

主な組み合わせとしては、以下の4つがあります。

●「シャドール」+「シャドール」で、
「エルシャドール・ミドラーシュ」

●「シャドール」+「裏風の精霊」で、
「エルシャドール・ウェンディゴ」

●「シャドール」+「デーモン・イーター」で、
「エルシャドール・シェキナーガ」

●「シャドール」+「ジゴバイト」で、
「エルシャドール・アノマリリス」

_20160305_002606


_20160305_002537

また、レベル4の「シャドール」がいれば、「ジゴバイト」や「デーモン・イーター」を手札から特殊召喚できるので、ランク4のエクシーズ召喚も狙えます。
「影依融合」や「神の写し身との接触」がない場合は、エクシーズ召喚に切り替えてしまうのも手です。


【最後に】
知っている人も多いと思うので、いつもより短く紹介させてもらいました。

4月の新制限で、「エルシャドール・ネフィリム」を返してもらって、「ザ・ダーク・イリュージョン」で闇・魔法使い族を強化してもらえるとありがたいと「エルシャドール・ミドラーシュ」が言っています。
そうなることを期待しています。

最後まで、ありがとうございました。

【デッキレシピ】「ブルーアイズ」×「バスター・ブレイダー」デッキ!



今回、紹介するデッキは、「バスター・ブレイダー」デッキに「ブルーアイズ」を取り込んで、デッキを作ってみました。
_20150930_141355

過去のデッキ紹介記事は、こちら↓
相手を完封??「バスター・ブレイダー」デッキ!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/45258500.html

まだ、多少の微調整をしていますが、現時点でのデッキレシピを紹介します。

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
青眼の白龍×2
バスター・ブレイダー×2
ジェムナイト・ガネット×3
ジェット・シンクロン×1
破壊剣士の伴竜×3
破壊剣-ドラゴンバスターブレード×3
青き眼の祭司×2
グローアップ・バルブ×1
青き眼の賢士×3

〈マジック17枚〉
光の霊堂×3
テラ・フォーミング×3
おろかな埋葬×1
竜破壊の証×3
ワンチャン!?×1
ワン・フォー・ワン×1
破壊剣士融合×2
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ3枚〉
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
森羅の姫芽宮×1
シャイニート・マジシャン×1
TG ハイパー・ライブラリアン×1
BF-星影のノートゥング×1
破戒蛮竜-バスター・ドラゴン×2
スターダスト・ドラゴン×1
青眼の精霊龍×1
蒼眼の銀龍×2
ジェムナイト・セラフィ×2
竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー×2
青眼の双爆裂龍×1


【前回からの変更点】
前回のデッキレシピからの大きな変更点は2つです。
■バスター・ブレイダー関連のカード
いろいろ検討した結果、「破壊剣」シリーズは、結局のところ「破壊剣士の伴竜」、「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」、「破壊剣士融合」の3種類で十分だと言う事がわかったので、それ以外のカードを抜きました。

いずれは、この3種類に「破壊剣の追憶」が加わると思います。

■プランBの採用
「バスター・ブレイダー」を出すことがプランAなら、出せなかった時のことも考えなければなりません。
そこでプランBとして、採用したモンスターが「ブルーアイズ」です。
(正確に言えば、「青き眼」からの「ブルーアイズ」の展開です。)

「青き眼」シリーズは、「破壊剣士の伴竜」を持ってくることができるので、実は「バスター・ブレイダー」デッキと相性がピッタリです。

これにより「青眼の白龍」を場に出しながら、「バスター・ブレイダー」の準備をすることができます。


【新たに採用したカードの使い方】
■青き眼の賢士
_20160302_235455

このデッキでは、特に優秀なモンスターになります。
召喚時の効果で「破壊剣士の伴竜」を持ってくるのが基本です。

(汎用性のあるモンスターでは、「エフェクト・ヴェーラー」がいます。)

それから、手札のこのカードと自分フィールドの効果モンスターを墓地へ送れば、デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる効果もあります。

この効果を使えば、「バスター・ブレイダー」が手札or墓地にいなくても、とりあえず「破壊剣士の伴竜」を召喚してサーチ効果を使った後のケアや、装備されている「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」を戦力に変えることができます。

伴竜やドラゴンバスターブレードが、まるで「青眼の白龍」の子竜時代ような錯覚になります(笑)


■光の霊堂
_20160302_235753

このカードは、まず、光のレベル1チューナーの召喚権を1回増やすことができます。
これにより、「青き眼の賢士」や「青き眼の祭司」の効果で回収したモンスターを展開できます。
その後、何もできない場合は、ランク1のエクシーズモンスターにします。

2番目の効果は、通常モンスター版「おろかな埋葬」というべき効果です。
手札に引きたくないデッキ内の「青眼の白龍」を墓地へ送りつつ、モンスターの攻撃力を上げるために使います。

一応手札からも送れますが1枚の損になるので、できればデッキから送りたいです。

なお、「青眼の白龍」の他に、「ジェムナイト・ガネット」もいます。

こちらは、「ブリリアント・フュージョン」との兼ね合いで使うといいでしょう。


■ブリリアント・フュージョン
_20160302_235828

「ジェムナイト・ガネット」と「青き眼の祭司」を融合素材にして、「ジェムナイト・セラフィ」を出します。

「光の霊堂」で「青眼の白龍」を墓地へ送っておけば、「青眼の白龍」を墓地から特殊召喚できる準備ができます。


【最後に】
前に紹介したデッキよりは、サーチができるので、「破壊剣士の伴竜」を手札に持ってこれるようになりました。

しかし、その代わりに「バスター・ブレイダー」を持ってくるor墓地へ送る手段がほしいところです。

「竜破壊の証」と「おろかな埋葬」ぐらいしかありません。

(不確定要素を入れることができるなら「グローアップ・バルブ」や「森羅の姫芽宮」も該当します。)

この状況は、「E・HEROプリズマー」や4月のパックに入っている「破壊剣の追憶」を投入することで解決できるはずです。

以上で終了します。
最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

【発売情報】2016年3月の発売スケジュール!


少し寒い気がしますが、今日から3月に入りました。
卒業シーズンになりますね。

読者の皆様の中にも、卒業生がいると思いますので、この場をお借りして、少し言わせてください。

「卒業生の読者の皆様へ!
ご卒業おめでとうございます!
新たな場所で、ご活躍できることを心から願っております。」

ハイロンより。


さて、遊戯王もこの3月で9期を卒業(?)し、10期(?)へ突入します。
いったいどんな10期(?)になるのでしょうか?


それでは、3月の発売スケジュールを見ていきたいと思います。

【3月19日発売】
スターターデッキ(2016年版)
プレミアムパック18


■スターターデッキ(2016年版)
_20160301_145243

2016年のスターターデッキは、これまでと違った感じになりそうです。

スターターデッキと言うよりも、「ストラクチャーデッキ―マスター・オブ・ペンデュラム」の続編と言う印象で、ストラクチャーではあまり強化されなかった「EM」がテーマになっています。

いつもと違う点は、それだけでなく特製トークン(カバートークン)が3枚付きます。

この点は、ストラクチャーデッキRのパターンですね。

再録もある程度は、「EM」になるでしょう。
もしこの中に「EMドクロバット・ジョーカー」や「EMペンデュラム・マジシャン」が再録されたらちょっと笑っちゃいます。

ちょっと中身が気になります。



■プレミアムパック18
【カードリスト】
全20種類
「魔帝アングマール」
「ジャンク・チェンジャー」
「ジャンクリボー」
「奇術王 ムーン・スター」
「スターダスト・チャージ・ウォリアー」
「究極幻神 アルティミトル・ビシルバ―ルキン」
「No.37 希望織竜スパイダー・シャーク」
「No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」
「No.35 ラベノス・タランチュラ」
「No.84 ペイン・ゲイナ―」
「No.77 ザ・セブン・シンズ」
「帝王の凍気」
「九十九スラッシュ」
「輝望道」
「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」
「幻影騎士団ダーク・ガントレッド」
「幻影騎士団トゥーム・シールド」
「ダーク・アドバンス」
「王魂調和」
「レッド・スプレマシー」

●気になるカードその1
個人的に気になっているカードの筆頭は、「スターダスト・チャージ・ウォリアー」!

シンクロ召喚に成功すれば、1枚ドローできるのがおいしいところ。
シンクロの損失の一部をすぐに補ってくれるので、今後の活躍が期待できます。

風属性なので、「SR」デッキにも入ります。
また、「ガスタの神裔 ピリカ」の効果を使っても、出せるシンクロモンスターなので、「ガスタ」デッキにも入ります。

●気になるカードその2
次は、「No.84 ペイン・ゲイナ―」と「No.77 ザ・セブン・シンズ」の2枚。

「No.84 ペイン・ゲイナー」は、闇属性・ランク8~10で、エクシーズ素材を2つ以上持ったエクシーズモンスターを下敷きにして、エクシーズ召喚をすることができます。

闇属性・ランク8~10には、ギミック・パペットやアンデットのエクシーズモンスターなどがいます。

その中でも個人的に注目したのが、「DDD双暁王カリ・ユガ」!
何と「DD」デッキに「No.84 ペイン・ゲイナー」を入れることができます!
(エクストラデッキの枠が少しキツくなりますが。)

「No.84 ペイン・ゲイナ―」にした後は、さらに重ねて、高攻撃力と破壊耐性を持っている「No.77 ザ・セブン・シンズ」にすることができます。

●気になるカードその3
最後は、「魔帝アングマール」です。

マンガ通りの効果だったら、制限カードの魔法カードを何度も使えることになるため、調整されました。

そりゃそうですよね。

このカードが「帝」デッキに投入されるかどうかが気になります。

現時点では、投入されそうにないですが、何度も使いたい魔法カードが登場すれば、このカードに日の目があたりそうです。


他には「奇術王 ムーン・スター」や「No.37 希望織竜スパイダー・シャーク」、「森羅」や「インフェルノイド」デッキで出せて、ロマンあるカードの「究極幻神 アルティミトル・ビシルバ―ルキン」も気になっています。



【3月21日】
Vジャンプ


■Vジャンプ
付録カードは、「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」!
_20160301_145131

「オッドアイズ」が来ました!
効果は不明ですが、「天空の虹彩」でサーチできるカードが増えます。

来月発売予定のマンガ版アークファイブに「オッドアイズ・ファントム・ドラゴン」が付いてくるので、そちらのカードも要チェックです。

相性の良い効果なのかな?

あと、新制限カードも発表されると思うので 、どんな内容になるか楽しみです。

きっと大幅に動くでしょう!

以上で3月の発売スケジュールを終わります。
最後まで、読んでいただきありがとうございました。


~ちょっとしたお知らせ~
お気づきかもしれませんが、「ハイロン研究所~遊戯王情報サイト~」に、メニューバーを導入させていただきました。

読者の皆様の利便性を向上させるために設置しました。

トップページに戻ったり、カテゴリー内の記事の一覧が見れたりしますので、ご活用ください。
Screenshot_2016-03-01-14-56-50

(ブログ名の下のやつです。なお画像は、スマホ版です。パソコン版は色が少し違いますが、ほぼ同じ仕様になっています。)
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2