Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【カード考察】シンクロを融合素材に!「ミラクルシンクロフュージョン」!!


ちょっと期待しているカードとして、注目しているのは、「ミラクルシンクロフュージョン」です。

_20150906_123912

フィールド上・墓地から、融合素材モンスターをゲームから除外して、シンクロモンスターを融合素材とする融合モンスターを融合召喚できるカード。

オマケとして、セットされたこのカードが相手のカード効果で破壊され、墓地へ送られた時、デッキから1枚ドローできる効果も持つ。


アニメではシンクロ次元にいるし、最近シンクロの強化をしているし、次のパックで「ゴヨウ・エンペラー」の収録が決定しているので、いずれは使える日が来るのではないかと期待しています。

現在、このカードで出せるモンスターは8種類。

「ゴヨウ・エンペラー」
地属性・戦士族のシンクロモンスター×2体

「アルティメット・サイキッカー」
サイキック族シンクロモンスター+サイキック族モンスター

「旧神ノーデン」
シンクロモンスター+エクシーズモンスターか
シンクロモンスター+シンクロモンスターの組み合わせ

「地天の騎士ガイアドレイク」
大地の騎士ガイアナイト+効果モンスター以外のシンクロモンスター

「ナチュル・エクストリオ」
ナチュル・ビースト+ナチュル・パルキオン

「ナチュル・ガイオストライオ」
地属性シンクロモンスター×2体

「波動竜騎士ドラゴエクィテス」
ドラゴン族シンクロモンスター+戦士族モンスター

「覇魔導士アーカナイト・マジシャン」
魔法使い族シンクロモンスター+魔法使い族モンスター

「ゴヨウ・エンペラー」を出せるデッキなら、「旧神ノーデン」や「ナチュル・ガイオストライオ」も出せるので、メインデッキに「ミラクルシンクロフュージョン」を1枚忍ばせておくのもいいだろう。


あとは「ナチュル」デッキも対応するモンスターがいるので、採用してもいいだろう。

特に「ナチュル・エクストリオ」は、強力な効果を持つので、狙ってみてもいいだろう。

もう少しシンクロモンスターを素材とする融合モンスターが増えてくれば、化けるカードとなるかもしれません。

最後まで、ありがとうございました。

【雑記】世界大会のデッキレシピより



_20150905_120033

コナミさんのホームページにて、先日開催された世界大会の1位~4位までのデッキレシピが公開されていますが、皆さんはチェックしましたか。

ここでは、そのデッキレシピから参考になったカードや気になったカードを上げていきたいと思います。

まずは、小学生の部から。

3位のハンガリー代表が使っていた「HERO」デッキの気になるカードは、「トリオンの蟲惑魔」。
確かに「E・HEROシャドー・ミスト」を特殊召喚するギミックを使えばいいし、召喚すれば、「落とし穴」をサーチできるからなるほどな!と思いました。


小学生の部で一番気になったのは、準優勝になったアメリカ代表の「クリフォート」デッキ!

そのサイドデッキに入っていた「EMスプリングース」がとても気になりました。
_20150905_122904

効果を読むと、
墓地のこのカードを除外して、Pゾーンの「魔術師」、「EM」及び自分のフィールドのPモンスターの中から2枚を選び、持ち主の手札に戻すと書いています。

どうやって使うのだろうと思ましたが、テキストをよく読んでみると、

Pゾーンの「魔術師」、「EM」
→「クリフォート」だからまず入っていない。

自分フィールドのPモンスター
→モンスターゾーンにいるPモンスターと言い換えることができるから、妥協召喚や特殊召喚した「クリフォート」を戻すカードとして、使うのだろうと思われます。

その戻した「クリフォート」が、2体リリースするモンスターなら、ワンチャンスありだろうと言う考えなのかもしれません。


次に一般の部では、個別のカードと言うより参考にしたいのは構築。

4位に入ったアメリカ代表の「テラナイト」デッキは、アーティファクトを入れたタイプで、あまり見ない構築だったので、少し注目しました。

エクストラデッキに、「武神帝―ツクヨミ」が入っていたのは、共感しました。

今は崩しましたが、私も「テラナイト」を作った時に「武神帝―ツクヨミ」をエクストラデッキに入れていました。

「星因士 アルタイル」の蘇生候補を墓地へ送りつつ、2枚ドローできるため、非常に便利でした。

あと、「幽鬼うさぎ」を素材としてシンクロをするんだろうなと思った「ライトロード・アーク ミカエル」なんかも入っていたりします。

最後に、2位のパナマ代表の「影霊衣」デッキ。
日本では、ほとんど入っていない、「アイス・ハンド」や「ファイヤー・ハンド」、「影霊衣の戦士 エグザ」、「カタストルの影霊衣」が入っていました。

私の「影霊衣」デッキも見直そうかなと思った構築でしたので、参考にしようかな。



普段見ることのできない、海外の選手をピックアップしてみました。
国も違えば、構築も違うので、とても刺激になると思います。
時には、デッキ構築のヒントになるかもしれません。
気になる方は、コナミさんのホームページをご確認下さい。

ありがとうございました。

【カード考察】フィールド魔法を利用する「妖精竜 エンシェント」!


今回の注目カードは、これ。
■妖精竜 エンシェント (PP15 収録)
_20150904_132122

闇7 ドラゴン族シンクロ 2100/3000

2つの効果を持っている。

まず、1ターンに1度、自分のターンに、フィールド魔法が発動した場合、デッキから1枚ドローできる効果。

そして、1ターンに1度、フィールド魔法が表側で存在する場合、フィールドの表側攻撃表示のモンスター1体を破壊できる効果。


最近の傾向として、カテゴリーモンスターのサポートカードとして、フィールド魔法が採用されることが増えてきました。

(例)
「イグナイト」→「イグニッションP」
「マジェスペクター」→「マジェスティックP」
「PSYフレーム」→「PSYフレーム・サーキット」

そこで、注目すべき点は「妖精竜 エンシェント」の2つ目の効果です。

カードテキストには、「自分」などの記載がないので、相手のフィールド魔法でも発動できることになります。

シンクロできるデッキで、レベル7を出せるなら「妖精竜 エンシェント」も候補に入りそうです。

守備力も3000あるので、少なくとも壁にはなりそうです。

読んでいただきありがとうございました。

【発売情報】2015年9月の重要イベント!


今日から9月。

暦の上では、夏も終わり秋に突入。
個人的に一番好きな季節がやって来ました。

今月は、「エクストラパック2015」と「ストラクチャーデッキR」、Vジャンプの発売が控えています。

全て9月19日(土)の発売ですね。
1日でお金を使うので、決闘者泣かせの月かもしれません。

【エクストラパック2015について】
まずは、「エクストラパック2015」ですが、エクストラパック史上、当たりが多く、シングル価格が高いパックになるのは間違いないと思います。

現時点で、ウルトラやスーパーの枠の半数が「彼岸」、「旧神」、「古神」、「外神」モンスターなので、シングルは高騰するでしょう。

「彼岸」デッキを作る予定の人は、相当の出費を覚悟する必要があるでしょう。

ただ、「U.A.」デッキを作る人は、安く作れる可能性があります。


~補足~レアリテイの種類について
今回のエクストラパックは、1箱でレアカードが全部揃わないので、いつもよりレアカードが少し高くなることが予想されます。

1箱15パック入りに対して、レアカードは、20種類のため。

ウルトラが2枚入っている計算だと、13枚しかレアカードは当たらないことに。


ノーマルカードもほとんど1枚と言う計算になる。

15パック×5枚=75枚 (全部で)

レア以上15枚は確定していて、

スーパーとレアは、一緒に入っているので、スーパーが1箱3枚入っていると仮定すると、
レア以上のカードが合計18枚になる。

75枚-18枚=57枚。

それでノーマルの種類は、52種類。

計算上は5枚だけが、ダブルことになる。

ただ、1箱にノーマルが全種類入っている保証はないので、開けるまではわかりません。

とにかく種類が多いので、1箱でレアとノーマルが揃う確率は低いことが、わかってもらえたと思います。


【ストラクチャーデッキRについて】
次に「ストラクチャーデッキR」ですが、こちらは、帝デッキのリニューアル版になります。

新規のカードにより、帝デッキに新たに、「帝王」とついた魔法・罠カードを使って戦うスタイルが追加されて、今からとても楽しみにしています。

イメージとしては、「炎星」みたいな感じになりそう。

再録カードもすごく気になるところです。


【Vジャンプについて】
付録カードが「彼岸」関係の効果みたいなので、「彼岸」デッキを作る人は、手に入れておくといいでしょう。

ただ、ランク6のエクシーズモンスターなので、1枚~2枚でいいのではないかと個人的には思います。

あと注目したいのは、禁止カードの発表があるかもしれません。

本来なら9月にあるはずなのですが、なかったのでどうなっているのかなと思っていました。

噂では、海外の禁止と日本の禁止を統一するということがささやかれていますが、はたしてどうなることやら。


少し長くなりましたが、注目度が高い9月になりそうです。

ありがとうございました。

【カード考察】「オッドアイズ」サーチ!「天空の虹彩」!!


今注目のカードは、「天空の虹彩」!
_20150830_125422

「マスター・オブ・ペンデュラム」に新規収録されたカードで、

このカード以外の自分フィールドの表側表示のカードを1枚破壊することで、デッキから「オッドアイズ」カードを1枚手札に加えるフィールド魔法です。

このカードは、友達に言われて気づいたのですが、次の「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」に収録されるこのカードをサーチできるカードとなります。
_20150830_130118

「オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン」
特殊召喚時には、相手限定の「ハリケーン」効果。

さらに、モンスターゾーンにいる限り、相手はカード効果を発動するには、500ライフを払う必要がある効果を持っています。

また、このカードの儀式魔法である「オッドアイズ・アドベント」も「天空の虹彩」でサーチできます。

よって、「オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン」は、「天空の虹彩」、「EMドクロバット・ジョーカー」、「儀式の準備」、「マンジュ・ゴッド」と儀式モンスターの中でも比較的にサーチしやすいモンスターではないでしょうか。

結論として、「天空の虹彩」は、これからも「オッドアイズ」とついたカードが増える度に、価値が高まっていきそうなカードと言えそうです。

ありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2