ハイロン研究所

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

ハイロン研究所へようこそ!!
当ブログは、大会とは無縁の管理人が、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いている個人ブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【イラスト企画】遊戯王で神7を選んでみる!(美少女編)



おかげさまで1週年を迎えましたので、新コーナーを作ってみました!

遊戯王の楽しみ方には、勝負する他に、デッキを作ったり、イラストを楽しむなどがあると思います。

【イラスト企画】のコーナーでは、挙げた3つの中のイラストを楽しむことに重点を置いた企画にしていこうと思って立ち上げました!

初回は、
某アイドルの総選挙が先日ありましたが、ハイロン研究所もそれに便乗したいと思います。

タイトルは、
「ハイロンプレゼンツ!勝手に神7総選挙!!」
(パチパチパチ~)

ハイロンさんが、「ザ・ヴァリュアブルブック11~18」をパラパラとめくって、選んだ神7総選挙の候補に上がった娘は、こんな感じ↓

【神7の候補者】
ダーク・ヴァルキリア
フォーチュンレディ・ライティー
氷結界の舞姫
サイ・ガール
召喚師セームベル
マドルチェ・マジョレーヌ
水精鱗-アビスリンデ
水精鱗-アビスグンデ
魔轟神グリムロ
氷結界の封魔団
ガスタの巫女 ウィンダ
神秘の妖精 エルフィリア
ハーピィ・ダンサー
ハーピィ・チャネラー
カズーラの蟲惑魔
ブラック・マジシャン・ガール
竜騎士ブラック・マジシャン・ガール
ティオの蟲惑魔
ガスタの神裔 ピリカ
ヒュプノシスター
霊獣使いレラ
霊獣使いウェン
冥界の麗人イゾルデ
英霊獣使い-セフィラムピリカ
ライトロード・セイント ミネルバ
アロマージ-ローズマリー
フレシアの蟲惑魔
森羅の姫芽宮

この中から、ハイロンの独断と偏見で神7を選んでいきたいと思います。

■第7位 フレシアの蟲惑魔
_20160622_160639

蟲惑魔オールスターズでのランクイン!
イラストアドだけでなく、効果も汎用性があっていいですね。

森に入る時は、誘惑にくれぐれもご注意を!

■第6位 冥界の麗人イゾルデ
_20160622_161123

イゾルデには、何かしらの魅力を感じるので、選びました。
「この~。泥棒ネコが!」っていうセリフが似合いそう人ですね。

ただ、この世の人ではないのが残念です!

■第5位 氷結界の舞姫
_20160622_160804

個人的に氷結界では、断トツの1位だと思っています。
また、ツインテール部門でも上位でしょう。

性格はやはりツンデレ??
氷になる覚悟がある人は、聞いてみてはどうでしょうか?

■第4位 ガスタの巫女 ウィンダ
_20160622_160936

巫女なのに、巫女らしくない衣装で、秋物の服を着たモデルみたいな感じになっています。
ウィンダさんが作る風で、夏を乗りきりたいものです。

ただし、竜巻や突風、大嵐にならない程度でお願いします。

■第3位 神秘の妖精 エルフィリア
_20160622_161250

鳥やウサギなどの小動物が彼女に寄ってくるのがイメージできるので、性格は優しいでしょうね。
きっと優しさを私たちに教えてくれるでしょう。

ぜひとも護衛として、朝の散歩にお供したいです。

ただ、妖精なので、見えるかどうかはその人しだいです。

■第2位 アロマージ―ローズマリー
_20160622_161414

個人的には、この娘好きです。
(1位にしたかったのですが、魔法使い族のあの方がいるので、2位です。)

このストレス社会の中、アロマでみんなを癒してくれるでしょう。

ただ、部屋が植物だらけになので、花粉症の人はきついかもしれません。

■第1位 ブラック・マジシャン・ガール
_20160622_161533

2位以下に関しては、いろいろとあるでしょうが、ここは文句なしでしょう。
(王道と言えば王道でしょう。)
言葉では表すことができない魅力を持っています。

ただし、彼女に近づくには師匠の「ブラック・マジシャン」が。


ということで、ハイロンが選ぶ神7の1位は「ブラック・マジシャン・ガール」でした。

楽しんでいただけたでしょうか?

皆さんが選ぶ神7(美少女編)も教えていただければと思います。

また、取り上げてほしいお題とかも提案してもらえると嬉しいです。
(例)
癒し系モンスタートップ5
イケメン(人型モンスターに限る)で神7など...。

コメント欄にて、いつでもお待ちしております。

では、以上で第1回目の【イラスト企画】を終わります。
最後まで見ていただき、ありがとうございました!



【その他】ブログ開設、祝1周年!


遊戯王に関連しない私的なブログ記事になって、申し訳ないですが、

今日(6月20日)は、ハイロン研究所にとって、記念すべき1日になります!

それは、

ハイロン研究所の開設から1周年になります~。
(拍手音~。)
ちょうど1年前の今日にブログを始めました。

ちなみに調べてみたら、1年で215のブログ記事を書いたようです。(1年目にしては、よく頑張ったになるのかな??)


ちょっとだけ過去を振り返えると、

始めた頃は、果たして読んでくれる人いるのかなと思いつつ、紹介したいデッキを紹介し終えたら、すぐネタ切れになって、更新が止まって終わるのだろうなと正直思っていました。(笑)

そんな感じで始めたので、まさか1年続くとは思っていませんでした。

また、ここまで来るのにいろんな失敗もありました。
それにより読者の皆様には迷惑をかけたこともありますが、失敗の度に考え直して、修正をして、ここまで来ることができました。

これから先も、失敗をすることがあって、迷惑をかけることがあるかと思いますが、暖かく見守っていただければと思います。


いろいろとありましたが、読者の皆様には、感謝しています。

読者の皆様が、ハイロン研究所を訪れてブログ記事を読んでいただいたり、メッセージをもらえたりすることが、ブログを作成・更新する支えになっています。

本当にありがとうございます。

まだまだ未熟者ですが、これからもハイロン研究所をよろしくお願い申し上げます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


~おまけ~
【ハイロンの由来】
ユーザー登録で、ニックネームをつけなければいけなかった時に、何にしようかなと思って、「ザ・ヴァリュアブル・ブック15」をパラパラと見ていた中から、「魔導法皇 ハイロン」を見つけたのがきっかけです。
(なんとなく、言いやすくて、覚えやすいかなと。)

ちなみに実物のハイロンは、こんなにイケメンではないし、こんな格好をしてませんので、ご注意を!(笑)
_20151230_134311

※実物とかなり異なります。

【デッキレシピ】強さよりロマン(夢)を求めた「磁石の戦士」デッキ!


歴史上、「I have a dream」で始まる有名な演説がありますが、今回紹介するデッキはまさにこの演説の一説が似合うデッキではないでしょうか?
(大げさな感じでお送りします。)

今回、お届けするデッキは「磁石の戦士」デッキです。

「磁石の戦士」は、ハイロンの構築不足かもしれませんが、ガチデッキの構築は難しいと感じたので、ロマン(夢)で勝負したいと思います。

表向きは「磁石の戦士」ですが、とある夢を裏テーマにしています。
この裏テーマは、デッキレシピを紹介した後に、発表します。

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
磁石の戦士マグネット・バルキリオン×2
磁石の戦士β×3
電磁石の戦士α×3
磁石の戦士γ×3
電磁石の戦士β×3
磁石の戦士α×3
レスキューラビット×3

〈マジック14枚〉
マグネット・フィールド×3
テラ・フォーミング×2
闇の量産工場×2
苦渋の決断×3
おろかな埋葬×1
融合×2
死者蘇生×1

〈トラップ6枚〉
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
始祖竜ワイアーム×2
No.100 ヌメロン・ドラゴン×1
鋼鉄の巨兵×1
発条機雷ゼンマイン×1
No.44 白天馬スカイ・ペガサス×1
交響魔人マエストローク×1
No.55 ゴゴゴゴライアス×2
No.39 希望皇ホープ×2
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
No.107 銀河眼の時空竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.93 希望皇ホープ・カイザー×1


【裏テーマについて】
古代の石板には、こう記されている。

「磁石の戦士」には、夢がある。
それは、マグネット・バルキリオンになること。
そして、「ナンバーズ」の王になることだ。

(ナレーション風に読んでいただけると、雰囲気が出ると思います。)

ということで、デッキ戦術は、
「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」になってから、「ナンバーズ」の王様になることを目指します。

【デッキ戦術】
■磁石の戦士マグネット・バルキリオン
_20160619_104020

「磁石の戦士」のα・β・γを手札もしくはフィールドに3体揃えることを目指します。

・「電磁石の戦士β」や「苦渋の決断」でサーチ。
・「レスキューラビット」でフィールドに特殊召喚。(その後エクシーズ召喚するのもOKです)
・「闇の量産工場」で墓地から手札にサルベージ。
・蘇生カードを使う。

これらを使って、手札もしくはフィールドに「磁石の戦士」3体を揃えていきます。

また、「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」ですが、「電磁石の戦士α」でサーチしておきます。

そして、3体とマグネット・バルキリオンを揃えたら、リリースして「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」を特殊召喚します。

■「ナンバーズ」の王
古代の石板には続きがある。

ナンバーズの王と言っても2つある。
1つは、ナンバーズの皇の道。
もう1つは、ナンバーズの黄金王竜の2つの道がある。


ということで、2つの道があるようですが、どちらの道に行くにも、同じ方法を使うようです。

それは、「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」の分離効果を使い、自分フィールドに「磁石の戦士」α・β・γを並べる。

その後「マグネット・フィールド」の1番目の効果を使い、レベル4の「磁石の戦士」を特殊召喚または、召喚権を使って、
レベル4のモンスターを4体揃えることが共通の方法のようです。

●ナンバーズの皇の道
_20160619_104452

ナンバーズの皇とは、「No.93 希望皇ホープ・カイザー」を指すようです。

ホープ・カイザーは、エクシーズ素材を持った同じランクの「No.」×2体以上でエクシーズ召喚できます。

なので、レベル4のモンスターを2体ずつ使って、ランク4のモンスターを2体並べます。

その後、ホープ・カイザーを出して、効果を使って、「No.24 竜血鬼ドラギュラス」と「No.107 銀河眼の時空竜」を特殊召喚します。

ホープ・カイザーの効果を使った後は、特殊召喚ができないので、次の自分のターンまで時空竜(タキオン)が生き残っていれば、「No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン」になります。


●ナンバーズの黄金王竜の道
_20160619_104312

ナンバーズの黄金王竜とは、「No.100 ヌメロン・ドラゴン」のことのようです。

出すには、同じランクの同名の「No.」が2体要ります。
「No.55」と「No.39」が2枚ずつ採用されているのは、そのためです。
(ここは、ランク4の「No.」であれば汎用性で選んでもらって構いません。)

ヌメロン・ドラゴンは、相手がエクシーズをたくさん並べていると、とんでもない攻撃力になる可能性があります。

攻撃力は0ですが、エクシーズ素材を1つ取り除くと、このモンスターの攻撃力が相手ターン終了時まで、フィールドのエクシーズモンスターのランクの合計×1000アップします。

ランクの合計が8以上にならば、ダイレクトアタックが通れば終わりですね。

また、効果で破壊されると「ブラック・ホール」効果が発動し、お互いに墓地から魔法・罠カードを1枚セットできます。

3番目の効果もありますが、少し発動条件が難しいので、発動機会は少ないでしょう。

■始祖竜ワイアームを融合召喚
_20160619_104612

最後に忘れるところでしたが、「磁石の戦士」が通常モンスターなので、「始祖竜ワイアーム」を融合召喚することができます。

融合素材は「レスキューラビット」や「闇の量産工場」を使って揃えて、融合召喚するといいでしょう。


【あとがき】
設定、少し無理がありますね(笑)

強さでは、「ABC」に負けるのでロマンの路線に避難しました。
(だって、「磁石の戦士」の強化が...。
でも、インペリオン・マグナム寄りの構築にすると、強さはある程度はあると思います。)

ロマン(夢)を求めて作ったので、事故る時は事故りますので、その点はご注意ください!

でもまさか「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」でホープ・カイザーやヌメロン・ドラゴンを出すことになるとは、思いませんでした。
わからないものですね。

これでロマンを求めた「磁石の戦士」デッキの紹介を終わります。

ABCデッキの方ですが、いろんなサイトに載っているデッキとほぼ変わらないので、おそらく紹介しないと思います。
(一応、「サイバー・ドラゴン」を入れたABCデッキで、「サイバー・ドラゴン」、「E・HEROプリズマー」、「オーバーロード・フュージョン」が入ったぐらいです。)

長文になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


【雑記】本日(2016年6月17日)に手に入れたもの。


明日は、ストラクチャーデッキの発売日ですが、少しお先に手に入れてきましたよ。
(いわゆるフラゲというやつです。)

手に入れてきたものを軽く紹介します。
_20160617_153602

このパッケージ、懐かしい~。
ストラクチャーデッキって感じがします。

さて、ストラクチャーデッキの個人的な楽しみの1つとして、ストラクチャーデッキの説明書&強化方法が載っているデュエルフィールドの裏を見ることが習慣になっているのですが、
こんなものがありましたよ。↓
_20160617_154550

「スピードルール」?!
(詳しくは、デュエルフィールドの裏を見ていただくか、公式ホームページでご確認下さい。)

いつの間にできたの?
知らなかった。

ただ、面白そうな気もします。
デッキが20枚なので、やりたいことがすぐできそうです。

これを機に「スピードルール」専用のデッキを作ってみるのもいいかもしれません。

あとは、プロテクターも1つずつ手に入れました。
_20160617_153532

それから、シングルも軽く買ってきましたよ。
_20160617_153452

「ダーク・ヴァルキリア」は、デュアルモンスター強化の流れが来ると、デュアルモンスターの中では、優秀だと個人的には思っているので、購入してきました。

「サウザンド・アイズ・サクリファイス」は、緩和もされるし、もう1枚ぐらいあってもいいかなと思い、購入しました。


手に入れたものは、ここまでです。

今からストラクチャーデッキを使ったデッキを作ってみようと思います。

ABCは、「サイバー・ドラゴン」を加えたものにしようかなと思っていますが、「磁石の戦士」はノープランです。

通常モンスターである点や「ブロックドラゴン」を活かせたらいいかな程度です。

では、ハイロンはデッキ構築モードに入ることにします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。


ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2