Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【カード考察】「グレイドル」デッキのお供に!


「グレイドル」デッキをまだ組めていませんが、入りそうなカードを見つけたので、みなさんに紹介したいと思います。
DSC_0130

その前に「グレイドル」特徴について、簡単に説明しておきます。

なお、「グレイドル・スライム」、「グレイドル・ドラゴン」がいるがここでは、省いて説明。

水属性で、種族は、水族。
レベル3の「グレイドル」は、
モンスターゾーンで、戦闘またはモンスター・魔法・罠のいずれかの効果(※)で破壊され墓地へ送られた場合に効果が発動する。

※対応するモンスター
モンスターの効果→「グレイドル・イーグル」
魔法の効果→「グレイドル・アリゲーター」
罠の効果→「グレイドル・コブラ」

相手の表側のモンスターに装備して、コントロールを得る効果と、装備カードとなった「グレイドル」がフィールドから離れた時に、装備モンスターを破壊する効果を持つ。

今回紹介するオススメのカードは、「グレイドル」の属性とレベルに着目して、見つけたサーチができるモンスターです。

そのカードとは、「水精鱗―アビスパイク」!
DSC_0129

初期の「海皇水精鱗」に必ず入っていたあのカードです!
転職先を見つけれたかも?

効果を読んでみると、召喚・特殊召喚時に、手札の水属性を1枚捨て、デッキからレベル3の水属性を手札に加える効果を持っています。

つまり、手札にある「グレイドル・スライム」などの不要な「グレイドル」を捨てて、その場に適したレベル3の「グレイドル」モンスターをサーチすることができます。

さらに、捨てたモンスターがレベル3なら「浮上」で特殊召喚することもできます。

「水精鱗―アビスパイク」を「グレイドル」デッキに入れて作ってみては?
読んでくれて、ありがとうございました。

【特集記事】「武神―ヒルコ」でエクシーズチェンジ!


みなさん、こんばんは。
今日は、「武神―ヒルコ」についての考察をしてみたいと思います。
_20151022_135704

お店で安く売っていて、魅力を感じたので買いました。

どんな感じのカードかと言うと、
光・レベル4の獣戦士族、攻撃力1000、守備力2000の通常モンスター兼任のペンデュラムモンスター。

ペンデュラムスケールは3で、
ペンデュラム効果は、

Pゾーンのこのカードを除外し、
自分の「武神」Xモンスター1体を対象として発動。
そのモンスターとカード名が異なる「武神」Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

というもの。

「何?武神デッキに入るカードか!」と思った人もいると思いますが、実はこのカード、他のデッキにも入る可能性があるんです。

このカードが入るデッキの候補としては、
獣戦士族デッキ。
光属性のデッキ。
レベル4が3体以上並べれるデッキ。

なぜかと言うと、「武神」のエクシーズモンスターには、

まず、獣戦士族2体を素材にする。「武神帝―カグツチ」がいます。
_20151022_135525

エクシーズ召喚時、デッキの上から5枚送るのは、キツいこともありますが、「武神」の獣戦士族が戦闘・カードの効果で破壊される場合、エクシーズ素材を身代わりとして使える効果を持っている。

次に、光属性2体を素材にする「武神帝―ツクヨミ」。
_20151022_135637

エクシーズ素材を取り除けば、手札を全て墓地へ送り、2枚ドローできる。
手札が1枚の時に発動すれば、1枚のハンドアドバンテージを得ることができる。
後半の効果は、「武神」デッキ以外ではあまり使えない。

最後は、レベル4を3体必要とする「武神姫―アマテラス」。
_20151022_135457

自分のターンで、エクシーズ素材を取り除けば、ゲームから除外されているレベル4以下を特殊召喚できる。
相手のターンで、エクシーズ素材を取り除けば、ゲームから除外されているレベル4以下を手札に加えることができる。

これらのエクシーズモンスターを特殊召喚し、効果を使った後に、「武神―ヒルコ」の効果を使って、状況に応じた「武神」エクシーズモンスターを特殊召喚すれば、戦いを有利に進めていけるはず。

デッキ構築に工夫がいると思いますが、選択肢が増えるという意味では、採用できる可能性に魅力を感じました。
ただ、エクストラデッキを圧迫しますが...。

なお、「武神―ヒルコ」の効果は、1ターンに1度と書かれていないので、複数回使用できるのもポイント。

上記の「武神」エクシーズモンスターになった後に、「武神―ヒルコ」の効果を使い、「武神帝―スサノヲ」になって、デッキから「武神―ヒルコ」を手札に加えることもできる。

「武神帝―スサノヲ」で相手モンスターに1回ずつ攻撃した後、メインフェイズ2で、「武神帝―カグツチ」になることも可能。
_20151022_135600

すごく面白い効果を持ち、魅力を感じてしまった「武神―ヒルコ」。
みなさんは、どう思いますか??
ありがとうございました。

【その他】積もり積もって1ヵ月!


ハイロン研究所のブログの立ち上げ&初投稿から、本日(7月20日)で1ヵ月を迎えることができました。

始めた頃は、更新し続けることができるかなと思っていましたし、果たして読んでくれる人がいるのかな?と不安でした。

ですが、更新し続けるうちに、徐々にハイロン研究所に訪れてくれる人が増えてきて、大変うれしく思っています。

本当にありがとうございます。

ハイロン研究所は、これからも皆さんに重宝されるようなブログになるように、遊戯王の情報を提供し続けたいと思います。

【雑記】誠にありがとうございます!


「ディメンション・オブ・カオス」効果でしょうか。

ここ数日、たくさんの方からのアクセスをいただき、本当に感謝しております。

ハイロン研究所のブログを始めて以来、最高のアクセス数を更新しております。

管理人として、感謝してもしきれない気持ちで一杯です。

これからも決闘者の皆様に読んでいただけるように、デッキ開発やカード考察に力を入れていきたいと思っておりますので、どうか今後もよろしくお願いします。

さて、そろそろ「ディメンション・オブ・カオス」を手に入れた頃だと思いますが、結果はどうだったでしょうか?

ここでは、「ディメンション・オブ・カオス」の注目カードや今後高騰しそうなカードを予想しておきましたので、シングル買いの参考にしてください。


〈ウルトラレア編〉
■「昇竜剣士 マジェスターP」
今回のウルトラ枠の注目カード。
今後Pモンスターを使ったカテゴリーが増えていくと予想されるため、今が割安だと思う。

それに加えて、「竜剣士」が本格的に強化されれば、2番目の効果も本格的に使えるため、いずれは高騰すると予想。

■「レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト」
「ブースターSP ハイスピード・ライダーズ」しだいだが、しばらくは、現状維持での値段になると思う。
ただ、何かワンキルできそうでちょっと怖い。


〈スーパーレア編〉
■「フレシアの蟲惑魔」
みなさんのドラフト1位候補は、このカードですよね。
管理人がいつも利用しているカードショップでは、1980円で売っていました。

今は様子を見たほうがいいと思います。
個人的には少し割高だと思っているので、下がるとは思います。

「フレシアの蟲惑魔」の対策としては、今思いつくのは、魔法カードで除去をする。コントロールを奪ってしまう。モンスターを召喚・特殊召喚せずに、リバースモンスターや反転召喚でなんとかするぐらいしか、思いつきません。

今後、対策されると思うので、下がることを予想。

割高なのは、イラスト代が入ってるのかも(笑)

■「竜宮のツガイ」
幻竜族が増えていけば、価値があがる可能性があるモンスター。

現状は、レベル6のドラゴン族を「幻界突破」でリリースして特殊召喚する方法と、「破面竜」で特殊召喚する方法がベスト。

■「竜魔王 ベクターP」
ペンデュラムゾーンで発動する効果が強い環境になってくると、このカードがメタカードとして、注目されるだろう。


〈レア編〉
■「EM ヘルプリンセス」
「EM」の中では、非常に扱いやすいモンスター。
ランク4エクシーズがしやすくなる。

■「緊急儀式術」
相手ターンでも、儀式召喚ができるカード。
儀式召喚に成功した時に発動する儀式モンスターを多く採用しているデッキなら、持つ価値がある。

■「森羅の姫芽宮」
貴重なランク1モンスター。
1番目の効果は、どんなデッキでも使えるため、ランク1を出せるデッキならば、ワンチャンスありかも。

■「アーティファクト―ヴァジュラ」
「アーティファクト」でなくても採用できるカード。
3番目の効果で、アーティファクト以外でも、「安全地帯」などのカードを巻き込むことでアドバンテージを得ることができる。

面白い使い方としては、装備カードとなっている「グレイドル」がいる状態で、相手ターンに特殊召喚することができれば、奪ったモンスターを破壊することができる。

4番目の効果は、相手モンスターの直接攻撃時に特殊召喚できる効果。
攻撃力・守備力は、下級モンスター程度なので、3番目の効果の補助と考えたほうがよい。

少しずつ上がっていきそう。


〈ノーマル編〉
■「グレイドル・イーグル」
後から上がりそうな予感。
前述したように、アーティファクトに入れると面白いかも。

「グレイドル」でコントロールを奪われ、「アーティファクト」が出てくる。
相手は嫌がるだろうな。

■「シャッフル・リボーン」
1番目の効果は、自分のフィールドにモンスターがいなければ、効果を無効にして、自分の墓地のモンスターを特殊召喚できるカード。ただし、エンドフェイズ時に除外される。

2番目の効果は、墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのカードを持ち主のデッキに戻し、1ドローするカード。なお、エンドフェイズに手札を1枚除外する必要があるが、手札が無ければ除外する必要はない。

特に制限がないので、1番目の効果を使った後、2番目の効果を使うのがよい。

少しだけクセがあるが、普通に使える効果なので、今のうちに買っておいたほうがいいだろう。

余談ですが私は、5枚買いました。

■「イグナイト・リロード」
「イグナイト」専用のカードかなと思っていましたが、ペンデュラムモンスターが対象でした。

■「昇天の剛角笛」
これからの大会のサイドデッキに必ず入っているでしょうね!
早めに手に入れておくことをオススメします。

最後まで、ありがとうございました。

【デッキレシピ】4軸型の「カオス・ソルジャー」デッキ!


今回、「ディメンション・オブ・カオス」のリメイク枠で強化された「カオス・ソルジャー」関連のカードを使って、デッキを組んでみました。

改良の余地はあると思いますが、「カオス・ソルジャー」デッキを作るときの参考になればと思っています。

【デッキレシピ】
〈モンスター 22枚〉
カオス・ソルジャー ―開闢の使者― ×1
混沌帝龍 ―終焉の使者―×1
カオス・ソルジャー×3
終末の騎士×1
マンジュ・ゴッド×3
ゴブリンドバーグ×3
デブリ・ドラゴン×3
召喚僧サモンプリースト×1
開闢の騎士×3
宵闇の騎士×3

〈マジック 12枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
増援×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×2
月の書×2
超戦士の儀式×3

〈トラップ 6枚〉
奈落の落とし穴×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク×1
フレシアの蟲惑魔×1
ガガガガンマン×1
ラヴァルバル・チェイン×1
交響魔人マエストローク×1
ガガガザムライ×1
ズババジェネラル×1
No.82 ハートランドラコ×1
H-C エクスカリバー×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1
竜魔人 クィーンドラグーン×1
機甲忍者ブレード・ハート×1
No.103 神葬令嬢ラグナ・ゼロ×1
No.39 希望皇ホープ×1
CNo.39 希望皇ホープレイ×1


【基本戦術】
このデッキでは、状況に応じて、3つのコースを選択できるように構築してみました。
「エクシーズコース」と「儀式召喚コース」、「カオスコース」です。

●エクシーズコース
「開闢の騎士」or「宵闇の騎士」とモンスターの組み合わせによって、ランク4のエクシーズ召喚を狙っていきます。
_20151022_140247


_20151022_140431

実際は、「開闢の騎士」or「宵闇の騎士」がどこにいるかにより、最適な組合わせのモンスターが変わります。

デッキ→「召喚僧サモンプリースト」
手札→「ゴブリンドバーグ」
墓地→「デブリ・ドラゴン」

なお、「開闢の騎士」or「宵闇の騎士」を手札に加えるカードには、「増援」が、
墓地へ送るには、「おろかな埋葬」があります。
あと、「宵闇の騎士」限定になりますが、「終末の騎士」もいます。

仮に「開闢の騎士」をエクシーズ素材にして、「ラヴァルバル・チェイン」をエクシーズ召喚し効果を使う場合に、、「開闢の騎士」を取り除いて、墓地に送るモンスターを「宵闇の騎士」にすれば、後述する「カオスコース」の展開にすることもできます。

また、上記で紹介したモンスターのレベルの合計が8になるので、エクシーズ召喚をせずにそのまま儀式素材として使うこともできます。

●儀式召喚コース
儀式召喚コースでは、「開闢の騎士」or「宵闇の騎士」を儀式素材にして、普通に儀式召喚をする方法のほかに、「超戦士の儀式」の第2効果を使って特殊召喚することもできます。
_20151022_140459

第2効果は、墓地のこのカードと光・闇属性モンスターを除外することで、手札の「カオス・ソルジャー」儀式モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚することができます。
つまり、墓地のカードを使い儀式召喚するので、手札の消費が減るのが特徴です。

ただし、「カオスコース」と少しコスト面で競合する点や「超戦士の儀式」の第2効果は墓地へ送られたターンに発動できない点には注意が必要。

●カオスコース
墓地の「開闢の騎士」や「宵闇の騎士」などの光と闇属性を除外して、「カオス・ソルジャー ―開闢の使者―」や「混沌帝龍 ―終焉の使者―」を特殊召喚していきます。

その時に、「開闢の騎士」と「宵闇の騎士」を除外すれば、儀式モンスター・儀式魔法をデッキからサーチできるので、儀式素材を用意できれば、「儀式コース」に持っていくこともできます。

以上のコースを状況に応じて、使い分けていくことが重要です。


【エクストラデッキについて】
■ズババジェネラル
手札で不要な「カオス・ソルジャー」儀式モンスターを装備すれば、攻撃力5000のモンスターになるので、頭に入れておきたい使い方です。

■No.82 ハートランドラコ
ダイレクトアタックができるので、相手のライフが2000以下の時にとどめを刺すエクシーズモンスターです。

■H-C エクスカリバー、機甲忍者ブレード・ハート
「ゴブリンドバーグ」と「開闢の騎士」or「宵闇の騎士」の組み合わせが戦士族なので、無理なく出せると思います。

前者は、高攻撃力になり、後者は2回攻撃なので、状況に応じて使い分けをしたい。

■竜魔人 クィーンドラグーン
「混沌帝龍 ―終焉の使者―」を蘇生するためだけに採用しました。
このデッキでは「混沌帝龍 ―終焉の使者―」の効果を使うことが滅多にないので、デメリットは気にしていません。


【補足】
■カオス・ソルジャー
_20151022_140533

「超戦士カオス・ソルジャー」よりこちらを採用した理由としては、
・デッキに「暗黒騎士ガイア」を採用しなかったから。
・「開闢の騎士」、「宵闇の騎士」の効果を付与すれば十分に戦えると思ったからです。

最後まで、見ていただだきありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2