Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【カードリスト】ストラクチャーデッキR-真帝王降臨―


ストラクチャーデッキR―真帝王降臨―のカードリストが判明しましたので、ご参考までに。

_20150918_161005

【カードリスト】
天帝アイテール (ウルトラ)
冥帝エレボス (ウルトラ)
冥帝従騎エイドス (スーパー)
天帝従騎イデア (スーパー)
邪帝ガイウス (パラレル)
雷帝ザボルグ (パラレル)
地帝グランマーグ (パラレル)
氷帝メビウス (パラレル)
炎帝テスタロス (パラレル)
風帝ライザー (パラレル)
邪帝家臣ルキウス
雷帝家臣ミスラ
地帝家臣ランドローブ
氷帝家臣エッシャー
炎帝家臣ベルリネス
風帝家臣ガルーム
イリュージョン・スナッチ
トラゴエディア
ダンディライオン
マスマティシャン
レベル・スティーラー
バトルフェーダー
虹クリボー
汎神の帝王
真帝王領域
進撃の帝王
帝王の開岩
帝王の烈旋
帝王の轟毅
帝王の深怨
クロス・ソウル
エネミー・コントローラー
サイコロン
ソウル・チャージ
真源の帝王
始源の帝王
進撃の帝王
帝王の凍志
帝王の溶撃
エンペラー・オーダー
ピンポイント・ガード

【収録内容の感想】
期待していたよりもビミョーな収録内容だと思いました。
新規のカードはいいんですけど、再録が寄せ集めな感じがしていて少しがっかりです。

でも、新しく始める人や「帝」をスルーしていた人には、「家臣」や「帝王」カードがそろっているので、いいんじゃないですか。

個人的には、「ダンディライオン」「マスマティシャン」、「虹クリボー」、「ソウル・チャージ」、「エンペラー・オーダー」の再録が嬉しいところです。

ストラクチャーデッキの完成度ですが、かなり完成されていて強いです。

読んでいただき、ありがとうございました。



【特集記事】「彼岸」の魔法・罠カード!


「彼岸」の魔法・罠カードについてですが、「彼岸」のサポートカードは、全部で4種類(魔法2種類・罠2種類)です。

魔法は儀式召喚・融合召喚のサポートカードで、罠カードの方がどのような形の「彼岸」でもサポートしてくれるカードです。

■善悪の彼岸
_20150919_171846

〈儀式魔法〉
2番目の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1番目の効果は、手札・フィールドから、レベル6以上になるようにモンスターをリリースし、手札から「彼岸の鬼神ヘルレイカー」を儀式召喚する。

2番目の効果は、自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、手札から「彼岸」モンスター1体を墓地へ送ることで、デッキから「彼岸」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

効果はいいものを持っているのだが、儀式魔法なのが残念なところ。

積極的には使いにくものの、儀式モンスターを入れずに、このカードの2番目の効果を使いたいのなら、「彼岸の悪鬼ハロウハウンド」で墓地へ送るのがベスト。

■旅人の結彼岸
_20150919_171922

〈通常魔法〉
1番目の効果は、「彼岸」融合モンスター専用の融合カード。

2番目の効果は、自分メインフェイズ時このカードを除外することで、自分フィールドの「彼岸」モンスター1体の攻撃力・守備力を次の相手ターン終了時まで800アップする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

このカードで融合召喚できるのは、3体の「彼岸」モンスターを要求する「彼岸の巡礼者ダンテ」のみ。

このカードによる融合召喚は積極的には狙いにくいが、融合モンスターの効果は、いいものを持っているので、エクストラデッキには用意しておきたい。

採用するとしても1枚ぐらいになりそう。

2番目の効果は、オマケ程度に考えておいたほうがいいだろう。

■旅人の到彼岸
_20150919_171953

〈通常罠〉
「旅人の到彼岸」は1ターンに1度しか発動できない。
このターンに墓地へ送られた「彼岸」モンスターを任意の数だけ守備表示で特殊召喚する。

「彼岸」のサポートカードの中では、とても優秀なカードではないでしょうか?

あらゆるとこらから墓地へ送られた「彼岸」をフィールドに呼び戻せるので、

自分のターンでは、「彼岸の旅人ダンテ」の効果を使った後に呼び戻したりできる。

相手のターンでは、戦闘破壊や効果破壊されたり、コストとして墓地へ送った「彼岸」モンスターを呼び戻したりできる。

2~3枚ぐらいは、入れておきたい。

■彼岸の沈溺
_20150919_172021

〈通常罠〉
自分フィールドの表側表示の「彼岸」モンスター2体を墓地へ送り、フィールドのカード3枚まで対象とし、破壊する。

基本的には、3対3なのでボードアドバンテージに差はつかない。

「彼岸」モンスター2体を要求するので、「スカラマリオン」、「グラバースニッチ」、「ガトルホッグ」を絡めて発動したい。

【彼岸特集】は、これで終わります。
最後まで、見てくれてありがとうございました。

【新制限】2015年10月1日適用の新制限についての感想!


新制限カードの情報が出ましたね。

早速、動きがあったカードのみを記載します。

【禁止】
旧神ノーデン(強化)
星守の騎士プトレマイオス(強化)

【制限】
E・HEROシャドー・ミスト(強化)
グローアップ・バルブ(緩和)
慧眼の魔術師(強化)
深海のディーヴァ(強化)
影霊衣の術士 シュリット(強化)

【準制限】
クリバンデット(緩和)
水精鱗―ディニクアビス(緩和)
イビリチュア・ガストクラーケ(緩和)
精神操作(緩和)
月の書(緩和)
光の援軍(緩和)
封印の黄金櫃(緩和)
闇の誘惑(緩和)
竜の霊廟(緩和)
六武の門(緩和)
墜ち影の蠢き(緩和)
死のデッキ破壊ウイルス(緩和)

【無制限】
E・HEROバブルマン
オネスト
混沌帝龍―終焉の使者―
混沌の黒魔術師
BF-疾風のゲイル
マンジュ・ゴッド
フォーミュラ・シンクロン
発条空母ゼンマイティ
簡易融合
魔法石の採掘
転生の予言
奈落の落とし穴

_20150916_100943

【全体について】
全体としては、緩和が多い印象。
環境を何とか変えようとしている印象を受けました。

制限になったカードは、「EMEm」が登場する前のデッキから1枚ずつ制限にすると共に、1枚緩和されている感じになっている。

禁止カードでは、ついに「星守の騎士プトレマイオス」が禁止へと強化されたので、多くのデッキでエクストラデッキの見直しが必要となりそう。

また、1ターンキルができて、特殊召喚するだけでランク4のモンスターを作れる「旧神ノーデン」が禁止になる。

【制限強化されたカードについて】
制限が強化されて、見直しが必要なデッキとしては、「HERO」、「魔術師」、「海皇」、「影霊衣」が該当する。

■HEROデッキ
「HERO」デッキは、「チェンジ」速攻魔法のサーチが難しくなるが、「M・HERO闇鬼」を経由してサーチする手段もあるし、融合する形のタイプも残っているので、活躍できる可能性が残っている。

「E・HEROシャドー・ミスト」の制限により、「E・HEROバブルマン」が緩和された感じがする。

■魔術師デッキ
サーチカードの1つである「慧眼の魔術師」が制限になるが、サーチ手段はまだあるので、他のデッキと比べるとダメージ小さめ。

次の通常のパックで、「マスター・オブ・ペンデュラム」と連動するようなカードが収録されるそうなので、本音は制限をかけたくなかったような印象を受けた。

■海皇デッキ
「海皇子 ネプトアビス」を持ってこれる「深海のディーヴァ」が制限を受けたことにより、いかに「海皇子 ネプトアビス」を手札・フィールドに呼び寄せるかが重要になってくる。

もう1度、「水精鱗」と組む道を残すために、「水精鱗―ディニクアビス」を準制限にしたのだろうか(?)

■影霊衣デッキ
儀式素材として、便利な「影霊衣の術士シュリット」が制限になったことで、ある程度儀式モンスターの選別が必要になるかもしれない。

もしくは、「ヴィジョン・リチュア」や「シャドウ・リチュア」、「儀式魔人」が代わりに採用されるかもしれない。

ただ、儀式デッキ全てに朗報として、「マンジュ・ゴッド」が無制限に緩和されるので、その辺りもうまく取り入れれば、可能性はまだある。


【緩和されたカードについて】
緩和されたカードを個別に見ると、

■シンクロ召喚の奨励
「グローアップ・バルブ」、「BF-疾風のゲイル」、「フォーミュラ・シンクロン」のチューナー勢の緩和によって、これから本格的にシンクロを強化するんだなという期待ができます。

また、コントロールを一時的に奪う「精神操作」の活躍も見られるのでしょうか(?)

■彼岸デッキへの追い風
「クリバンデット」、「闇の誘惑」の準制限は、もちろん「彼岸」デッキを環境のトップにしたい意図があるように思います。

■環境への対抗策
「奈落の落とし穴」の無制限には驚きましたが、Pモンスターに対する対抗策としての意味合いが大きいような気がします。

過去で言えば、「激流葬」のような感じです。

あと、「月の書」の準制限も、シンクロ召喚やエクシーズ召喚に対するメタとしての要素があるでしょう。
シンクロやエクシーズを流行らせるために、制限をかけていた時期もありましたが、もういいだろうという判断もあるのでしょう。

「オネスト」や「BF-疾風のゲイル」の緩和も、攻撃力のインフレに対処するためでしょう。

■時代の流れ
「混沌の帝龍―終焉の使者―」や「混沌の黒魔術師」が制限から一気に無制限になったことについては、昔の自分からしたら信じられないことです。

「混沌の帝龍―終焉の使者―」はすぐに制限→禁止というイメージだったので、現役の時の効果をほとんど使わなかった感じがある。

「混沌の黒魔術師」は、「カオス・ソルジャー―開闢の使者―」と一緒に、今は死語になっている「スタンダードデッキ」の切り札だった記憶がある。

まとめると、思い入れのあるカードがついに無制限になるんだなと思い、少し時代の流れを感じてしまいました。

■その他
リチュア、ライトロード、征竜のサポートカード、六武衆、シャドール、ゼンマイが緩和されています。

個人的には、「リチュア」をもう1度作ってみようかなと思ってしまいました。

「簡易融合」は、出したい融合モンスターが禁止に行ってしまった影響でしょう。


読んでいただき、ありがとうございました。
次の更新を楽しみにしていてください。

【シングル買い】2015年9月15日(火)


1ヶ月ぶりに、シングルを購入してきました。
新制限発表を控えているので、積極的には買いにくい状況ですが。
_20150915_154723

買ってきたのは、
ヴァルキュルスの影霊衣 2枚
オネスト1枚
RUM―アストラル・フォース 1枚
奈落の落とし穴 1枚
和睦の使者 3枚

合計8枚です。

「ヴァルキュルスの影霊衣」は、いまさらな感じがしますが、実は今まで入れていませんでしたが、最近「影霊衣」のデッキの構築を見直しで、ワンキルを防ぐ目的で採用したいと思い、購入に踏みきりました。

「和睦の使者」も同じような理由です。


「オネスト」と「奈落の落とし穴」は、ストラクチャーデッキを買って、1枚余った状態だったので、新たに1枚ずつ買い足して、「武神」と「カオス・ソルジャー」デッキに入れようと思い、購入しました。

「RUM―アストラル・フォース」は、もともと1枚あったのですが、もう1枚欲しいなと思い、購入しました。

投入先は、やはり「彼岸」デッキです。

安い時に比べれば上がっていましたが、まだ、手が届く範囲なので、買うなら今のうちでしょう。


読んでいただき、ありがとうございました。

【特集記事】「彼岸」上級モンスター&エクシーズモンスターなど


下級モンスターの次は、上級モンスターやエクシーズモンスターの「彼岸」について見ていきましょう。

■彼岸の鬼神ヘルレイカー(ウルトラ)
_20150919_172048

闇6・悪魔族/儀式/攻撃力2700/守備力2200
「善悪の彼岸」により降臨。儀式召喚でしか特殊召喚できない。

1番目の効果は、1ターンに1度、手札から「彼岸」モンスター1体を送ることで、相手モンスター1体の攻撃力・守備力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分ダウンする。相手ターンでも発動できる。

2番目の効果は、このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を墓地へ送る。

1番目の効果で、多くダウンさせることができるのは、「彼岸の鬼神ヘルレイカー」自身。

下級の「彼岸」では、攻撃力が1700ある「彼岸の悪鬼バルバリッチャ」、守備力が2100ある「彼岸の悪鬼ラビキャント」が最大のダウン数となる。

なお、コストとして墓地へ送った「彼岸」モンスターの効果も発動する。

2番目の効果は、他の「彼岸」と違って、フィールドから墓地へ送られる必要がある点には注意だが、フィールドのカード1枚を墓地へ送る効果は、とても強力な効果。

このカードを入れる場合は、「儀式魔人リリーサー」を採用したい。

■彼岸の巡礼者ダンテ(ウルトラ)
_20150919_172206

光9・天使族/融合/攻撃力2800/守備力2500
「彼岸」モンスター×3(同名カード1枚まで)
融合召喚でしか特殊召喚できない。

1番目の効果は、相手の効果の対象にならない。

2番目の効果は、1ターンに1度、手札の「彼岸」カード1枚を墓地へ送って、デッキから1枚ドローする。相手ターンでも発動できる。

3番目の効果は、戦闘で破壊され墓地へ送られた場合、または相手のカード効果で墓地へ送られた場合、相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。

融合召喚は少し難しい条件だが、効果はどれもいい効果。

正規の融合召喚をすると、4枚のカードが必要となってくるので、手札やボードアドバンテージの消費が大きくなる。

なので、エクシーズモンスターの「永遠の淑女ベアトリーチェ」の効果で特殊召喚する方法を狙っていきたい。

■彼岸の詩人ウェルギリウス(スーパー)
_20150919_172247

光6・魔法使い族/シンクロ/攻撃力2500/守備力1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

3番目の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1番目の効果は、「彼岸の詩人ウェルギリウス」は自分フィールドに1体しか存在できない。

2番目の効果は、1ターンに1度、手札から「彼岸」カード1枚を捨て、相手のフィールド・墓地のカード1枚をデッキに戻す。

3番目の効果は、このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、デッキから1枚ドローする。

このカードをシンクロ召喚するには、「彼岸の悪鬼ラビキャント」を採用する必要がある。

「彼岸」をコストとして発動する効果は、デッキへのバウンス。破壊耐性を持つモンスターを相手にする時には、役に立つ効果。

破壊されても、1枚ドローがあるので、次の展開へ繋ぐことができる。

■彼岸の旅人ダンテ(ウルトラ)
_20150919_165154

ランク3・光・戦士族/エクシーズ
攻撃力1000/守備力2500
レベル3モンスター×2

1番目の効果は、1ターンに1度、エクシーズ素材を取り除くことで、デッキから3枚まで墓地へ送り、このカードの攻撃力をターン終了時まで、墓地へ送ったカード数×500アップする。

2番目の効果は、このカードが攻撃した場合、守備表示になる効果。

3番目の効果は、墓地へ送られた場合、このカード以外の墓地の「彼岸」カード1枚を手札に加える。

エクストラデッキから特殊召喚できるモンスターの中では、積極的に使いたいモンスター。

1番目の効果で、3枚を墓地へ送れば、攻撃力を2500にしつつ、墓地へ送られた「彼岸」モンスターの効果を使うことになるので、このデッキのエンジンになるような効果。

攻撃力アップの効果はターン終了時までだが、攻撃しても守備表示になるので、高い守備力のおかげでフィールドに残り続ける可能性がある。

3番目の効果は、このカードがエクシーズ素材として、墓地へ送られた場合でも効果が発動する。

ランクアップマジックや「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」で吸収された場合などが該当するので、覚えておいたほうがいいだろう。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。
次回の【彼岸特集】は、魔法・罠カードです。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2