Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【デッキレシピ】謎の生命体との共演!「Gアーティファクト」デッキ!


今回紹介するのは、「アーティファクト」に「グレイドル=G」を入れた「Gアーティファクト」デッキです。

「アーティファクト」は魔法・罠ゾーンにセットできるモンスターで、魔法・罠ゾーンにセットされたアーティファクトが相手ターンに破壊されると特殊召喚する効果を持ちます。
また、相手ターンに特殊召喚した場合、効果が発動するモンスターでもあります。

「グレイドル」は、戦闘で破壊された時や、モンスターにより異なりますが、モンスターの効果、魔法、罠カードのどれかで破壊された時に、相手のモンスターの装備カードとなって、コントロールを得るモンスター群です。

これら2つのカテゴリーモンスターを組み合わせて作ったデッキレシピは以下のようになります。
【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
アーティファクト―デスサイズ×3
アーティファクト―モラルタ×1
アーティファクト―ヴァジュラ×3
アーティファクト―ロンギヌス×1
アーティファクト―カドケウス×1
グレイドル・イーグル×3
グレイドル・コブラ×2
グレイドル・アリゲーター×2
グレイドル・スライム×1
超電磁タートル×1
ペロペロケルペロス×2

〈マジック14枚〉
強欲で謙虚な壺×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ダブル・サイクロン×3
アーティファクト・ムーブメント×3
グレイドル・インパクト×3

〈トラップ6枚〉
アーティファクトの神智×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
発条機雷ゼンマイン×1
ブラック・レイ・ランサー×1
No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー×1
アーティファクト―デュランダル×2
セイクリッド・プレアデス×2
No.61 ヴォルカザウルス×1
始祖の守護者ティラス×1
終焉の守護者アドレウス×1
発条装攻ゼンマイオー×1
迅雷の騎士ガイアドラグーン×1
セイクリッド・トレミスM7×1
グレイドル・ドラゴン×2


【基本戦術】
相手のターンでも動けるデッキなので、自分のターンと相手のターンに分けて説明します。
●自分のターン
自分のターンでは、主に相手のターンに向けて準備をする感じになります。
具体的には、「アーティファクト」モンスターと一緒に「アーティファクト・ムーブメント」や「ダブル・サイクロン」を伏せたり、「アーティファクトの神智」や「リビングデッドの呼び声」を伏せたりします。

また、これらのカードを手札に持ってこれるように、「強欲で謙虚な壺」を使ったりします。

相手ターンに特殊召喚した「アーティファクト」が、自分のターンに複数いれば、そのまま攻撃要員として使ってもいいし、ランク5のエクシーズモンスターになることもできます。

「アーティファクト」は、自分のターンでは展開しないので、
「グレイドル」モンスターの効果を使って、相手モンスターを奪って戦います。

相手モンスターのコントロールを得る方法としては、
「グレイドル」モンスターで自爆する。
「グレイドル・スライム」の効果で、「グレイドル・イーグル」を破壊する。
「グレイドル・インパクト」で「グレイドル・アリゲーター」を破壊する。
の3つの方法があります。

以上が自分のターンにできる主なことです。
~参考~
「グレイドル」カードの特徴

「グレイドル・イーグル」→戦闘・モンスターの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。
「グレイドル・コブラ」→戦闘・罠カードの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。
「グレイドル・アリゲーター」→戦闘・魔法カードの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。

「グレイドル・スライム」
「グレイドル」カード2枚を破壊すると手札・墓地から特殊召喚。この効果で特殊召喚に成功した時、墓地の「グレイドル」1体を守備で特殊召喚する。

「グレイドル・インパクト」
1番目の効果は、「グレイドル」カード1枚と相手フィールドのカード1枚を破壊。
2番目の効果は、自分のエンドフェイズ時に、デッキから「グレイドル」カード1枚を手札に加える効果。

●相手ターン
相手ターンでは、セットしていたカードを使い、相手の動きを妨害していきます。

相手ターンに「アーティファクト」モンスターを特殊召喚するには、
「アーティファクト・ムーブメント」や「ダブル・サイクロン」でセットしていた「アーティファクト」を破壊。
「アーティファクトの神智」でデッキから特殊召喚。
「リビングデッドの呼び声」で墓地から特殊召喚。
のパターンがあります。
_20150910_130158


相手ターンに特殊召喚したい筆頭候補は、「アーティファクト―デスサイズ」です。
_20150910_130058

相手ターンに特殊召喚されると、そのターン中、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できなくなる効果を持っているので、このカードの強さに納得してもらえると思います。

ただし、手札からのペンデュラム召喚は封じれないのですが、相手の思惑を崩すことはできます。

他には、特殊召喚した場合に、相手の表側のカード1枚を破壊できる「アーティファクト―モラルタ」、相手ターン中に「アーティファクト」が特殊召喚された時に1枚ドローできる「アーティファクト―カドケウス」がいます。

また、手札からでもリリースができて、お互いに除外ができなくなる「アーティファクト―ロンギヌス」もいます。


【採用したカードについて】
■アーティファクト―ヴァジュラ
_20150910_130133

「アーティファクト」の共通効果で特殊召喚する方法に加えて、相手モンスターの直接攻撃宣言時に、手札から特殊召喚する方法もある。

特殊召喚された場合の効果は、自分フィールドの魔法・罠ゾーンのカードを全て破壊することになります。

ただ、このデッキでは、「アーティファクト」や装備カードとなった「グレイドル」を破壊することになるので、プラスの効果に変えていけます。

■ペロペロケルペロス
戦闘または、相手の効果でダメージを受けた場合、墓地のこのカードを除外すれば、フィールドのカード1枚を破壊する効果を持つ。

「グレイドル」モンスターが自爆して戦闘で破壊された時に、使えるので採用しました。

相手のカードを破壊してもいいが場合によっては、自分の「グレイドル」カードや相手ターンならセットしている「アーティファクト」も対象になります。


【エクストラデッキについて】
「グレイドル」はレベル3のためランク3、そして、「アーティファクト」はレベル5のためランク5のエクシーズモンスターが入ります。
また、「グレイドル・スライム」を採用しているため、レベル8やレベル10のシンクロモンスターも採用圏内となります。

基本的には、汎用性で選んでもらってかまいません。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

【カード考察】ランク6版ラヴァルバル・チェイン!「永遠の淑女ベアトリーチェ」!!


今回の注目カードは、「永遠の淑女ベアトリーチェ」!

_20150908_121011

先日、効果が判明しましたが、もうチェック済みでしょうか?

■永遠の淑女ベアトリーチェ
ランク6 光・天使族 エクシーズモンスター
2500/2800 レベル6モンスター2体を素材とする。

手札の「彼岸」モンスター1体を墓地へ送り、自分フィールドの「ダンテ」モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚することもできる。
ただし、この方法で特殊召喚したターンは、1番目の効果を発動できない。

1番目の効果
1ターンに1度、エクシーズ素材を1つ取り除くことで、デッキからカード1枚を墓地へ送る。この効果は相手ターンでも発動できる。

2番目の効果
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、エクストラデッキから「彼岸」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。


【効果解説】
「永遠の淑女ベアトリーチェ」の効果を見てわかるとおり、強い効果しか書いていません。

このカードをエクシーズ召喚するには、正規ルート以外にも、手札の「彼岸」とフィールドの「ダンテ」の上に重ねる特殊ルートがあります。

特殊ルートで注目すべきは、「ダンテ」モンスターの上に重ねると書いている点です。

「ダンテ」とついたモンスターは、現時点で、ランク3の「彼岸の旅人 ダンテ」、「彼岸」モンスター3体を融合素材とする「彼岸の巡礼者 ダンテ」がいます。

裁定しだいですが、テキスト通りに解釈すると、初めて融合モンスターを下敷きにして、エクシーズ召喚できる可能性があります。

また、手札から「彼岸」モンスターを捨てるので、その「彼岸」モンスターの効果も発動します。


1番目の効果は、相手のターンでも発動できる「ラヴァルバル・チェイン」の1つ目の効果。
それに加えて、攻撃力2500/守備力2800のステータスがあるため、戦闘では破壊しにくいモンスターで、何度も効果が使われることが予想されます。


2番目の効果は、相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動するので、バウンスか除外するカード以外は、ほぼ発動すると考えたほうがいいでしょう。

エクストラデッキから特殊召喚できる「彼岸」モンスターは、
エクシーズモンスターの「彼岸の旅人 ダンテ」、シンクロモンスターの「彼岸の詩人 ウェルギリウス」、融合モンスターの「彼岸の巡礼者 ダンテ」がいます。

この効果で特殊召喚したモンスターが「ダンテ」モンスターで、そのモンスターを破壊できなかった場合、また、「永遠の淑女ベアトリーチェ」のエクシーズ召喚を許すことになるので、すごく厄介な効果です。

総合すると、「永遠の淑女ベアトリーチェ」はフィールドにいてもすごく厄介なモンスターだし、破壊しても厄介なモンスターです。

対策としては、除外やバウンスで処理してしまうのがいいでしょう。
ただ、墓地肥やしの効果は、相手ターンに発動できるため、チェーンされて効果を使われることは覚悟をしておいたほうがよいでしょう。

このカード名に「彼岸」という名前がないのは、良かったかもしれません。

「彼岸」モンスターの共通効果に、自分フィールドに「彼岸」モンスター以外が存在すると破壊されるからです。
でも、「彼岸」モンスターは墓地へ送られた場合、効果が発動するので、どちらとも言えませんが。


最後に、「永遠の淑女ベアトリーチェ」は基本的に強い効果しか持っていませんので、「彼岸」デッキを作る人は、最低でも2枚を手に入れておくことをオススメします。

あと、エクストラパックも予約しておくことを推奨します。

私も「彼岸」デッキにチャレンジしようと思い、エクストラパックを6箱予約しています。
(個人的には「古神」、「旧神」、「外神」にも注目しています。)


~追記~
「永遠の淑女ベアトリーチェ」に限らず、破壊に対して、耐性を持つモンスターが増えてきたので、モンスター除去は、そろそろバウンスか除外にしたほうがいい時代になってきたのかもしれません。

ありがとうございました。

【カード考察】シンクロを融合素材に!「ミラクルシンクロフュージョン」!!


ちょっと期待しているカードとして、注目しているのは、「ミラクルシンクロフュージョン」です。

_20150906_123912

フィールド上・墓地から、融合素材モンスターをゲームから除外して、シンクロモンスターを融合素材とする融合モンスターを融合召喚できるカード。

オマケとして、セットされたこのカードが相手のカード効果で破壊され、墓地へ送られた時、デッキから1枚ドローできる効果も持つ。


アニメではシンクロ次元にいるし、最近シンクロの強化をしているし、次のパックで「ゴヨウ・エンペラー」の収録が決定しているので、いずれは使える日が来るのではないかと期待しています。

現在、このカードで出せるモンスターは8種類。

「ゴヨウ・エンペラー」
地属性・戦士族のシンクロモンスター×2体

「アルティメット・サイキッカー」
サイキック族シンクロモンスター+サイキック族モンスター

「旧神ノーデン」
シンクロモンスター+エクシーズモンスターか
シンクロモンスター+シンクロモンスターの組み合わせ

「地天の騎士ガイアドレイク」
大地の騎士ガイアナイト+効果モンスター以外のシンクロモンスター

「ナチュル・エクストリオ」
ナチュル・ビースト+ナチュル・パルキオン

「ナチュル・ガイオストライオ」
地属性シンクロモンスター×2体

「波動竜騎士ドラゴエクィテス」
ドラゴン族シンクロモンスター+戦士族モンスター

「覇魔導士アーカナイト・マジシャン」
魔法使い族シンクロモンスター+魔法使い族モンスター

「ゴヨウ・エンペラー」を出せるデッキなら、「旧神ノーデン」や「ナチュル・ガイオストライオ」も出せるので、メインデッキに「ミラクルシンクロフュージョン」を1枚忍ばせておくのもいいだろう。


あとは「ナチュル」デッキも対応するモンスターがいるので、採用してもいいだろう。

特に「ナチュル・エクストリオ」は、強力な効果を持つので、狙ってみてもいいだろう。

もう少しシンクロモンスターを素材とする融合モンスターが増えてくれば、化けるカードとなるかもしれません。

最後まで、ありがとうございました。

【雑記】世界大会のデッキレシピより



_20150905_120033

コナミさんのホームページにて、先日開催された世界大会の1位~4位までのデッキレシピが公開されていますが、皆さんはチェックしましたか。

ここでは、そのデッキレシピから参考になったカードや気になったカードを上げていきたいと思います。

まずは、小学生の部から。

3位のハンガリー代表が使っていた「HERO」デッキの気になるカードは、「トリオンの蟲惑魔」。
確かに「E・HEROシャドー・ミスト」を特殊召喚するギミックを使えばいいし、召喚すれば、「落とし穴」をサーチできるからなるほどな!と思いました。


小学生の部で一番気になったのは、準優勝になったアメリカ代表の「クリフォート」デッキ!

そのサイドデッキに入っていた「EMスプリングース」がとても気になりました。
_20150905_122904

効果を読むと、
墓地のこのカードを除外して、Pゾーンの「魔術師」、「EM」及び自分のフィールドのPモンスターの中から2枚を選び、持ち主の手札に戻すと書いています。

どうやって使うのだろうと思ましたが、テキストをよく読んでみると、

Pゾーンの「魔術師」、「EM」
→「クリフォート」だからまず入っていない。

自分フィールドのPモンスター
→モンスターゾーンにいるPモンスターと言い換えることができるから、妥協召喚や特殊召喚した「クリフォート」を戻すカードとして、使うのだろうと思われます。

その戻した「クリフォート」が、2体リリースするモンスターなら、ワンチャンスありだろうと言う考えなのかもしれません。


次に一般の部では、個別のカードと言うより参考にしたいのは構築。

4位に入ったアメリカ代表の「テラナイト」デッキは、アーティファクトを入れたタイプで、あまり見ない構築だったので、少し注目しました。

エクストラデッキに、「武神帝―ツクヨミ」が入っていたのは、共感しました。

今は崩しましたが、私も「テラナイト」を作った時に「武神帝―ツクヨミ」をエクストラデッキに入れていました。

「星因士 アルタイル」の蘇生候補を墓地へ送りつつ、2枚ドローできるため、非常に便利でした。

あと、「幽鬼うさぎ」を素材としてシンクロをするんだろうなと思った「ライトロード・アーク ミカエル」なんかも入っていたりします。

最後に、2位のパナマ代表の「影霊衣」デッキ。
日本では、ほとんど入っていない、「アイス・ハンド」や「ファイヤー・ハンド」、「影霊衣の戦士 エグザ」、「カタストルの影霊衣」が入っていました。

私の「影霊衣」デッキも見直そうかなと思った構築でしたので、参考にしようかな。



普段見ることのできない、海外の選手をピックアップしてみました。
国も違えば、構築も違うので、とても刺激になると思います。
時には、デッキ構築のヒントになるかもしれません。
気になる方は、コナミさんのホームページをご確認下さい。

ありがとうございました。

【カード考察】フィールド魔法を利用する「妖精竜 エンシェント」!


今回の注目カードは、これ。
■妖精竜 エンシェント (PP15 収録)
_20150904_132122

闇7 ドラゴン族シンクロ 2100/3000

2つの効果を持っている。

まず、1ターンに1度、自分のターンに、フィールド魔法が発動した場合、デッキから1枚ドローできる効果。

そして、1ターンに1度、フィールド魔法が表側で存在する場合、フィールドの表側攻撃表示のモンスター1体を破壊できる効果。


最近の傾向として、カテゴリーモンスターのサポートカードとして、フィールド魔法が採用されることが増えてきました。

(例)
「イグナイト」→「イグニッションP」
「マジェスペクター」→「マジェスティックP」
「PSYフレーム」→「PSYフレーム・サーキット」

そこで、注目すべき点は「妖精竜 エンシェント」の2つ目の効果です。

カードテキストには、「自分」などの記載がないので、相手のフィールド魔法でも発動できることになります。

シンクロできるデッキで、レベル7を出せるなら「妖精竜 エンシェント」も候補に入りそうです。

守備力も3000あるので、少なくとも壁にはなりそうです。

読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2