Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

ようこそハイロン研究所へ!!
当ブログは、遊戯王を専門に扱っている個人ブログです。
サンプルレシピの紹介や開封結果などを紹介してます。

ツイッターもしていますので、もしよかったらフォローをお願いします。
ハイロン研究所↓
@hairon36

【雑記】「アロマ」の今後について!


「ディメンション・オブ・カオス」で、強化されるだろうと信じていた「アロマ」ですが、残念ながら未収録となりました。

ですが、その背景にはコナミさんの戦略があるのではないだろうかと思いました。

ここからは、私の勝手な予想なので、考えすぎかもしれませんが、一つの可能性として頭の片隅にでも置いてもらえるといいかもしれません。


さて、本題のなぜ「アロマ」が「ディメンション・オブ・カオス」に収録されなかったかと言うと、
今後のワールドプレミアム枠での強化を予定しているからではないか?と思うのです。

直感なのでわかりませんが、コナミさんは、ワールドプレミアム枠のネタを作っているのだろうと予想されます。

「アロマ」と同じく登場した「イグナイト」は、今回収録されていました。

ここからわかることは、ストーリーに関係するカテゴリーは、次回も強化することが確定していて、それ以外はワールドプレミアム枠で強化するのだろうと思います。

(実際、ストーリーのあったデュエルターミナルのカテゴリーは、ワールドプレミアム枠の番号で、収録されたことがありません。)

「ディメンション・オブ・カオス」のワールドプレミアム枠を見てみると、武神、アーティファクト、森羅、蟲惑魔、音響戦士でした。

これらのカテゴリーは、単独でのストーリーがありますが、他のカテゴリーとの因果関係があるわけではないモンスター群なので、ワールドプレミアム枠で強化がされたのだろうと思われます。

よって、「アロマ」は、ストーリーとは関係ない、カテゴリーと言えそうです。
(属性もバラバラですし)

ただ、それはそれで、将来「アロマ」の高騰を意味するのかもしれません。
もし、そうなった場合は、今が「アロマ」を安く作るチャンスなのかもしれません。

~追記~
コメントをいただいて気づきましたが、ワールドプレミアム枠は、廃止の方向のようですね。
海外の方は、現時点でまだ不明のカードがあるので、そちらにひょっとしたらあるかもしれませんね。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

【デッキレシピ】ヒルコでエクシーズ・チェンジ!「武神」デッキ!


「ディメンション・オブ・カオス」で登場した「武神―ヒルコ」を使った「武神」デッキを紹介します。
構築上、「武神―ヤマト」を全く入れていないタイプなので、風変わりな「武神」デッキとなっています。

では、デッキレシピを紹介します。

【デッキレシピ】
〈モンスター 22枚〉
武神―ヒルメ×3
武神器―ヘツカ×1
武神器―サグサ×1
武神器―ハチ×2
武神―アラスダ×3
武神器―ムラクモ×2
武神器―ツムガリ×2
オネスト×3
武神―ヒルコ×3
武神器―オキツ×2

〈マジック 12枚〉
おろかな埋葬×1
武神降臨×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
異次元からの埋葬×1
炎舞―「天キ」×3

〈トラップ 6枚〉
ブレイクスルー・スキル×3
虚無空間×1
神の警告×1
神の宣告×1

〈エクストラデッキ 15枚〉
武神帝―ツクヨミ×2
輝光子 パラディオス×1
魁炎星王―ソウコ×2
セイクリッド・オメガ×1
武神帝―スサノヲ×3
武神帝―カグツチ×2
No.39 希望皇ホープ×1
CNo.39 希望皇ホープレイ×1
武神姫―アマテラス×2


【基本戦術】
「武神」エクシーズモンスターを展開しながら、「武神器」でサポートしていく形になっています。
なお、このデッキで採用した「武神器」は全て墓地から発動できるモンスターを採用しました。

●展開の布陣
「武神」エクシーズモンスターの展開のやり方ですが、最終的には「武神」エクシーズモンスターにすることが目標になります。

基本的には、「武神―ヒルメ」と「武神―アラスダ」の特殊召喚して、エクシーズモンスターを特殊召喚します。
実際は、墓地の「武神」を除外して、「武神―ヒルメ」を特殊召喚し、
墓地の「武神」が除外されたことにより、「武神―アラスダ」を特殊召喚します。

あとは、「武神―ヒルメ」を特殊召喚した後、通常召喚権を使い「武神器」を召喚して、エクシーズ召喚もできます。
その他には、「武神降臨」などを使いエクシーズ召喚を狙っていきます。
_20151022_135845


_20151022_135802


特殊召喚するエクシーズモンスターですが、場持ちの良い「武神帝―カグツチ」か、サーチor墓地肥やしのできる「武神帝―スサノヲ」あたりが狙い目です。

その他の「武神」エクシーズモンスターの役割は以下のようになります。
「武神帝―ツクヨミ」
手札を捨てつつ、2枚のドローができるので、手札の入れ替えができます。
手札の「武神器」を墓地へおくりたい場合やドローしたい場合に使います。
その場合は、なるべく魔法・罠カードを伏せて、手札が1枚になるように調整する工夫をしたい。

ただし、手札が1枚以上ないと効果を使えない点には注意。

「武神帝―アマテラス」
自分のターンでは、除外されている「武神」を特殊召喚し、相手ターンでは、除外されている「武神」を手札に加えることができる。

自分のターンで発動する効果を使えば、さらなる「武神」エクシーズモンスターの特殊召喚も可能になる。

ただし、このモンスターを出すにはレベル4モンスターを3体用意する必要があるので、「武神―ヒルコ」を使って出したい。

●サポートの布陣
採用した「武神器」は墓地で除外して発動するのですが、そのほとんどが「武神」獣戦士族がフィールドにいることが前提になっています。

採用したカードとサポート内容は以下のようになります。

■武神器―ヘツカ
対象を取るカードの効果を無効にするカード。
「武神帝―カグツチ」は、破壊には強いですが、バウンスやコントロールを奪う効果には弱いので採用しました。

■武神器―サクザ
1度だけ戦闘・カードの効果で破壊されないようにするカード。
「武神帝―カグツチ」以外のモンスターを守る時に使います。

■武神器―ハチ
相手の魔法・罠カードを1枚破壊。
このデッキでの魔法・罠カード除去カード。

■武神器―ムラクモ
相手の表側表示モンスター1体を破壊。
このデッキでのモンスター除去カード。

■武神器―ツムガリ
相手に与える戦闘ダメージは半分になる代わりに、ダメージステップ終了時まで戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする効果。
墓地で発動するので、奇襲性はないが牽制にはなる。

■武神器―オキツ
手札の「武神」1体を墓地へ送る必要があるが、そのターン自分が受ける全てのダメージを0にするカード。
ワンキル対策。

以上のカードを状況によって、墓地へ落として効果の発動を狙っていきます。


【採用したカードについて】
■武神―ヒルコ (DOCS)
_20151022_135704

「武神」エクシーズモンスターを状況によって、変えることができるカード。
「武神帝―ツクヨミ」や「武神帝―スサノヲ」の効果を使った後、このカードを使い「武神帝―カグツチ」or「武神帝―アマテラス」にするのが有効な使い方です。


【エクストラデッキについて】
■「武神」エクシーズモンスター
「武神―ヒルコ」を採用したため、各「武神」エクシーズモンスターを2枚ずつにしました。

■魁炎星王―ソウコ (CBLZ)
エクシーズ召喚した時、デッキから「炎舞」を1枚セットできます。
このデッキでは、「炎舞―天キ」をサーチできます。

注目すべき効果はこれだけでなく、エクシーズ素材を取り除けば、獣戦士族以外のフィールドの効果モンスターの効果を相手ターン終了時まで無効にできます。
この効果で、戦闘・破壊耐性を持つモンスターを無効にして、突破することもできます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

【カード考察】「グレイドル」デッキのお供に!


「グレイドル」デッキをまだ組めていませんが、入りそうなカードを見つけたので、みなさんに紹介したいと思います。
DSC_0130

その前に「グレイドル」特徴について、簡単に説明しておきます。

なお、「グレイドル・スライム」、「グレイドル・ドラゴン」がいるがここでは、省いて説明。

水属性で、種族は、水族。
レベル3の「グレイドル」は、
モンスターゾーンで、戦闘またはモンスター・魔法・罠のいずれかの効果(※)で破壊され墓地へ送られた場合に効果が発動する。

※対応するモンスター
モンスターの効果→「グレイドル・イーグル」
魔法の効果→「グレイドル・アリゲーター」
罠の効果→「グレイドル・コブラ」

相手の表側のモンスターに装備して、コントロールを得る効果と、装備カードとなった「グレイドル」がフィールドから離れた時に、装備モンスターを破壊する効果を持つ。

今回紹介するオススメのカードは、「グレイドル」の属性とレベルに着目して、見つけたサーチができるモンスターです。

そのカードとは、「水精鱗―アビスパイク」!
DSC_0129

初期の「海皇水精鱗」に必ず入っていたあのカードです!
転職先を見つけれたかも?

効果を読んでみると、召喚・特殊召喚時に、手札の水属性を1枚捨て、デッキからレベル3の水属性を手札に加える効果を持っています。

つまり、手札にある「グレイドル・スライム」などの不要な「グレイドル」を捨てて、その場に適したレベル3の「グレイドル」モンスターをサーチすることができます。

さらに、捨てたモンスターがレベル3なら「浮上」で特殊召喚することもできます。

「水精鱗―アビスパイク」を「グレイドル」デッキに入れて作ってみては?
読んでくれて、ありがとうございました。

【特集記事】「武神―ヒルコ」でエクシーズチェンジ!


みなさん、こんばんは。
今日は、「武神―ヒルコ」についての考察をしてみたいと思います。
_20151022_135704

お店で安く売っていて、魅力を感じたので買いました。

どんな感じのカードかと言うと、
光・レベル4の獣戦士族、攻撃力1000、守備力2000の通常モンスター兼任のペンデュラムモンスター。

ペンデュラムスケールは3で、
ペンデュラム効果は、

Pゾーンのこのカードを除外し、
自分の「武神」Xモンスター1体を対象として発動。
そのモンスターとカード名が異なる「武神」Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

というもの。

「何?武神デッキに入るカードか!」と思った人もいると思いますが、実はこのカード、他のデッキにも入る可能性があるんです。

このカードが入るデッキの候補としては、
獣戦士族デッキ。
光属性のデッキ。
レベル4が3体以上並べれるデッキ。

なぜかと言うと、「武神」のエクシーズモンスターには、

まず、獣戦士族2体を素材にする。「武神帝―カグツチ」がいます。
_20151022_135525

エクシーズ召喚時、デッキの上から5枚送るのは、キツいこともありますが、「武神」の獣戦士族が戦闘・カードの効果で破壊される場合、エクシーズ素材を身代わりとして使える効果を持っている。

次に、光属性2体を素材にする「武神帝―ツクヨミ」。
_20151022_135637

エクシーズ素材を取り除けば、手札を全て墓地へ送り、2枚ドローできる。
手札が1枚の時に発動すれば、1枚のハンドアドバンテージを得ることができる。
後半の効果は、「武神」デッキ以外ではあまり使えない。

最後は、レベル4を3体必要とする「武神姫―アマテラス」。
_20151022_135457

自分のターンで、エクシーズ素材を取り除けば、ゲームから除外されているレベル4以下を特殊召喚できる。
相手のターンで、エクシーズ素材を取り除けば、ゲームから除外されているレベル4以下を手札に加えることができる。

これらのエクシーズモンスターを特殊召喚し、効果を使った後に、「武神―ヒルコ」の効果を使って、状況に応じた「武神」エクシーズモンスターを特殊召喚すれば、戦いを有利に進めていけるはず。

デッキ構築に工夫がいると思いますが、選択肢が増えるという意味では、採用できる可能性に魅力を感じました。
ただ、エクストラデッキを圧迫しますが...。

なお、「武神―ヒルコ」の効果は、1ターンに1度と書かれていないので、複数回使用できるのもポイント。

上記の「武神」エクシーズモンスターになった後に、「武神―ヒルコ」の効果を使い、「武神帝―スサノヲ」になって、デッキから「武神―ヒルコ」を手札に加えることもできる。

「武神帝―スサノヲ」で相手モンスターに1回ずつ攻撃した後、メインフェイズ2で、「武神帝―カグツチ」になることも可能。
_20151022_135600

すごく面白い効果を持ち、魅力を感じてしまった「武神―ヒルコ」。
みなさんは、どう思いますか??
ありがとうございました。

【その他】積もり積もって1ヵ月!


ハイロン研究所のブログの立ち上げ&初投稿から、本日(7月20日)で1ヵ月を迎えることができました。

始めた頃は、更新し続けることができるかなと思っていましたし、果たして読んでくれる人がいるのかな?と不安でした。

ですが、更新し続けるうちに、徐々にハイロン研究所に訪れてくれる人が増えてきて、大変うれしく思っています。

本当にありがとうございます。

ハイロン研究所は、これからも皆さんに重宝されるようなブログになるように、遊戯王の情報を提供し続けたいと思います。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2