「インベイジョン・オブ・ヴェノム」で収録された、ユーリが使う「捕食植物」のデッキを作ってみました。

発売した当初は、作れないだろうと思いましたが、このカードのおかげで形になりました。

_20160716_132920

■にん人
闇4/植物族/1900/0
「にん人」の効果は、1ターンに1度しか使用できない。
このカードが墓地に存在する場合、手札or自分フィールドの表側表示の植物族モンスターを墓地へ送って発動。(「にん人」以外)
このカードを墓地から特殊召喚する。

このモンスターを入れた「捕食植物」デッキのレシピはこちら↓

【デッキレシピ】
〈モンスター22枚〉
にん人×3
BF―精鋭のゼピュロス×1
捕食植物モーレイ・ネペンテス×3
終末の騎士×1
ジャンク・シンクロン×3
召喚僧サモンプリースト×1
捕食植物スキッド・ドロセーラ×3
ローンファイア・ブロッサム×3
捕食植物フライ・ヘル×3
グローアップ・バルブ×1

〈マジック12枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
ダーク・バースト×2
置換融合×3
死者蘇生×1
増草剤×3
超融合×1

〈トラップ6枚〉
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
ガチガチガンテツ×1
No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス×1
ヴェルズ・ナイトメア×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1
ヴェルズ・タナトス×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
源竜星―ボウテンコウ×1
水晶機巧―アメトリクス×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
邪竜星―ガイザー×1
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン×1
氷結界の龍 トリューラ×1
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2


【デッキ戦術】
■にん人を墓地へ落としておく
「終末の騎士」や「おろかな埋葬」で、「にん人」を墓地へ送ります。

あとは、直接的には墓地へ送れませんが「ローンファイア・ブロッサム」で、「にん人」をリクルートするという方法もあります。

これはデッキの戦術と言うよりは、今後のための下準備と言ったところです。


■シンクロ召喚編
_20160716_133357

ユーゴくんの次元の召喚方法になります。

このデッキの唯一のチューナーの「ジャンク・シンクロン」を使って、シンクロ召喚します。

「ジャンク・シンクロン」の召喚時の効果を使い、レベル2の「捕食植物」を墓地から特殊召喚して、レベル5のシンクロ召喚を狙います。

この場合、効果は無効になっていますが、フィールドから離れた場合に効果を発動できる「捕食植物―スキッド・ドロセーラ」がオススメです。
(捕食カウンターを置くことができます。)

ここで、「ジャンク・シンクロン」で蘇生したレベル2の「捕食植物」を墓地へ送って、「にん人」を特殊召喚すると、レベル7のシンクロモンスターにもなれます。

これにより「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」などが出せてしまいます。


■エクシーズ召喚編
_20160716_133240

ユートくんの次元の召喚方法です。

エクシーズ召喚は、ランク2とランク4を用意しました。

ただ、ランク2については、あまり出ないので、1枠削ってもいいかなと思っております。

ランク4については、レベル4のモンスターを召喚+「にん人」でエクシーズ素材にします。

もう少し詳しく言うと、
レベル4のモンスターを召喚して、手札の植物族モンスターを墓地へ送って、「にん人」を蘇生という形です。

この方法で、「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」などのランク4を特殊召喚していきます。

また、闇属性になるため、闇属性縛りのランク4を無理なくエクシーズ召喚することもできます。


■融合召喚編
_20160716_133142

ユーリくんの次元の召喚方法です。

「置換融合」や「超融合」を使って、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚します。

ただ、普通の融合モンスターと違って、『トークン以外のフィールドの闇属性×2体』で融合するので、手札融合はできません。

ですが、このデッキではシンクロ召喚やエクシーズ召喚で使う方法で、「置換融合」か「超融合」があれば、出すことができます。

まとめておくと、
●ジャンク・シンクロン+レベル2の「捕食植物」
●闇属性モンスターの召喚+にん人
●召喚僧サモンプリーストの効果を使う
などの方法で、自分フィールドに闇属性を2体並べて、融合召喚をします。


【あとがき】
最近、植物族=にん人になりつつあります。

本当に「にん人」のおかげで「捕食植物」デッキを作ることができました。
やはりエクストラパックは後から価値が上がるパックですね。
レアカードでも侮れないですね。

「にん人」をシングルで買う時は、スーパーや八百屋ではなく、カードショップで買ってくださいね。
間違ってもニンジンは買わないように(笑)


あと「置換融合」を持っていない方は、「融合」でもやることは同じなので問題ありません。


ちょっと小ネタを挟みましたが、こんな感じで「捕食植物」デッキの紹介を終わります。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。