どうも「開封力のないブログ主」のハイロンです。
「第2回 1BOX開封合戦」の結果は、22名中21位!
(シタカラ、カゾエタホウガ、ハヤイヨ~)
あまりの結果に、闇堕ちしてしまいそうです(笑)

今回は、「ブースターSP デステニー・ソルジャーズ」で登場した「堕天使」デッキを紹介したいと思います。
_20160809_115759


正直に言って、これでいいのか?と思いますが、「堕天使」デッキの構築に悩んでいる人のためになるのならと思い、紹介しておきます。

【デッキレシピ】
〈モンスター19枚〉
神獣王バルバロス×3
堕天使スペルビア×2
堕天使ゼラート×1
堕天使マスティマ×2
堕天使イシュタム×3
堕天使アムドゥシアス×2
終末の騎士×1
レベル・スティーラー×2
カードガンナー×3

〈マジック15枚〉
おろかな埋葬×1
堕天使の追放×3
トレード・イン×3
アドバンスドロー×2
堕天使の戒壇×3
死者蘇生×1
非常食×2

〈トラップ6枚〉
背徳の堕天使×2
魅惑の堕天使×1
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
No.63 おしゃもじソルジャー×1
森羅の姫芽宮×2
幻獣機ドラゴサック×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×1
覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン×1
No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー×1
神竜騎士フェルグラント×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
No.102 銀河眼の時空竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.35 ラベノス・タランチュラ×1
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1

【デッキの動かし方】
簡単に言うと
・墓地へ「堕天使」カードを落とす。
・「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚。
・新規の「堕天使」モンスターの共通効果を使う。
の3つになります。

■墓地へ「堕天使」カードを落とす
「堕天使マスティマ」
「堕天使イシュタム」
「堕天使アムドゥシアス」
「終末の騎士」
「カードガンナー」
「おろかな埋葬」
「トレード・イン」
「背徳の堕天使」
「魅惑の堕天使」
を使って、「堕天使」カードまたは、「堕天使」モンスターを墓地へ送ります。

特に「堕天使」モンスターを送る場合は、後々の展開も考えてなるべく「堕天使スペルビア」を優先するようにしましょう。


■「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚する
_20160809_120040

「堕天使の戒壇」や「死者蘇生」、「リビングデッドの呼び声」を使って、「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚します。

墓地から「堕天使スペルビア」を特殊召喚すると、さらに墓地から天使族を特殊召喚できるので、
レベル8を特殊召喚するとランク8のエクシーズモンスターになれますし、
それ以外の新規の「堕天使」モンスターでも、次で紹介する共通効果を使えます。

■新規の「堕天使」モンスターの共通効果を使う
新規の「堕天使」モンスターには、

相手ターンでも発動できますが、
1000ライフを払うと墓地の「堕天使」魔法・罠カードの効果を適用できる効果を持っています。
その後、適用した墓地のカードをデッキに戻します。

サーチ・蘇生・除去・コントロール奪取と揃っているので、状況にあわせて使いわけましょう。

ちなみに、
サーチ→「堕天使の追放」
蘇生→「堕天使の戒壇」
除去→「背徳の堕天使」
コントロール奪取→「魅惑の堕天使」になります。

なお、ライフを1000払う必要がありますが、「堕天使」罠カードを適用する場合のリリースコストは不要になります。

また、「堕天使の戒壇」の効果を「堕天使」の共通効果で適用する場合で、「堕天使スペルビア」を特殊召喚する時、「堕天使スペルビア」の墓地から天使族を蘇生する効果はタイミングを逃します。

これは、共通効果を使った後に、「堕天使」カードをデッキに戻す処理が入るためで、注意が必要です。


【採用したカードについて】
■神獣王バルバロス
_20160809_115948

「トレード・イン」や「アドバンスドロー」の対象を広げるために、採用しています。

また、通常召喚権が残りやすいので、妥協召喚して、「アドバンスドロー」のコストにしてもいいし、3体リリースを狙い、相手のフィールドを丸裸にすることもできます。

3体のリリース素材は、「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚し、墓地からさらに新たな天使族を特殊召喚して、そのうちどちらかのレベルを1つ奪って「レベル・スティーラー」を墓地から特殊召喚すると、揃えることができます。

■レベル・スティーラー
「堕天使」モンスターのレベルを揃えたり、「レベル・スティーラー」2体で、ランク1のエクシーズモンスターになったり、アドバンス召喚のリリース素材になったりできます。

「堕天使ゼラート」や「終末の騎士」、「カードガンナー」、「おろかな埋葬」でこのモンスターを墓地へ送ったり、通常召喚権を使って、セットしておいて、戦闘破壊されて墓地へ送られるように持っていきましょう。

■非常食
こちらは、新規の「堕天使」モンスターの共通効果のライフを調達するために使います。

また、手札で不要な「堕天使」魔法・罠カードやドローカード等を処理しながら、ライフに変えるという役割もあります。

■エクストラデッキについて
ランク8を中心に、ランク1、ランク6、ランク7、ランク10を用意しておくといいでしょう。

エクストラデッキは、今の私のファイルで用意できる最大限のカードを選びました。
結構、エクシーズモンスターは、限界に近づいています。
(ランク6は他のデッキで使う可能性があるので、外しました。)
なので、エクストラデッキについては、もう少し汎用性のカードで固めてください。


【あとがき】
「堕天使」デッキは、スピードルールだと意外と回るかもと思ったりしてます。

「堕天使」デッキは、召喚権が余るので、召喚時に効果を発動できるモンスターを入れてもいいかもしれません。

私の場合は、バルバロスや終末の騎士、レベル・スティーラー、カードガンナーにしました。

まだ、試していませんが、金銀ガジェットとエクストラデッキに「武神帝―ツクヨミ」を入れるのもいいかもしれません。
_20160809_122158

よく、ヘカテリスやヴァルハラが入っているデッキを見ますが、私は以下の理由から不採用としました。

・墓地へ送って蘇生という「堕天使」デッキのコンセプトから外れている。
→採用されているのは、手札事故防止の意味合いが強い気がする。
・ヴァルハラは、モンスターがいない状態でしか使えない。
→大量展開した後は邪魔になる(発動できない)。
・「堕天使」は、墓地へ送れないのなら、手札にある方がまだ何かしらできる。
→手札に残していると「堕天使」モンスターや「堕天使」罠カードのコストになれる。
・複数枚、手札に来ても処理に困る。
→手札事故の元になる。
・手札入れ替えカードで、引いてしまうとガッカリする。
・少し高騰している。

以上の理由から、少し自分には合っていないのかなと思って不採用にしてます。
(そのおかげで、別のカードを入れることを考える機会が生まれました。)


「カードガンナー」の枠は、「クリバンデッド」でもいいですが、
メインフェイズで発動できる&カード1枚ドローできる可能性があるので、私は落とす枚数は劣りますが、「カードガンナー」の方を採用しました。


少しでも皆さんのデッキ作りの参考になればと思い、長々と書かせてもらいました。

これで「堕天使」デッキの紹介を終わります。
最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。