ついに、新リミットレギュレーションが判明しました。

やはり、KONAMIさんは予想を超えることをしてきます(笑)

確認も込めて、10月から適用される新リミットレギュレーションを載せておきます。


新リミットレギュレーション
※変更部分のみ

【禁止】
レベル・スティーラー

【制限】
PSYフレームロード・Ω
聖なる魔術師
デビル・フランケン
マジェスペクター・ユニコーン

【準制限】
アーティファクト―モラルタ
甲虫装機ダンセル
カオス・ソルジャー ―開闢の使者―
慧眼の魔術師
DD スワラル・スライム
DD ラミア
光天使スローネ
マスマティシャン
神の写し身との接触
真帝王領域
モンスターゲート

【制限解除】
クリッター
クリフォート・ツール
サウンド・アイズ・サクリファイス
光の援軍
六武の門
堕ち影の蠢き
光の護封壁



【規制組】
「シンクロダーク」、「メタルフォーゼ」、「DD」デッキの構築に影響を与える改正になりました。

ハンデスはやはり規制してきましたね。
制限で様子を見て、いずれは禁止のコースをたどるのでしょうか(?)

世界大会で活躍した「青眼」デッキに何かしら規制がかかると思いましたが、初代遊戯王のカードにはあまり規制をかけたくないというのが本音かな(?)

「DD」に対する規制は、様子見的な感じの規制がします。


【緩和組】
禁止から「聖なる魔術師」が帰ってきました。
お帰りなさい~!
今なら「裏風の妖精」さんとお友達になれそう。

他には、時代遅れと見なされたのか、過去に活躍したデッキのカードを中心に緩和されています。
具体的には、「インゼクター」、「アーティファクト」、「シャドール」などになります。

特に「シャドール」は、2枚も。
ネフィリムは、残念ながら今回も緩和はされませんでしたが、ネフリィム緩和への道として前向きにとらえましょう。

また、今回の緩和は、ドロー系やサーチ系も目立ちます。
高速環境に合わせるための

ここにきての「カオス・ソルジャー ―開闢の使者―」の緩和は、少し今後の思惑もありそう。
「カオス・ソルジャー」の強化の関係者になるのかな?


【全体】
全体的には、あまり今の環境を壊さないような新リミットレギュレーションだと思います。

特徴としては、規制が少なく、緩和組が多かったですね。
次回以降の緩和候補を増やしつつ、大幅な規制の準備かもしれません。

また、規制が予想よりも少なかったのは、商品の販売促進の一面もあるかもしれません。


【あとがき】
個人的にはこの規制を受け、「レベル・スティーラー」が入っている「バスター・ブレイダー」デッキと「DD」デッキの構築を見直す必要が出てきました。

あとは、緩和されたカードを入れて、「アーティファクト」と「シャドール」デッキを強化しなければならないなぁと思っています。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。