需要があるかどうかはわかりませんが、初心者向けコーナーとして、デッキ作りに焦点を当てたコーナーを新たに作ろうと思います。

その名も【デッキ作り講座】!
(タイトルは、そのままですね!(笑))

【デッキ作り講座】では、私ハイロンがどのようにデッキを考えて、デッキを作っているのかをお見せできればいいなと思っています。

今回は、「ストラクチャーデッキR―機械竜叛乱―」の「アンティーク・ギア」デッキを題材にしたいと思います。

なお、ちょっと長くなりそうなので、モンスター編と魔法&罠カード編の2部構成にして、紹介させてもらいます。


【デッキを作るにあたって】
■どんなデッキにするか(デッキコンセプト)を決める
このカードが好きだからデッキの中心にしたいとか、このカテゴリーを使って戦いたいとかで決めてもらって構いません。

最近は、このカテゴリーを使いたいという理由で作ることが多いので、ここでは、「アンティーク・ギア」を使いたいという理由で選びます。

カテゴリーで選んだ場合は、
まず、そのカテゴリーの特徴や独特の動き、共通項を押さえた上で、作るといいでしょう。

●「アンティーク・ギア」の場合
・攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで、何かしらのカードを発動できないのが特徴です。
つまり、バトルフェイズでは安全に攻撃できる可能性が高いかも?ということになります。

・共通項としては、地属性・機械族で統一されているので、その共通項を活かせそうですね。

・「アンティーク・ギア」の強みとして、「歯車街」というカードがあります。
特に2番目の効果が強力で、このカードが破壊され墓地へ送られた時に、手札・デッキ・墓地から「アンティーク・ギア」モンスター1体を特殊召喚できます。

これらをテキストから読み取ったり、遊戯王カードWiki等で調べて、デッキ作りに活かします。

今回は、「アンティーク・ギア」の強みでもある、「歯車街」を中心にしたデッキを作りたいと思います。


【モンスター選び】
まずは、デッキのモンスター選びからしてみたいと思います。
「ストラクチャーデッキ」を中心に選んでみます。

〈ストラクチャーデッキRの収録カードから〉
_20160924_231611

■古代の機械熱核竜
「歯車街」の効果があるので、攻撃力の高い「アンティーク・ギア」モンスターが欲しいので、「古代の機械熱核竜」を3枚採用することにします。

■古代の機械飛竜
モンスターだけでなく、魔法カードの「アンティーク・ギア」カードをサーチできる「古代の機械飛竜」も3枚採用確定でしょう。

特にサーチ系のカードは、デッキの安定性に関係してくるので、多少のデメリットがあっても気にならないのなら、入れておいていいでしょう。

■フィールド魔法関連
フィールド魔法がキーカードなので、フィールド魔法をサーチできる「惑星探査車」を3枚、サルベージ用として「マインフィールド」1枚を入れておきたいと思います。

フィールド魔法が手札に来なければ始まらないと考えたので、デッキからサーチできる方は現時点では3枚にしました。

サルベージの方は、墓地にフィールド魔法が無ければ、死に札になってしまうので、1枚にしています。

■古代の歯車機械
チャンスは少ないかもしれませんが、「古代の機械熱核竜」をアドバンス召喚することも考えて、「古代の歯車機械」を2枚入れておきます。

アドバンス召喚以外にも、一時的に壁になりそうな守備力と、1番目の効果を使って、バトルフェイズを安全にする使い方もあります。

■ギアギアングラー
ここまでに上げた下級モンスターは、全て機械族・地属性・レベル4なので、このモンスターでこれらをサーチできます。

ただ、「ギアギアングラー」は、効果を使ってしまうと攻撃宣言できない&機械族しか特殊召喚できなくなるデメリットがありますが、メインフェイズ2で召喚するとこのデメリットをほぼ無視できます。

ですがステータスが低いので、2枚ぐらいがちょうどいいかなと思っています。


〈その他の収録モンスターから〉
_20160924_231718

ストラクチャーデッキのカードだけでは、物足りないので、他から招集です。
■魔導戦士ブレイカー
「歯車街」をサーチできたとしても、すぐに「歯車街」の2番目の効果を使うことができません。

なぜなら「歯車街」が破壊され墓地へ送られる必要があるからです。
そのため魔法・罠カードを破壊できるカードが必要になります。

その役割ができるモンスターとして、「魔導戦士ブレイカー」に白羽の矢が立ちました。

「歯車街」がなくても、魔力カウンターが乗っていれば、攻撃力1900のモンスターになるし、相手フィールドの魔法・罠カードも破壊できるので、いいかなと思い、3枚採用してみたいと思います。

■召喚僧サモンプリースト
手札の魔法カード1枚を捨てると、デッキからレベル4モンスターを特殊召喚できます。

この効果を使って、
・「アンティーク・ギア」カードが欲しい場合
→「古代の機械飛竜」
・フィールド魔法が欲しい場合
→「惑星探査車」

を特殊召喚すればそれぞれのサーチに繋げることができますので、1枚採用したいと思います。(制限のため)


【まとめ】
これまで上げたモンスターカードをまとめるとこんな感じのレシピになりました。

〈モンスター18枚〉
古代の機械熱核竜×3
古代の機械飛竜×3
魔導戦士ブレイカー×3
マインフィールド×1
惑星探査車×3
召喚僧サモンプリースト×1
古代の歯車機械×2
ギアギアングラー×2

さて、これにどんな魔法&罠カードが加わってどういうデッキになるのでしょうか?

「アンティーク・ギア」デッキを作る(モンスター編)は以上です。

文章にすると説明が難しいものですね。
多少わかりにくい部分もあるかと思いますが、初回なので、許していただけたらなと思っています。
(徐々に改善していきたいです。)

次回は、「アンティーク・ギア」デッキ作りの魔法&罠カードについて、書こうと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。