今回、紹介するデッキレシピは、「ブラック・マジシャン」デッキです。
もう何度目の紹介になるでしょうか?

Vジャンプの付録で「幻想の見習い魔導師」をもらえて、戦術の幅が増えました。

そんな「幻想の見習い魔導師」を使ったデッキレシピはこちらです。

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
ブラック・マジシャン×3
カオス・ソーサラー×2
幻想の見習い魔導師×3
妖精伝姫―ターリア×2
霊滅術師 カイクウ×2
マジシャンズ・ロッド×3
グローアップ・バルブ×1
調律の魔術師×1
アンノウン・シンクロン×1
エフェクト・ヴェーラー×2

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
融合徴兵×2
ワン・フォー・ワン×1
黒魔術のヴェール×2
死者蘇生×1
黒魔術の継承×1
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×3

〈トラップ6枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
永遠の魂×3

〈エクストラデッキ15枚〉
転生竜サンサーラ×1
マジカル・アンドロイド×1
アーカナイト・マジシャン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
ブラック・フェザー・ドラゴン×1
ゼラの天使×1
クリムゾン・ブレーダー×1
魔王龍 ベエルゼ×1
呪符竜×1
マジマジ☆マジシャンギャル×1
風紀宮司ノリト×1
幻想の黒魔導師×1
幻獣機ドラゴサック×1
真紅眼の鋼炎竜×1


【「幻想の見習い魔導師」の登場によるメリット】
_20160919_192542

「幻想の見習い魔導師」の登場によって、
・「ブラック・マジシャン」のサーチが容易になった。
・ランク6のエクシーズモンスターが出しやすくなった。
があると思いますが、もう1つ大きなメリットがあります。
それは、レベル7のシンクロモンスターが出しやすくなったことです。

レベル7のシンクロの中でも特に「アーカナイト・マジシャン」は、「ブラック・マジシャン」の次に恩恵を受けているモンスターかもしれません。


【デッキ戦術】
■基本の布陣形
「黒の魔導陣」を発動した後に、「ブラック・マジシャン」を展開する

まずは、基本の布陣形を作るために、
「黒の魔導陣」は、「マジシャンズ・ロッド」や「黒魔術の継承」でサーチし、
「ブラック・マジシャン」は、「幻想の見習い魔導師」や「融合徴兵」でサーチして、基本の布陣形のための準備をします。

その後「黒の魔導陣」を発動し、相手ターンで「マジシャンズ・ナビゲート」や「永遠の魂」、「妖精伝姫―ターリア」などで、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚すると、「黒の魔導陣」の2番目の効果で相手フィールドのカード1枚を除外できます。

■エクシーズの陣
_20161005_112111

ランク6とランク7を用意しました。

ランク6は、「幻想の見習い魔導師」と「カオス・ソーサラー」で、ランク7は「ブラック・マジシャン」や「アーカナイト・マジシャン」などのレベル7シンクロモンスターで、エクシーズ召喚できます。

なお、ランク7を出す時が多いと思いますが、自分が「永遠の魂」を発動している場合は、「永遠の魂」のデメリットを意識して、破壊されない「幻獣機ドラゴサック」や「真紅眼の鋼炎竜」を優先させるといいでしょう。

■シンクロの陣
_20161005_111934

このデッキではレベル1のチューナーを使って、レベル5、レベル7、レベル8のシンクロモンスターをシンクロできます。

レベル5は、あまりシンクロすることはないと思いますが、一応できるので、採用してます。

レベル7のシンクロモンスターは、「幻想の見習い魔導師」や「カオス・ソーサラー」を特殊召喚した後に、チューナーを通常召喚して、シンクロ召喚ができます。
除去をしたければ「アーカナイト・マジシャン」、相手を妨害したければ「月華竜 ブラック・ローズ」という感じでいいでしょう。

レベル8のシンクロモンスターは、「ブラック・マジシャン」を展開した後、こちらもチューナーを召喚して、シンクロ召喚が基本になります。

チューナーが闇属性なら、「魔王龍 ベエルゼ」を最優先するといいでしょう。
「永遠の魂」を使っているなら、「魔王龍 ベエルゼ」の方が戦線維持ができます。


チューナーが闇属性以外なら、「黒の魔導陣」や「霊滅術師カイクウ」で相手のカードを除外していることもあるので、「ゼラの天使」もいいかもしれません。
また墓地にいれば、「カオス・ソーサラー」を出すために除外にすることができます。


【あとがき】
「幻想の見習い魔導師」の登場により、「ブラック・マジシャン」のサーチだけでなく、ランク6のエクシーズモンスターや「アーカナイト・マジシャン」などのシンクロモンスターを出しやすくなりました。

1枚のカードでこれだけ戦略の幅が広がるカードは、なかなかないですね。
こんな感じで、いろんなカテゴリーを強化してもらいたいです。(ただし、規制がかからない程度に押さえてもらいながらですが。)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。