最近、デュエルリンクスで作ったデッキを紹介します。

紹介するデッキは、フリー対戦とかデュエルワールドで使っていますが、たまに事故るのが痛いので、真剣なデュエルでは使わないほうがいいかもしれません。
_20161213_004326

〈モンスター:13枚〉
クリボール×1
神竜―エクセリオン×3
ナチュル・ガーディアン×2
ウェポンサモナー×2
スケルエンジェル×2
デスハムスター×3

〈マジック:6枚〉
ワンダー・バルーン×2
破邪の大剣―バオウ×1
コストダウン×1
呪魂の仮面×1
魔法除去×1

〈トラップ:5枚〉
徴兵令×3
ホーリージャベリン×2


~ざっくりと説明~
強さよりも、「神竜―エクセリオン」を使ったデッキを作ってみようかなという感じでスタートし、上記のようなデッキレシピになりました。

ちなみに「神竜―エクセリオン」の効果はこんな感じです↓
_20161213_004945

■神竜―エクセリオン
光5/ドラゴン族/1500/900
このカードの召喚時に、自分の墓地に存在する「神竜―エクセリオン」1体につき、以下の効果を1つ得る。
ただし、同じ効果を重複して得ることはできない。
●このカードの攻撃力を1000アップする。
●このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、もう一度だけ続けて攻撃することができる。
●このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った
時、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。


つまり、自分の墓地の「神竜―エクセリオン」の屍の数だけ強くなります。
(選べるのは、最大2つまで。)

1体しかいない時は、攻撃力アップ
2体いる時は、攻撃力アップ+どちらかという効果の選び方になるでしょう。

このデッキでは、アドバンス召喚を繰り返したり、「ワンダー・バルーン」、「破邪の大剣―バオウ」、「コストダウン」を使って「神竜―エクセリオン」を墓地へ送ります。

(「おろかな埋葬」が欲しい。)

また、「デスハムスター」や「徴兵令」を入れてリリースの確保もしています。

「ウェポンサモナー」、「スケルエンジェル」はデッキ圧縮や魔法カードの手札コストも兼ねています。

「ホーリージャベリン」は、「カラテマン」対策としても有効ですが、今回の着眼点はそこではありません。

このデッキの必殺技であるスキルを活かすために入れています。

そのスキルとは海馬瀬人のスキルである「ドローセンス:ハイレベル」です。
_20161213_004346

自分のライフが1800減ると、
通常ドローをランダムにレベル5以上のモンスターをドローに変えることができます。

つまり、このデッキではレベル5以上は「神竜―エクセリオン」しか入れていないので、ライフが1800減っていれば、いつでも「神竜―エクセリオン」がドローできる状態にもっていけます。

(ただし、使う時はリリースの確保ができているor墓地へ送るカードがある場合になります。)


事故ることはありますが、「神竜―エクセリオン」で遊びたいと思っていた方の参考になっていれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。