ついに2017年1月から適用される新制限が判明しました。
中身を見てみると、サプライズだらけになりました。

その中身は、こんな感じです。
2017年1月適用新制限
※移動のあったカードのみ記載
【禁止】
マジェスペクター・ユニコーン

【制限】
SRベイゴマックス
レスキューキャット※エラッタ
ゴヨウ・ガーディアン※エラッタ
氷結界の虎王ドゥローレン
氷結界の龍ブリューナク※エラッタ
炎舞―「天キ」
洗脳―ブレイン・コントロール※エラッタ
ユニオン格納庫
餅カエル
未来融合―フューチャー・フュージョン※エラッタ
王宮の勅命※エラッタ

【準制限】
聖なる魔術師
ダンディライオン

【制限解除】
甲虫装機―ダンセル
光天使―スローネ
マスマティシャン
馬頭鬼
神の写し身との接触


PIC000023

【新制限について】
【全体】
今回も前回に続き、緩和組が多く、エラッタ緩和が目立つ新制限になりました。
シンクロ優遇の緩和が目立つのが気になるところです。

【規制組】
まさかの「マジェスペクター・ユニコーン」が禁止に。
これは、さすがに予想していませんでした。
これからペンデュラムにスポットが当たるからでしょうか?

個別のデッキでは、「十二獣」、「ABC」デッキは、少し改良の必要が出てきました。

「十二獣」デッキは、周りのカードから規制するという形になりました。
「SR」の部分が抜け落ちた部分を何が埋めるのか気になるところです。
「召喚獣」が第1候補?

ただ、「天キ」が規制された影響として「月光」や「武神」、「炎星」デッキなどの獣戦士デッキが巻き添えをくらうことに。
これらのデッキは今頃、「十二獣」を恨んでそう。

「餅カエル」の制限により、「バージェストマ」や
「バハムート・シャーク」を出せるデッキのエクストラデッキの見直しが必要になります。


【緩和組】
禁止カードから6枚のカードがエラッタで帰ってきました。

「レスキューキャット」は、1ターンに1度、特殊召喚したモンスターの効果は無効になります。

「氷結界の龍ブリューナク」は、1ターンに1度で、相手のカードのみを対象にする効果になります。

「ゴヨウ・ガーディアン」は、シンクロ素材の部分がエラッタされます。
チューナーに素材指定は無かったのですが、『地属性チューナー』になります。

「洗脳―ブレイン・コントロール」は、奪える対象が通常召喚された相手の表側のモンスターのみになります。

融合・シンクロ・エクシーズモンスターや、ペンデュラム召喚されたモンスター、条件を満たした時に特殊召喚できるモンスターなどは奪えません。

「未来融合―フューチャー・フュージョン」は、墓地へ送る効果が、発動後の1回目の自分のスタンバイフェイズ時になります。

「王宮の勅命」は、お互いのスタンバイフェイズに700払うことになり、払えない場合、破壊される効果に変更になります。

~エラッタされたカードについて~
「王宮の勅命」は、維持コストの面でのエラッタなので、そのまま使えそうなカードになりそうです。
このカードが流行ると魔法カードが使いにくくなるので、罠環境になるのかな?
ヤバそう&また禁止に逆戻りしそうな予感がします。

「洗脳―ブレイン・コントロール」や「氷結界の龍ブリューナク」も効果が使える形で残っているので、しばらくは制限かな?

「ゴヨウ・ガーディアン」は、シンクロ素材の指定で、このまま緩和コースになりそうな予感。

エラッタ以外の緩和については、前回の流れからの緩和が多いですね。
ただ、「馬頭鬼」の緩和は少しヤバいような気もしますがw


【あとがき】
みんなの予想を崩してくるKONAMIさん、さすがです笑
参りました!

私が予想したものと見比べてみると、7枚だけ当たってました。
【制限予想】
SRベイゴマックス ○
ユニオン格納庫 ○
強欲で貪欲な壺
未来融合―フューチャー・フュージョン(※エラッタが前提) ○

【準制限予想】
聖なる魔術師 ○
A・ジェネクス・バードマン
竜の渓谷
緊急テレポート
神の通告

【制限解除予想】
慧眼の魔術師
カオス・ソルジャー ―開闢の使者―
光天使スローネ ○
マスマティシャン ○
神の写し身との接触 ○
真帝王領域
モンスターゲート

(参考までに予想した記事はこちら↓
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/67811113.html)

予想って難しいですね 笑

判明した今だからこそ言えますが、「未来融合―フューチャー・フュージョン」を当てれたのは、実はいつもカードを買いに行くお店の店長から聞いた情報でしたw

KONAMIの営業の人から聞いたそうです。
情報源は、いろんなところにあるのですね。


全体的には、緩和が多い新制限になりました。
この新制限は、20周年のアニバーサリーパックとの連携を意識したような印象も受けます。

また、シンクロが環境にいないということもあり、シンクロを応援するための意図もありそうです。

今回の新制限は、KONAMIさんのいろいろな思惑が隠されていそうな新制限だと私の目には見えました。

以上で新制限について、終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。