前回、カード考察をした「魔術師の再演」を入れたサンプルレシピの紹介です。
「魔術師の再演」を「ブラック・マジシャン」デッキに入れて作り直してみました。
_20160610_115649


そのサンプルレシピはこちらです↓
〈サンプルレシピ〉
〈モンスター20枚〉
ブラック・マジシャン×3
幻想の見習い魔導師×3
クロノグラフ・マジシャン×2
マジシャンズ・ロッド×3
マジシャンズ・ローブ×2
見習い魔笛使い×2
グローアップ・バルブ×1
エフェクト・ヴェーラー×2
調律の魔術師×2

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
死者蘇生×1
魔術師の再演×3
魔術師の右手×2
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×2
イリュージョン・マジック×2

〈トラップ6枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
永遠の魂×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター9枚
アーカナイト・マジシャン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×1
ゼラの天使×1
クリムゾン・ブレーダー×1
魔王龍 ベエルゼ×1
水晶機巧-グリオンガンド×1

■エクシーズモンスター6枚
マジマジ☆マジシャンギャル×1
風紀宮司ノリト×1
虚空の黒魔導師×1
幻想の黒魔導師×1
幻獣機ドラゴサック×1
真紅眼の鋼炎竜×1

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
■基本形
_20170204_235452
「黒の魔導陣」を発動した後に、「ブラック・マジシャン」を展開する
全ては、これから始まると言ってもいいでしょう。

まずは、基本形を作るために、
「黒の魔導陣」は、「マジシャンズ・ロッド」でサーチし、
「ブラック・マジシャン」は、「幻想の見習い魔導師」、「イリュージョン・マジック」でサーチして、準備をします。

準備ができたら、「黒の魔導陣」を発動して、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚していきますが、
その方法としては、
●「見習い魔笛使い」の効果を使う。
●「クロノグラフ・マジシャン」の効果を使う。
●相手ターンで「マジシャンズ・ローブ」の効果を使う。
●「マジシャンズ・ナビゲート」を発動する。
●「永遠の魂」を発動する。
などがあります。

なお、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚すると、「黒の魔導陣」の2番目の効果で相手フィールドのカード1枚を除外できるので、お忘れずに!

「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できれば手札や場の状況次第で、次から紹介するシンクロ召喚やエクシーズ召喚へ駒を進めることもできます。

■シンクロ召喚
_20161005_111934
このデッキで採用したチューナーは、全てレベル1なので、レベル7やレベル8のシンクロモンスターを作っていきます。

●レベル7のシンクロモンスター
比較的簡単に特殊召喚できる「幻想の見習い魔導師」をシンクロ素材にします。
(もちろん、「クロノグラフ・マジシャン」でも構いません。)
一番のオススメは、相手のフィールドのカードを2枚破壊できる「アーカナイト・マジシャン」です。
「ブラック・マジシャン」がいる時は、効果を使った後すぐにランク7にすると無駄がありません。

●レベル8のシンクロモンスター
「ブラック・マジシャン」をシンクロ素材にします。

チューナーが闇属性の「調律の魔術師」なら「魔王龍 ベエルゼ」、「黒の魔導陣」の除外効果とシナジーがある「ゼラの天使」あたりがいいでしょう。

■エクシーズ召喚
_20161005_112111
ランク6やランク7になることができます。

採用はしませんでしたが、レベルの分布からランク1やランク2も用意してもいいかもしれません。

●ランク6のエクシーズモンスター
「クロノグラフ・マジシャン」の効果を使って、「幻想の見習い魔導師」を特殊召喚したりなどで並べることができます。
ただし、レベル6が2体並ぶ機会は少ないです。

エクシーズ先は、魔法・罠カードの発動を無効にできる「風紀宮司ノリト」がいいでしょう。

●ランク7のエクシーズモンスター
「マジシャンズ・ナビゲート」で、「ブラック・マジシャン」を2体並べたり、レベル7のシンクロモンスターとともに、エクシーズ素材とする形がベストです。

さらなる「ブラック・マジシャン」を展開したければ「幻想の黒魔導師」、「永遠の魂」のデメリット緩和&バーンなら「真紅眼の鋼炎竜」あたりが狙い目になるでしょう。


【個別カードについて】
■クロノグラフ・マジシャン、見習い魔笛使い
これらのカードは、実は「ブラック・マジシャン」を特殊召喚するだけでなく、「永遠の魂」のデメリット効果が発動した時に、手札にモンスターがいれば、アフターケアができるという役割もあります。

特に「クロノグラフ・マジシャン」は手札で待機できるので、保険になります。

ちなみに、「クロノグラフ・マジシャン」は、ランク6にこだわらなければ、「アストログラフ・マジシャン」でもいいと思います。

■イリュージョン・マジック
前回のデッキレシピでは、入れていませんでしたが、手札から「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できる上記のカードが加入したので、採用しています。

■魔術師の再演
このデッキではどちらの効果も積極的に使えます。
1番目の効果で、
「調律の魔術師」
「エフェクト・ヴェーラー」
「見習い魔笛使い」
「マジシャンズ・ローブ」
あたりが蘇生対象になります。

2番目の効果は、「幻想の見習い魔導師」の特殊召喚する時のコストとして捨てれば、「ブラック・マジシャン」と「魔術師の右手」をサーチすることもできます。

■水晶機巧―グリオンガンド
「ブラック・マジシャン」にダブルチューニングすれば、ワンチャン出すことができるので、実験的に入れております。


以上が「魔術師の再演」を入れた「ブラック・マジシャン」のサンプルレシピの説明になります。
いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。