今回は、昨日の記事の最後の方で触れたことについて取り上げたいと思います。

まず、お店の人が参加したKONAMIさんの商談会の内容についてですが、新ルール(特にリンクモンスター)についての内容だったみたいです。

今回の新ルールによって、ペンデュラムデッキやジャンドのようなシンクロデッキには、確かにきついですが(泣)

リンクモンスターというシステムを使えば、私たちが思っているよりは低速環境にはならないみたいです。
(ただし、エクストラデッキを圧迫することになりますが。)

ここから先は、お店の人にいろいろとリンクモンスターについて教えていただいた内容から、新たな発見や見方について、自分なりにまとめてみましたので、何か参考になることがあれば幸いです。


《リンクモンスター編》
■リンクマーカーについて
基本的には、リンク3以上のリンクモンスターには、相手の方向にもリンクマーカーがつく。

リンク3からは相手の方向に1つ
(ただ、「電影の騎士ガイアセイバー」は、バニラだから例外?)
リンク4なら相手の方向に2つ
みたいな感じになるらしい。

なので、先行で大量展開で場を固めても、相手の方向にリンクマーカーが向いていたら、後攻の人にもエクストラデッキから展開できるチャンスがある。
(リンク3以上のリンクモンスターをフィールドに残す時は特に注意!)


■リンク素材について
お店の人の説明を聞いて、個人的に改めて気づかされたことですが、
リンクモンスターを素材にして、リンク召喚をする場合、
リンクモンスターは、『書かれているリンク数』としても扱えるし、
『モンスターにも属している』ので、ただのモンスターとしてのリンク数である1としても扱えるようです。
※簡単に言うと、リンクモンスターだけど、モンスターにも分類されるからです。

(例)デコード・トーカー
_20170219_152414
「デコード・トーカー」の場合で言うと、
リンク3のモンスターとしても扱えるし、
ただのモンスターのリンク数であるリンク1としても扱えるということです。
(※ただし、リンク2としては扱えません。)

これを応用して、リンクモンスターを素材に使って、リンクモンスターを召喚するなら、以下のようなパターンが作れます。
(相手のリンクモンスターのコントロールを奪った時の処理として活用していただければいいかと思います。)

「デコード・トーカー」1体とモンスター1体でリンク召喚する場合
・デコード・トーカーをリンク3として扱う時
→リンク4のリンクモンスターが出せる。
(まだ、いませんが。)

・デコード・トーカーをただのモンスター(リンク1)として扱う時
→リンク2のリンクモンスターが出せる。
の2つのパターンができます。

「デコード・トーカー」2体でリンク召喚する場合
・どちらもリンク3として扱う時
→リンク6のリンクモンスターが出せる

・片方をリンク3のモンスター、片方をただのモンスター(リンク1)として扱う時
→リンク4のリンクモンスターが出せる

・両方とも、ただのモンスター(リンク1)として扱う場合
→リンク2のモンスターが出せる

の3つのパターンができます。

なお、今後リンク4以上のリンクモンスターが出る可能性があるそうです。


■リンクモンスターがレベルやランクを持っていない理由
レベルを記載してしまうと簡単にレベルの高いシンクロ等に利用されてしまうから。

また、ランクだと重ねる系のエクシーズモンスターに利用されてしまうから。


■リンクモンスターが守備力を持っていない理由
守備力を持っていないことについては、謎のようです。
聞いても教えてくれなかったみたいです。

何か意味があるのか?それとも、新種のカードとしての特徴なのか?は、現時点では不明だそうです。

→公式発表ではないですが、いただいたコメントで、判明しました。
守備表示になるとリンクマーカーやリンク先がめちゃくちゃになるからです。

なるほど!

コメントでご指摘いただいたお二人方に感謝します!
ありがとうございます。


《エクストラモンスターゾーンのモンスター編》
_20170224_121855
■コントロール奪取について
相手のエクストラモンスターゾーンのモンスターを精神操作などのカードでコントロールを奪ったときは、自分のメインモンスターゾーンに置く。

相手にコントロールを返すときは、エクストラモンスターゾーンではなく、相手のメインモンスターゾーンへ返す。
→つまり、相手のエクストラモンスターゾーンが空いた状態になる。


■さらなるエクストラデッキからの特殊召喚
リンクモンスターがいない場合でも、エクストラモンスターゾーンのモンスターを素材に、リンクモンスターやシンクロ、エクシーズ、融合召喚ができる。

→エクシーズモンスターを重ねる系(「十二獣」やホープ系、RUM系で出すエクシーズモンスター)やクリスタルウィング系のシンクロモンスターは、今までどおり問題なく出せる。


■その他(小ネタ系)
・新ルールについては、9ヶ月前ぐらいから作り始めていたらしいです。

・トークン系のカード調整中

・バハムート・シャーク系のような、エクストラデッキから特殊召喚したモンスターの扱いについても調整中


あとは、エクストラデッキからの大量展開には、蘇生カード系が重要になりそうとのことです。

例えば、
●エクストラモンスターゾーンにリンクモンスターをリンク召喚。(A)
●リンク召喚した(A)を素材に使って、エクストラモンスターゾーンに新たなリンク召喚(B)をする。
●その後に蘇生カードを使って、墓地の(A)のリンクモンスターをメインモンスターゾーンに蘇生する。

※その後は、メインモンスターゾーンでエクストラデッキのモンスターを展開という、いつもの遊戯王が始まります。

つまり、リンクマーカーを左右に持つリンクモンスターをいかにリンク召喚して、墓地へ送って、蘇生させるかが、今後リンクモンスターを使う上での戦術の鍵となりそうです。

また、1枚で2体以上のモンスターを展開できるカードも、今後は重要になりそうです。
(例)
レスキューラビット
レスキューキャット
ソウル・チャージ
真炎の爆発など...。


以上がお店の人から聞いた内容になります。
何か参考になることがあればいいのですが...。

話を聞いて、ますます新ルールが面白くなってきたので、スターターデッキを3つ予約して帰ってきました。
KONAMIさんの遊戯王での新たな挑戦に期待したいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。