さて、9期を振り返る特集記事も最後となりました。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
それでは、ハイロン目線で、2016年と2017年に発売されたパックやストラクチャーデッキを振り返ってみたいと思います。
【2016年】
■シャインイング・ビクトリーズ(1月9日発売)
_20170318_145225
2016年は、「ブルーアイズ」で幕を開けたというところでしょうか?
初代強化枠に「ブルーアイズ」が選ばれ、環境で戦えるレベルに。

また、「ムーンライト」、「アモルファージ」、昆虫族・レベル3をテーマとする「電子光虫」が登場しました。

「ムーンライト」は、ブースターSPで登場かなと思っていましたが、Vジャンプの付録とともに作れることになって良かったです。

「アモルファージ」は、9期のテーマの中でも、作るのに一番苦労したデッキです。
何とかデッキになったというところですが、期待していたほど強くなかったのが残念です。

もう二度と作ることはないと思います!(笑)

個別カードでは、「浮幽さくら」をはじめ、「裏風の精霊」、「修禅僧 ゲンドウ」、「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」、「儀式の下準備」、「波紋のバリア ―ウェーブ・フォース―」、「仁王立ち」が新たに出てきました。


■ストラクチャーデッキR―巨神竜復活―(2月6日発売)
「帝」デッキの時とは違い、過去の流れを受け継ぎつつ現在の環境にあわせたデッキ構築になってました。

ただ、「復活の福音」が「ブルーアイズ」デッキに利用された感じがありますが、個人的には、好きなストラクチャーデッキRになりました。


■ゴールドパック2016(2月20日発売)
9期のパックで買わなかったパックの1つです。
収録されたカードリストを見て、欲しいと思ったカードが少なかったので、見送りました。

狙い目は、「獣神ヴァルカン」、「星態龍」、「No.101 S・H・Ark Knight」、「励輝士 ヴェルズビュート」ぐらいでした(泣)


■ザ・ダーク・イリュージョン(4月9日発売)
_20170318_145413
「ブルーアイズ」の次は、みんな大好き「ブラック・マジシャン」が強化されました。

「ブラック・マジシャン」の名前が記された魔法・罠カードというくくりで、強化されました。
(サポートカードに共通するカード名がないから仕方がないか。)

その他には、「メタルフォーゼ」と「トラミッド」が新たに登場!

フィールド魔法+岩石族というイメージを確立した「トラミッド」は、個人的には衝撃的で、探検家の気持ちで、思わず作ってしまいました。

レベル9の真竜シリーズやノーレア枠で妖精伝姫(フェアリーテイル)シリーズが始まったのもここからです。

個別カードでは、「BF―朧影のゴウフウ」、「瑚之龍」、「超カバーカーニバル」、「コズミック・サイクロン」、「強欲で貪欲な壺」、「底なしの落とし穴」と汎用性のあるカードが多いのが特徴です。

「放電ムスタンガン」や「トーテム・ファイブ」などのちょっと変わったカードも入っていました。


■劇場版「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」(4月23日発売)
映画遊戯王がこの後から始まります。
私は映画を2回見に行きました!

このパックでは、映画で使われた海馬の「ブルーアイズ」、遊戯の「マジシャン・ガールズ」、藍神の「方界」が収録されました。

ちょっと変わったカードが多いので、使いどころが難しいですが、収録されたカードの中では、「ABC」で使われた金銀ガジェットが上がりましたね。

「方界」については、新ルールの追い風もあって現在研究中!


■コレクターズパック―閃光の決闘者編―(5月14日発売)
GXのOCG化されていないプラネットシリーズ、「サイバー・エンジェル」、「光波(サイファー)」、「花札衛」、7種類の「No.(ナンバーズ)」とこれまでのコレクターズに比べて、バラエティーに富む内容になりました。

特に7枚の「No.」が収録されたことについては、まだ見ぬ「No.」にも希望が持てました。


■デュエリストパック―王の記憶―(6月4日発売)
バトルシップや闘いの儀で使われたカードを中心に収録。

原作ファンにとっては、非常になつかしい収録内容になりました。

新規カードは、「沈黙の剣士―サイレント・ソードマン」、「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」、「沈黙の剣」、「サイレント・バーニング」、「マグネット・リバース」、「マグネット・フォース」、「アルティメット・バースト」、「天声の服従」、「埋葬されし生け贄」、「ダーク・サンクチュアリ」の10種類。

特に「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」にメロメロになった人も多かったのではないでしょうか?
(私もその1人。)


■ストラクチャーデッキ―武藤遊戯―
■ストラクチャーデッキ―海馬瀬人―(ともに6月18日発売)
武藤遊戯の方は新たな「磁石の戦士」である「電磁石の戦士」、海馬瀬人の方は「ABC」が登場。

環境で活躍したのは「ABC」でしたが、これから始まる新ルール下では、「磁石の戦士」にワンチャンあるかも?


■インベイジョン・オブ・ヴェノム(7月9日発売)
_20170318_145526
「捕食植物」、「水晶機巧」、「化合獣」が新規テーマになりました。

「捕食植物」は、出た当初は「ジャンク・シンクロン」や「にん人」を入れて、
「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」、「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」、「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」の3竜を出すことができるデッキを作りました。

「水晶機巧」は、久しぶりのシンクロテーマということで、作りましたが今となっては残念ですね。

「化合獣」は、いろいろと考えた結果が「花札衛」シンクロモンスターを出すデッキになってしまいました。

このパックからこれまで出たテーマを強化するようなカードが入ってきました。

その影響のためか、個別で注目カードは、「怒気土器」、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」、「餅カエル」、「大欲な壺」、「次元障壁」と少し少なめでした。


■ブースターSP―デステニー・ソルジャーズ―(8月6日発売)
_20170318_235305
闇属性のブースターSPで、「D―HERO」、「魔界劇団」、「堕天使」の3つのテーマ。

アニメで懐かしのエド・フェニックスが登場して、思わず「D―HERO」を作りました。

「魔界劇団」は、箱買いした結果、少し買い足せば作れるのではないかと思い、作りました。
簡単に言うと、「アブソーブ・ポッド」を送りつけて、「魔界台本」を破壊しちゃえというデッキになりましたw

「堕天使」は、個人的に好きなテーマです。
現在は、「捕食植物」を混ぜて遊んでいます。


■EXTRA PACK2016(9月10日発売)
海外から「Kozmo」、「壊獣」、「バージェストマ」の3テーマが来日!

「Kozmo」が環境を取るだろうと思われていたのですが、「バージェストマ」も凄かったですね。

「バージェストマ」は罠モンスターという珍しい戦術のため作りました。
(「Kozmo」は結局作らずじまいのままです。)

「壊獣」は、メインでも使われたり、サイドデッキの定番になりましたね。


■ストラクチャーデッキR―機械竜叛乱―(9月24日発売)
「古代の機械(アンティーク・ギア)」がテーマのストラクチャーデッキRです。

確かこのストラクチャーデッキでの合言葉は、「これを買って、みんなでエクシーズ次元へ」でしたね(大嘘)

「機械複製術」、「地獄の暴走召喚」、「ギャラクシー・サイクロン」と嬉しい再録もありました。

複製術や暴走召喚は、リンク召喚補助カードとして面白いかも。


■レイジング・テンペスト(10月8日発売)
_20170318_150053
「WW」、「十二獣」、「霊魂(エスプリット)」のテーマが新たに登場!

「WW」は、単体では作れませんが、「SR」に出張する形で作ることができました。

出張要員&環境固定化現象を巻き起こすことになる「十二獣」がここで見参!
(新制限では見事に規制されましたが。)
「十二獣デュエルモンスターズ」に改名してもいいのではと言うぐらいの使われようでした。

スピリットに儀式モンスターという新たな形を生み出した「霊魂」がここで登場。
デッキのコンセプトが非常に面白くて思わず作ってしまいました。

個別カードでは、「妖精伝姫―シンデレラ」、「おろかな副葬」、「隣の芝刈り」、「迷い風」、「影のデッキ破壊ウイルス」がありました。

個人的には、「精霊獣使い ウィンダ」にメロメロ状態。
あとは、「見習い魔笛使い」や「スウィッチヒーロー」なんかも注目しました。


■ブースターSP―フュージョン・エンフォーサーズ―(11月12日発売)
_20170318_235405
「捕食植物」、「ファーニマル」、「召喚獣」という融合を使う3テーマが強化されました。

「捕食植物サンデウ・キンジー」の登場で、「捕食植物」デッキの強化だけでなく、闇属性デッキへの出張要員になれるぐらいになりましたね。
(私は「堕天使」に出張させてます。)

「ファーニマル」は作ろうと思いつつ、シングル買いをしましたが、結局作らずじまいで終わりましたw

「召喚獣」は、モンスターが「召喚師アレイスター」のみなので、完全に出張要員としてのテーマになりました。
はじめは「超量」と混ぜたりしましたが、「マジシャン・ガール」のところで構築が落ち着きました。


■20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE(12月17日発売)
20周年を記念するパックで、過去に制限・準制限になったカードを中心に構成されていました。

新規カードは、「熱き決闘者たち」、「滅びの呪文―デス・アルマテマ」、「ディアバウンド・カーネル」、「ハーピィの羽根吹雪」、「E・HERO オネスティ・ネオス」、「スカイスクレイパー・シュート」、「暗黒の召喚神」、「失楽園」、「白のヴェール」、「パワー・ウォール」の10種。

3箱買って、全ての箱から「混沌の黒魔術師」と「白のヴェール」の白黒セットが当たったことは、今となってはいい思い出です。


■ストラクチャーデッキ―ペンデュラム・エボリューション―
このストラクチャーデッキによって、「魔術師」ペンデュラムモンスターが大幅に強化されました。

また、アニメとの連動もあり、「覇王龍ズァーク」へ繋がる商品でもありました。

ただ、新ルールでは武が悪いですが、自分のモンスターが戦闘・破壊された時の保険カードとして、「アストログラフ・マジシャン」や「クロノグラフ・マジシャン」は、使えそうです。

「チキンレース」、「成金ゴブリン」の再録も嬉しいところでした。


【2017年】
■マキシマム・クライシス(1月14日発売)
_20170318_145628
「LL(リリカル・ルスキニア)」、「真竜」が登場。

「LL」は、イラスト的には、女の子版BFと言ったところでしょうか?
癒されます。
「LL」は、レベル1なのでランク1しか出せませんでしたが、リンクモンスターの登場によって、意外に戦力アップされてたりする?

「真竜」は、アドバンス召喚が中心なので、戦術的には、初代に戻ったような感じも受けます。
次の新ルールも追い風で、主役候補ですね。

また、通常モンスターと装備魔法を使う「幻煌龍」も新たに登場しました。

他には、榊遊勝が使った「EMスカイ・マジシャン」関連、「バオバブーン」、「灰流うらら」、「妖精伝姫―カグヤ」、「LL―インディペンデント・ナイチンゲール」、「覇王龍ズァーク」、「デュエリスト・アドベント」、「盆回し」、「幽麗なる幻滝」、「醒めない悪夢」などもこのパックから出てます。

(個人的なイラストアドは、「影霊衣の巫女 エリアル」でした。)


■20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE(2月11日発売)
20周年最後を締めくくる記念のパック第2弾!

新規は、「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」、「クリア・エフェクター」、「シューティング・ソニック」、「集いし願い」、「ぶつかり合う魂」、「ムーンバリア」、「マスター・ピース」、「ドン・サウザンドの契約」、「螺旋のストライクバースト」、「エンタメデュエル」の10種。

新ルールの発表によって、残念なカードになったカードもありましたが、
「レスキューキャット」や「氷結界の龍 ブリューナク」などエラッタ勢をはじめ、シングル価格が高かった「鳥銃士カステル」、「幽鬼うさぎ」の再録組が入っているので、そのあたりが狙い目だった人にとっては、嬉しいパックになったのではないでしょうか(?)


■ストラクチャーデッキR―恐獣の鼓動―(2月25日発売)
9期最後は、恐竜族のストラクチャーデッキRで締めくくりです。
そういえば、9期は恐竜族のテーマなかったですね。
(恐竜の形をした「ダイナミスト」はいましたが、あれは機械族です。)

バニラでしたが、新規のカードが2枚入っていることには、驚きました。

「プチラノドン」を恐竜族の新たなマスコットキャラクターにどうぞ!

個別カードでは恐竜族関連だけでなく、「レスキューラビット」、「ツインツイスター」、「闇の護封剣」、「苦渋の決断」、「予想GUY」、「砂塵のバリア ―ダスト・フォース―」など、通常モンスターに関するカードや裏側表示にするカードも入ってましたね。



いかがでしたでしょうか?
9期を振り返ってみましたが、いろいろとありすぎましたね。

今週末に発売が迫ってきたスターターデッキから、いよいよ10期と新ルールの適用が始まります!
一体どんな10期になるのでしょうか(?)

最後まで特集記事を読んでいただき、ありがとうございました。