今回は、スターターデッキに入っていたリンクモンスターを取り入れて、デッキを作ってみました。
次のパックが出るまでの仮組みなので、デッキ名も無く、構成が変わるかもしれませんが、デッキ作りの参考になれば幸いです。

デッキの方向性としては、いろいろな召喚法を使いたかったので、いろいろと詰めこみすぎましたが、エクストラデッキがきつい...泣

では、仮組みのサンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
マスマティシャン×3
デブリ・ドラゴン×2
クリッター×1
ギャラクシーサーペント×2
ジェムナイト・ラズリー×2
沼地の魔神王×2
ジェット・シンクロン×3
クレーンクレーン×2
ダンディライオン×2
BF―朧影のゴウフウ×1

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
調律×3
融合×2
死者蘇生×1
精神操作×2
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ6枚〉
貪欲な瓶×1
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター4枚
リンクスパイダー×2
デコード・トーカー×2

■融合モンスター3枚
ジェムナイト・セラフィ×2
始祖竜ワイアーム×1

■シンクロモンスター7枚
フォーミュラ・シンクロン×1
古神ハストール×1
A・O・Jカタストル×1
氷結界の龍 ブリューナク×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリスタル・ウィング・シンクロ・ドラゴン×1

■エクシーズモンスター1枚
超量機獣グランパルス×1

【サンプルレシピについて】
上手く行けば、「デコード・トーカー」のリンク先に2体を並べることができますが、戦術を間違えたり、いろいろ詰めこみ過ぎたゆえに事故ったりするのが課題です。

(これから登場するリンクモンスター次第で改善できるかな?)

〈デッキ戦術キーワード〉
■トークン
このデッキでは、トークンはリンク召喚や融合召喚の素材になれたり、シンクロ召喚のレベル調整に使えます。

このサンプルレシピでは、「BF―朧影のゴウフウ」と「ダンディライオン」がトークン生成能力を持ってます。

「BF―朧影のゴウフウ」は、自分フィールドにモンスターがいない場合に、手札から特殊召喚できるとともに、「朧影トークン」2体が一緒に出ます。

「ダンディライオン」は、どこからでもいいので、墓地へ送られると、「綿毛トークン」を2体特殊召喚できます。
「マスマティシャン」等で墓地へ送るといいでしょう。


■墓地からモンスターを特殊召喚
こちらのモンスターもリンクモンスターを出すため重要になってきます。

召喚時に、墓地からモンスターを特殊召喚できるモンスターとしては、以下の2体が該当します。
●クレーンクレーン
召喚時に、レベル3を墓地から特殊召喚できます。
蘇生対象としては、
ダンディライオン
クレーンクレーン
沼地の魔神王
クリッター
マスマティシャンの5体です。

リンク召喚の素材にすることを考えているなら、「ダンディライオン」や「クリッター」あたりが選択肢になります。

●デブリ・ドラゴン
こちらも召喚した時に、蘇生できますが、対象は攻撃力500以下になります。
対象としては、
ジェット・シンクロン
ダンディライオン
クレーンクレーン
沼地の魔神王
BF―朧影のゴウフウの5体がいます。

こちらはリンク召喚だけでなく、シンクロ召喚にも使えるので、やはり蘇生筆頭候補は、「ダンディライオン」になります。

また、上記のモンスターとは少し系統が違いますが、「ジェット・シンクロン」は、墓地にいる時に手札1枚を捨てることで、墓地から特殊召喚できます。

手札に来た「ダンディライオン」や、不要なカードを捨てるといいでしょう。
そして、特殊召喚した後は、リンク素材だけでなく、シンクロ素材にも活用できます。


■リンク召喚
_20170325_230632
上記のトークンを特殊召喚できるモンスターと、墓地から特殊召喚できるモンスターを組み合わせて、「デコード・トーカー」を出していきます。
(もう少し、リンクモンスターが増えれば、組み合わせなくても良さそうですが。)

なお、トークンは、通常モンスター扱いなので、効果モンスターという素材指定している「デコード・トーカー」を特殊召喚する場合は、「リンク・スパイダー」を経由する必要があります。

なお、リンク召喚した後は、リンク先にリンク・融合・シンクロ・エクシーズモンスターの展開が可能となります。


■融合召喚
_20170325_230450
肝心の「融合」カードは、「沼地の魔神王」の効果でサーチできます。

「始祖竜ワイアーム」は、通常モンスター扱いのトークンを素材にして融合召喚ができます。

「ジェムナイト・セラフィ」は、「ブリリアント・フュージョン」や「融合」で狙うことができます。

「ジェムナイト・セラフィ」を出した後は、増えた召喚権を活かして、リンク召喚やシンクロ召喚に使うといいでしょう。


■シンクロ召喚
_20170325_230803
基本的には、「デブリ・ドラゴン」からの蘇生でレベル7のシンクロモンスター(ドラゴン族限定)を出すことが多いです。

その他のレベルのシンクロモンスターは、「ジェット・シンクロン」や非チューナーのレベル、綿毛トークンでレベルを調整して出していただければと思います。


■エクシーズ召喚
こちらは、「クレーンクレーン」の効果を使って、レベル3を釣り上げてくると、エクシーズ召喚をすることができます。

ここの枠は、次のパックが発売したらリンク枠になると思います。


【あとがき】
「ダンディライオン」が過労死しそう...。
(ごめんよ、ダンディ。)

あと、書き忘れたことが1つ...。

エクストラリンクの対処法ですが、
全体除去カードを使うのが1番手っ取り早いですが、エクストラモンスターゾーンのモンスターのコントロールを奪うというやり方もあります。

今回のサンプルレシピでは、その対策という役割も増えた「精神操作」を入れています。

スターターデッキの発売で、マスタールール3が終わり、新マスタールールが始まりました。

10期はどうなるのでしょうかね?

以上で、仮組みのデッキの紹介を終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。