そろそろかなと思っていましたが、10月からの新リミットレギュレーションが判明しましたね。
では、中身を見てみましょう。
【新禁止】
「真竜剣皇マスターP」
「ドラゴニックD」

新禁止は、「真竜」デッキで厄介な2枚が同時に牢獄に行くことに。
「真竜剣皇マスターP」は、いくかなと思っていましたが、まさか両方いくとは…。
【新制限】
「ABC-ドラゴン・バスター」
「源竜星-ボウテンコウ」
「召喚師アレイスター」
「真竜拳士ダイナマイトK」
「魂喰いオヴィラプター」
「同族感染ウィルス」
「ベビケラサウルス」
「テラ・フォーミング」
「グリモの魔導書」
「真竜の継承」
「真竜皇の復活」
「トリックスター・リンカーネイション」

続いては、新制限。
やはり目立つのは恐竜と「真竜」、そして「WW」関連ですね。
特に「真竜」は、少し過剰気味かなとも思いますが、前例もあることですし、制限を受けても出張パーツとして、他のデッキへ組み込まれるのを防ぐための意味合いもあるかもしれないですね。

少し驚いたのは、「召喚師アレイスター」の制限ですかね。
融合戦術を取り入れる出張パーツとして、とても優秀でしたから、仕方がないといえば仕方がないか。

そろそろリンクモンスターを推したいという思惑も多少あるかも。
(最近、「オルターガイスト」デッキに入れましたが、考え直さねば…。)

今回、禁止から出獄したのは、懐かしいの「同族感染ウィルス」くん。
エラッタもなく、出てくることができました。

このモンスターが使ってた当時は、戦士族や魔法使い族とか言って、除去したり、除去されたりしてました。
(主に、開闢や混黒を除去。)
なつかしい…。

ノーコストで、モンスター除去するヤツがライバルになりますが、今の環境でも使われるのかな?

あと「メタバース」の登場は、やはり「テラ・フォーミング」制限への布石だったみたいですね。
最近は、フィールド魔法も利用するテーマが増えているので、制限化は、影響大ですね。

「トリックスター・リンカーネイション」は、ようやくと言った感じで、この位置は妥当ですね。
【新準制限】
「WW-アイス・ベル」
「召喚僧サモンプリースト」
「増殖するG」
「化石調査」
「貪欲な壺」
「未来融合-フューチャー・フュージョン」

新準制限は、ドロー系やサーチ系が多いですね。
ついに、手札誘発の「増殖するG」が入ってきましたね。

また、緩和カードでは「貪欲な壺」は、うれしいところ。
リンク召喚すると、手札消費も荒いし、墓地もすぐたまるので、「星杯」デッキ等では、ドローカードとしてありがたいです。

「WW」からは、「WW-アイス・ベル」が規制の対象に。
サーチ効果を持つ「WW-グラス・ベル」ではないのですね。
サーチの方かなと思ってました。

「召喚僧サモンプリースト」は、新しい召喚法が出る度に、準制限に緩和されたり、制限に強化されたりと、行ったり来たり。
今回は、リンク召喚を促進する緩和でしょうか(?)
【制限解除】
「EMペンデュラム・マジシャン」
「黒き森のウィッチ」
「彼岸の悪鬼 スカラマリオン」
「レスキューキャット」
「異次元からの埋葬」
「炎舞-「天キ」」
「儀式の準備」
「機殻の生贄」
「真帝王領域」
「揺れる眼差し」
「竜の渓谷」

制限解除組は、ペンデュラムや「テラ・フォーミング」の制限に伴ってのフィールド魔法の緩和が目立ちます。

シンクロ時代に利用価値が大幅に上がった「レスキューキャット」が緩和に。
時代の流れを感じます。

エラッタされても、全盛期と同じように...とはいきませんが、獣族モンスターが増える度に、このカードの利用価値も上がってくると思うので、今後の動向に注目したいと思います。

「炎舞-「天キ」」は、「十◯獣」の呪縛から解放されるといったところ。
ようやく、獣戦士族デッキにサーチカードがフルで帰ってきます。

また、「竜の渓谷」の緩和で、「ドラグニティ」達が渓谷を自由に飛べます。
長かった。

それから「異次元からの埋葬」や「儀式の準備」の緩和で、除外を利用するデッキや儀式デッキに光が戻ってきそうです。
PIC000023
これでようやく9期の最後に登場した強力なテーマに一区切りがつき、中堅に落ちた9期のテーマや10期のテーマにチャンスが。
ただ、しばらくは「SPYRAL」環境になりそう。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

原点回帰で、ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ