「リンクヴレインズパック」の発売によって、いろんなデッキが強化できそうな感じですね。

さて、そんな「リンクヴレインズパック」のカードを使ったデッキ第1弾として、今回紹介するのは、「召喚獣シャドール」デッキです。

新規リンクモンスターは、もちろん「シャドール・ネフィリム」と「暴走召喚師アレイスター」を使って作りました。

まずはサンプルレシピを紹介したいと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
シャドール・ビースト×3
シャドール・ドラゴン×3
マスマティシャン×3
稲荷火×2
デーモン・イーター×2
召喚師アレイスター×1
シャドール・ヘッジホッグ×3
シャドール・ファルコン×2
マジカル・アンダーテイカー×2

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×2
影依融合×2
召喚魔術×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
ワンダー・ワンド×2
神の写し身との接触×2

〈トラップ6枚〉
堕ち影の蠢き×2
影依の原核×2
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター8枚
召喚獣 カリギュラ×1
エルシャドール・ミドラーシュ×2
召喚獣プルガトリオ×1
エルシャドール・エグリスタ×1
エルシャドール・シェキナーガ×2
召喚獣メガラニカ×1

■リンクモンスター7枚
シャドール・ネフィリム×2
暴走召喚師アレイスター×2
星杯神楽イヴ×1
サブテラーマリスの妖魔×1
電影の騎士ガイアセイバー×1

_20171127_230833
【デッキコンセプト】
最初は、リバース効果つながりで「クローラー」との混合で考えていましたが、属性をもう少しばらけさせたかったので、この形にしました。

デッキコンセプトとしては、言うまでもないかもしれませんが、
「シャドール」モンスターが持つ、融合素材にした時に発動する効果(正確には、カード効果で墓地へ送られた場合に発動する効果)で、融合召喚の負担を軽減しながら、融合召喚を決めていきます。
また、「シャドール」が持つリバースモンスターも時には使います。

さらに、「シャドール」と似たような融合素材指定を持つ「召喚獣」を取り入れて、融合モンスターの層を厚くしました。


【採用したカードについて】
■シャドールモンスター
_20171127_231047
何かしらのアドバンテージが取れるモンスターを選抜。
特に「シャドール・ヘッジホッグ」の効果は、どちらも重宝します。

なお、「シャドール・ファルコン」はチューナーなので、シンクロ要素を取り入れることができますが、エクストラデッキの枚数の関係からその役目はなかった扱いにしてます(笑)


■マスマティシャン、おろかな埋葬
■堕ち影の蠢き
このデッキにおける墓地肥やし組です。
とりあえず「シャドール・ヘッジホッグ」や「シャドール・ビースト」を落としておけば、手札が1枚増えるので、それによって手札を整えることができます。


■稲荷火、デーモン・イーター
_20171127_231033
どちらも自分フィールドに魔法使い族がいれば、手札から特殊召喚できます。
この効果があるため「暴走召喚師アレイスター」や「星杯神楽イヴ」のリンク召喚しやすくなってます。

また、炎属性や地属性に属しているので、「エルシャドール・エグリスタ」や「エルシャドール・シェキナーガ」と言った融合モンスターへ広げることもできます。
(もちろん「召喚獣」もです。)
_20171127_231200

■召喚師アレイスター、召喚魔術
「召喚獣」融合モンスターを出す時に必要となってくるカード。
なお、「召喚師アレイスター」は「暴走召喚師アレイスター」でも代わりになれます。

実は、「召喚魔術」は手札からのみ融合素材を送る場合は、融合先は「召喚獣」じゃなくてもOKなので、「シャドール」融合モンスターも出せたりします。


■マジカルアンダーテイカー
_20171127_231303
リバースモンスターを2体指定するリンクモンスターがいるので、それを出すため用に用意しました。
「シャドール・ファルコン」と効果は被りますが、違いは表側で特殊召喚できることで、
自分のターンにリバースできれば、すぐにリンク召喚できる点がポイントです。


■影依の原核
「シャドール」のトラップモンスター。

「シャドール」融合モンスターに書かれている融合素材の属性の代わりにできたり、
効果で墓地へ送られた場合に、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カードを手札に加えれたりできる効果も持ちます。

それに加えて今回は、新たに「シャドール・ネフィリム」の蘇生効果で墓地へ送れるカードとしての役割も追加されました。
_20171127_231359
【あとがき】
タイトルにもなった八変化ですが、皆さんわかりましたか?
本編では全く触れませんでしたので、ここで答え合わせをしておくと、
融合モンスター6種類と「シャドール・ネフィリム」、「暴走召喚師アレイスター」のことを指していました。

(まあ、この点はどうでもいいですよね。)


このデッキを作る時に、まさか9期の最初に登場した「シャドール」と9期の最後の方で登場した「召喚獣」が、一緒に手を組むことになるとは想像していませんでした。

「シャドール」的には、あとは次のリミットレギュレーションで、「エルシャドール・ネフィリム」が禁止から制限に帰ってきてくれれば歓喜ものですが…。
(早く、戻ってきてほしい~)

そんな願いも込めつつ、「召喚獣シャドール」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
いいね!感覚で押していただければ、非常にありがたいです。

人気ブログランキングへ