Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

未分類

【予想】2017年1月の新制限を予想してみた!


ついにこの時期がやって来ました。
そうです。もうすぐ新制限の発表の時期になります。

ハイロンが何か勝手なことを言ってるぞ的な感じで受け止めてもらえればと思います。
※あくまで個人的な意見なので、くれぐれも鵜呑みはしないように。

今回の新制限ですが、
大会で使用されるデッキの移り変わりのスピードが速いため、少し予想がしにくい部分もありますが、ハイロンの見解としては、前回と同じく緩和が多い新制限になるのかなと考えています。

PIC000023

以下がハイロンの予想です。
※くれぐれも鵜呑みは禁止です。

【禁止予想】
なし

【制限予想】
SRベイゴマックス
ユニオン格納庫
強欲で貪欲な壺
未来融合―フューチャー・フュージョン(※エラッタが前提)

【準制限予想】
聖なる魔術師
A・ジェネクス・バードマン
竜の渓谷
緊急テレポート
神の通告

【制限解除予想】
慧眼の魔術師
カオス・ソルジャー ―開闢の使者―
光天使スローネ
マスマティシャン
神の写し身との接触
真帝王領域
モンスターゲート




【制限予想について】
「SRベイゴマックス」は、いろんなデッキに出張されていたので、規制は免れないのかなと思います。

「ユニオン格納庫」は、一時期ABC環境だったので、その影響です。
ただ、旬の過ぎた規制という感じはしますが。

「強欲で貪欲な壺」は最近あまり見なくなったので、悩んでいますが、発動するだけでハンドアドバンテージ+1枚の部分を評価して予想候補に入れました。

「未来融合―フューチャー・フュージョン」ですが、噂で聞いたものを入れてみました。

エラッタ緩和されるとか?
墓地送りの効果が、次の自分のターンになるとかならないとかを風の便りで聞きました。
(本当かな?)

ちなみに今月の発売スケジュールで、触れていたカードがこれです。


【準制限予想について】
「聖なる魔術師」は、前回緩和されたけど、あまり使われていないようなので、そのまま緩和コースをたどりそうです。

「A・ジェネクス・バードマン」、「竜の渓谷」は、制限の中でも使用頻度が少ないので、そろそろ緩和してもいいのかなと思い、緩和候補に入れてみました。

「緊急テレポート」は、願望も入っていますが、「Kozmo」デッキをはじめとするサイキック族に対する応援のための緩和にしてほしいという考えからです。

「神の通告」は、様子見として、準制限あたりから入るのではないかと思い、このあたりに入れました。
(過去に「神の警告」が準制限からの規制だったので。)


【制限解除予想】
全て前回の制限で緩和されたカードばかりです。

特に「慧眼の魔術師」は、「魔術師」ペンデュラムモンスターのストラクチャーデッキの発売が控えている&過剰な規制だったので、緩和される可能性が高いのではないかと読んでいます。



~番外編~
【予想に入れなかったカード】
■餅カエル
制限に入れたかったですが、比較的新しいパックなので、新制限の対象になるパックかどうかわからなかったので、今回は入れていません。

(確か通常ブースターは、2パックぐらいは対象外になっていたような気がします。)

■堕天使の追放
準制限あたりかなと予想しましたが、そもそもブースターSPが出たあたりぐらいでしか大会で結果を出せていない&「餅カエル」と同じ理由もあり、入れませんでした。

■ペンデュラム・コール
動くなら準制限かなと。
「慧眼の魔術師」が緩和されれば、可能性は低いですが、ストラクチャーデッキの発売もあるので、その兼ね合いからこのカードも緩和されるのではと少し考えましたが、外しました。

■十二獣
「十二獣 モルモラット」と「十二獣の会局」は、規制をかけてほしいですが、最新の通常ブースターなので、次回以降になるでしょう。

これらのカードに規制をかけたら、「KONAMIさん、スゲ~」とツイッターで100回つぶやきます(大嘘)


【最後に】
以上が、ハイロンの新制限予想です。

何回も言うように、個人的な「予想」なので、くれぐれも鵜呑みにしないように。

今月発売されるVジャンプの情報を待ちましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

V (ブイ) ジャンプ 2017年 02月号 [雑誌]


【発売情報】2016年最後の発売スケジュール確認!


今年もいよいよ残り1か月になりました。
早いですね~。
今年はいろいろとありましたが、
皆さんにとっては、今年はどんな年でしたか?

さて、2016年最後の発売スケジュール確認です。
今月は、特別なパック、Vジャンプ、ストラクチャーデッキの3つになっています。

【12月17日】
_20161201_113321

■20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE
通称:アニバ
(アキバでもなくユニバでもありませんよ(笑))

今回の1st WAVEは、初代遊戯王とGX関連のカードが中心です。
アニメを見ていた方は、とても懐かしく感じるかもしれません。

「ハーピィの羽根帚」や「聖なる魔術師」、「死者蘇生」、「ファントム・オブ・カオス」、「フォッシル・ダイナ パキケファロ」を確保するため、ハイロンは4箱予約してます。

残りの新録&再録が何になるのか楽しみです。


■Vジャンプ2月号特大号
通称:カードにオマケとしてついてくる本

今回の付録は、「破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ」です。
_20161119_220920

一体どんな効果になるのでしょうか?
どうか効果は、壊れすぎず、弱すぎずでお願いします。

そして、発売が近づいてくるにつれて、2017年1月から適用される新制限にも関心が高まってくると思います。

あくまで噂レベルですので、真に受けないようにしていただきたいのですが、
ある禁止カードがエラッタ緩和されるとか、されないとか。
何かしらの動きはありそうです。


なお、17日・18日は「ジャンプフェスタ」が開催され、「プレミアムパック19」が先行販売されます。
ジャンプフェスタに行く人は、未来のパックを先取りできますね。(うらやましいです。)
ペンデュラム・エクシーズ・シンクロ・融合関連のカードがバランスよく入ったパックになりそうですね。


【12月23日】
_20161201_113432

■ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・エボリューション-
通称:ストラク

いつもは土曜日発売ですけど、このストラクは金曜日発売になっているので、ご注意願えればと思います。

まだ全貌はわかっていませんが、今回は「魔術師」ペンデュラムモンスターがメインのようです。
「マスター・オブ・ペンデュラム」では、「EM」や「オッドアイズ」の活躍が目立って、「魔術師」ペンデュラムモンスターが影に隠れてしまった印象でした。

アニメの今後の展開も垣間見えるので、「魔術師」ペンデュラムモンスターがとうとう暴走する予感しかしません。

2017年発売の「マキシマム・クライシス」と連動しているみたいです。
現在のところは「覇王龍ズァーク」しか判明していませんが、他にもあるのかな?

あと、プロテクターも同時に発売となっているので、そちらもお忘れにならないように。


以上が、2016年最後の発売スケジュールです。

風邪に気をつけて、今年最後を締めくくる月にしましょう!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



【発売情報】2016年11月の発売スケジュール!


今年も残すところあと2ヶ月!
そろそろ今年を振り返る時期にもなってくるのでは?

さて今月の遊戯王の発売スケジュール確認ですが、

【11月12日】
「ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ」
_20161112_014311


「捕食植物」、「ファーニマル」、「召喚獣」の3つのカテゴリーが収録されます。

「捕食植物」の強化ためと「召喚獣」デッキを作ろうと思って買う予定ですが、「召喚獣」デッキを作れるかどうかは当たり方しだいというところ。


融合モンスターのスーパーは、当たらなかったとしてもシングル買いで大丈夫だと思いますが、メインデッキに入る「召喚士アレイスター」と「召喚魔術」を3枚揃えるのが苦戦しそう。

今回もこのBOXの開封結果を使って「1BOX開封合戦」を行います。
今年最後の「1BOX開封合戦」になるので、参加したい方は、エントリー期間が来たら参加表明をお願いします。

この日は、ハイロンの誕生日でもあります。
(さらっと「激流葬」で流してください。)


【11月21日】
「Vジャンプ1月特大号」
実質的には、カードに本が付いてくる毎月のアレです。(笑)

今月号の付録は、「捕食植物ドラゴスタペリア」です。
_20161119_220627

ブースターSPで「捕食植物」デッキを作る予定の方は、こちらの方も忘れずに手に入れておきましょう。


【11月26日】
「DIMENSION BOX―LIMITED EDITION」
_20161125_144955


ここから年末商材シリーズの始まりです。
コナミ次元が本気を出してきます。

4竜のイラスト違いの特典カード4枚、デッキ45枚、ストックケース1個、カードケース4種、プロテクター(60枚入り)のセットになります。

まだまだ、不明な部分もありますが、情報が判明するころには商品があるかどうか微妙なところ。
(限定品なので)
もし、予約せずに手に入れることができたのなら、お店の人の仕入れ努力とあなたの幸運のおかげだと思います。

こんな感じの11月の発売スケジュールになっています。
今月もハイロン研究所をよろしくお願いします。



【発売情報】2016年10月の発売スケジュール!


今日から10月に入りました。
今年も残すところあと3ヶ月になりました。
早いですね。

毎月1日の恒例、(ポイント10倍デ~じゃなくて、)今月発売する商品等の確認をしたいと思います。

【10月1日~】
■新制限の適用
「聖なる魔術師」などの緩和が多かった新制限がいよいよ適用されます。
緩和されたカードの動向に注目です。

■アドバンスド・トーナメントパックの変更
10月からこちらも変わります。

収録内容としては、
<ノーマルパラレル>
M.X-セイバー インヴォーカー
サンダー・ドラゴン
増草剤

<ノーマル>
融合呪印生物-地
ディノインフィニティ
双頭の雷龍
再融合
パラドックス・フュージョン
ブレインハザード

<その他>
霊魂鳥トークン

特に気になるのが、「サンダー・ドラゴン」と「双頭の雷龍」の2枚。
「レイジング・テンペスト」の過去のカテゴリー強化枠か、単発カテゴリー枠or「ブースターSP」のどれかで、「サンダー・ドラゴン」?とか思っているのですが、どうなんでしょうか?

でも、雷族がこの3ヶ月の間で強化されるのは間違いないかもしれません。
「電池メン」も怪しいところです。
これらのパックの収録内容が気になるところです。


【10月4日】
■マンガ版「遊戯王ARC-V」2巻の発売
付録は、「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」!
シンクロモンスターでありながら、ペンデュラムモンスターですが、戦闘・効果で破壊されるとペンデュラムゾーンに置かれるし、非チューナーに風属性を指定しているため、入るデッキが限られそうです。

でも、効果はターン終了時まで、エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスターの攻撃力を0にし、効果を無効にするので、悪くはない効果です。


【10月8日】

(スポンサーリンク。リンク先Amazon)

■「レイジング・テンペスト」の発売
10月のメインイベントです。

新規では、「WW(ウィンド・ウィッチ)」、「十二獣」、「エスプリット」を作りたいなと思っています。
また、既存カテゴリーでは、「カオス・ソルジャー」、「クリストロン」、「霊獣」、「不知火」、「古代の機械」あたりが、強化できそうなので、関連カードには注目してます。


【10月21日】
■Vジャンプ12月号発売
付録カードは、「SRパッシングライダー」。
「SR」なので、9月みたいに争奪戦にはならないと思います。

注目すべき点は、「SR」で初めてのペンデュラムモンスターなので、どんな効果になるのか楽しみです。

今月は、こんな感じの発売スケジュールになっています。
最後まで見ていただき、ありがとうございました。

【新制限】2016年10月のリミットレギュレーションについて!


ついに、新リミットレギュレーションが判明しました。

やはり、KONAMIさんは予想を超えることをしてきます(笑)

確認も込めて、10月から適用される新リミットレギュレーションを載せておきます。


新リミットレギュレーション
※変更部分のみ

【禁止】
レベル・スティーラー

【制限】
PSYフレームロード・Ω
聖なる魔術師
デビル・フランケン
マジェスペクター・ユニコーン

【準制限】
アーティファクト―モラルタ
甲虫装機ダンセル
カオス・ソルジャー ―開闢の使者―
慧眼の魔術師
DD スワラル・スライム
DD ラミア
光天使スローネ
マスマティシャン
神の写し身との接触
真帝王領域
モンスターゲート

【制限解除】
クリッター
クリフォート・ツール
サウンド・アイズ・サクリファイス
光の援軍
六武の門
堕ち影の蠢き
光の護封壁



【規制組】
「シンクロダーク」、「メタルフォーゼ」、「DD」デッキの構築に影響を与える改正になりました。

ハンデスはやはり規制してきましたね。
制限で様子を見て、いずれは禁止のコースをたどるのでしょうか(?)

世界大会で活躍した「青眼」デッキに何かしら規制がかかると思いましたが、初代遊戯王のカードにはあまり規制をかけたくないというのが本音かな(?)

「DD」に対する規制は、様子見的な感じの規制がします。


【緩和組】
禁止から「聖なる魔術師」が帰ってきました。
お帰りなさい~!
今なら「裏風の妖精」さんとお友達になれそう。

他には、時代遅れと見なされたのか、過去に活躍したデッキのカードを中心に緩和されています。
具体的には、「インゼクター」、「アーティファクト」、「シャドール」などになります。

特に「シャドール」は、2枚も。
ネフィリムは、残念ながら今回も緩和はされませんでしたが、ネフリィム緩和への道として前向きにとらえましょう。

また、今回の緩和は、ドロー系やサーチ系も目立ちます。
高速環境に合わせるための

ここにきての「カオス・ソルジャー ―開闢の使者―」の緩和は、少し今後の思惑もありそう。
「カオス・ソルジャー」の強化の関係者になるのかな?


【全体】
全体的には、あまり今の環境を壊さないような新リミットレギュレーションだと思います。

特徴としては、規制が少なく、緩和組が多かったですね。
次回以降の緩和候補を増やしつつ、大幅な規制の準備かもしれません。

また、規制が予想よりも少なかったのは、商品の販売促進の一面もあるかもしれません。


【あとがき】
個人的にはこの規制を受け、「レベル・スティーラー」が入っている「バスター・ブレイダー」デッキと「DD」デッキの構築を見直す必要が出てきました。

あとは、緩和されたカードを入れて、「アーティファクト」と「シャドール」デッキを強化しなければならないなぁと思っています。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2