Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

カードリスト

【カードリスト】コレクターズパック2017編!


久しぶりの更新です。

明日、発売の「コレクターズパック2017」のカードリストが判明しましたね。
では、まずはカードリストから確認↓
【レアリティ構成】
全種45種
ウルトラ4種
スーパー5種
レア10種
ノーマル26種

【レアリティ別】
【ウルトラ:4種】
EM五虹の魔術師
覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン
白闘気白鯨
No.89 電脳獣ディアブロシス

【スーパー:5種】
超重蒸鬼テツドウ-o
RR-ファイナル・フォートレス・ファルコン
白闘気海豚
アマゾネス女帝
時械巫女

【レア:10種】
オッドアイズ・ランサー・ドラゴン
EMオッドアイズ・シンクロン
DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン
DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン
魔界劇団 カーテン・ライザー
D-HERO ダスクユートピアガイ
V・HERO ウィッチ・レイド
究極進化薬
No.41 泥睡魔獣バグースカ
No.71 リバリアン・シャーク

【ノーレア2種類】
混沌幻魔アーミタイル
No.29 マネキンキャット


【カードリスト】
01.オッドアイズ・ランサー・ドラゴン (レア)
02.EMオッドアイズ・ミノタウロス
03.EMオッドアイズ・ディゾルヴァー
04.EMオッドアイズ・シンクロン (レア)
05.EM五虹の魔術師 (ウルトラレア)
06.覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン (ウルトラレア)
07.DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン (レア)
08.DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン (レア)
09.超重武者オタスーK
10.超重武者コブーC
11.超重蒸鬼テツドウ-o (スーパーレア)
12.魔界劇団 カーテン・ライザー (レア)
13.魔界台本「魔界の宴咜女」
14.RR-ラダー・ストリクス
15.RR-ファイナル・フォートレス・ファルコン (スーパーレア)
16.黄昏の忍者-ジョウゲン
17.黄昏の忍者-カゲン
18.白鱓
19.白闘気海豚 (スーパーレア)
20.白闘気白鯨 (ウルトラレア)
21.アマゾネスの斥候
22.アマゾネスペット虎獅子
23.アマゾネス女帝 (スーパーレア)
24.スローライフ
25.剣闘獣ノクシウス
26.剣闘獣アンダバタエ
27.剣闘獣総監エーディトル
28.D-HERO ドリームガイ
29.D-HERO ダスクユートピアガイ (レア)
30.V・HERO ウィッチ・レイド (レア)
31.ジャイアント・レックス
32.究極進化薬 (レア)
33.時空超越
34.ジュラシック・インパクト
35.混沌幻魔アーミタイル (ノーレア)
36.時械神ラツィオン
37.時械神ザフィオン
38.時械神サディオン
39.時械神カミオン
40.時械巫女 (スーパー)
41.No.29 マネキンキャット (ノーレア)
42.No.41 泥睡魔獣バグースカ (レア)
43.No.68 摩天牢サンダルフォン
44.No.71 リバリアン・シャーク (レア)
45.No.89 電脳獣ディアブロシス (ウルトラレア)



【感想】
アークファイブ出身がほぼ占めてますね。
効果をちゃんと読めていない&アニメ効果のうる覚えがあるので、該当しないカードもあるかもしれませんが、ほぼアニメ通りの効果が再現されているのではないかなという印象です。
(新マスタールールはここでは禁句。)

アニメの終盤で使われたカードだけでなく、タイラー姉妹やビーストが使ったカードを入れてきました。
特にタイラー姉妹が使った「アマゾネス」は、来月のデュエリストパックもあるので、デッキを作る人は今のうちに集めておいた方が良さそうです。

「No.」は新たに5種類増え、前回に続き今回も個性的な効果を持つモンスターが多いですね。

感想はこれぐらいにしておいて、
個人的なドラフト候補としては、
・白闘気白鯨
・No.89 電脳獣ディアブロシス
・白闘気海豚
の3名が当たればいいかなと思っています。

さて開封はどうなることでしょうか?

ではこのあたりで…。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

PIC000023

【カードリスト】「CODE OF THE DUELIST」編+感想等!


いよいよ明日発売の「コード・オブ・ザ・デュエリスト」のカードリストが判明しましたね。
いつものように、カードリストを紹介した後、簡単な感想とドラフト候補をあげていますので、良かったら見ていただければと思います。

では、まずカードリストからです。
【レアリティ構成】
全80種
ウルトラ6種
スーパー10種
レア18種
ノーマル46種

【レアリティ別】
【ウルトラ:6種】
戒めの龍
ファイアウォール・ドラゴン
トリックスター・ホーリーエンジェル
剛鬼ザ・グレート・オーガ
トポロジック・ボマー・ドラゴン
星杯戦士ニンギルス

【スーパー:10種】
サイバース・ウィザード
サルベージェント・ドライバー
クラッキング・ドラゴン
トワイライトロード・シャーマン ルミナス
DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー
星杯剣士アウラム
電影の騎士ガイアセイバー
ルドラの魔導書
キャッスル・リンク
絶縁の落とし穴

【レア:18種】
トリックスター・キャンディナ
剛鬼ライジングスコーピオ
覇王眷竜オッドアイズ
星杯の妖精リース
星遺物-『星杯』
レスキューフェレット
切れぎみ隊長
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム
覇王眷竜クリアウィング
DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー
覇王眷竜ダーク・リベリオン
星杯神楽イヴ
ミセス・レディエント
闇の進軍
緊急救急救命レスキュー
ブーギートラップ
砂塵の大嵐
無償交換


【カードリスト】
01.サイバース・ウィザード (スーパー)
02.バックアップ・セクレタリー
03.スタック・リバイバー
04.ランチャー・コマンダー
05.サルベージェント・ドライバー (スーパー)
06.トリックスター・リリーベル
07.トリックスター・マンジュシカ
08.トリックスター・キャンディナ (レア)
09.剛鬼ツイストコブラ
10.剛鬼スープレックス
11.剛鬼ライジングスコーピオ (レア)
12.ハック・ワーム
13.ジャック・ワイバーン
14.クラッキング・ドラゴン (スーパー)
15.覇王眷竜オッドアイズ (レア)
16.捕食植物バンクシアオーガ
17.DDヴァイス・テュポーン
18.星杯を戴く巫女
19.星杯に選ばれし者
20.星杯に誘われし者
21.星杯の守護竜
22.星杯の妖精リース (レア)
23.星遺物-『星杯』 (レア)
24.トワイライトロード・ジェネラル ジェイン
25.トワイライトロード・ソーサラー ライラ
26.トワイライトロード・シャーマン ルミナス (スーパー)
27.トワイライトロード・ファイター ライコウ
28.戒めの龍 (ウルトラ)
29.レスキューフェレット (レア)
30.ランカの蟲惑魔
31.切れぎみ隊長 (レア)
32.トレジャー・パンダー
33.ゾンビーナ
34.Re:EX
35.影星軌道兵器ハイドランダー
36.雷仙神 (ノーレア)
37.パーリィナイツ (ノーレア)
38.覇王眷竜スターヴ・ヴェノム (レア)
39.覇王眷竜クリアウィング (レア)
40.DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー (レア)
41.覇王眷竜ダーク・リベリオン (レア)
42.DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー (スーパー)
43.ファイアウォール・ドラゴン (ウルトラ)
44.トリックスター・ホーリーエンジェル (ウルトラ)
45.剛鬼ザ・グレート・オーガ (ウルトラ)
46.トポロジック・ボマー・ドラゴン (ウルトラ)
47.星杯竜イムドゥーク
48.星杯神楽イヴ (レア)
49.星杯剣士アウラム (スーパー)
50.星杯戦士ニンギルス (ウルトラ)
51.電影の騎士ガイアセイバー (スーパー)
52.ミセス・レディエント (レア)
53.トリックスター・ライトステージ
54.剛鬼再戦
55.エアークラック・ストーム
56.スマイル・ユニバース
57.星遺物との邂逅
58.星遺物の加護
59.闇の進軍 (レア)
60.黄昏の双龍
61.緊急救急救命レスキュー (レア)
62.ルドラの魔導書 (スーパー)
63.鈍重
64.ブーギートラップ (レア)
65.キャッスル・リンク (スーパー)
66.ディフェンスゾーン (ノーレア)
67.スリーストライク・バリア
68.トリックスター・リンカーネイション
69.パルス・ボム
70.覇王の逆鱗
71.星遺物の導き
72.トワイライト・イレイザー
73.黄昏の交衣
74.暗黒界の洗脳
75.絶縁の落とし穴 (スーパー)
76.砂塵の大嵐 (レア)
77.戦線復帰
78.無償交換 (レア)
79.無差別崩壊
80.変則ギア (ノーレア)



【感想】
収録カードを見ていると、「No.17 リバイス・ドラゴン」が収録されていた「ジェネレーション・フォース」のような感じのパックかなと思いました。

あと、墓地から特殊召喚できるカードが多いですね。
リンク召喚をするにあたって必要な要素になるからでしょうか?
また、汎用性のある罠カードを字レアにしてくれているあたりは非常に助かります。

カードリストで、個人的に注目したカードは、以下のようになります。
■サイバース族関連
注目カード:バックアップ・セクレタリー
「バックアップ・セクレタリー」のような手札から特殊召喚できるカードもこれからリンク召喚するデッキで活躍しそうです。
こういうカードが、サイバース族や魔法使い族以外の種族にも広がっていくといいのですね。


■トリックスター関連
注目カード:トリックスター・マンジュシカ
『相手の手札にカードが加わる度に』と書いているので、新しい戦術が生まれそうな予感。
改めてルールを調べてみると、ドローは、「手札に加える」の一種みたいなので、自分も相手もドローするカードや相手の手札をデッキに戻して、戻した分ドローするカードが注目されそうですね。

「手札抹殺」、「手札断殺」をはじめ、「ドン・サウザンドの契約」などが入りそう。
もちろん、「トリックスター・リンカーネイション」も相性のいいカードです。

作れるようになるときに備えて、今から集めておきたいと思います。


■星杯関連
注目カード:星杯神楽イヴ、星杯竜イムドゥーク
「星杯神楽イヴ」は、「星杯」デッキだけでなく、リンク2の出張要因として、しばらくはお世話になりそうです。
「星杯竜イムドゥーク」は、通常モンスターを使うデッキならエクストラデッキに1枚忍ばせておきたいカードですね。
その他にも、かわいい子がいますので、デッキ作りに挑戦してみます。


■その他
「切れぎみ隊長」→ハイロンが期待している1枚。レベル4以下なら何でも墓地から釣れるので、いろんな選択ができそう。
「トレジャー・パンダー」、「雷仙神」→1ターンに1度、と書いていないので、誰かが悪用しそう。
「ミセス・レディエント」→これから全属性、出してくるのかな?
「砂塵の大嵐」→汎用性のある罠カードその1。字レアなので、1箱で2枚当たったらラッキー?
「無償交換」→汎用性のある罠カードその2。
「変則ギア」→ジャンケンで何かするカードって今までありましたっけ?ありそうで意外になかった効果ですね。


次に、カードリストが判明した時点で欲しいなと思ったドラフト候補(スーパー以上)は、
・ファイアウォール・ドラゴン
・トリックスター・ホーリーエンジェル
・トポロジック・ボマー・ドラゴン
・星杯剣士アウラム
・電影の騎士ガイアセイバー
の5種類です。

今回のドラフト候補はリンクモンスターばかりになってしまいました。
汎用性のあるリンクモンスターと「トリックスター」、「星杯」関連が当たってくれれば、個人的には箱買い成功と思って買いに行きたいと思います。

一応、「ルドラの魔導書」もありますが、スーパーはちょっと誤算…。
それに伴い、「ルドラの魔導書」を入れたデッキを作るかどうかわからないので保留ということで。

一体、今回は何が当たるのでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
PIC000023

【カードリスト】スターターデッキ2017編+感想!


スターターデッキ2017のカードリストが判明したので、紹介させていただきます。
カードリストの後に、少し感想も書いているので、ご覧いただければと思います。
【カードリスト】
01.ビットロン (パラレル)
02.ドラコネット (パラレル)
03.RAMクラウダー (スーパー)
04.リンクスレイヤー (ウルトラ)
05.ギャラクシーサーペント
06.幻殻竜
07.神獣王バルバロス (パラレル)
08.サイバー・ドラゴン
09.フォトン・スラッシャー
10.イグザリオン・ユニバース
11.ヴェルズ・マンドラゴ
12.切り込み隊長
13.クリッター
14.クリバンデット
15.マシュマロン
16.カードカー・D
17.ライトロード・ハンター ライコウ※エラッタ
18.バトルフェーダー
19.速攻のかかし
20.エフェクト・ヴェーラー
21.サイバネット・ユニバース (パラレル)
22.死者蘇生 (パラレル)
23.ブラック・ホール
24.サイクロン
25.月の書
26.禁じられた聖槍
27.団結の力
28.貪欲な壺
29.強欲で謙虚な壺
30.強者の苦痛
31.補給部隊
32.テラ・フォーミング
33.リビングデッドの呼び声
34.聖なるバリア -ミラーフォース― (パラレル)
35.激流葬
36.破壊輪
37.奈落の落とし穴
38.強制脱出装置
39.デモンズ・チェーン
40.魔宮の賄賂
41.デコード・トーカー (ウルトラ)
42.ハニーボット (スーパー)
43.リンク・スパイダー (スーパー)

【感想】
■全体
スターターデッキ史上、最高のスターターデッキだと個人的に評価してます。
ここまで汎用性のカードが多く、収録内容が良いスターターデッキに出会ったことは無く、非常に驚きです!!

ちょっと変わった見方を試みると、新ルールの導入で、離れていく人もいる一方で、新規ユーザーへの獲得に向けて、相当力を入れたという見方もできそうです。

まあでも、ようやく初心者が始めるスターターデッキとして、オススメできるような内容になりました。(ちょっと遅いですが。)


■モンスターカード
新規カードでは、個人的にはリンクモンスターをはじめ、「ビットロン 」や「ドラコネット」が気になってます。

再録カードでは、
「フォトン・スラッシャー」、「ヴェルズ・マンドラゴ」などの手札から特殊召喚できるようなカードは、これから価値が上がるかもしれないですね。

「クリッター」は、1st WAVEに入ってても良かったのですが、ここで再録されました。
ようやく新テキストが手に入ります。

まさかスターターデッキに「クリバンデット」が再録されるとは思いませんでした。
驚きです!


■魔法・罠カード
魔法・罠カードは、汎用性ばかりなのであまり言うことはないですが、
ドロー系の「補給部隊」の再録は嬉しいところ。
また、「貪欲な壺」や「強欲で謙虚な壺」の壺系が入るのも記憶が正しければ、久しぶりのような気もします。

罠カードの汎用カードを見ると、古参カードが多いですね。
少しずつ増えてはいますが、罠カードは、もっと新参の汎用カードを出してほしいところです。
PIC000023
感想は、以上になります。
一応、3箱予約しているので、あとはスターターデッキの発売を待つだけです。
楽しみです!(待てるかな?)
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】「プレミアムパック19」についての感想とドラフト候補!


3日ぶりの更新です。

この3日間は、デッキをいじったり、記事を書いたりして過ごしてました。
(あと、WBC見てました。)

さて、一般発売がいよいよ迫ってきたということで、「プレミアムパック19」について取り上げたいと思います。
_20170308_202020
まずは、カードリストの確認をして、感想に入りたいと思います。
【カードリスト】
EMバラード
EMバラクーダ
SRドミノバタフライ
ペンデュラム・フュージョン
デストーイ・デアデビル
デストーイ・リニッチ
R・R・R
連鎖召喚
ONiサンダー
No.28 タイタニック・モス
No.70 デッドリー・シン
ネクロイド・シンクロ
風来王 ワイルド・ワインド
シンクロコール
天輪の双星道士
HEROの遺産
牛頭鬼
V・HERO ヴァイオン
堕天使ユコバック
堕天使降臨

【感想】
リンク召喚が控えているので、
アークファイブからのカードについては、少し残念なカードになりそうですが、
いろんな遊戯王マンガシリーズから、収録されているので、バラエティーに富んだ内容と同時に、
いろんなキャラクターのデッキが強化できそうです。

プレミアムパックの貴重な2枠を「No.(ナンバーズ)」にいただいたので、「No.(ナンバーズ)」を集めている人にとっては、今回の2枚を手に入れると残り18枚になります。
(「No.」が107までの場合だとしたら。)

この調子で、5月に発売されるコレクターズパックで、4~5枚ぐらい枠がもらえると嬉しいのですが...。

では次に、ハイロンが注目しているドラフト候補を見ていきたいと思います!


【ドラフト候補】
ドラフト候補は、
ゼアルからは2枚の「No.(ナンバーズ)」、
ファイブディーズからは、ジャックデッキに入りそうなカード、
GXからは、アンデット族と堕天使の強化に使えるカードなどが個人的な狙い目になります。

具体的に挙げれば、以下のカードになります。
■ONiサンダー
星4 光 雷族 900/400
このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「ONiサンダー」以外の雷族・光属性・レベル4モンスター1体を手札に加える。

知らない間に、じわじわと雷族の強化がされているような気がする。

サーチはやはり強いので、来るべき本格的な雷族強化に向けて、3枚集めておきたいです。
■No.28 タイタニック・モス
星7 炎 昆虫族/エクシーズ 2400/2200
レベル7モンスター×2
1:自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。
2:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手の手札の数×500ダメージを相手に与える。

■No.70 デッドリー・シン
星4 闇 昆虫族/エクシーズ 2400/1200
レベル4モンスター×2
1:1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを次の相手スタンバイフェイズまで除外する。
2:このカードが攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。このカードの攻撃力は300アップし、ランクは3上がる。

こちらの2枚は、ナンバーズファイル用にぜひとも2種類確保しておきたいです。

「No.28 タイタニック・モス」は、とうとうランク7にも最後の止め要因のエクシーズモンスターが来てしまいましたね。

相手のライフが1200以下なら、ダイレクトアタックで終了です。
さらに、手札次第ではライフが3000あっても足りない?

ただ、ダイレクトアタックするには、他にモンスターがいない時限定ですが。

「No.70 デッドリー・シン」は、対象を取りますが、一時的に相手のモンスター1体を除外できます。
破壊耐性持ちのモンスターを避けるために使うのがいいのかな?

2の効果でランク7にした後、どう活用するか悩みます。
■風来王 ワイルド・ワインド
星4 闇 悪魔族 1700/1300
1:自分フィールドに攻撃力1500以下の悪魔族チューナーが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚したターン、自分はシンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
2:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから攻撃力1500以下の悪魔族チューナー1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

効果は、まさしくジャックデッキで使ってくださいと言っているようなものです。

リゾネーター達をサーチできますし、非常に相性がいいカードになりそうですね。
■天輪の双星道士
星2 光 天使族/シンクロ/チューナー 100/800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体
「天輪の双星道士」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードがシンクロ召喚に成功した時に発動できる。自分の手札・墓地からチューナー以外のレベル2モンスターを4体まで選んで守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はシンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

「天輪の双星道士」の効果を読んで、これで「花札衛」シリーズのシンクロモンスターを出したいと思うのは私だけでしょうか?

「花札衛―雨四光」や「花札衛―五光―」は出しやすいですが、肝心の「天輪の双星道士」を出すためには、レベル1のチューナーとモンスターを1体ずつ用意する必要があるので、そのあたりが課題になりそうです。
■牛頭鬼
星4 地 アンデット族 1700/800
「牛頭鬼」の1、2の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
1:自分メインフェイズに発動できる。デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
2:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

「ユニゾンビ」に次ぐ、アンデット族専用の「おろかな埋葬」効果持ちモンスターが出ました!

とりあえず「馬頭鬼」を墓地へ送っておきましょうか。
もちろん、自分自身を送ることもできるので、他にもアンデット族モンスターがいれば、2番目の効果も使えます。

もし次が出るなら、どんな「○頭鬼」になるのでしょうか?
■堕天使ユコバック
星3 闇 天使族 700/1000
「堕天使ユコバック」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「堕天使」カード1枚を墓地へ送る。

次の新ルールで活躍できる候補に入っている「堕天使」に待望の下級モンスターが登場です!

効果は、「堕天使」カードを墓地へ送るお仕事です。
「堕天使の戒壇」で蘇生させたいモンスターや「堕天使」モンスターの共通効果で発動させたい「堕天使」魔法・罠カードを墓地へ送れるので、いい仕事をしてくれるはずです。

そのあたりは、手に入れてから確認したいと思います。

以上が、ハイロンの「プレミアムパック19」でのドラフト候補になります。

発売日が近づいてきたので、新ルールを頭に入れつつ、今からデッキ強化が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【カードリスト】「ストラクチャーデッキR―恐獣の鼓動―」のカードリスト判明+個人的な感想


ついに今週末に発売が迫ってきた「ストラクチャーデッキR―恐獣の鼓動―」のカードリストが判明しましたね。
久しぶりの恐竜族の強化にワクワクしています。

では、カードリストを見てみましょう!
お時間がある場合は、その後のカードリストについての感想も読んでいただければと思います。
【レアリティ別】
・ウルトラ2種
プチラノドン
究極伝導恐獣

・スーパー3種
魂喰いオヴィラプター
ロストワールド
生存境界

・ノーマルパラレル6種
超伝導恐獣
究極恐獣
ディノインフィニティ
ベビケラザウルス
幻創のミセラサウルス
化石調査


【カードリスト】
00.プチラノドン (ウルトラ)
01.究極伝導恐獣 (ウルトラ)
02.魂喰いオヴィラプター (スーパー)
03.メガロスマッシャーX ×2枚
04.セイバーザウルス×2枚
05.超伝導恐獣 (パラレル)
06.究極恐獣 (パラレル)
07.超古代恐獣
08.竜脚獣ブラキオン
09.ディノインフィニティ (パラレル)
10.暗黒ブラキ
11.奇跡のジュラシック・エッグ
12.俊足のギラザウルス
13.ベビケラザウルス (パラレル)
14.幻創のミセラサウルス (パラレル)
15.ヴェルズ・サラマンドラ
16.盾航戦車ステゴサイバー
17.機動要犀 トリケライナー
18.ナチュラル・ボーン・サウルス
19.チュウボーン
20.レスキューラビット
21.ロストワールド (スーパー)
22.化石調査 (パラレル)
23.大進化薬
24.ツインツイスター
25.異次元からの埋葬
26.闇の護封剣
27.苦渋の決断
28.予想GUY
29.テラ・フォーミング
30.生存境界 (スーパー)
31.生存競争
32.化石発掘
33.絶滅の定め
34.おジャマトリオ
35.ナイトメア・デーモンズ
36.砂塵のバリア -ダスト・フォース-
37.昇天の剛角笛
38.仕込み爆弾


【カードリストについての個人的な感想】
■新規カードについて
新規カードは、以下のモンスターに注目してます。

プチラノドン
究極伝導恐獣
魂喰いオヴィラプター

●プチラノドン
_20170119_134454
効果で破壊され墓地へ送られた場合限定ですが、デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚できます。
デッキからモンスターを特殊召喚する系で、レベル4以上のモンスターを特殊召喚できるカードってありましたっけ?
すぐに出てこない(笑)
(攻撃力参照系はありますが。)

新たな恐竜族マスコットキャラクターにしてもいい、イラストです。
「ベビケラザウルス」 と投票対決をしてもいいかもしれません。

●究極伝導恐獣
恐竜界のカオスモンスターと言ったところでしょうか?
墓地の恐竜族を2体除外するだけで特殊召喚できます。
(テキストでは『手札から特殊召喚』と書いてないけど、やっぱり手札からの特殊召喚ですよね?)

3つの効果が珍しくかみ合っていて、なかなか強そう!
ただ、守備表示の概念がないリンクモンスターには意味がなさそう。
でも、高い攻撃力と相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できるので、そんなことお構いなしですね。

●魂喰いオヴィラプター
どんなタイプの恐竜族デッキにも入る性能を持っているできる子です。
召喚・特殊召喚成功時に、恐竜族をサーチor墓地送りにする効果と、このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を破壊すると、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を守備表示で蘇生する効果を持っています。

蘇生効果を使う場合は、相手のレベル4以下の恐竜族モンスターでも破壊OKみたいなので、恐竜族どおしのミラーマッチでは、このカードに警戒ですね。
共食いになってしまいます(笑)


■再録カードについて
パーツ取りとしては、
レスキューラビット
ツインツイスター
闇の護封剣
苦渋の決断
予想GUY
砂塵のバリア -ダスト・フォース-
あたりになるでしょうか。
通常モンスターや裏側守備表示が鍵になるデッキで活躍しそうなカードばかりですね。

レアカードで、スーパーレア級の値段になっていた「ツインツイスター」の再録で、価格が下がるといいのですが、果たしてどうなることやら。

個人的には、パーツ取りのカードも含めて、新テキストで「ディノインフィニティ」、「俊足のギラザウルス」、「大進化薬」が手に入るのがとても嬉しいです。


【あとがき】
まさか、新規カードの「メガロスマッシャーX 」がストラクチャーデッキに2枚入ることとは思っていませんでした。
「レスキューラビット」のおかげですね。

今回のストラクチャーデッキRは、新ルール適用直前のストラクチャーデッキということで、メーカーは新ルールに適用している構築で作っていると思います。
(今月のVジャンプにも、それらしい感じのこと書いてました。)

しかし、いつもよりトークンが少し多いような気もします。
考えすぎかな?
全体攻撃の的として入っている可能性も否定できませんが、
裁定次第で評価が変わる「おジャマトリオ」をはじめ、「チュウボーン」、「ナイトメア・デーモンズ」が入っていることが少し気になりますね。

「リンク素材にトークンが使えるんじゃない?」と裁定に期待してしまうのは私だけでしょうか?
(まあ、ペンデュラムの件もあるので、失望に終わるかもしれませんが。)

まあどちらにしても、リンク素材に使えたらラッキー、使えないならリンクメタとしての役割があるので、しばらく待つことにします。

少し話がそれましたが、「究極伝導恐獣」と「ディノインフィニティ」の2枚看板で、恐竜族デッキを作ってみようと思います。

あぁ!そういえば、明日は「ザ・ヴァリュアブル・ブック19」の発売日ですね。

忘れそうになりました。

そちらもお忘れなく!

では、このあたりで終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2