Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

デッキレシピ

【デッキレシピ】リンクモンスターを取り入れた、仮組みデッキ!


今回は、スターターデッキに入っていたリンクモンスターを取り入れて、デッキを作ってみました。
次のパックが出るまでの仮組みなので、デッキ名も無く、構成が変わるかもしれませんが、デッキ作りの参考になれば幸いです。

デッキの方向性としては、いろいろな召喚法を使いたかったので、いろいろと詰めこみすぎましたが、エクストラデッキがきつい...泣

では、仮組みのサンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
マスマティシャン×3
デブリ・ドラゴン×2
クリッター×1
ギャラクシーサーペント×2
ジェムナイト・ラズリー×2
沼地の魔神王×2
ジェット・シンクロン×3
クレーンクレーン×2
ダンディライオン×2
BF―朧影のゴウフウ×1

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
調律×3
融合×2
死者蘇生×1
精神操作×2
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ6枚〉
貪欲な瓶×1
和睦の使者×3
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター4枚
リンクスパイダー×2
デコード・トーカー×2

■融合モンスター3枚
ジェムナイト・セラフィ×2
始祖竜ワイアーム×1

■シンクロモンスター7枚
フォーミュラ・シンクロン×1
古神ハストール×1
A・O・Jカタストル×1
氷結界の龍 ブリューナク×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリスタル・ウィング・シンクロ・ドラゴン×1

■エクシーズモンスター1枚
超量機獣グランパルス×1

【サンプルレシピについて】
上手く行けば、「デコード・トーカー」のリンク先に2体を並べることができますが、戦術を間違えたり、いろいろ詰めこみ過ぎたゆえに事故ったりするのが課題です。

(これから登場するリンクモンスター次第で改善できるかな?)

〈デッキ戦術キーワード〉
■トークン
このデッキでは、トークンはリンク召喚や融合召喚の素材になれたり、シンクロ召喚のレベル調整に使えます。

このサンプルレシピでは、「BF―朧影のゴウフウ」と「ダンディライオン」がトークン生成能力を持ってます。

「BF―朧影のゴウフウ」は、自分フィールドにモンスターがいない場合に、手札から特殊召喚できるとともに、「朧影トークン」2体が一緒に出ます。

「ダンディライオン」は、どこからでもいいので、墓地へ送られると、「綿毛トークン」を2体特殊召喚できます。
「マスマティシャン」等で墓地へ送るといいでしょう。


■墓地からモンスターを特殊召喚
こちらのモンスターもリンクモンスターを出すため重要になってきます。

召喚時に、墓地からモンスターを特殊召喚できるモンスターとしては、以下の2体が該当します。
●クレーンクレーン
召喚時に、レベル3を墓地から特殊召喚できます。
蘇生対象としては、
ダンディライオン
クレーンクレーン
沼地の魔神王
クリッター
マスマティシャンの5体です。

リンク召喚の素材にすることを考えているなら、「ダンディライオン」や「クリッター」あたりが選択肢になります。

●デブリ・ドラゴン
こちらも召喚した時に、蘇生できますが、対象は攻撃力500以下になります。
対象としては、
ジェット・シンクロン
ダンディライオン
クレーンクレーン
沼地の魔神王
BF―朧影のゴウフウの5体がいます。

こちらはリンク召喚だけでなく、シンクロ召喚にも使えるので、やはり蘇生筆頭候補は、「ダンディライオン」になります。

また、上記のモンスターとは少し系統が違いますが、「ジェット・シンクロン」は、墓地にいる時に手札1枚を捨てることで、墓地から特殊召喚できます。

手札に来た「ダンディライオン」や、不要なカードを捨てるといいでしょう。
そして、特殊召喚した後は、リンク素材だけでなく、シンクロ素材にも活用できます。


■リンク召喚
_20170325_230632
上記のトークンを特殊召喚できるモンスターと、墓地から特殊召喚できるモンスターを組み合わせて、「デコード・トーカー」を出していきます。
(もう少し、リンクモンスターが増えれば、組み合わせなくても良さそうですが。)

なお、トークンは、通常モンスター扱いなので、効果モンスターという素材指定している「デコード・トーカー」を特殊召喚する場合は、「リンク・スパイダー」を経由する必要があります。

なお、リンク召喚した後は、リンク先にリンク・融合・シンクロ・エクシーズモンスターの展開が可能となります。


■融合召喚
_20170325_230450
肝心の「融合」カードは、「沼地の魔神王」の効果でサーチできます。

「始祖竜ワイアーム」は、通常モンスター扱いのトークンを素材にして融合召喚ができます。

「ジェムナイト・セラフィ」は、「ブリリアント・フュージョン」や「融合」で狙うことができます。

「ジェムナイト・セラフィ」を出した後は、増えた召喚権を活かして、リンク召喚やシンクロ召喚に使うといいでしょう。


■シンクロ召喚
_20170325_230803
基本的には、「デブリ・ドラゴン」からの蘇生でレベル7のシンクロモンスター(ドラゴン族限定)を出すことが多いです。

その他のレベルのシンクロモンスターは、「ジェット・シンクロン」や非チューナーのレベル、綿毛トークンでレベルを調整して出していただければと思います。


■エクシーズ召喚
こちらは、「クレーンクレーン」の効果を使って、レベル3を釣り上げてくると、エクシーズ召喚をすることができます。

ここの枠は、次のパックが発売したらリンク枠になると思います。


【あとがき】
「ダンディライオン」が過労死しそう...。
(ごめんよ、ダンディ。)

あと、書き忘れたことが1つ...。

エクストラリンクの対処法ですが、
全体除去カードを使うのが1番手っ取り早いですが、エクストラモンスターゾーンのモンスターのコントロールを奪うというやり方もあります。

今回のサンプルレシピでは、その対策という役割も増えた「精神操作」を入れています。

スターターデッキの発売で、マスタールール3が終わり、新マスタールールが始まりました。

10期はどうなるのでしょうかね?

以上で、仮組みのデッキの紹介を終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】PP19で強化!「堕天使」デッキ!!


今回、紹介するサンプルレシピは、「プレミアムパック19」で登場した「堕天使ユコバック」と「捕食植物」を取り入れたレシピの紹介です。

「堕天使ユコバック」の登場で、墓地に「堕天使スペルビア」や「堕天使」魔法・罠カードを落としやすくなったので、前に比べたら動きが少し円滑になったかなという印象です。

では、サンプルレシピの紹介です。
一応、新ルールを意識して作りましたが、もう少し変わるかもしれません。
ご参考までにしていただければと思います。
〈サンプルレシピ〉
〈モンスター20枚〉
堕天使スペルビア×2
堕天使ゼラート×1
堕天使イシュタム×3
堕天使アムドゥシアス×2
捕食植物オフリス・スコーピオン×3
堕天使ユコバック×3
捕食植物サンデウ・キンジー×3
ローンファイア・ブロッサム×3

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
成金ゴブリン×3
堕天使の追放×3
死者蘇生×1
堕天使の戒壇×3
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
超融合×1

〈トラップ6枚〉
背徳の堕天使×2
魅惑の堕天使×1
リビングデッドの呼び声×3


〈エクストラデッキ15枚〉
■エクシーズモンスター15枚
〈融合モンスター6枚〉
捕食植物キメラフレシア×2
捕食植物ドラゴスタペリア×1
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×1
グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
〈エクシーズモンスター9枚〉
彼岸の旅人 ダンテ×1
超量機獣グランパルス×1
No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー×1
神竜騎士フェルグラント×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス×1
超巨大空中宮殿ガンガリディア×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1
※新マスタールールによっては、若干の変更あり。仮組みのエクストラデッキです。


【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術キーワード〉
■「堕天使」の共通効果と魔法・罠カード
_20170314_185322
このデッキでは、「堕天使イシュタム」、「堕天使アムドゥシアス」しかいませんが、「堕天使」の強みでもある以下の共通効果があります。
1ターンに1度しか使用できない。
1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

この効果を使って、1度使った「堕天使」魔法・罠カードを再び使えることになります。

なお、この共通効果を使う場合は、『「堕天使」魔法・罠カードの効果を適用する』なので、「堕天使」罠カードに見られる、発動コストを払う必要はありません。

肝心の「堕天使」魔法・罠カードですが、以下の採用したのは4種類です。
●堕天使の追放
→「堕天使」カードのサーチ

●堕天使の戒壇
→墓地から「堕天使」モンスターを守備表示で蘇生

●背徳の堕天使
→フィールドのカード1枚破壊。

●魅惑の堕天使
→相手フィールドの表側表示モンスター1体をエンドフェイズまでコントロールを得る。

※「背徳の堕天使」と「魅惑の堕天使」は、通常使用なら、「堕天使」モンスター1体を手札・フィールドから墓地へ送る必要がある。

基本的には、「堕天使の追放」か「堕天使の戒壇」を使って、手札や場を固めていくのがいいでしょう。

■墓地からの蘇生
_20170314_185434
「死者蘇生」や「堕天使の戒壇」、「リビングデッドの呼び声」の蘇生カードで、「堕天使スペルビア」を墓地から蘇生させ、
そこから「堕天使スペルビア」の効果を使って、さらに「堕天使」モンスターを蘇生するのが自然な流れになります。


■融合召喚
_20170314_185731
「捕食植物サンデウ・キンジー」の効果を使って、自分の手札・フィールドのモンスターを使って、闇属性融合モンスターを融合召喚します。

このモンスターで出せる闇属性融合モンスターは、
・「捕食植物キメラフレシア」(「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター)
・「捕食植物ドラゴスタペリア」(融合モンスター+闇属性モンスター)
・「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」(フィールドの闇属性モンスター2体)
・「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」(「捕食植物」モンスター+レベル8以上の闇属性モンスター)
がいます。

新ルールでは、エクストラモンスターゾーンが1つしかないので、「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」あたりを出すといいでしょう。

なお、「捕食植物サンデウ・キンジー」は、「ローンファイア・ブロッサム」、「捕食植物オフリス・スコーピオン」でリクルートできます。


■エクシーズ召喚
_20170314_185602
エクシーズ召喚は、「堕天使スペルビア」から「堕天使ゼラート」を蘇生することを想定して、ランク8のエクシーズモンスターを用意してます。

「No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー」→「No.84 ペイン・ゲイナー」→「No.77 ザ・セブン・シンズ」へ続くルートか、
「No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」による魔法封じ&攻撃対象コントロールコースのどちらかでいいでしょう。

「堕天使ユコバック」、「ローンファイア・ブロッサム」、「捕食植物オフリス・スコーピオン」の3体がレベル3であることから、ランク3も用意してますが、あまり並ぶことがないので、控えめにしてます。

あとは、「堕天使イシュタム」が2体並んだ時用に、ランク10も一応採用しました。
ここは、削って他のところを増やしてもいいかもしれません。


【あとがき】
「堕天使」テーマは、作ったまま放置してましたが、「プレミアムパック19」の発売、新ルールという追い風もあって、久しぶりに構築し直してみましたが、面白い動きをするデッキですね。

改めて再確認させてもらいました。

以上で「プレミアムパック19」で強化した「堕天使」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】純構築シリーズ―ストラクで恐竜さん強化だぞーん!―


すいません。
ふざけたタイトルをつけてしまいましたw
ネタ元は、某通信会社のCMです。

今回は、「ストラクチャーデッキR―恐獣の鼓動―」を使ったデッキを紹介したいと思います。
_20170303_012220
では、早速サンプルレシピの紹介からです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
究極伝導恐獣×3
メガロスマッシャーX×3
セイバーザウルス×3
幻創のミセラサウルス×3
魂喰いオヴィラプター×3
プチラノドン×3
ディノインフィニティ×2

〈マジック15枚〉
ロストワールド×3
テラ・フォーミング×3
化石調査×3
苦渋の決断×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1

〈トラップ5枚〉
生存境界×2
激流葬×3

〈エクストラデッキ枚〉
ランク4、ランク10のエクシーズモンスターからお好きなものをどうぞ!
(例)
エヴォルカイザー・ドルカ
エヴォルカイザー・ラギア
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
超弩級砲塔列車グスタフ・マックスなど

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術キーワード〉
■ロストワールド
_20170303_012146
「ロストワールド」は、このデッキのキーカードと言っても過言ではないでしょう。

効果は、以下の4つがあります。
ロストワールド
フィールド魔法
〈1番目〉
恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
〈2番目〉
1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
〈3番目〉
相手フィールドにトークンがある限り、相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
〈4番目〉
1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

4つの中でも、〈4番目〉の効果がこのデッキの展開に重要な効果です。

1ターンに1度だけですが、
『フィールドの通常モンスターが戦闘・効果破壊される代わりに、その数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる』ので、

この効果で手札orデッキの「プチラノドン」を破壊して、
破壊された「プチラノドン」の効果を使い、エクシーズへ繋げるためレベル4の恐竜族を特殊召喚するのがいいでしょう。

_20170303_012031


■通常モンスター
「ロストワールド」の効果を発動するための肝心の通常モンスターですが、
「魂喰いオヴィラプター」や「化石調査」、「苦渋の決断」でサーチするといいでしょう。

このデッキでは、「メガロスマッシャーX」と「セイバーザウルス」がサーチできます。

また、たとえ自分が恐竜族・通常モンスターを持っていなくても、恐竜族を召喚・特殊召喚さえすれば、「ロストワールド」の〈2番目〉の効果によって、相手のメインモンスターゾーンに通常モンスター(トークン)を用意できます。
そのトークンを戦闘破壊すれば、ロストワールドの4番目の効果が使えますね。


■効果破壊
「ロストワールド」で破壊する方法の他に、
蘇生効果を使う時に破壊する「魂喰いオヴィラプター」や「ブラック・ホール」、「激流葬」、通常モンスター限定破壊&墓地にある時に破壊できる「生存境界」があります。

これらを使って、「プチラノドン」を破壊し、デッキからレベル4以上の恐竜族を特殊召喚しましょう。


■除外
_20170303_011948
このデッキの裏テーマである高攻撃力の「ディノインフィニティ」を目指します。

除外するカードですが、「究極伝導恐獣」の特殊召喚する時の効果や「幻創のミセラサウルス」の墓地効果を使います。

特に「幻創のミセラサウルス」は、墓地の恐竜族を任意の数を除外して、その数と同じレベルの恐竜族をデッキから特殊召喚できるので、
墓地の恐竜族モンスターを4体除外すると、「ディノインフィニティ」をデッキから出しつつ、大幅な攻撃力アップが期待でき、時にはフィニッシャー級の攻撃力を得ることが可能になりました。

■エクシーズ召喚
用意したほうがいいのは、ランク4とランク10です。

「ロストワールド」で「プチラノドン」を2体破壊することもあるので、簡単にレベル4を2体を並べることができます。

また、「魂喰いオヴィラプター」の蘇生効果を使うことでも、レベル4のモンスターを2体並べることができます。


【あとがき】
「究極伝導恐獣」と「ディノインフィニティ」が活躍できるように作ってみましたが、どのようなタイプでも似たような感じですかね??

「死者蘇生」や「ブラック・ホール」、「ハーピィの羽根帚」、「激流葬」、エクストラデッキのカード以外は、ストラクチャーデッキRに入っているカードで構築しましたので、比較的作りやすいと思います。
ぜひとも、参考までにしていただければと思います。

以上がストラクを使った恐竜族デッキの紹介になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



【デッキレシピ】復刻シリーズ~ドン・サウザンドと契約した!?「暗黒界」デッキ!!~


昨日のブログの総訪問者数100万人突破!ありがとうございます。

至らないところもあるかと思いますが、これからも頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

さて、今回紹介するデッキは、「暗黒界」デッキです。
その「暗黒界」デッキに、前々回でカード考察をした「ドン・サウザンドの契約」を組み込んでみました。

新ルールの追い風もありそうですが、不明な点もあるのでエクストラデッキについては調整中です。

では、サンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
暗黒界の龍神 グラファ×3
暗黒界の術師 スノウ×3
暗黒界の尖兵 ベージ×3
ヘルウェイ・パトロール×3
トランス・デーモン×2
魔サイの戦士×3
暗黒界の狩人 ブラウ×3

〈マジック15枚〉
暗黒界の門×3
テラ・フォーミング×3
おろかな埋葬×1
手札抹殺×1
暗黒界の取引×3
ドン・サウザンドの契約×3

〈トラップ5枚〉
闇のデッキ破壊ウイルス×1
リビングデッドの呼び声×2
スキルドレイン×2


〈エクストラデッキ〉
新ルールのため調整中。

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
このデッキの戦術のキーワードをあげて解説したいと思います。
■「暗黒界の龍神 グラファ」の特殊召喚
_20170218_233402
「暗黒界の龍神 グラファ」は、
・グラファ自身が墓地にいる時に、
・自分フィールドの表側の「暗黒界」を手札に戻す
と墓地から特殊召喚できる効果を持っているので、戦術の1つとしてその効果を使い、高攻撃力でビートダウンしていきます。

「暗黒界の龍神 グラファ」を墓地へ送るには、「魔サイの戦士」や「おろかな埋葬」でデッキから墓地へ送ったり、手札を捨てるカードで墓地へ送るといいでしょう。

また、手札に戻す「暗黒界」としては、「暗黒界の尖兵 ベージ」がグッドです。
_20170218_233518
手札からカード効果で捨てれば、特殊召喚できるので、後述する手札を捨てるカードを使いましょう。

その他には、「ヘルウェイ・パトロール」の効果を使ったり、通常召喚権を使って、「暗黒界」を自分フィールドに出すことでも、「暗黒界の龍神 グラファ」を特殊召喚できる準備ができます。


■手札を捨てる
手札を捨てるカードには、お互いの手札を捨てる系と自分の手札だけを捨てる系があります。

お互いの手札を捨てる系には、「手札抹殺」と「暗黒界の取引」が、
自分の手札だけを捨てる系としては、「トランス・デーモン」と「暗黒界の門」が該当します。

これらのカードで、手札を捨てて「暗黒界」モンスターの効果を発動します。

「暗黒界」モンスターの効果を忘れた人のために、以下に効果をまとめておきました。
●カード効果で手札から墓地へ送られた時に発動する効果
グラファ→相手フィールドのカード1枚破壊。
スノウ→自分のデッキから「暗黒界」カード1枚をサーチ。
ベージ→墓地から特殊召喚。
ブラウ→自分のデッキから1枚ドロー。
※なお、グラファ、スノウ、ブラウについては、相手のカードの効果で捨てられた場合は、追加効果があり。


■手札公開
_20170210_171149
手札公開は、「ドン・サウザンドの契約」の2番目の効果を使って行います。

2番目の効果には、
『お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの1番目の効果でドローしたカードを公開し続ける。』とあるので、

このカードを発動している間に、「手札抹殺」や「暗黒界の取引」を使って、手札を破壊しながら、相手の手の内を確認することができます。
(ただ、自分も公開することなるので、諸刃の剣と言ったところですが。)

上手く相手が魔法カードをため込んでくれていたら、「ドン・サウザンドの契約」の3番目の効果の縛りが効いて、相手が通常召喚権を確保するために、まずは、手札の魔法カードを使わざるおえない状況になるかもしれません。
(ただ、セットでも縛りは解けますが。)
まあ、このあたりは運次第になりますが。

■効果封じ
「スキルドレイン」で、フィールドのモンスターの効果を無効にします。

このデッキでは、「トランス・デーモン」やエクストラデッキから出てきたモンスターの効果が使えなくなるぐらいで、それ以外の他のモンスターは墓地で発動するので、あまり影響はありません。

ただ、1000ライフ払うのは、「ドン・サウザンドの契約」があって少しきつい状況もあるかもしれませんが。


■エクシーズ召喚
新ルールの詳細等がまだわかっていないですが、
エクストラデッキ専用のモンスターゾーンがあるため、少なくともエクストラデッキから1体は出せそうなので、ランク3、ランク4、ランク8で、パワーカードを中心に選ぶといいでしょう。

このデッキでは、
【ランク3】
虚空海竜リヴァイエール
超量機獣グランパルス

【ランク4】
鳥銃士カステル
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン

【ランク8】
No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

あたりならいいのかな?
(細かいことも含めて、ルールの全貌が知りたい。)


【あとがき】
「ドン・サウザンドの契約」の2番目の効果が、
『このカードが存在する間にドローしたカード』となっていたので、「手札抹殺」とかでドローしたものでも公開の対象になるんだ!と思い、「暗黒界」デッキに入れてみました。

ドローカードとしてもよく、多少のシナジーはあるのかなと思ってます。

あとは、新ルールの詳細がわかればエクストラデッキを作ることもできますが、しばらくは様子見となりそうです。

以上で「ドン・サウザンドの契約」を入れた「暗黒界」デッキの紹介を終わります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【デッキレシピ】復刻シリーズ~猫を保護したので、「レスキューシンクロ」デッキを作ってみる!~


ある金曜日の昼下がり。
私は、昼ごはんを食べて一服をした後、外へ出かけることにした。

外へ出ると、風が冷たくて寒い。
今日はやめておこうかなと思いつつも、出かけることにした。

目的地の途中には公園があって、いつもは何気なく通りすぎてしまうのに、今日はなぜかその公園が気になった。

自然と私は公園の入り口に歩みを進めていた。
公園の入り口に立つと、公園の右側から左側に目を移した。
すると、公園の左奥の片隅の草むらに置いてあった白い箱が目についた。
私は、その白い箱に引き寄せられるかのように近づいた。

そして、その白い箱を開けると中から、黄色ヘルメットをしたネコが...!

「ニャー!!」
_20170212_235841
ということで、小説風にお届けして長くなってしまいましたが、今回紹介するデッキは、「レスキューシンクロ」です。
(なぜ小説風に紹介しようとしたのかは、自分でも謎です。)

マスターガイド3の127ページの「レスキューシンクロ」デッキを参考にしつつ、「X―セイバー」を加えて作ってみました。

では、サンプルレシピの紹介です。
※手元にあるカードで作ったので、参考までにしていただければと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
XX―セイバー フォルトロール×2
X―セイバー エアベルン×3
ゴブリンドバーグ×3
XX―セイバーエマーズブレイド×3
召喚僧サモンプリースト×1
EMディスカバー・ヒッポ×1
森の聖獣 ヴァレリフォーン×2
レスキューキャット×1
XX―セイバー レイジグラ×1
XX―セイバー ダークソウル×3

〈マジック15枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
死者蘇生×1
エアーズロック・サンライズ×3
ブラック・ホール×1
セイバー・スラッシュ×2
強制転移×3
超カバーカーニバル×3

〈トラップ5枚〉
強制脱出装置×2
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター15枚
ナチュル・ビースト×1
TG ハイパー・ライブラリアン×1
水晶機巧―アメトリクス×1
XX―セイバー ヒュンレイ×1
氷結界の龍 ブリューナク×1
BF―星影のノートゥング×1
レッド・ワイバーン×1
ナチュル・パルキオン×1
ゴヨウ・ガーディアン×1
X―セイバー ウルベルム×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
ダーク・ダイブ・ボンバー×1
幻竜星―チョウホウ×1
XX―セイバー ガトムズ×2

※エクストラは、公園で拾った白い箱に入ってました(嘘)
寄せ集めです。


【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
■レスキューキャットによる展開
_20170212_235642
フィールドから墓地へ送ると、デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚できます。

(ただし、「レスキューキャット」の効果は1ターンに1度しか使えず、特殊召喚したモンスターは効果が無効になり、エンドフェイズに破壊されます。)

「レスキューキャット」の効果で、デッキから呼び出す組み合わせとしては、このデッキでは、
●レベル2+レベル3
●レベル3+レベル3
の2パターンが考えられます。

〈レベル2〉
_20170215_235605
「森の聖獣 ヴァレリフォーン」のみになります。
効果は残念ながら使う機会がないので、レベル2のチューナーという部分で採用しています。
(なお、かわいらしいモンスターだからという理由もあります。)
なので、レベル2のチューナーなら他のモンスターでも構いません。

シンクロ先をレベル5にしたい場合は、このレベル2のチューナーを呼んでください。

〈レベル3〉
_20170215_235457
「X―セイバー エアベルン」や「XX―セイバー ダークソウル」、「EMディスカバー・ヒッポ」が該当します。

「EMディスカバー・ヒッポ」は、「超カバーカーニバル」で呼んでこれるので、
基本は、「X―セイバー エアベルン」や「XX―セイバー ダークソウル」の組み合わせで、レベル6のシンクロ召喚がベターです。

その時は、エンドフェイズに「XX―セイバー ダークソウル」の効果を使って、「XX―セイバー フォルトロール」などの「X―セイバー」サーチを忘れずに。
_20170215_235749
※獣族に見えない。
まあ、オオカミがバンドをしている時代ですからね笑


■シンクロ召喚
●レベル5のシンクロモンスター
出し方は、上記を見てください。

「ナチュル・ビースト」でやはりロックがいいかと。

●レベル6のシンクロモンスター
出し方は、上記参照で。
このデッキのメインのシンクロ先です。

「XX―セイバー ヒュンレイ」や「ゴヨウ・ガーディアン」は素材が縛られていますが、「レスキューキャット」で「X―セイバー」セットを特殊召喚していれば、どのシンクロモンスターになることができます。

●レベル7のシンクロモンスター
「ゴブリンドバーグ」と「X―セイバー エアベルン」の組み合わせで出します。

シンクロ先は、ハンデス、全体除去、バーンとお好きなものを使い分けてください。

●レベル9のシンクロモンスター
「XX―セイバー フォルトロール」と「X―セイバー エアベルン」でシンクロ召喚ができます。

「XX―セイバー ガトムズ」で手札を削るのが、きっと快感になるでしょう。


【あとがき】
「レスキューシンクロ」なので、エクストラデッキをシンクロ召喚のみで固めてみましたが、
もちろん、エクシーズモンスターも採用できます。

「レスキューキャット」の効果で、レベル3の獣族を2体並べるとランク3が出せます。

ただこの場合、「XX―セイバー ダークソウル」のサーチ効果があることを考えると、シンクロが優先されそうです。

あとは、「レスキューキャット」と「XX―セイバー フォルトロール」があれば、レベル6のシンクロモンスターと「XX―セイバー フォルトロール」が並ぶことになるので、ランク6あたりを採用してみても言いかもしれません。

もう少しオリジナリティを加えて改良する予定ですが、白い箱から出てきた猫のおかげで懐かしいのデッキが作れました。

拾った猫は、ハイロン研究所のアシスタントとして、面倒をみておくことにします。

最後まで読んでいただき、ありがとう...
レスキューキャット:「ニャー!」。




ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2