Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

雑記

【雑記】Vジャンプ7月号について触れてみる!


今日は、Vジャンプの発売日ですね。
_20170518_133608
今回は、Vジャンプに載っていた7月発売の「サーキット・ブレイク」や6月発売のストラクチャーデッキ、デュエリストパックの情報について、少し触れてみたいと思います。

【今月号の付録編】
▼リンク・ディサイプル
_20170518_133953
今のところサイバース族デッキでは、カードプールの都合上、必要になるのかな(?)
(「リンク・スパイダー」が既にいますが、こちらは、バニラモンスターが必要。)

初回にエクストラモンスターゾーンに出すカードとして使った方が良さそうなので、
手札入れ換え効果は、無理に使う必要がなさそう。


【サーキット・ブレイク編】
どうやら10期の通常パックの傾向としては、
リンク召喚を使うカテゴリーと、
リンク召喚を全く使わなくても作れるカテゴリーの2つがあるようですね。

▼ヴァレット(闇・ドラゴン族)
_20170519_093439
「ヴァレット」モンスターを対象にするリンクモンスターの効果が発動した時や
戦闘・効果破壊され、墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時にも、効果が発動するようです。

でも見た目は、ドラゴン族というより機械族にしか見えない…笑

「星杯を戴く巫女」のテキスト内の「機界騎士」はこれかな?

▼メタファイズ(光・幻竜族)
すでに「メタファイズ・ホルス・ドラゴン」や「メタファイズ・アームド・ドラゴン」が登場していましたが、ここにきてカテゴリ化されました。

過去のモンスターのリメイク版なので、
ラグナロク?
タイラント・ドラゴン?
ダイダロス?
ネフティス?
非常に懐かしいメンツです。

上級モンスターの「メタファイズ」は、
・「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動する効果
・除外された次のスタンバイフェイズに効果が発動する。
2つの共通効果がある模様。

1つ目の効果は、「メタファイズ・ラグナロク」と「メタファイズ・タイラント・ドラゴン」しかいないので、もう少し増えるといいですね~♪

2つ目の方は、除外なのでこちらは、いろいろなカードで満たせそう。

いつか使えるだろうと思っていた「ライトレイ・グレファー」が、いい仕事をしそう。
_20170519_093924

あとは、「幽麗なる幻滝」を確保と「オネスト」を用意しておいたら今できる準備はOK??

メタファイズ、ぜひとも作りたい!

▼アカシック・マジシャン
_20170518_134539
攻撃力が低いですが、リンク召喚した時に、リンクマーカー先のモンスターをバウンスできるので、エクストラモンスターゾーンだけでなく、メインモンスターゾーンに置いてもいいですね。

ただ、素材指定が同じ種族である必要がありますが、いろんなデッキに入りそう。

イラストの方も今後が気になります。
後ろの子達は一体…。(そっちかい!)

「シャイニート・マジシャン」や「アルケミック・マジジャン」系統のカードかな?


【ストラクチャーデッキ】
▼エンコード・トーカー
このカードの収録により、「デコード・トーカー」の再録の可能性は無くなりましたので、シングル買いが無駄にはならなくなりました。

ただ、リンク以外のモンスターを使って、このカードを出すにはサイバース族3体必要なので、手札消費が荒くなりそう。

サイバース族デッキでは、LINE2で、リンクマーカーが下、左下、右下のどれかから2つあるリンクモンスターが欲しいところですね。

▼バックリンカー
エクストラリンクをされた時の対処カードとして、注目しています。

サイドデッキにいいかも。

【デュエリストパック】
▼サイバー・ダーク
出た当時、好きでした。(告白)
ただ、装備するドラゴン族が...笑

今回の強化で、再び作りたい熱が上がってきました。
「サイバー・ダーク・カノン」は、装備するドラゴン族を用意しつつ、「サイバー・ダーク」のサーチ効果。
「サイバー・ダーク・クロー」は、「サイバー・ダーク・インフェルノ」や「サイバーダーク・インパクト!」をサーチ。
という感じになりますね。

優秀で、いい形の強化に、ありがとうございます。

ただ、「サイバーダーク・インパクト!」で、新規の「鎧獄竜―サイバー・ダークネス・ドラゴン」を融合召喚できない点は残念。
(名前指定なので!)

やっぱり「オーバーロード・フュージョン」で出すのがいいのかな?

とりあえずこれで、デュエリストパックは、「レッドアイズ」と「サイバー・ダーク」狙いが確定しました!

【その他】
今月号で、定期講読から1年経ったということで、
特典カードが入ってました。
_20170518_134244
早い!
定期講読をしてみて感じたことは、
早く手に入れれる点や
付録カードが欲しい月、欲しくない月もありますが、買い忘れがない点は、いいものですね。

また、定期講読をさせていただきたいと思います。
(なお、手続き済み)

ちなみに、来月号は「V-LAN ヒドラ」です。
無線LANかな?

遊戯王ヴレインズを見ていると、自然とネット用語やIT用語が覚えれそう…笑

では、このあたりで!
最後まで、読んでいただきありがとうございました。

【雑記】2017年4月度の人気記事トップ5!


5月に突入したので、先月4月のハイロン研究所のアクセス数をもとに、人気記事トップ5を振り返ってみたいと思います。

トップ5はこんな感じになりました↓
【第5位】
4月29日投稿。
【シングル買い】番外編!掘り出し物を求めて!!
(URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/70683758.html

難波(日本橋)で購入してきたものを紹介しました。
たまには、違う場所で買うのもいいですね。


【第4位】
4月19日投稿。
【デッキレシピ】リンク!融合!?ペンデュラム??「星杯」デッキ紹介!!
_20170419_010126
(URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/70514282.html

「星杯」デッキに「メタルフォーゼ」を入れて、リンク召喚だけでなく、融合召喚、ペンデュラム召喚もできるように構築してみました。
また、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果で破壊するモンスターとして、「おもちゃ箱」も採用しています。

「星杯」のバニラモンスターのテキストから
次回の通常パックでは、「機界騎士(ジャックナイツ)」とか、「機怪蟲(クローラー)」あたりが登場するのでしょうか?

【第3位】
4月22日投稿。
【デッキレシピ】6つのトリックで翻弄?「アーティスター」デッキ!
_20170421_131323
(URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/70516593.html

「トリックスター」に、「アーティファクト」と「ドン・サウザンドの契約」を入れていろいろなトリックを披露できるようにしてみました。
デッキ名は、「トリックスター」と「アーティファクト」から合わせましたが、「アーティスト」+「スター」という意味合いも込めて、「アーティスター」にしました。


【第2位】
4月1日投稿。
【発売スケジュール】2017年4月の発売スケジュール確認!
(URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/70213091.html

先月は本が3冊発売と、いつもより本関連が多い月でしたね。
そして、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」が発売されて、やっと10期が本格的に始まったのだなということを実感しました。


【第1位】
4月8日投稿。
【デッキレシピ】儀式で戦力補強?「レッドアイズ」デッキ!!
_20170406_145840
(URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/70137244.html

新マスタールールに対応するために、「レッドアイズ」に「竜姫神サフィラ」を取り入れたタイプを紹介してみました。

紹介した時点では、リンクモンスターはスターターデッキのカードだけだったので、あまりそれに頼らないような構築にしてます。

しかし、まさか6月のデュエリストパックで、再び「レッドアイズ」が強化されるとは、思っていませんでした。
また、再構築ができるので、楽しみです。


以上が、2017年4月のハイロン研究所の人気記事トップ5でした。
今月は、果たしてどのようなトップ5になるのでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】今日は、マスターガイド5の発売日!


タイトル通りの内容になります。

今日は、マスターガイド5の発売日なので、手に入れてきました。
_20170428_115923

これまでのマスターガイドの表紙の色は、黒→赤→青→黄ときて、今回は緑色となってます。
(なお、デュエルターミナル版マスターガイドもありましたが、それは銀色でしたね。)

付録カードは、
「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」と「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の2枚!
_20170428_120623
特に、「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」は、It's beautiful!


マスターガイドの内容ですが、
見た感じの個人的な感想を少し紹介します 。

アークファイブ期間に発売されたパックなどを見ていると、9期もいろいろあったなと改めて思いました。

デッキヒストリーのデッキレシピが無くなって、デッキの軽い動かし方が載っているだけになっているのが少し残念なところです。

一番、気になっていたモンスターヒストリーは、
デュエルターミナルの続きがありました。
竜星達の登場からセフィラまでの範囲が載っていました。

ただ、 個人的に知りたかったバスブレのストーリーとか、9期で登場したサブカテゴリーモンスターなどのストーリーがなかったので、そのあたりがほしかったなと思います。

あとは、世界大会のことについても紹介しているページも、もちろんありましたよ。

全体的には、急いで作ったのかなとか思ってしまう感じの内容でした。
でも、それほど、マスターガイドの発売決定が急で、準備期間がなかったという裏返しかもしれませんね。

ちなみに、この記事も急いで書きました!笑
(人のこと言えませんね。すいません。)

ストーリー関連は、次へのお楽しみということにしておきます。

ではでは、このあたりで終わらせていただきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】今日は、Vジャンプ6月号の発売日!


本日、発売です。
_20170420_114150
今月号の表紙は、ヴレインズ仕様ですね。
そして付録カードは、
「プロキシー・ドラゴン」!
_20170420_115558
■プロキシー・ドラゴン
光/サイバース族/リンク/1400
モンスター2体
自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

実際手に取ってみると、カワイイかも!
しばらくは、素材指定のないLINK2のリンクモンスターとして、お世話になりそうなので、もう1枚確保しておきます。


さて、たまには遊戯王の情報についても軽くコメントしておきたいと思います。
〈新情報に対する感想〉
■コレクターズパック編
「No.(ナンバーズ)」が新たに3種類登場!
これですでに判明していた分も合わせて4枠をもらえることに。
「No.(ナンバーズ)」コンプリートもそう遠くはなくなってきました。
ナンバーズハンターハイロンとして、これは見逃せない!

マンガアークファイブからは、シンクロモンスターの鯨さんやイルカさんが登場。
_20170420_214559
「白闘気白鯨」のイラストのオーラがすごい!
しかも強い!!

チューナーも非チューナーも水属性指定なので、「グレイドル」に入れても、面白いかもしれませんね。
宇宙から来た謎の生命体は、最終的に鯨になるというネタにもなりそう。笑

あとは、「時械神」のお仲間の登場や恐竜さんも強化されます。


■デュエリストパック編
_20170420_214534
「レッドアイズ」の強化は、めちゃくちゃ嬉しいです!
「真紅眼の黒刃竜」の登場によって、「真紅眼融合」で出せる融合モンスターが増えました。

私のレッドアイズデッキには、「ヘルモスの爪」が入っているので、そちらの融合モンスターの選択肢も増えて、これはいいシナジーになるかも。
今から構築が楽しみです。

他には、梶木漁太が使ってた「要塞クジラ」が、進化して「城塞クジラ」になるとは、驚きです。

しかも、「伝説のフィッシャーマン二世」が登場。
三世が出た時は、二世は?と思いましたが、これで、一世から三世まで揃い踏みです。

あと「アマゾネス」も来ます。
(たぶんこちらは作らないと思うので省略。)


■ストラクチャーデッキ編
リンクモンスターの「トライゲート・ウィザード」と「バイナル・ソーサレス」のイラストは、EM感がありますね。

でもこの人達の持っているリンクマーカーの方向では、メインモンスターゾーンに置くしかなさそうなので、
きっとエクストラモンスターゾーン用のリンクモンスターも登場するでしょう。

デコード・トーカーかな?それとも新規カード?
あと1枠のエクストラデッキのカードは何でしょうか。

新規の「ドットスケーパー」は、どちらの効果もデュエル中1度しか使えませんが、良カードになりそうな予感。


ざっくりでしたが、個人的な感想はこんな感じです。
では、このあたりで終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】マンガ版遊戯王アークファイブ第3巻!


本日は、4月に発売される遊戯王商品の1発目ですね。
そうです。マンガ版遊戯王アークファイブの第3巻の発売日です。

付録カードは「DDD運命王ゼロ・ラプラス」です!
_20170404_164936
イラストが、とてもきれいに感じます。
(10期フォーマット効果?)

10期仕様のペンデュラムモンスターは、
どうやら青と赤のペンデュラムスケール(数字じゃないところ)の部分も光るのですね。

細かい部分もいろいろと光らせてきます。


さて、「DDD運命王ゼロ・ラプラス」の効果ですが、
〈モンスター効果〉
1:このカードは自分フィールドの「DDD」モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。

2:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。このカードの攻撃力はダメージステップ終了時まで、その相手モンスターの元々の攻撃力の倍になる。

3:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

4:このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。その際、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

〈ペンデュラム効果〉
このカード名のペンデュラム効果は1ターンに1度しか使用できない。

自分メインフェイズに発動できる。自分のEXデッキから「DDD運命王ゼロ・ラプラス」以外の表側表示の「DDD」ペンデュラムモンスター1体を選んで手札に加える。

となってます。

モンスター効果は、ほぼ戦闘に関することで、
『このカードの攻撃力は、...相手モンスターの元々の攻撃力の倍になる』の効果を使って、
ラプラス無双したいですね。

ただ、元々の攻撃力が0のモンスターで、そこから攻撃力がアップしているようなモンスターには、注意が必要そうです。

ペンデュラム効果の方ですが、これからは、こういうカード効果が、ペンデュラムモンスターを救うことになるかもしれないですね。

新マスタールールによって、「エクストラデッキからのペンデュラム召喚」は厳しくなりました。
しかし、手札からのペンデュラム召喚は変わりないので、そちらをメインにするとまだ戦えそう(?)ということを読者からのコメントで教えていただきました。
(教えていただき、ありがとうございます。)

_20170404_164832
ということで、本日、マンガ版遊戯王アークファイブ第3巻が発売になりました。

「DD」使いさんや、マンガを集めている人は、ぜひとも本屋さんへお立ち寄りをお忘れなく。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2