Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

雑記

【雑記】2017年2月の人気記事トップ5!


月が変わったということで、先月2月のハイロン研究所のアクセス数をもとに、人気記事トップ5をまとめてみました。
早速、トップ5へいってみたいと思います。


【第5位】
2月4日投稿。
【カード考察】魔法使い族の新たなサポートカード!「魔術師の再演」!!
_20170204_125252

http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69000266.html

魔法使い族にとっては、悪くない強化カードがきたので、考察してみました。

レベル3以下でも、いろんな魔法使い族が蘇生できるのでこれから重宝しそう。

新ルールでは、リンク召喚をするためにレベルを気にせずに、モンスターを並べるだけで、リンクモンスターを特殊召喚できるので、こういう蘇生カードにもこれから注目されるかも(?)


【第4位】
2月26日投稿。
【雑記】新ルールについてお店で教えてもらった7つのこと!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69577042.html

私の行きつけのカードショップさんが、KONAMIさんの商談会に招待され、そこで新ルールについて聞いたようなので、それについていろいろと教えてもらったので、記事にまとめました。

個人的には、盲点や新たな発見がありましたので、とても勉強になりました。

ただ、KONAMIの公式発表がまだの部分があるので、参考までに読んでいただければ、いいかなと思います。


【第3位】
2月5日投稿。
【デッキレシピ】黒魔術師の再演!「ブラック・マジシャン」デッキ!!
_20160610_115649

http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69127865.html

カード考察で取り上げた「魔術師の再演」を「ブラック・マジシャン」に組み込んで構築したデッキになります。

以前の構築に比べると少しシンクロがしやすくなったかなと感じてます。

ただ、連続でエクストラデッキから特殊召喚するタイプのデッキではないので、新ルールでも対応できるのかなと考えています。
(多少の見直しは必要かもしれませんが。)




【第2位】
2月19日投稿。
【雑記】賛否両論!新ルールが載っているVジャンプが届く!!
_20170219_103209

http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69442417.html

第1位の記事に繋がりますが、Vジャンプが届くまでは半信半疑な部分があったので、早く届かないかなと待ってました。

こんなに付録よりも、中身(新ルール)について気にしたことは無かったです。

記事の内容は、新ルールについて個人的に整理したかった部分もあり、情報をまとめています。


【第1位】
2月18日投稿。
【雑記】新ルールとリンク召喚を受けての管理人の個人的な感想!
_20170219_152414

http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69414611.html

2月は何と言ってもこの話題になるでしょう!

「遊戯王界の本能寺の変」とも言うべき新ルールが判明した時の私の気持ちをありのまま書きました。
衝撃は大きかったですが、今はその衝撃を消化しつつあり、前向きにとらえることができてます。

新ルールの全貌を早く知りたいです。

以上が、2017年2月のハイロン研究所の人気記事トップ5でした。
2月は、激動でした。

今月は、果たしてどのようなトップ5になるのでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【雑記】新ルールについてお店で教えてもらった7つのこと!


今回は、昨日の記事の最後の方で触れたことについて取り上げたいと思います。

まず、お店の人が参加したKONAMIさんの商談会の内容についてですが、新ルール(特にリンクモンスター)についての内容だったみたいです。

今回の新ルールによって、ペンデュラムデッキやジャンドのようなシンクロデッキには、確かにきついですが(泣)

リンクモンスターというシステムを使えば、私たちが思っているよりは低速環境にはならないみたいです。
(ただし、エクストラデッキを圧迫することになりますが。)

ここから先は、お店の人にいろいろとリンクモンスターについて教えていただいた内容から、新たな発見や見方について、自分なりにまとめてみましたので、何か参考になることがあれば幸いです。


《リンクモンスター編》
■リンクマーカーについて
基本的には、リンク3以上のリンクモンスターには、相手の方向にもリンクマーカーがつく。

リンク3からは相手の方向に1つ
(ただ、「電影の騎士ガイアセイバー」は、バニラだから例外?)
リンク4なら相手の方向に2つ
みたいな感じになるらしい。

なので、先行で大量展開で場を固めても、相手の方向にリンクマーカーが向いていたら、後攻の人にもエクストラデッキから展開できるチャンスがある。
(リンク3以上のリンクモンスターをフィールドに残す時は特に注意!)


■リンク素材について
お店の人の説明を聞いて、個人的に改めて気づかされたことですが、
リンクモンスターを素材にして、リンク召喚をする場合、
リンクモンスターは、『書かれているリンク数』としても扱えるし、
『モンスターにも属している』ので、ただのモンスターとしてのリンク数である1としても扱えるようです。
※簡単に言うと、リンクモンスターだけど、モンスターにも分類されるからです。

(例)デコード・トーカー
_20170219_152414
「デコード・トーカー」の場合で言うと、
リンク3のモンスターとしても扱えるし、
ただのモンスターのリンク数であるリンク1としても扱えるということです。
(※ただし、リンク2としては扱えません。)

これを応用して、リンクモンスターを素材に使って、リンクモンスターを召喚するなら、以下のようなパターンが作れます。
(相手のリンクモンスターのコントロールを奪った時の処理として活用していただければいいかと思います。)

「デコード・トーカー」1体とモンスター1体でリンク召喚する場合
・デコード・トーカーをリンク3として扱う時
→リンク4のリンクモンスターが出せる。
(まだ、いませんが。)

・デコード・トーカーをただのモンスター(リンク1)として扱う時
→リンク2のリンクモンスターが出せる。
の2つのパターンができます。

「デコード・トーカー」2体でリンク召喚する場合
・どちらもリンク3として扱う時
→リンク6のリンクモンスターが出せる

・片方をリンク3のモンスター、片方をただのモンスター(リンク1)として扱う時
→リンク4のリンクモンスターが出せる

・両方とも、ただのモンスター(リンク1)として扱う場合
→リンク2のモンスターが出せる

の3つのパターンができます。

なお、今後リンク4以上のリンクモンスターが出る可能性があるそうです。


■リンクモンスターがレベルやランクを持っていない理由
レベルを記載してしまうと簡単にレベルの高いシンクロ等に利用されてしまうから。

また、ランクだと重ねる系のエクシーズモンスターに利用されてしまうから。


■リンクモンスターが守備力を持っていない理由
守備力を持っていないことについては、謎のようです。
聞いても教えてくれなかったみたいです。

何か意味があるのか?それとも、新種のカードとしての特徴なのか?は、現時点では不明だそうです。

→公式発表ではないですが、いただいたコメントで、判明しました。
守備表示になるとリンクマーカーやリンク先がめちゃくちゃになるからです。

なるほど!

コメントでご指摘いただいたお二人方に感謝します!
ありがとうございます。


《エクストラモンスターゾーンのモンスター編》
_20170224_121855
■コントロール奪取について
相手のエクストラモンスターゾーンのモンスターを精神操作などのカードでコントロールを奪ったときは、自分のメインモンスターゾーンに置く。

相手にコントロールを返すときは、エクストラモンスターゾーンではなく、相手のメインモンスターゾーンへ返す。
→つまり、相手のエクストラモンスターゾーンが空いた状態になる。


■さらなるエクストラデッキからの特殊召喚
リンクモンスターがいない場合でも、エクストラモンスターゾーンのモンスターを素材に、リンクモンスターやシンクロ、エクシーズ、融合召喚ができる。

→エクシーズモンスターを重ねる系(「十二獣」やホープ系、RUM系で出すエクシーズモンスター)やクリスタルウィング系のシンクロモンスターは、今までどおり問題なく出せる。


■その他(小ネタ系)
・新ルールについては、9ヶ月前ぐらいから作り始めていたらしいです。

・トークン系のカード調整中

・バハムート・シャーク系のような、エクストラデッキから特殊召喚したモンスターの扱いについても調整中


あとは、エクストラデッキからの大量展開には、蘇生カード系が重要になりそうとのことです。

例えば、
●エクストラモンスターゾーンにリンクモンスターをリンク召喚。(A)
●リンク召喚した(A)を素材に使って、エクストラモンスターゾーンに新たなリンク召喚(B)をする。
●その後に蘇生カードを使って、墓地の(A)のリンクモンスターをメインモンスターゾーンに蘇生する。

※その後は、メインモンスターゾーンでエクストラデッキのモンスターを展開という、いつもの遊戯王が始まります。

つまり、リンクマーカーを左右に持つリンクモンスターをいかにリンク召喚して、墓地へ送って、蘇生させるかが、今後リンクモンスターを使う上での戦術の鍵となりそうです。

また、1枚で2体以上のモンスターを展開できるカードも、今後は重要になりそうです。
(例)
レスキューラビット
レスキューキャット
ソウル・チャージ
真炎の爆発など...。


以上がお店の人から聞いた内容になります。
何か参考になることがあればいいのですが...。

話を聞いて、ますます新ルールが面白くなってきたので、スターターデッキを3つ予約して帰ってきました。
KONAMIさんの遊戯王での新たな挑戦に期待したいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】本日、「ザ・ヴァリュアブル・ブック19」の発売日!


今日は、1年に1度のペース(今回は例外)で、発刊される「ザ・ヴァリュアブルブック19」の発売日です。
_20170224_120413
待ってました!
一時期は、もう発売されないの?と思ってましたが、発売されて良かったです。


遊戯王を最近始めて、「ザ・ヴァリュアブル・ブック?、何それ?」という方のためにざっくりと言うと、

「ザ・ヴァリュアブル・ブック」は、カードの写真集もしくは、カタログみたいな感じでイメージしていただければいいかと思います。

前回の「ザ・ヴァリュアブル・ブック」の発売後から出たパックやストラクチャーデッキ、限定カードなどの新規のカードをカード開発(?)の写真とともに、ちょっとしたコメントが付いていて、紹介されている本です。


私は、デッキ構築の時などでカードを探すために使っていたりします。

たとえば、

最近出たカードで、恐竜族に関するカードがなかったかな?とか、

このモンスターのこの効果を活かせるモンスターがいないかな?とかで、
探すために「ザ・ヴァリュアブル・ブック」を開いて、使っています。

また、最近出たカードを眺めるという使い方もしてます。
(イラストアドのあるカードが多くなっていましたし。)

そして最後に、
今回の「ザ・ヴァリュアブル・ブック19」の付録カードは、この2枚!

「FNo.0 未来皇ホープ―フューチャー・スラッシュ」
_20170224_121855
「RR-レヴォリューション・ファルコン―エアレイド」
_20170224_121946
イラストがアニメの世界感があって、今までのカードイラストとはちょっと違った工夫がされているのかなと思っていたりします。

この2枚の効果については、これから勉強したいと思います。

急いで書いたので、誤字脱字があったらごめんなさい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】賛否両論!新ルールが載っているVジャンプが届く!!


ついに定期講読のVジャンプが届きました。
_20170219_103209
付録は、「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」!
_20170219_164511
ただ、今月号ほど、付録より中身が気になったVジャンプはないです。(それが本来あるべき姿でしょうが。)

そうです。いろいろと賛否両論があるマスタールール4です!

Vジャンプを見てみましたが、フラゲ情報以上のことが何か書いてあるかなと探しましたが、同じでした。

なので、ルールをある程度分かった方にとっては、物足りない内容となると思いますので、読み進めることをあまりオススメしません。

ですが、個人的に情報を整理したいのもあるので、一応ルールについて載せておきます。
(この2日間、頭が混乱している状態だったので。)

あと、気づいたことも少しだけ加えている箇所もあります。


【新フィールドの新設・名称変更等】
_20170219_165123
■エクストラモンスターゾーンが2つ新設
※ただし、各プレイヤーはどちらか1つしか使用できない。

■モンスターゾーンがメインモンスターゾーンへ名称変更。

■リンクモンスターが追加

■ペンデュラムゾーンが廃止され、魔法&罠ゾーンの左右に移動


【リンクモンスター】
_20170219_152414
■守備力がない
→表示形式の変更や効果で守備表示にならない。
そういう効果の対象にならない。

■レベルやランクもない
→レベル・ランク参照系のカード効果が効きません。

■リンクモンスターを出すには、書かれているリンクの数になるように、テキストに書かれている素材を墓地へ送る
↑この書き方のほうが少し理解しやすいかな(?)

(例)デコード・トーカーの場合
リンク数は3、テキストに書かれている素材は、効果モンスター2体以上

※なお、リンクを持たないモンスターは、リンク1として扱うようです。

なので、効果モンスター3体か
リンク2の効果モンスター1体+効果モンスター1体で出せる。


■リンクマーカーがある
リンクマーカーという赤い矢印があり、その先のモンスターに力を与えたりするなど影響を与える効果をリンクモンスターが持っていることもあるようです。

■リンク先には、エクストラデッキのモンスターだけでなく、普通のモンスターも出せる。



【エクストラデッキ関連】
■エクストラデッキからモンスターを出す場合は、新たに追加されたエクストラモンスターゾーンに出す。
※ただ、リンクモンスターを採用しない場合でも、最低1体は出すことができるとも捉えることができる。

■エクストラからさらなる展開をする場合は、リンクモンスターが必要になる。
→リンクモンスターを使わない限り、エクストラデッキから出せるモンスターは、基本的には1体ということになる。

■墓地へ送られたエクストラデッキのモンスターを蘇生する場合は、メインモンスターゾーンに置かれる。
(召喚条件を無視して、特殊召喚したモンスターもかな?)


【考えられる影響】
今回のルール改訂により、考えられるまたは、言われている影響をまとめてみました。
(抜けているものもあるかもしれませんが、ご了承下さい。)
■これまでのエクストラデッキ中心から、手札・デッキ・墓地中心に変わる(?)

■陣取り(モンスターの配置)が重要になる。

■エクストラモンスターゾーンの新設によって、モンスターは、最大6体が並ぶ。
→モンスターの数を参照するカードが少し強化されたり、攻撃回数が増える。

■エクストラデッキからの大量展開が難しくなる。
リンクモンスターを使わないと、エクストラデッキからの連続召喚で、自分フィールドに並べることができなくなる。
→デルタアクセルシンクロやアクセルシンクロが今までよりもやりにくくなる。

また、エクストラデッキからのペンデュラムモンスターのペンデュラム召喚も、大量展開とはいかなくなりそうです。


【リンク召喚についての感想】
リンク召喚は、シンクロ召喚とエクシーズ召喚を足して、2で割った召喚方法と言えるかもしれません。

リンクの数の素材を墓地へ送る部分は、シンクロ的な要素で、素材指定は、エクシーズ的な要素と言えるでしょう。

また、特徴として、素材とするモンスターにレベルの制限がないので、デッキに採用するモンスターのレベルを統一していなくても良さそうですね。

これにより、エクストラをリンクモンスターで固めた場合、デッキ構築の自由度が上がるかも。


【あとがき】
まだ、出たばかりのルールなので、?な部分がたくさんあります。

エクストラモンスターゾーンのモンスターを素材に新たな融合・シンクロ・エクシーズ召喚ができるのか?とか、
(個人的には、できそうな感じもするが。)

(例)
・エクシーズモンスターに重ねる系
・クリスタルウィングのようなモンスターやダブルチューニング系のシンクロモンスターを出したい場合

リンク召喚にトークンが使えるかどうかとか、
(シンクロ召喚のような感じもするので、もしかしたら使える?)

リンクモンスターのコントロールを奪ったら、どこにおくの?
とか、細かい部分が気になるところです。

もう少し情報がほしいです。
細かい部分は、スターターデッキが発売するのを待つしかないようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【雑記】新ルールとリンク召喚を受けての管理人の個人的な感想!


―2月17日(金)の夜。遊戯王界に衝撃が走る―

10期からの新ルールが判明!

はじめは、リンク召喚のルール自体が全く理解できませんでした。

しかし、時間が経つにつれて、新ルールではこれができない、これはできるということがわかってきました。

ただ、これまでのマスタールールのように新たに新しいものが追加されただけでなく、これまで通用していたルールが大幅に変更され、エクストラデッキから出てくるモンスターのありかたがこれまでと違うことを知って、

正直言って、
一瞬『引退』という2文字が頭をよぎりました。

でも私は、やっぱり『続ける道』を選ぼうと思います。

理由は、遊戯王が好きだから。
今回のルール改訂は、遊戯王愛が試されていると個人的には思うのです。

ルールに屈して負けるのか、遊戯王に対する愛が勝つのかで、各々が出す答えが変わってくると思います。

私の場合は、遊戯王に対する愛が大きかったから、続けることにしました。

ただ、エクシーズやペンデュラムの時のように、最初は、リンク召喚を使わないと思いますが(笑)


そして、ハイロン研究所の今後の方針としては、こんな感じでやっていきたいと思っています↓
どんなルールになっても、私のやることは変わらない。
面白そうなデッキを作って紹介するだけだ。
(ツイッター上での「ハイロン」の迷言を引用)

これは、ブログをはじめてからこれまでも変わらなかったことですし、今さら変える必要もないので、これからもこの方針でやっていきたいと思います。

しばらくは、通常通りに更新しながら、新ルールについてもう少し勉強したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
PIC000023
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2