ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

デッキ作り講座

【デッキ作り講座】リンク素材候補モンスター!


このコーナーの存在を忘れてましたw

さて今回のデッキ作り講座では、
前回紹介したリンクデッキの採用候補に上がったモンスターなどを中心に、汎用系(?)をまとめてみました。

リンクデッキを考えていて、カード選びに悩んでいる方の手助けに少しでもなれば幸いです。


【召喚時に墓地からモンスターを特殊召喚できる系】
_20170319_214825
●サイバース・ガジェット
→レベル2以下
●ジャンク・シンクロン
→レベル2以下
●デブリ・ドラゴン
→攻撃力500以下
●クレーンクレーン
→レベル3
●切れぎみ隊長
→レベル4以下
etc.

これらのモンスターを召喚するだけで、LINK2のリンク召喚が可能となります。

ただ、序盤では墓地が肥えていないため、墓地肥やしができるモンスターや魔法・罠カードの採用が必須になります。

「切れぎみ隊長」は、まだ未発売のカードですが、個人的にはデッキに取り入れたいカードとして、注目してます。


【手札から特殊召喚できる系】
_20170329_102322
●Emハットトリッカー
→フィールドのモンスター2体以上存在する場合
●ドッペル・ウォリアー
→自分の墓地から特殊召喚に成功した時
●TGワーウルフ
→レベル4以下の特殊召喚に成功した時
●稲荷火、デーモン・イーター、ジゴバイト
→自分フィールドに魔法使い族がいる時
●ジャンク・フォアード、フォトン・スラッシャー、SRベイゴマックス、リンクスレイヤー
→自分フィールドにモンスターが存在しない場合
etc.

ゴウフウ以外のカードは、単独ではリンク召喚へ繋ぐことができませんが、

上記の「サイバース・ガジェット」系のカードと組み合わせることで、LINK2→LINK3というようにワンランク上のリンク召喚という選択ができたりするので、枠があれば入れてもいいでしょう。

特に「Emハットトリッカー」は、モンスターを2体以上並べることが容易なデッキなら非常に使いやすいカードになると思います。
(前回読者の方からコメントをいただいて、そのことに気づきました。ありがとうございます。)


【墓地から自身を特殊召喚できる系】
_20170329_102651
●グローアップ・バルブ
→デッキトップ1枚を墓地へ送る
●ジェット・シンクロン
→手札を1枚捨てる。
●ゾンビキャリア
→手札1枚をデッキの1番上に置く
etc.


何らかのコストが必要になりますが、好きなタイミングで墓地から特殊召喚が可能に。

しかも、紹介したモンスターはチューナーなので、場面によってリンク召喚・シンクロ召喚と選択ができるのも特徴。

ただ、こちらも召喚系のカードと同様、墓地肥やしがあらかじめ必要。


【トークン生成系】
_20170329_102917
●BF―朧影のゴウフウ
→手札から特殊召喚に成功時、「朧影トークン」(闇1・鳥獣族・攻/守0)を2体特殊召喚
●幻銃士
→召喚・反転召喚に成功時、自分フィールドのモンスターの数まで、「銃士トークン」(闇4・悪魔族・攻/守500)を特殊召喚できる
●クラスター・ペンデュラム
→召喚に成功時、相手フィールドのモンスターの数まで、「ペンデュラム・トークン」(地1・機械族・攻/守0)を特殊召喚できる
●幻獣機テザーウルフ
→召喚に成功時、「幻獣機トークン」(風3・機械族・攻/守0)を1体特殊召喚
●ダンディライオン
→墓地へ送られた場合、「綿毛トークン」(風1・植物族・攻/守0)を2体特殊召喚
●幻獣機オライオン
→墓地へ送られた場合、「幻獣機トークン」(風3・機械族・攻/守0)を1体特殊召喚
etc.


シンクロと同じように、トークンはリンク素材にも使えるので、新マスタールールでは重要戦略に。

トークン生成は、召喚に成功時系と墓地へ送られた系あたりが扱いやすいと思われます。

召喚に成功した時にトークンを生成する系は、序盤・中盤・終盤を問わずどのような場面でも、召喚に成功すればすぐにリンクへ繋ぐことができます。

墓地へ送られた場合にトークンを生成する系は、墓地肥やしカードがあれば、召喚権を使わずにすぐにリンク素材を用意できるという利点があります。


【あとがき】
リンクデッキを構築中に(現在も改良中)、採用候補に上がったモンスターは上記のようなモンスターになります。

この中から何か構築のヒントや発見になるようなものがあるといいのですが...。

なお、現在もいろいろとカードを探し中!
他にもモンスターで何かいたらいいな~。

では、これでリンク素材候補モンスターのデッキ作り講座を終わります。
(特集記事でも良かったかもと思いつつ。)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキ作り講座】「ストラクチャーデッキR」を中心にして「アンティーク・ギア」デッキを作る(魔法&罠カード編)!


【デッキ作り講座】は、私ハイロンのデッキ作りの過程をお見せすることでデッキ作りの参考になればいいなと思っているコーナーです。

前回の【デッキ作り講座】では、「ストラクチャーデッキR―機械竜叛乱―」で作る「アンティーク・ギア」デッキ(モンスター編)でした。

その続編として、「アンティーク・ギア」デッキの魔法&罠カード編を書きたいと思います。

【魔法・罠カード選び】
デッキコンセプトは、「歯車街」を中心にした「アンティーク・ギア」デッキなので、その点を活かせるようなサポートカードを選んでいきます。

〈ストラクチャーデッキRの収録カードから〉
■歯車街
_20160927_110403

この「アンティーク・ギア」デッキの展開を握るキーカード。

このカードを破壊して、上級の「アンティーク・ギア」モンスターを出して、戦うというスタイルなので、3枚確定。

■テラ・フォーミング
上記のフィールド魔法「歯車街」をサーチできるカード。
こちらも3枚積みで。

■古代の機械射出機
_20160927_110310

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に1番目の効果を発動できます。

自分フィールドの表側のカード1枚を破壊すると、デッキから「アンティーク・ギア」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できるというもの。

第2の「歯車街」とも言うべきカードであり、このカードで「歯車街」を破壊すると「アンティーク・ギア」モンスターを並べ、「歯車街」の効果でも並べることができるので、最上級モンスターを2体並べたり、下級モンスターを2体並べてアドバンス召喚を狙ったりできるので、3枚入れておきます。

2番目の効果もあるので、お忘れずに。

■古代の機械要塞
デッキから特殊召喚できないので、「歯車街」よりは劣りますが、手札・墓地から特殊召喚できる&「アンティーク・ギア」サポートがあるので、2枚にしておきます。

■リミッター解除
機械族と言えば、このカードの存在がちらつきます。
「アンティーク・ギア」も機械族なので、活かせそうです。

■リビングデッドの呼び声
単純に墓地から蘇生できるので、モンスターがやられた時のことなどを考えて、3枚入れておきます。


〈その他の収録カードから〉
■ブラック・ホール
「古代の機械射出機」の発動条件が自分フィールドにモンスターがいない場合なので、相手モンスターも除去しつつ、発動条件を満たせるので、1枚採用してみようと思います。

■サイクロン、タイフーン
これらのカードは、相手の魔法・罠カードを破壊する役割ももちろんありますが、「魔導戦士ブレイカー」と同じように「歯車街」を破壊することもできるので、入れています。

「タイフーン」は、相手ターンに「歯車街」を破壊することで、相手ターン中に「アンティーク・ギア」モンスターを展開できるので、狙ってみるといいでしょう。

■貪欲な瓶
このカードで、「歯車街」を筆頭とするカードを5枚デッキに戻せるので、様子見で1枚積んでいます。


【デッキレシピ完成】
_20160924_231611

前回のモンスター編と今回の魔法・罠カード編を合わせてできたデッキレシピがこれ↓

※エクストラデッキは、今回は用意していません。

〈モンスター18枚〉
古代の機械熱核竜×3
古代の機械飛竜×3
魔導戦士ブレイカー×3
マインフィールド×1
惑星探査車×3
召喚僧サモンプリースト×1
古代の歯車機械×2
ギアギアングラー×2

〈マジック16枚〉
歯車街×3
テラ・フォーミング×3
ブラック・ホール×1
古代の機械射出機×3
古代の機械要塞×2
サイクロン×3
リミッター解除×1

〈トラップ6枚〉
貪欲な瓶×1
タイフーン×2
リビングデッドの呼び声×3

とりあえず仮組みでもいいので、デッキレシピを完成させます。


【デッキの強みと弱みを把握】
デッキレシピが完成したら、実際に動かしてみます。
動かしてみて、作ったデッキの強みとか弱み、疑問点などを把握して、デッキを改良していきます。
(いわゆるトライアンドエラーという作業です。)

友達と対戦できるようでしたら、その中で強みと弱みを把握していけばいいと思います。
(ヒントをもらえたりするかも。)

しかし、対戦相手がいないとか、すぐに強みと弱みを把握して改良したい場合は、
1人でデッキを回して、強みや弱みを把握する方法もあります。

1人回しの具体的な方法としては、
デッキをシャッフルした後、5枚ドローして、その手札で1ターン(もしくは2ターンが目安)の間に何ができるのか、何が足りないのかを確認します。
これを何度も繰り返すといいでしょう。

私の場合、1人回し(後者)→改良→1人回しを繰り返して、ブログに載せる→友達と対戦(前者)のパターンが多いです。
※デッキ作りの参考になればという思いで、ブログに載せることが多いので、どうしても本格的な実戦が後回しになってしまいます。(ごめんなさい。)


【デッキの改良→デッキの完成】
強みと弱みを把握したら、強みを強化したり、弱みを改善できるカードを探して、作ったデッキに改良を加えていきます。

私が作ったデッキレシピで言えば、

●魔法・罠カードを破壊するカードが多すぎ?
〈改善点〉
「タイフーン」をモンスター除去系やカウンター系の罠カードに変えてみる。

●「古代の機械射出機」を発動できるタイミングが少ない
〈改善点〉
「ブラック・ホール」に似たようなカード、例えば「激流葬」を入れてみる?

●フィールド魔法のサーチが多すぎる?
〈改善点〉
フィールド魔法のサーチカードを減らすor「歯車街」の他にフィールド魔法を入れてみる。

●「マインフィールド」いる?
〈改善点〉
いろんなカードをデッキに戻せる「貪欲な瓶」をもう1枚加えてみる?
●「古代の機械飛竜」でサーチしたい「アンティーク・ギア」モンスターがいない
〈改善点〉
「アンティーク・ギア」モンスターの種類を増やす。

などいろいろと考えられると思います。
デッキを改善→1人回しor実戦→デッキを改善というサイクルを繰り返して、デッキを完成させていきます。

こんな感じで、ハイロンはデッキを作っています。


【最後に】
もう少しカードの選び方とかに重点を置いて、書ければ良かったかなと思いましたが、結果的にはデッキ作りの基礎になってしまいました。

今後は、今まで紹介したデッキレシピとかサンプルを使って、説明できたらいいかもしれません。
この【デッキ作り講座】も、トライアンドエラー(試行錯誤)が必要ですね。

私もまだまだです。
(ここで、学校のチャイムが鳴る)

では、以上で【デッキ作り講座】の初回を終わります。
最後まで、ありがとうございました。


【デッキ作り講座】「ストラクチャーデッキR」を中心にして「アンティーク・ギア」デッキを作る(モンスター編)!


需要があるかどうかはわかりませんが、初心者向けコーナーとして、デッキ作りに焦点を当てたコーナーを新たに作ろうと思います。

その名も【デッキ作り講座】!
(タイトルは、そのままですね!(笑))

【デッキ作り講座】では、私ハイロンがどのようにデッキを考えて、デッキを作っているのかをお見せできればいいなと思っています。

今回は、「ストラクチャーデッキR―機械竜叛乱―」の「アンティーク・ギア」デッキを題材にしたいと思います。

なお、ちょっと長くなりそうなので、モンスター編と魔法&罠カード編の2部構成にして、紹介させてもらいます。


【デッキを作るにあたって】
■どんなデッキにするか(デッキコンセプト)を決める
このカードが好きだからデッキの中心にしたいとか、このカテゴリーを使って戦いたいとかで決めてもらって構いません。

最近は、このカテゴリーを使いたいという理由で作ることが多いので、ここでは、「アンティーク・ギア」を使いたいという理由で選びます。

カテゴリーで選んだ場合は、
まず、そのカテゴリーの特徴や独特の動き、共通項を押さえた上で、作るといいでしょう。

●「アンティーク・ギア」の場合
・攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで、何かしらのカードを発動できないのが特徴です。
つまり、バトルフェイズでは安全に攻撃できる可能性が高いかも?ということになります。

・共通項としては、地属性・機械族で統一されているので、その共通項を活かせそうですね。

・「アンティーク・ギア」の強みとして、「歯車街」というカードがあります。
特に2番目の効果が強力で、このカードが破壊され墓地へ送られた時に、手札・デッキ・墓地から「アンティーク・ギア」モンスター1体を特殊召喚できます。

これらをテキストから読み取ったり、遊戯王カードWiki等で調べて、デッキ作りに活かします。

今回は、「アンティーク・ギア」の強みでもある、「歯車街」を中心にしたデッキを作りたいと思います。


【モンスター選び】
まずは、デッキのモンスター選びからしてみたいと思います。
「ストラクチャーデッキ」を中心に選んでみます。

〈ストラクチャーデッキRの収録カードから〉
_20160924_231611

■古代の機械熱核竜
「歯車街」の効果があるので、攻撃力の高い「アンティーク・ギア」モンスターが欲しいので、「古代の機械熱核竜」を3枚採用することにします。

■古代の機械飛竜
モンスターだけでなく、魔法カードの「アンティーク・ギア」カードをサーチできる「古代の機械飛竜」も3枚採用確定でしょう。

特にサーチ系のカードは、デッキの安定性に関係してくるので、多少のデメリットがあっても気にならないのなら、入れておいていいでしょう。

■フィールド魔法関連
フィールド魔法がキーカードなので、フィールド魔法をサーチできる「惑星探査車」を3枚、サルベージ用として「マインフィールド」1枚を入れておきたいと思います。

フィールド魔法が手札に来なければ始まらないと考えたので、デッキからサーチできる方は現時点では3枚にしました。

サルベージの方は、墓地にフィールド魔法が無ければ、死に札になってしまうので、1枚にしています。

■古代の歯車機械
チャンスは少ないかもしれませんが、「古代の機械熱核竜」をアドバンス召喚することも考えて、「古代の歯車機械」を2枚入れておきます。

アドバンス召喚以外にも、一時的に壁になりそうな守備力と、1番目の効果を使って、バトルフェイズを安全にする使い方もあります。

■ギアギアングラー
ここまでに上げた下級モンスターは、全て機械族・地属性・レベル4なので、このモンスターでこれらをサーチできます。

ただ、「ギアギアングラー」は、効果を使ってしまうと攻撃宣言できない&機械族しか特殊召喚できなくなるデメリットがありますが、メインフェイズ2で召喚するとこのデメリットをほぼ無視できます。

ですがステータスが低いので、2枚ぐらいがちょうどいいかなと思っています。


〈その他の収録モンスターから〉
_20160924_231718

ストラクチャーデッキのカードだけでは、物足りないので、他から招集です。
■魔導戦士ブレイカー
「歯車街」をサーチできたとしても、すぐに「歯車街」の2番目の効果を使うことができません。

なぜなら「歯車街」が破壊され墓地へ送られる必要があるからです。
そのため魔法・罠カードを破壊できるカードが必要になります。

その役割ができるモンスターとして、「魔導戦士ブレイカー」に白羽の矢が立ちました。

「歯車街」がなくても、魔力カウンターが乗っていれば、攻撃力1900のモンスターになるし、相手フィールドの魔法・罠カードも破壊できるので、いいかなと思い、3枚採用してみたいと思います。

■召喚僧サモンプリースト
手札の魔法カード1枚を捨てると、デッキからレベル4モンスターを特殊召喚できます。

この効果を使って、
・「アンティーク・ギア」カードが欲しい場合
→「古代の機械飛竜」
・フィールド魔法が欲しい場合
→「惑星探査車」

を特殊召喚すればそれぞれのサーチに繋げることができますので、1枚採用したいと思います。(制限のため)


【まとめ】
これまで上げたモンスターカードをまとめるとこんな感じのレシピになりました。

〈モンスター18枚〉
古代の機械熱核竜×3
古代の機械飛竜×3
魔導戦士ブレイカー×3
マインフィールド×1
惑星探査車×3
召喚僧サモンプリースト×1
古代の歯車機械×2
ギアギアングラー×2

さて、これにどんな魔法&罠カードが加わってどういうデッキになるのでしょうか?

「アンティーク・ギア」デッキを作る(モンスター編)は以上です。

文章にすると説明が難しいものですね。
多少わかりにくい部分もあるかと思いますが、初回なので、許していただけたらなと思っています。
(徐々に改善していきたいです。)

次回は、「アンティーク・ギア」デッキ作りの魔法&罠カードについて、書こうと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2