Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

その他

【発売情報】明けましておめでとうございます!&2017年1月の発売スケジュール!


ついに2017年に入りました。
皆様、新年、明けましておめでとうございます。
今年も1年、ハイロン研究所をよろしくお願いします。
PIC000023

さて、2017年1発目の記事を本当は新年らしい記事にしたかったのですが、私の頭の中が年末年始モードに入ってしまい、何も思い浮かばなかったので、いつも通りその月の発売情報を確認することから出発したいと思います。

ただ、皆さんお正月モードに入っていると思いますので、いつもより簡潔に紹介してお送りします。


【1月1日】
■新制限適用
エラッタされて緩和された、「ゴヨウ・ガーディアン」、「氷結界の龍 ブリューナク」、「レスキューキャット」、「洗脳-ブレイン・コントロール」、「未来融合-フューチャー・フュージョン」、「王宮の勅命」のカードがどう環境に影響してくるのか、楽しみです。


■アドバンスド・トーナメントパック2017 Vol.1
トーナメントパックも一新されます。
内容的には「マキシマム・クライシス」に収録されるカードの「真竜」を中心とした再録ですが、
「ダウナード・マジシャン」、「光霊使いライナ」、「ハウスダストン」は謎です。

<ノーパラ>
神炎皇ウリア
D.D.クロウ
ダウナード・マジシャン

〈ノーマル〉
光霊使いライナ
ハウスダストン
ボスラッシュ
摩天楼-スカイスクレイパー -
マジック・プランター
竜巻海流壁


【1月14日】
■マキシマム・クライシス
アークファイブシリーズでは、これが最後の通常パックになりそうです。
長かった9期もようやく終わるのかな?

個人的には「LL」や通常モンスターの「幻煌龍スパイラル」の新規組の他に、「影霊衣」や「捕食植物」、「幻影騎士団」の既存組も気になるところです。

「真竜」は、レアリティの分布しだいと言ったところです。


■カードプロテクター ユート&瑠璃
2016年9月に公式でプロテクターのデザイン投票をしていましたが、ついにそのプロテクターが発売されます。
瑠璃ファンは絶対に予約しておきましょう。


【1月21日】
■Vジャンプ3月特大号
_20170101_093850

クロノス教諭が大喜びするであろう「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」が付録としてついてきます。
効果は不明ですが、みんなで語尾に「ノーネ」をつけて、遊んでみましょう!という効果が10番目の効果にあるかもしれません(大嘘)


以上で2017年1月の発売スケジュールの紹介を終わりたいと思います。
今年も1年よろしくお願いします!
お正月モードの中、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【新制限】2017年1月からの新制限について


ついに2017年1月から適用される新制限が判明しました。
中身を見てみると、サプライズだらけになりました。

その中身は、こんな感じです。
2017年1月適用新制限
※移動のあったカードのみ記載
【禁止】
マジェスペクター・ユニコーン

【制限】
SRベイゴマックス
レスキューキャット※エラッタ
ゴヨウ・ガーディアン※エラッタ
氷結界の虎王ドゥローレン
氷結界の龍ブリューナク※エラッタ
炎舞―「天キ」
洗脳―ブレイン・コントロール※エラッタ
ユニオン格納庫
餅カエル
未来融合―フューチャー・フュージョン※エラッタ
王宮の勅命※エラッタ

【準制限】
聖なる魔術師
ダンディライオン

【制限解除】
甲虫装機―ダンセル
光天使―スローネ
マスマティシャン
馬頭鬼
神の写し身との接触


PIC000023

【新制限について】
【全体】
今回も前回に続き、緩和組が多く、エラッタ緩和が目立つ新制限になりました。
シンクロ優遇の緩和が目立つのが気になるところです。

【規制組】
まさかの「マジェスペクター・ユニコーン」が禁止に。
これは、さすがに予想していませんでした。
これからペンデュラムにスポットが当たるからでしょうか?

個別のデッキでは、「十二獣」、「ABC」デッキは、少し改良の必要が出てきました。

「十二獣」デッキは、周りのカードから規制するという形になりました。
「SR」の部分が抜け落ちた部分を何が埋めるのか気になるところです。
「召喚獣」が第1候補?

ただ、「天キ」が規制された影響として「月光」や「武神」、「炎星」デッキなどの獣戦士デッキが巻き添えをくらうことに。
これらのデッキは今頃、「十二獣」を恨んでそう。

「餅カエル」の制限により、「バージェストマ」や
「バハムート・シャーク」を出せるデッキのエクストラデッキの見直しが必要になります。


【緩和組】
禁止カードから6枚のカードがエラッタで帰ってきました。

「レスキューキャット」は、1ターンに1度、特殊召喚したモンスターの効果は無効になります。

「氷結界の龍ブリューナク」は、1ターンに1度で、相手のカードのみを対象にする効果になります。

「ゴヨウ・ガーディアン」は、シンクロ素材の部分がエラッタされます。
チューナーに素材指定は無かったのですが、『地属性チューナー』になります。

「洗脳―ブレイン・コントロール」は、奪える対象が通常召喚された相手の表側のモンスターのみになります。

融合・シンクロ・エクシーズモンスターや、ペンデュラム召喚されたモンスター、条件を満たした時に特殊召喚できるモンスターなどは奪えません。

「未来融合―フューチャー・フュージョン」は、墓地へ送る効果が、発動後の1回目の自分のスタンバイフェイズ時になります。

「王宮の勅命」は、お互いのスタンバイフェイズに700払うことになり、払えない場合、破壊される効果に変更になります。

~エラッタされたカードについて~
「王宮の勅命」は、維持コストの面でのエラッタなので、そのまま使えそうなカードになりそうです。
このカードが流行ると魔法カードが使いにくくなるので、罠環境になるのかな?
ヤバそう&また禁止に逆戻りしそうな予感がします。

「洗脳―ブレイン・コントロール」や「氷結界の龍ブリューナク」も効果が使える形で残っているので、しばらくは制限かな?

「ゴヨウ・ガーディアン」は、シンクロ素材の指定で、このまま緩和コースになりそうな予感。

エラッタ以外の緩和については、前回の流れからの緩和が多いですね。
ただ、「馬頭鬼」の緩和は少しヤバいような気もしますがw


【あとがき】
みんなの予想を崩してくるKONAMIさん、さすがです笑
参りました!

私が予想したものと見比べてみると、7枚だけ当たってました。
【制限予想】
SRベイゴマックス ○
ユニオン格納庫 ○
強欲で貪欲な壺
未来融合―フューチャー・フュージョン(※エラッタが前提) ○

【準制限予想】
聖なる魔術師 ○
A・ジェネクス・バードマン
竜の渓谷
緊急テレポート
神の通告

【制限解除予想】
慧眼の魔術師
カオス・ソルジャー ―開闢の使者―
光天使スローネ ○
マスマティシャン ○
神の写し身との接触 ○
真帝王領域
モンスターゲート

(参考までに予想した記事はこちら↓
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/67811113.html)

予想って難しいですね 笑

判明した今だからこそ言えますが、「未来融合―フューチャー・フュージョン」を当てれたのは、実はいつもカードを買いに行くお店の店長から聞いた情報でしたw

KONAMIの営業の人から聞いたそうです。
情報源は、いろんなところにあるのですね。


全体的には、緩和が多い新制限になりました。
この新制限は、20周年のアニバーサリーパックとの連携を意識したような印象も受けます。

また、シンクロが環境にいないということもあり、シンクロを応援するための意図もありそうです。

今回の新制限は、KONAMIさんのいろいろな思惑が隠されていそうな新制限だと私の目には見えました。

以上で新制限について、終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【お知らせ】今後の方針について!


突然ですが、Hylon Research Station(ハイロン研究所)の今後の方針を発表させていただきたいと思います。

これからHylon Research Station(ハイロン研究所)では、日本語での配信に加え、英文での配信をさせていただくことを今後の方針として、発表させていただきます。

(ご存知かと思っていますが、ブログ名を英語表記にしたり、メッセージボードに日本語と英語の表記を混ぜたりしていたのはこのための準備でした。)


なぜ英文配信?と思った方もいるでしょう。

理由ですが、2つあります。
まず、アクセス解析をした結果、少数ですが海外からのアクセスがあることがわかったこと、

それから、英語を勉強したいと思ったからです。


また、英文配信を考えるきっかけとして、今年ブレイクしたピコ太郎さんの存在もあります。

ジャスティン・ビーバーさんの拡散力もありますが、世界中に知れわたることができたのは、やはり使われていた言語が英語だったからだと考えました。
あれを日本語でやっていたらここまでの結果にはなっていなかったでしょう。


少し話がそれました(笑)

これだけは安心していただきたいのですが、ハイロンは日本人なので、日本語での配信をベースにこれからも更新を続けます。

そんな中で、日本語で配信したものを英語に翻訳する感じになると思います。

英語版のサイトを新たに立ち上げそちらで英語版を配信することになりました。


英文で配信する予定のカテゴリーですが、
【デッキレシピ】
【シングル買い】
【雑記】
【カード考察】
【特集記事】
【その他】
を予定しています。

これからも、日本語(メイン)と英語の二刀流に挑戦するHylon Research Station(ハイロン研究所)をどうかよろしくお願いします。

PIC000023

【予想】2017年1月の新制限を予想してみた!


ついにこの時期がやって来ました。
そうです。もうすぐ新制限の発表の時期になります。

ハイロンが何か勝手なことを言ってるぞ的な感じで受け止めてもらえればと思います。
※あくまで個人的な意見なので、くれぐれも鵜呑みはしないように。

今回の新制限ですが、
大会で使用されるデッキの移り変わりのスピードが速いため、少し予想がしにくい部分もありますが、ハイロンの見解としては、前回と同じく緩和が多い新制限になるのかなと考えています。

PIC000023

以下がハイロンの予想です。
※くれぐれも鵜呑みは禁止です。

【禁止予想】
なし

【制限予想】
SRベイゴマックス
ユニオン格納庫
強欲で貪欲な壺
未来融合―フューチャー・フュージョン(※エラッタが前提)

【準制限予想】
聖なる魔術師
A・ジェネクス・バードマン
竜の渓谷
緊急テレポート
神の通告

【制限解除予想】
慧眼の魔術師
カオス・ソルジャー ―開闢の使者―
光天使スローネ
マスマティシャン
神の写し身との接触
真帝王領域
モンスターゲート




【制限予想について】
「SRベイゴマックス」は、いろんなデッキに出張されていたので、規制は免れないのかなと思います。

「ユニオン格納庫」は、一時期ABC環境だったので、その影響です。
ただ、旬の過ぎた規制という感じはしますが。

「強欲で貪欲な壺」は最近あまり見なくなったので、悩んでいますが、発動するだけでハンドアドバンテージ+1枚の部分を評価して予想候補に入れました。

「未来融合―フューチャー・フュージョン」ですが、噂で聞いたものを入れてみました。

エラッタ緩和されるとか?
墓地送りの効果が、次の自分のターンになるとかならないとかを風の便りで聞きました。
(本当かな?)

ちなみに今月の発売スケジュールで、触れていたカードがこれです。


【準制限予想について】
「聖なる魔術師」は、前回緩和されたけど、あまり使われていないようなので、そのまま緩和コースをたどりそうです。

「A・ジェネクス・バードマン」、「竜の渓谷」は、制限の中でも使用頻度が少ないので、そろそろ緩和してもいいのかなと思い、緩和候補に入れてみました。

「緊急テレポート」は、願望も入っていますが、「Kozmo」デッキをはじめとするサイキック族に対する応援のための緩和にしてほしいという考えからです。

「神の通告」は、様子見として、準制限あたりから入るのではないかと思い、このあたりに入れました。
(過去に「神の警告」が準制限からの規制だったので。)


【制限解除予想】
全て前回の制限で緩和されたカードばかりです。

特に「慧眼の魔術師」は、「魔術師」ペンデュラムモンスターのストラクチャーデッキの発売が控えている&過剰な規制だったので、緩和される可能性が高いのではないかと読んでいます。



~番外編~
【予想に入れなかったカード】
■餅カエル
制限に入れたかったですが、比較的新しいパックなので、新制限の対象になるパックかどうかわからなかったので、今回は入れていません。

(確か通常ブースターは、2パックぐらいは対象外になっていたような気がします。)

■堕天使の追放
準制限あたりかなと予想しましたが、そもそもブースターSPが出たあたりぐらいでしか大会で結果を出せていない&「餅カエル」と同じ理由もあり、入れませんでした。

■ペンデュラム・コール
動くなら準制限かなと。
「慧眼の魔術師」が緩和されれば、可能性は低いですが、ストラクチャーデッキの発売もあるので、その兼ね合いからこのカードも緩和されるのではと少し考えましたが、外しました。

■十二獣
「十二獣 モルモラット」と「十二獣の会局」は、規制をかけてほしいですが、最新の通常ブースターなので、次回以降になるでしょう。

これらのカードに規制をかけたら、「KONAMIさん、スゲ~」とツイッターで100回つぶやきます(大嘘)


【最後に】
以上が、ハイロンの新制限予想です。

何回も言うように、個人的な「予想」なので、くれぐれも鵜呑みにしないように。

今月発売されるVジャンプの情報を待ちましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

V (ブイ) ジャンプ 2017年 02月号 [雑誌]


【発売情報】2016年最後の発売スケジュール確認!


今年もいよいよ残り1か月になりました。
早いですね~。
今年はいろいろとありましたが、
皆さんにとっては、今年はどんな年でしたか?

さて、2016年最後の発売スケジュール確認です。
今月は、特別なパック、Vジャンプ、ストラクチャーデッキの3つになっています。

【12月17日】
_20161201_113321

■20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE
通称:アニバ
(アキバでもなくユニバでもありませんよ(笑))

今回の1st WAVEは、初代遊戯王とGX関連のカードが中心です。
アニメを見ていた方は、とても懐かしく感じるかもしれません。

「ハーピィの羽根帚」や「聖なる魔術師」、「死者蘇生」、「ファントム・オブ・カオス」、「フォッシル・ダイナ パキケファロ」を確保するため、ハイロンは4箱予約してます。

残りの新録&再録が何になるのか楽しみです。


■Vジャンプ2月号特大号
通称:カードにオマケとしてついてくる本

今回の付録は、「破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ」です。
_20161119_220920

一体どんな効果になるのでしょうか?
どうか効果は、壊れすぎず、弱すぎずでお願いします。

そして、発売が近づいてくるにつれて、2017年1月から適用される新制限にも関心が高まってくると思います。

あくまで噂レベルですので、真に受けないようにしていただきたいのですが、
ある禁止カードがエラッタ緩和されるとか、されないとか。
何かしらの動きはありそうです。


なお、17日・18日は「ジャンプフェスタ」が開催され、「プレミアムパック19」が先行販売されます。
ジャンプフェスタに行く人は、未来のパックを先取りできますね。(うらやましいです。)
ペンデュラム・エクシーズ・シンクロ・融合関連のカードがバランスよく入ったパックになりそうですね。


【12月23日】
_20161201_113432

■ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・エボリューション-
通称:ストラク

いつもは土曜日発売ですけど、このストラクは金曜日発売になっているので、ご注意願えればと思います。

まだ全貌はわかっていませんが、今回は「魔術師」ペンデュラムモンスターがメインのようです。
「マスター・オブ・ペンデュラム」では、「EM」や「オッドアイズ」の活躍が目立って、「魔術師」ペンデュラムモンスターが影に隠れてしまった印象でした。

アニメの今後の展開も垣間見えるので、「魔術師」ペンデュラムモンスターがとうとう暴走する予感しかしません。

2017年発売の「マキシマム・クライシス」と連動しているみたいです。
現在のところは「覇王龍ズァーク」しか判明していませんが、他にもあるのかな?

あと、プロテクターも同時に発売となっているので、そちらもお忘れにならないように。


以上が、2016年最後の発売スケジュールです。

風邪に気をつけて、今年最後を締めくくる月にしましょう!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2