ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

デュエルリンクス

【デュエルリンクス】デッキの紹介!「ドラゴン・インパクト!!(仮)」


今回はデュエルリンクスネタで、いきたいと思います。
たまに、デュエルリンクスをしているのですが、なかなかガッツリやる時間がないのが残念なところです。
亀みたいにステージを上がってます。
(現在ステージ27です。早くステージ30に行きたい。)

そんなわけですが、現在、デュエルリンクスで使っているデッキを紹介したいと思います。
_20170121_223926
〈モンスター15枚〉
クリボール×1
龍脈に棲む者×2
神竜―エクセリオン×3
エンシェント・ドラゴン×3
エレメント・ドラゴン×3
グレイ・ウィング×3

〈マジック6枚〉
破邪の大剣―バオウ×1
重力の斧―グラール×2
コストダウン×1
勇気の旗印×2

〈トラップ2枚〉
徴兵令×2

合計23枚

使っているキャラクターは、海馬瀬人社長です。
スキルは、フィールド魔法「山」を発動できる「頂に立つ者」を使っています。

このデッキのテーマは、スピードと強化です。
もう少し具体的に言うと、2回攻撃とパワーアップです。

■2回攻撃
まず、2回攻撃ですが、この2体が該当します。
▼グレイ・ウィング
_20170121_224727
手札1枚を捨てると2回攻撃できます。
「神竜―エクセリオン」を捨てる役割もあります。

▼エレメント・ドラゴン
_20170121_224705
風属性がいると2回攻撃ができる「エレメント・ドラゴン」です。

炎属性がいると攻撃力がアップするのですが、使える炎属性がいないのが、残念です。

あとは、「神竜―エクセリオン」の選択する効果の中にも、2回攻撃できるものがありますね。


■強化
次のパワーアップですが、まず「山」によって、「クリボール」以外のドラゴン族モンスターの攻撃力・守備力が200アップした状態で始まります。

なので、攻撃力が1500~1700で始まります。

それに、装備魔法や「勇気の旗印」で攻撃力を加算していきます。

上記の2回攻撃できるモンスターに装備魔法を装備したら、攻撃力2000の2回攻撃なんかもできたりします。

あとは永続魔法があれば、攻撃力が上がる「龍脈に棲む者」や、ダイレクトアタックで戦闘ダメージを与えたら、レベルと攻撃力が上がる「エンシェント・ドラゴン」も控えています。


【あとがき】
「ネオ・インパクト」で、「龍脈に棲む者」や「エンシェント・ドラゴン」、「エレメント・ドラゴン」、「グレイ・ウィング」が収録されたことによって、やっと海馬社長っぽいデッキが作れました。

使える下級ドラゴン族がいままで少なかったので、「ネオ・インパクト」で大幅に増えてくれて本当に良かったです。
(「神竜―エクセリオン」が、仲間が増えたと喜んでおりました。)

ご参考までにしていただけたらと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デュエルリンクス】最近、作った「エクセリオン」デッキ!


最近、デュエルリンクスで作ったデッキを紹介します。

紹介するデッキは、フリー対戦とかデュエルワールドで使っていますが、たまに事故るのが痛いので、真剣なデュエルでは使わないほうがいいかもしれません。
_20161213_004326

〈モンスター:13枚〉
クリボール×1
神竜―エクセリオン×3
ナチュル・ガーディアン×2
ウェポンサモナー×2
スケルエンジェル×2
デスハムスター×3

〈マジック:6枚〉
ワンダー・バルーン×2
破邪の大剣―バオウ×1
コストダウン×1
呪魂の仮面×1
魔法除去×1

〈トラップ:5枚〉
徴兵令×3
ホーリージャベリン×2


~ざっくりと説明~
強さよりも、「神竜―エクセリオン」を使ったデッキを作ってみようかなという感じでスタートし、上記のようなデッキレシピになりました。

ちなみに「神竜―エクセリオン」の効果はこんな感じです↓
_20161213_004945

■神竜―エクセリオン
光5/ドラゴン族/1500/900
このカードの召喚時に、自分の墓地に存在する「神竜―エクセリオン」1体につき、以下の効果を1つ得る。
ただし、同じ効果を重複して得ることはできない。
●このカードの攻撃力を1000アップする。
●このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、もう一度だけ続けて攻撃することができる。
●このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った
時、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。


つまり、自分の墓地の「神竜―エクセリオン」の屍の数だけ強くなります。
(選べるのは、最大2つまで。)

1体しかいない時は、攻撃力アップ
2体いる時は、攻撃力アップ+どちらかという効果の選び方になるでしょう。

このデッキでは、アドバンス召喚を繰り返したり、「ワンダー・バルーン」、「破邪の大剣―バオウ」、「コストダウン」を使って「神竜―エクセリオン」を墓地へ送ります。

(「おろかな埋葬」が欲しい。)

また、「デスハムスター」や「徴兵令」を入れてリリースの確保もしています。

「ウェポンサモナー」、「スケルエンジェル」はデッキ圧縮や魔法カードの手札コストも兼ねています。

「ホーリージャベリン」は、「カラテマン」対策としても有効ですが、今回の着眼点はそこではありません。

このデッキの必殺技であるスキルを活かすために入れています。

そのスキルとは海馬瀬人のスキルである「ドローセンス:ハイレベル」です。
_20161213_004346

自分のライフが1800減ると、
通常ドローをランダムにレベル5以上のモンスターをドローに変えることができます。

つまり、このデッキではレベル5以上は「神竜―エクセリオン」しか入れていないので、ライフが1800減っていれば、いつでも「神竜―エクセリオン」がドローできる状態にもっていけます。

(ただし、使う時はリリースの確保ができているor墓地へ送るカードがある場合になります。)


事故ることはありますが、「神竜―エクセリオン」で遊びたいと思っていた方の参考になっていれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デュエルリンクス】デッキ紹介~その2~


一時期、デュエルリンクスをあまりしていませんでしたが、
最近、やる機会が増えました。

新パックも登場したので、しばらくは頑張ってやり続けたいと思います。

私がいる現在のステージは、20です。
ステージミッションも少しずつ難しくなってきて、スムーズに次のステージに行けなくなってきました(笑)
もちろん、無課金で頑張っております。

今回紹介するデッキは、私が闇遊戯で使っているデッキを紹介したいと思います。

新パックの登場と、構築の見直しが必要になってきたので、公開に至りました。

参考にしていただければと思います。


【サンプルレシピ】
〈スキル〉
闇の力
→フィールド魔法「闇」が発動された状態で、デュエルスタート

_20161208_164219

〈モンスター18枚〉
ブラック・マジシャン・ガール×1
クリボール×1
死の4つ星てんとう虫×1
マーダーサーカス×1
光霊使いライナ×1
闇霊使いダルク×1
風霊使いウィン×2
地霊使いアウス×2
スケルエンジェル×2
エレメント・マジシャン×3
エレメント・ソルジャー×2
闇魔界の覇王×1

_20161208_164241

〈マジック7枚〉
ワンダー・バルーン×2
破邪の大剣―バオウ×2
呪魂の仮面×2
魔法解除×1

〈トラップ5枚〉
老化の呪い×2
徴兵令×3


【コンセプト】
まず、フィールド魔法「闇」が発動した状態なので、「闇」の恩恵を受ける魔法使い族や悪魔族を
多めに取り入れています。

属性は、エレメントシリーズとの関係から地属性、風属性を意識しながら、闇属性を中心にしています。

また、相手のカードを利用して勝つということもコンセプトの一つにしています。

「霊使い」のコントロール奪取や「徴兵令」、「呪魂の仮面」がこれにあたります。


【あとがき】
こんな感じのデッキレシピで、最近は戦ってきました。
対応する「霊使い」の効果を使って、相手モンスターを奪い、そのまま押しきって勝つというパターンが多いですが、劣勢になるとそのまま負けてしまうパターンが多いので、その部分について少し構築の見直しが必要かなと思っています。

これから新パックのカードを取り入れて、このデッキを改造or新デッキを組んでみたいと思います。

以上で、デュエルリンクスで使ってたデッキレシピ公開を終わります。

では、デュエルリンクスでお会いしましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デュエルリンクス】ゲーム内で使ってたデッキレシピ公開!


今回の記事は、デュエルリンクスについて取り上げたいと思います。

最近のハイロンは、もっぱらデュエルリンクスばかりプレイしています。

OCGカードよりもスマホの画面ばかり触ってます。

まさにどハマり中!(笑)

執筆時点で、ステージ17にいます。
(早いのか遅いのかはわかりませんが。)
無課金で頑張っております。

初期のころから遊戯王をしているので、今のOCGでは使わないカードが活躍しているのは嬉しい限りです。

さて、本題のデュエルリンクスで使ってたデッキレシピを公開したいと思います。

参考にしていただければと思います。


〈キャラクター〉
海馬瀬人
(はじめから武藤遊戯が出てくるまで、ずっと使ってました。)

〈スキル〉
頂に立つ者
→フィールド魔法「山」が発動された状態で、デュエルスタート
_20161123_010232

〈モンスター18枚〉
死の4つ星てんとう虫×1
ハーピィ・レディ2×1
マーダーサーカス×1
スケルエンジェル×1
ネコ耳族×2
エレメントデビル×3
ジャッジ・マン×1
スカイ・ハンター×2
ガーゴイル・パワード×1
ドラゴン・ゾンビ×1
セイント・バード×2
ハーピィ・レディ×1
砦を守る翼竜×1

_20161123_010254

〈マジック9枚〉
ワンダー・バルーン×1
破邪の大剣―バオウ×1
呪魂の仮面×1
勇気の旗印×1
「攻撃」封じ×1
魔法解除×1
「守備」封じ×1
闇の破神剣×2

〈トラップ3枚〉
老化の呪い×2
徴兵令×1


【コンセプト】
〈モンスター編〉
まず、フィールド魔法「山」が発動した状態なので、「山」の恩恵を受けるドラゴン族や鳥獣族を
多めに取り入れています。

また、対戦相手が「武藤遊戯」の場合、フィールド魔法「闇」が発動されていることもあるので、「闇」でパワーアップするモンスターも少し入れています。

属性ですが、闇属性と風属性をメインにしてます。
これは、上記のフィールド魔法事情に加えて、「エレメントデビル」の追加攻撃を得るために、そういう構築になっています。


〈マジック・トラップ編〉
攻撃力増減カードを中心にしてます。
パワー勝負環境なので、これは仕方がないと思います。
また、事故防止&「徴兵令」対策のため、アドバンス召喚モンスターの採用が少ないこともあり、攻撃力強化カードは4枚、攻撃力ダウン系は3枚という感じになっています。


【個別カードについて】
■ハーピィ・レディ2
リバース効果モンスター対策です。
「山」が発動している状態なので、実質守備力1500未満のリバースモンスターに対応します。

「霊使い」には無力ですが、「ハネハネ」や「スケルエンジェル」、「死の4つ星てんとう虫」などには有効なので、それらの対策として入れています。

ノーコストの「破邪の大剣―バオウ」と考えています。

孔雀舞をレベル3に上げると手に入れることができます。

■ネコ耳族
ネコ耳族と戦闘を行うモンスターの元々の攻撃力を200にするモンスター。

「ネコ耳族」を強化するか、相手モンスターを弱体化させるかのどちらかで、相手は戦闘では突破することはできなくなります。

時間稼ぎにどうぞ。

■エレメントデビル
地属性がいると、戦闘で破壊したモンスターの効果を無効にでき、
風属性がいると、戦闘でモンスターを破壊した後、もう一度攻撃することができる効果を持ってます。

■「攻撃」封じ
1体リリース系や攻撃力が高いモンスターを突破するために、採用してます。

■「守備」封じ
リバースモンスターを無駄打ちするために採用してます。
あとは、一時しのぎに出した守備モンスターに対しても発動できれば、いいかなと考えています。

不要な場合は、コストにしていただければと思います。

■魔法解除
破壊したい装備魔法や永続魔法に使うのが一般的です。

破壊したいカードがあれば、そちらを優先してもらってもいいですが、破壊したいカードがない場合、相手の伏せた魔法・罠ゾーンの確認をするという使い方もありますので、覚えておいて損はないと思います。

■闇の破神剣
闇属性限定の装備カードになります。
風属性モンスターは、「山」で基本的に強化されているので、闇属性用に枠を割きました。

■老化の呪い
手札1枚を捨てる必要がありますが、相手モンスター全ての攻撃力・守備力を500ダウンさせるので、攻めにも守りにも使えるので、とても個人的には重宝してます。

■徴兵令
少しOCGでも使ってみようかなと思わせてくれた罠カードです。

ピンチの時以外は、相手ターンのエンドフェイズ時に発動するのがいいのかなと思ってます。

モンスターじゃなかったとしても、エンドフェイズなので、すぐには使えないことになります。



こんな感じのデッキレシピで、戦っていました。
どちらかというとパワー押しのデッキです。

現在は、武藤遊戯を使って、少しタイプの違うデッキを使用中です。

以上で、デュエルリンクスで使ってたデッキレシピ公開を終わります。

いつか、デュエルリンクスでお会いしましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2