Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

大喜利王

【大喜利王】解答集編!「私をエラッタしてください」 !


前回の【大喜利王】に、真面目に取り組んでいただきありがとうございます。
ただ、一部の方には、言葉足らずで伝わってしまい申し訳ないです。
「大喜利」という部分をもう少し強調するべきでした。

(すいませんでした。)

さて今回は、前回の【大喜利王】で読者の皆様からいただいた解答の中で面白かったものを紹介させていただきます。

ちなみに初回のお題は、「魔導法皇ハイロンをエラッタしてください」でした。
PIC000023

では、読者の皆様からいただいた解答をご紹介します!

ダスクユートピアガイさん投稿
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードの数まで、マスタールールを古くする。この効果は相手ターンでも発動できる。


アルトさん投稿
1ターンに1度このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き自分の所持するザ・ヴァリアブルブックを任意の枚数相手に見せ発動できる。
この効果で見せたザ・ヴァリアブルブックの種類まで相手フィールドのカードを選び墓地に送る。その後ザ・ヴァリアブルブックに同梱されているカードを1枚選び正しいデッキに加えることができる。


ぶらんこさん投稿
1ターンに1度エクシーズ素材を1つ取り除いて発動することができる。デッキから任意の枚数「魔導書」カードを選択し、それらを元にトランプタワーを作る。積み上がった段数1段につき1枚デッキから「魔導書」カードを手札に加え、相手のカードを1枚選んで破壊する。タワーが途中で崩れてしまった場合崩れた枚数分の「魔導書」カードをランダムに裏向きで除外する。


じゃんけんぽっくんさん投稿
1ターンに1度、X素材を1つ取り除いて発動できる。
相手に向かってカッコよくイラストと同じポーズ・表情を決める。
相手が思わずドキッとしたらキミは間違いなくイケメンである。
相手が何も反応しなければキミは5000ポイント(精神的に)ダメージを受ける。


【総評】
紹介した解答は、マスタールール、ザ・ヴァリアブルブック、トランプタワー、イラストと同じポーズ・表情というバラエティに富んだ発想で、とても面白かったです。

もしかしてマスタールール1が適用されたら「魔導法皇ハイロン」消えちゃう??とか、
外でデュエルするときは「ザ・ヴァリアブルブック」の持ち運びが大変そうとか、
作る時、ゆれや風に注意しなきゃとか、
あれ?これ得がない??とか、
効果を使った後のことまで考えると、少しにやけてしまいました。

紹介した4名の皆様、私の言葉足らずの中、趣旨を理解していただき、ありがとうございました。

こんな感じで、次回の【大喜利王】のコーナーのお題に、ボケやら、面白い解答を送っていただければと思います。

では、次回の【大喜利王】でまた会いましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【大喜利王】お題編「私をエラッタしてください。」


すいません。
更新の間隔があいてしまいました。
ネタがないせいです笑

(早くパック発売して~)

ネタがないので、今回は少し考えていた、読者参加型の企画を形にしてみたいと思います。
(いわゆる蔵出し企画です。)

新たな企画の名は、
大喜利+遊戯王で【大喜利王】です。

参考までに、
大喜利とは...
お題に応じた面白い回答を披露し、競い合う演芸
です。
イメージ的には、出されたお題にボケを入れた回答をすればいいかなと思います。
(その辺は、私達はお笑いのプロではないので、気楽に考えてもらえればいいかな。)

では、記念すべき第1回目のお題は、「私をエラッタしてください。」です。

そして、エラッタするカードはこのカード!
■魔導法皇ハイロン
PIC000023
そうです。「魔導法皇ハイロン」です!
いつも名前を使わせてもらってます。

効果は、
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードの数まで、相手フィールド上の魔法・罠カードを選んで破壊する。
今となっては(いや、出た当時も?)無惨な効果ですね~笑
これは、早急に良い方向でエラッタが必要です!

今回は読者の皆様に、このカードのエラッタ案を考えていただきたいと思います。

例として、私が考えたエラッタ案を紹介しておきましょう。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分は3回連続で手をたたく。
その音を聞いて自分の方を見た人の数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

私が考えたのはこんな感じになりましたが、
何か思いつきましたら、コメント欄に投稿していただければと思います。
(できれば人とは被らないペンネーム的なものもあるといいのですが。)

面白い回答を集めて、いずれ紹介するのもいいかもしれませんね。

では、読者の皆様からのコメントをお待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2