Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

トラミッド

【特集記事】「トラミッド」の実態!


いきなりですが、この度、大昔のトレジャーハンターの人が書いたと思われる手記が、ハイロン研究所の地下室にて見つかりました。

その手記には、ピラミッドを探検した時のことが書かれていたぞ。

早速読んでみようと思う。

■第1章~ピラミッドを守る者~
ピラミッドを守る者は人型のタイプが3体いる。
_20160412_122351

この3体は、共通の効果を持っていて、
相手ターンに1度、自分の「トラミッド」フィールド魔法1枚を墓地へ送って、デッキから異なる「トラミッド」フィールド魔法1枚を発動する効果がある。

足を踏み入れた人間を幻想へ誘う能力を持っていて、自分が今どこにいるのかわからなくなってしまう。

この能力のため、我々探検家の必須アイテムとして方位磁石と地図は、命の次に大事なものになる。

3体それぞれの特徴だが、我々が独自に名前をつけて呼んでいる。

ダンスで我々を魅力するモンスターを「トラミッド・ダンサー」と言う。

■トラミッド・ダンサー
地3/岩石族/600/1900

1ターンに1度、自分の墓地の「トラミッド」カード1枚をデッキに戻すと自分の岩石族モンスターの攻撃力・守備力を500アップする。


我々をひきつけるとともに、仲間をパワーアップさせるので、複数体存在すると厄介だぞ。

次に、仲間を呼んで我々を追いつめる「トラミッド・ハンター」がいる。

■トラミッド・ハンター
地3/岩石族/1400/1100

フィールド魔法が表側で存在すれば、岩石族のモンスター1体を追加で召喚できる。


仲間を呼んでくるので、こいつに見つかると後々面倒なことに巻き込まれるぞ。


最後は、「トラミッド」の司令塔とも言うべき活躍をする「トラミッド・マスター」だ。

■トラミッド・マスター
地4/岩石族/1800/700

1ターンに1度、自分の表側表示の「トラミッド」カードを墓地へ送ることで、フィールドにセットされたカード1枚を破壊する。


我々を守るものも、仕掛けた罠も、こいつがいるせいで、全てが台無しになってしまう。

そうならないためにも、見つからないことが肝心だ。

これら3体のモンスターに見つかっても絶対に倒してはならない。なぜならボス=トラミッド・スフィンクスが出てくるからだ。

■トラミッド・スフィンクス
_20160412_122441

地10/岩石族/2500/2500

通常召喚できず、「トラミッド」カードの効果でのみ特殊召喚できる。

1番目の効果
「トラミッド・スフィンクス」以外の自分フィールドの表側表示の「トラミッド」カードが戦闘・効果で破壊された場合に、このカードを手札から特殊召喚する。

2番目の効果
自分フィールドに他の「トラミッド」カードが存在する場合、このカードの攻撃力・守備力は自分の墓地のフィールド魔法の種類×500アップし、相手モンスターは「トラミッド・スフィンクス」にしか攻撃できない。


ピラミッドに入って一番やっていけないことは、備えがない状態で「トラミッド」を破壊することだ。
「トラミッド」モンスターを戦闘破壊する時も同じだ。

すぐにスフィンクスが飛んできて、トレジャーハンターを襲ってくるぞ。
さらに、墓地のフィールド魔法の種類×500アップして襲ってくるので、とんでもない攻撃力になる。
しかも、こちらは「トラミッド・スフィンクス」にしか攻撃できなくなる。

ただし、他に「トラミッド」カードが存在して始めて、パワーアップする効果が発動するらしいので、そこが弱点になりそうだ。

■第2章~ピラミッドの秘密~
ピラミッドには、秘密がある。
我々が知る限りでは以下の3つのパターンに変形する。
_20160412_122309

■トラミッド・クルーザー
フィールド魔法

1番目
岩石族モンスターが召喚される度に、500ライフが回復する。

2番目
フィールドに「トラミッド」が召喚された場合、自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てることができる。

3番目
フィールドのこのカードが墓地へ送られた場所、デッキから「トラミッド」モンスター1体を手札に加えることができる。(1ターンに1度)


ピラミッドは、実は動き回ることができるので、日によってピラミッドの位置が変わっていることはよくある。

それは、ピラミッドにこのクルーザーモードがあるからだと思われる。

ピラミッドは大きいので見つけやすいが、広大な砂漠中を動き回るので、ピラミッド自体を見つけることができないことがある。

水と食料の状況しだいでは、撤退も考えなければならない。

「トラミッド」側は、このモードで我々の様子見をしてくる。

■トラミッド・キングゴレム
フィールド魔法

1番目
岩石族モンスターの攻撃力を500アップする。

2番目
自分の「トラミッド」が戦闘を行う場合、ダメージステップ終了時まで、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

3番目
フィールドのこのカードが墓地へ送られた場所、手札から「トラミッド」モンスター1体を特殊召喚できる。(1ターンに1度)


ピラミッドを見つけても、このモードのピラミッドであれば、注意が必要だ。

なぜなら、「トラミッド」達が攻撃態勢に入っているからだ。

こうなると容易にピラミッドに近づくことはできない。

■トラミッド・フォートレス
フィールド魔法

1番目
岩石族モンスターの守備力は500アップする。

2番目
「トラミッド」モンスターは効果では破壊されない。

3番目
フィールドのこのカードが墓地へ送られた場所、墓地から「トラミッド」モンスター1体を手札に加えることができる。(1ターンに1度)


このモードは、「トラミッド」達が守備態勢に入っていることを意味する。

真正面から近づくと大砲が飛んでくることがあるが、横からならピラミッドに近づくことができる。

このモードの時のピラミッドで潜入することをオススメする。


ここで、トレジャーハンターの手記は、終わっている。
このトレジャーハンターが、ピラミッドに潜入して、財宝を手にできたかは、定かではない。
しかし、ピラミッドには、まだまだ我々が知らない秘密がありそうだ。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回は、「トラミッド」デッキのレシピを紹介します。

【特集記事】「トラミッド」デッキの下準備!


「ザ・ダーク・イリュージュン」で登場する新カテゴリーの「トラミッド」に関連する特集記事です。

「トラミッド」の効果を見ていると、フィールド魔法を戦術とするデッキになることは間違いないです。
しかし、「トラミッド」については不明な部分があるので、別の機会に(デッキ紹介または特集記事の形をとって)詳しく紹介することにします。

なのでここでは、「トラミッド」の入門編として「トラミッド」デッキのキーワードになる「フィールド魔法」の周辺関連について、取り上げてみようと思います。

■フィールド魔法サーチ
フィールド魔法をサーチできるカードの筆頭は、「テラ・フォーミング」があります。
ですが、「テラ・フォーミング」だけでは足りないと思うので、他のカードも「トラミッド」デッキでは用意しておいた方がいいと思います。

「惑星探査車」
「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」
の2枚が扱いやすい分類に入ると思います。

●惑星探査車
_20160406_140606

このカードをリリースすることで、デッキからフィールド魔法をサーチします。
召喚権を使ってしまいますが、「トラミッド」がフィールド魔法が無ければ、動けないのならこのカードも出番かもしれませんね。

●エンシェント・フェアリー・ドラゴン
_20160406_140305

「トラミッド」にチューナーモンスターを入れる必要がありますが、フィールド魔法を破壊して1000ライフを回復しながら、フィールド魔法をサーチしてくれます。

守備力が3000と高いので、戦闘では簡単に突破できないでしょう。

他にも、フィールド魔法をサーチできる「マドルチェ・バトラスク」がいますが、召喚時にこのカード以外の「マドルチェ」がいる必要があります。

ただ、「マドルチェ」を並べることが前提なので、その点が難しいところです。


■フィールド魔法のサルベージ
次に、フィールド魔法を墓地から手札に加えるカードとしては、
「マインフィールド」
「地縛神の復活」
「Z-ONE」などがあります。

「マインフィールド」は、フィールドから離れた時に、フィールド魔法をサルベージ、

「地縛神の復活」は、手札1枚を捨て、「地縛神」とともにフィールド魔法をサルベージ、

「Z―ONE」は、セットされたこのカードが破壊され墓地へ送られた時に、フィールド魔法をサルベージできます。
ちなみに、永続魔法もサルベージできます。


■その他
フィールド魔法に関連するカードで使えるかもと思っているカードとしては、以下のカードがあります。

「幸運を告げるフクロウ」
「先史遺産トゥーラ・ガーディアン」
「妖精竜 エンシェント」
「終焉の地」

●幸福を告げるフクロウ
リバース時にフィールド魔法をデッキトップに置くことができます。

さらに「王家の眠る谷―ネクロバレー」があれば、そのカードを手札に加えることができます。


●先史遺産トゥーラ・ガーディアン
_20160406_140506

フィールド魔法が存在していれば、手札から特殊召喚できます。

レベル5なので、レベル2のチューナーを召喚して、「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」にすることもできます。

管理人は、このカードを「トラミッド」デッキに入れてみようかなと考えています。
(おそらく、「トラミッド」だけでは、デッキを作れないと思うので。)

●妖精竜 エンシェント
_20160406_140401

1ターンに1度、自分のターン限定ですが、
フィールド魔法が発動すると1ドローできる効果と、
フィールド魔法が存在している場合に、フィールドの表側攻撃表示のモンスターを破壊する効果の2つを持っています。

相手ターンにフィールド魔法を墓地へ送ってフィールド魔法を発動できるのが、「トラミッド」の特徴なので、一見効果が噛み合っていないと感じるかもしれません。
しかし、この特徴を活かすためには、自分のターンにフィールド魔法を発動(or存在)している必要があるので、その際にドローできる可能性があります。

モンスター除去効果は、表側攻撃表示モンスター限定ですが、非常に役に立つ効果だと思います。

●終焉の地
相手が特殊召喚した時に、デッキからフィールド魔法を発動できる速攻魔法になります。

相手が特殊召喚した時限定ですが、発動できるチャンスはあると思います。


【編集後記】
いかがでしたでしょうか?

これからカードリストが判明して、「トラミッド」の種類が増えると思います。
その時には、相性のいいカードがはっきりしてくると思います。

今回は、「トラミッド」デッキの下準備として、フィールド魔法に関連するカードを取り上げてみました。

「先史遺産トゥーラ・ガーディアン」やシンクロモンスターのエンシェント達は、とても有望な感じがしました。

また、「トラミッド」は地属性なので、チューナーも地属性にすると「ナチュル・ビースト」などの「ナチュル」シンクロモンスターを立てることもできそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2