ハイロン研究所

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

メタルフォーゼ

【デッキレシピ】リンク!融合!?ペンデュラム??「星杯」デッキ紹介!!


今回紹介するデッキは、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」で登場した「星杯」デッキを紹介したいと思います。
_20170419_010126
常識にとらわれない自由な発想で構築をした結果、「ペンデュラム」と「融合召喚」を取り込むことになりました。

まだ採用枚数やエクストラデッキの部分で悩みますが、星杯デッキ亜種として、見てもらえれば幸いです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター24枚〉
星杯に誘われし者×3
メタルフォーゼ・シルバード×3
星杯に選ばれし者×2
星杯の守護竜×2
星杯の妖精リース×3
メタルフォーゼ・スティエレン×3
星杯を戴く巫女×3
星遺物―『星杯』×3
おもちゃ箱×2

〈マジック14枚〉
貪欲な壺×1
苦渋の決断×3
星遺物の加護×2
ワン・フォー・ワン×1
錬装融合×1
死者蘇生×1
ハーピィの羽根帚×1
重錬装融合×1
超融合×1
緊急テレポート×1
補給部隊×1

〈トラップ2枚〉
メタルフォーゼ・カウンター×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター6枚
フルメタルフォーゼ・アルカエスト×1
メタルフォーゼ・アダマンテ×3
始祖竜ワイアーム×1
メタルフォーゼ・オリハルク×1

■リンクモンスター9枚
星杯竜イムドゥーク×2
リンク・スパイダー×1
星杯神楽イヴ×3
星杯剣士アウラム×2
星杯戦士ニンギルス×1


【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術キーワード〉
■ペンデュラム
新マスタールール下では、ペンデュラムを積極的には採用しにくいですが、
・「星杯」と同じバニラテーマ
・ペンデュラム召喚に依存していないペンデュラムテーマ
・「メタルフォーゼ」の破壊効果
・融合指定がゆるい融合召喚

という利点があったので、「メタルフォーゼ」を採用しました。
_20170419_010309
特に「メタルフォーゼ」モンスターのペンデュラム効果である破壊効果がこのデッキの展開を握るキーとなります。

参考までにペンデュラム効果を紹介しておくと・・・

自分の表側表示のカードを破壊することで、「メタルフォーゼ」魔法・罠カード1枚をデッキから自分フィールドへセットできる共通効果があります。

これで、魔法カードの「錬装融合」や「重錬装融合」、罠カードの「メタルフォーゼ・カウンター」を持ってきます。


■星杯モンスターの展開
いよいよ本題の「星杯」モンスターの展開手段ですが、以下にその一例をあげてみました。
●デッキからの展開
→星遺物―『星杯』、おもちゃ箱、
緊急テレポート
●手札からの展開
→「星杯」リンクモンスターの共通効果、
ペンデュラム召喚
●墓地からの展開
→星杯の守護竜、死者蘇生

やはり、デッキからの展開を中心にして始めるのがいいでしょう。

その中でも、「星遺物―『星杯』」と「おもちゃ箱」について少し説明を加えておきます。
・星遺物―『星杯』
_20170419_011208
「星遺物―『星杯』」をフィールドから墓地へ送るには、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果での破壊の他に、リンク素材や融合素材にする方法もあります。

「星遺物―『星杯』」を使う利点としては、通常モンスターの「星杯」だけでなく、効果モンスターの「星杯の妖精リース」や「星杯の守護竜」を特殊召喚できるので、活用しましょう。

デメリットとしては、効果を使うには通常召喚している必要があり、しかもレベル5でアドバンス召喚が必要な点です。

しかし、バニラモンスターから「星杯竜イムドゥーク」になって、召喚権追加効果を使い、このカードをアドバンス召喚すると、ある程度は手札事故を回避する事ができます。

・おもちゃ箱
_20170419_010552
「おもちゃ箱」は、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果による破壊で効果を発動させます。

こちらの利点としては、攻撃力か守備力が0の通常モンスターなら何でも特殊召喚できることです。
(ただし、カード名が異なっている必要があります。)

あとは、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果を使って破壊するので、「錬装融合」を持ってきて、「おもちゃ箱」の効果で「メタルフォーゼ・スティエレン」を特殊召喚すると、すぐに融合召喚ができることになります。
(もちろん、融合召喚を放棄してリンク召喚もできます。)

デメリットとしては、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果がないと発動できないことやサーチ手段が乏しいことです。

■リンク召喚
_20170419_011034
リンクモンスターは大きく分けて、エクストラモンスターゾーンに置く用と、メインモンスターゾーンに置く用に分けれます。

「リンク・スパイダー」や「星杯剣士アウラム」は前者で、「星杯神楽イヴ」や「星杯戦士ニンギルス」は後者になります。

「星杯」リンクモンスターの特徴としては、
●星杯竜イムドゥーク
展開要員。
通常モンスター1体で簡単に出せます。
「星杯」専用の追加の召喚権と「星杯」の共通効果の両方を使って、「星杯」モンスターを並べます。

●星杯剣士アウラム
「星遺物―『星杯』」や「おもちゃ箱」以外にも、
「星杯竜イムドゥーク」と追加の召喚権で、「星杯」モンスターを並べると出せます。

リンク先の「星杯」モンスターをリリースすると、自分の墓地からモンスターをリンク先に特殊召喚できるので、「星杯神楽イヴ」や「星杯の妖精リース」、「おもちゃ箱」、「メタルフォーゼ」などを蘇生させるといいでしょう。

なお、リンク先に「星杯」モンスターがいなくても、墓地に「星杯の守護竜」がいれば、「星杯」のリリース要員を用意することができます。

●星杯神楽イヴ
リンク素材の指定が、「種族と属性が異なるモンスター」には注意が必要になりますが、「星杯剣士アウラム」と同じ方法でリンク召喚できます。

「星杯神楽イヴ」を2体並べれば、鉄壁の布陣になりますので、時間稼ぎ等にどうぞ。(ただし、戦闘ダメージには注意!)

●星杯戦士ニンギルス
LINK3でリンクモンスター2体以上なので、「星杯竜イムドゥーク」と「星杯神楽イヴ」を素材にして出すのがいいかと。

少し出しにくいですが、ドロー&除去効果があるので、狙ってみるのもありです。

なお、除去で自分が墓地へ送るカードは、セットした「錬装融合」が最適です。


■融合召喚
_20170419_010914
基本は「錬装融合」を使って、「メタルフォーゼ・アダマンテ」を出すことになります。
融合素材指定は、『「メタルフォーゼ」と攻撃力2500以下』なので、出しやすいと思います。

また、「超融合」で出すのもありです。

なお、「メタルフォーゼ・アダマンテ」は、効果を持たない融合モンスターのようなので、リンク素材にする時は注意!

「フルメタルフォーゼ・アルカエスト」は、相手ターンで「重錬装融合」を使って融合召喚し、相手の効果モンスターを装備化します。


【あとがき】
「星杯」デッキはいかがでしたでしょうか?

「おもちゃ箱」+「メタルフォーゼ」の枠は、普通は「レスキューラビット」の採用でスリム化できると思いますが、融合召喚も取り入れたかったし、ペンデュラム召喚もワンチャンできたら、戦術の幅が広がるかもと思い、採用してみました。

また、「メタルフォーゼ」を入れることにより、「錬装融合」でのドローや「補給部隊」を採用できるのも魅力です。

「補給部隊」は、もう1枚ぐらい入れてもいいかなと考えていますが、ペンデュラムをセッティングする都合上、魔法・罠ゾーンを狭めてしまうのに加えて、「メタルフォーゼ」魔法・罠カードをセットするので、そのあたりが非常に悩みどころです。

以上で、「星杯」デッキ亜種の紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】シンクロも融合もできる「竜星メタルフォーゼ」デッキ!


「メタルフォーゼ」の大会での採用率が上がっているみたいですね。
なので、現在の形の「メタルフォーゼ」デッキを紹介したいと思います。

前回紹介した「メタルフォーゼ」は、バニラ(効果なしの通常モンスター)をテーマにしました。
今回、紹介する「メタルフォーゼ」デッキは、「竜星」を取り入れたタイプになっています。
「竜星」を取り入れたことによって、融合・シンクロを状況によって選ぶことができるようにしました。
そのため、「竜星の具象化」は入れておりません。

デッキレシピは、こんな感じです↓
【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
メタルフォーゼ・ゴルドライバー×3
炎竜星-シュンゲイ×3
メタルフォーゼ・シルバード×3
地竜星-ヘイカン×2
メタルフォーゼ・スティエレン×3
闇竜星-ジョクト×2
水竜星-ビシキ×2
光竜星-リフン×2

〈マジック14枚〉
貪欲な壺×1
苦渋の決断×3
錬装融合×3
精神操作×2
ブラック・ホール×1
補給部隊×3
超融合×1

〈トラップ6枚〉
メタルフォーゼ・カウンター×3
激流葬×3

〈エクストラデッキ15枚〉
霞鳥クラウソラス×1
古神クトグア×1
HSRチャンバライダー×1
A・O・J カタストル×1
TG ハイパー・ライブラリアン×1
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
獣神ヴァルカン×1
瑚之龍×1
メタルフォーゼ・アダマンテ×3
メタルフォーゼ・オリハルク×2
メタルフォーゼ・カーディナル×2



【デッキ戦術】
■基本編
_20160511_161940

「メタルフォーゼ」モンスターをペンデュラムゾーンに置くことから始めます。
そのために「苦渋の決断」を使って、サーチします。

置いたら「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果を使い、自分フィールドの表側表示のカードを破壊して、デッキから「メタルフォーゼ」魔法・罠カードをセットします。
このデッキでは、「錬装融合」と「メタルフォーゼ・カウンター」の2種類しか採用してないので、融合をしたければ「錬装融合」を、戦闘破壊や効果破壊に備えるなら「メタルフォーゼ・カウンター」をセットするといいでしょう。

なお、自分フィールドの表側表示のカードを破壊する場合に、「補給部隊」を発動しておくと「メタルフォーゼ」の魔法・罠カードをセットできるとともに、1ドローもできるのでお得です。
また、破壊するカードが「竜星」ならリクルート効果も使えます。
シンクロ召喚を狙う場合は、出したいシンクロモンスターに合わせて、レベルやチューナーをリクルート効果で調整してください。

■融合編
_20160415_233851

融合は、セットした「錬装融合」を使って行います。
普通に「メタルフォーゼ」モンスターを使って、融合するのもいいですが、融合素材の指定が軽いので相手モンスターを利用する手もあります。

「精神操作」で相手モンスターのコントロールを奪って、融合素材に使ったり、「超融合」を発動して、相手モンスターを融合素材に巻き込んで発動したりできます。

ちなみに、「メタルフォーゼ」融合モンスターの素材指定はこんな感じになっています。
●「メタルフォーゼ・アダマンテ」→「メタルフォーゼ」+攻撃力2500以下
●「メタルフォーゼ・オリハルク」→「メタルフォーゼ」×2体
●「メタルフォーゼ・カーディナル」→「メタルフォーゼ」+攻撃力3000以下×2体

これらの融合モンスターを「錬装融合」で融合召喚した場合は、「錬装融合」の墓地で発動できる効果を使い、1ドローができます。

■シンクロ編
_20160511_162008

チューナーのレベルは1~2に、
非チューナーのレベルは2~4に揃えて、
レベル3~6のシンクロモンスターを出せるようにしました。

そのため、今回は「メタルフォーゼ・ヴォルフレイム」は不採用となっています。

シンクロする場合は、非チューナーに、シンクロモンスターに効果を付けることができる「竜星」を選びたいところですが、いなければ「メタルフォーゼ」でも構いません。

「竜星」を非チューナーとして使うと、シンクロモンスターに以下の効果が追加されます。
_20160511_162418

●「炎竜星-シュンゲイ」→攻撃力・守備力500アップ!
●「地竜星-ヘイカン」→戦闘で破壊されなくなる!
●「水竜星-ビシキ」→罠カードの効果を受けない!

ちなみにチューナーは、「闇竜星-ジョクト」と「光竜星-リフン」を採用しました。


【編集後記】
「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果と「竜星」のリクルート効果がとても相性がよいので、「メタルフォーゼ」デッキと「竜星」デッキを合併させて作ってみました。

エクストラデッキについては、枚数調整やモンスターの選別があると思っているので、もう少し改良の余地がありそうです。

シンクロを使っていると、「メタルフォーゼ」が乗っている乗り物が、だんだん「Dホイール」に見えくる(笑)

このデッキを作って以降、個人的にはシンクロが少し熱くなってきて、デッキ改良やデッキ作りにシンクロを取り入れることができないかなと考えていたりします。

以上で、「竜星メタルフォーゼ」デッキの紹介を終了します。
最後まで、ありがとうございました!


【デッキレシピ】バニラだらけの「メタルフォーゼ竜剣士」デッキ!


投票により、デッキ紹介の順番を決めてきましたシリーズも今回で最後になります。

「ブラック・マジシャン」、「トラミッド」と紹介してきました。
そして最後の大トリは、「メタルフォーゼ」です。

「メタルフォーゼ」だけでは作れなかったので、「竜剣士」と「竜魔王」を入れてみました。

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
真竜剣士マスターP×2
メタルフォーゼ・ヴォルフレイム×3
竜剣士マスターP×3
メタルフォーゼ・ゴールドライバー×3
竜魔王ベクターP×3
メタルフォーゼ・シルバード×3
メタルフォーゼ・スティエレン×3

〈マジック17枚〉
苦渋の決断×3
召喚師のスキル×2
精神操作×3
錬装融合×3
緊急テレポート×1
超融合×1
竜呼相打つ×1
補給部隊×3

〈トラップ3枚〉
メタルフォーゼ・カウンター×3

〈エクストラデッキ15枚〉
剛竜剣士ダイナスターP×2
メタルフォーゼ・アダマンテ×3
始祖竜ワイアーム×1
メタルフォーゼ・オリハルク×3
メタルフォーゼ・カーディナル×2
交響魔人マエストローク×1
昇竜剣士マジェスターP×1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1

※エクストラデッキは、お好きなもので構いません。


【デッキ戦術】
デッキ戦術は、シンプルです。
■「メタルフォーゼ」をサーチ
「召喚師のスキル」、「苦渋の決断」を使って、「メタルフォーゼ」モンスターをサーチします。

なお、「召喚師のスキル」は、「メタルフォーゼ・ヴォルフレイム」のみサーチできます。

「苦渋の決断」は、下級の「メタルフォーゼ」なら何でもサーチできます。

■「メタルフォーゼ」をペンデュラムゾーンに置く
「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果は、特徴でもあり、共通効果になっていて、

1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカードを1枚破壊することで、デッキから「メタルフォーゼ」魔法・罠カード1枚をフィールドにセットできる効果です。

この効果で、融合へ繋ぐ「錬装融合」、自分のカードに対する戦闘・効果破壊に備える「メタルフォーゼ・カウンター」をサーチできるので、状況によって変えるといいでしょう。

なお、この共通効果を発動する前に、「補給部隊」を発動しておくと、「メタルフォーゼ」魔法・罠カードのセットとともに、1ドローできます。

■融合召喚をする
主に「錬装融合」を使って融合します。

現時点で融合できるのは、
「メタルフォーゼ」と攻撃力2500以下のモンスターで融合できる「メタルフォーゼ・アダマンテ」
_20160415_233752

貫通効果と墓地へ送られた場合にカード1枚を破壊する効果を持ち、「メタルフォーゼ」2体で融合できる「メタルフォーゼ・オリハルク」
_20160415_233816

「メタルフォーゼ」と攻撃力3000以下のモンスター2体で融合召喚できる「メタルフォーゼ・カーディナル」の3体がいます。
_20160415_233851

「メタルフォーゼ」の融合モンスターの特徴として、攻撃力指定なので、非常に緩くなっています。
この特徴のおかげで「精神操作」などで、相手モンスターを奪い、融合素材に使うこともできます。


【編集後記】
遊戯王の初めのころをイメージして、モンスターのほとんどをバニラ(通常モンスター)で固めて作ってみました。

作ってみて「メタルフォーゼ」は、サーチやドローカードに恵まれているなと思いました。
「苦渋の決断」、「召喚師のスキル」、「緊急テレポート」のサーチの3種の神器と「錬装融合」、「補給部隊」の2種類のドロー効果を持つカードがあるので、多めです。

それに融合素材が軽いおかげで、コントロール奪取のカードも無理なく入れることができるので、サポートカードが豊富なところが他のデッキにないところではないでしょうか。

今回、採用を見送ったカードが2枚あるので、最後に紹介しておきます。

1枚目は、ご存じの方が多いと思いますが「おもちゃ箱」です。
このカードで「竜剣士」と「竜魔王」を呼んできて、「真竜剣士マスターP」または「剛竜剣士ダイナスターP」という流れを作ることができます。

バニラで固めたかったので、不採用にしましたが、「竜剣士」の存在感を強めたいなら入れてもいいでしょう。

2枚目は、「大熱波」です。
効果を持っているモンスターの召喚・特殊召喚を次の自分のドローフェイズまで封じるメタ寄りのカードです。

こちらは、単純に枠がありませんでした。
ドローやサーチ、コントロール奪取のカードを重視したためです。
サイドデッキに入れておくといいかもしれません。

「ザ・ダーク・イリュージョン」の発売後から「ブラック・マジシャン」、「トラミッド」、「メタルフォーゼ」とデッキを紹介してきましたが、デッキ作りの参考になりましたでしょうか?

これで「メタルフォーゼ」デッキの紹介を終わります。
最後まで、ありがとうございました。



【特集記事】ペンデュラム融合!「メタルフォーゼ」特集!!


今回の特集記事も、「ザ・ダーク・イリュージョン」から取り上げたいと思います。

取り上げるのは、「メタルフォーゼ」です。
現時点で、判明している範囲で、ご紹介します。
_20160224_164424

「メタルフォーゼ」の共通点は、炎属性・サイキック族の通常モンスターなので、モンスター効果はありません。

ステータスは、
「メタルフォーゼ・スティエレン」星2/0/2100
「メタルフォーゼ・シルバード」星3/1700/100
「メタルフォーゼ・ゴルドライバー」星4/1900/500
「メタルフォーゼ・ヴォルフレム」星7/2400/2000
となっています。

しかし、共通効果として以下のペンデュラム効果を持っています。
■1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側のカード1枚を破壊し、デッキから「メタルフォーゼ」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットする。

このペンデュラム効果を使って、セットできるカードに、「錬装融合」と「メタルフォーゼ・コンビネーション」があります。
■錬装融合
通常魔法

_20160224_164357

簡単に説明すると、
1番目の効果
「メタルフォーゼ」専用の「融合」。

2番目の効果
1ターンに1度限定だが、このカードが墓地に存在する場合に、このカードをデッキに戻して、1枚ドロー。


1番目の効果で融合召喚できるのは、現時点では
「メタルフォーゼ」×2体で融合できる「メタルフォーゼ・オリハルク」と、
「メタルフォーゼ」×1体+攻撃力3000以下のモンスター×2体で融合できる「メタルフォーゼ・カーディナル」の2体だけです。

「錬装融合」のポイントは、何と言っても2番目効果。
融合召喚の損失を取り戻す目的で作られたと思いますが、その他にもいろいろと利用できそうです。
墓地肥やしをするデッキのドローエンジンにもなりそうですし、
自分フィールドのカードを墓地に送る(または、破壊する)のが発動条件のカードとの組み合わせも面白そうです。

「光帝クライス」の効果で破壊するという使い方で、「メタルフォーゼ」と共に「帝」デッキに入れてみるのもいいかもしれません。

■メタルフォーゼ・コンビネーション
永続罠
1番目の効果
1ターンに1度、融合召喚された場合、その融合モンスターよりレベルが低い、自分の墓地の「メタルフォーゼ」モンスター1体を特殊召喚する。

2番目の効果
このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、デッキから「メタルフォーゼ」モンスター1体を手札に加えることができる。


1番目の効果は、融合した時限定で墓地から「メタルフォーゼ」を特殊召喚できます。
ただし、融合召喚したモンスターのレベルが低いモンスターになります。

ですが「メタルフォーゼ」は、普通はペンデュラム召喚してから融合をすると思うので、墓地に「メタルフォーゼ」モンスターが溜まることは少ないでしょう。
(手札融合をした場合や、「苦渋の決断」を使った場合はあるかもしれませんが。)

使えればラッキー程度に考えるといいかもしれません。

2番目の効果は、このカードが墓地へ送られた場合限定で、「メタルフォーゼ」モンスターをデッキからサーチできます。

この効果を積極的に活かすには、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果を使うのが1番いいでしょう。

ちょっと気になるのですが、2番目の効果は、このカードをセットしたターンにすぐに破壊されても発動できそうな感じがするのですが、どうなのでしょうか?

もしできるとなると、エンド「サイクロン」や「ツインツイスター」が恐くありませんね。


今のところ紹介できるのは、こんなところですかね。
また、情報が出たら追加していきたいと思います。

ちなみに、「メタルフォーゼ」は、4月9日発売の「ザ・ダーク・イリュージョン」に収録されます。

今から発売が楽しみです。

これで「メタルフォーゼ」の特集記事を終わります。
最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

遊戯王アーク・ファイブ OCG ザ・ダーク・イリュージョン(仮) BOX

ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2