ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

リンク召喚

【デッキレシピ】バニラが場を席巻??バニラ風味のサイバース族デッキ!


とある日の物語…。

ハイロン:「イグニス!ストラクが発売だな。」
イグニス:「ハイ…ハイロンサマ…。買エバ爆アドミタイデス…」
ハイロン:「そうらしいな。イグニスよ。その爆アドのストラクを使ったサイバース族デッキは何かないのかい?」
イグニス:「検索中…アリマシタ。」
ハイロン:「おお!でかしたぞ!!」
イグニス:「デハ早速…サンプルレシピを…。」

(以下、ハイロン研究所から引用)
【サンプルレシピ】
※2017年7月1日適用のリミットレギュレーションで構築しています。
〈モンスター16枚〉
ブート・スタッガード×1
デジトロン×3
ドラコネット×3
サイバース・ガジェット×3
バックアップ・セクレタリー×3
ビットロン×3

〈マジック18枚〉
貪欲な壺×1
命削りの宝札×2
馬の骨の対価×2
苦渋の決断×2
予想GUY×1
トライワイトゾーン×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
サイバネット・バックドア×2
一族の結束×2

〈トラップ6枚〉
威嚇する咆哮×3
神風のバリア ―エア・フォース―×1
量子猫×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター15枚
リンク・ディサイプル×1
リンク・スパイダー×2
プロキシー・ドラゴン×1
バイナル・ソーサレス×2
ハニーボット×3
トライゲート・ウィザード×2
エンコード・トーカー×2
デコード・トーカー×1
ファイアウォール・ドラゴン×1

【サンプルレシピについて】
■基本的な動き
「デジトロン」と「ビットロン」が
主役のサイバース族デッキです。
▼デジトロン(星2/サイバース族/1500/0)
_20170617_210925

▼ビットロン(星2/サイバース族/200/2000)
_20170617_210905

これらのモンスターを
「苦渋の決断」でデッキからサーチしたり、
「ドラコネット」や「予想GUY」でデッキから呼び寄せたりします。

また、
「命削りの宝札」で手札から墓地へ送ったり、
「馬の骨の対価」のコストにしたり、
リンク素材として、墓地へ送ったりして、
「デジトロン」or「ビットロン」を
3体墓地へ揃えます。

墓地に「デジトロン」か「ビットロン」が3体揃えば、魔法カード「トライワイトゾーン」の出番!
大量展開して、リンク召喚となります。

▼トライワイトゾーン
_20170617_210801

■リンク召喚
サイバース族であり、素材指定にサイバース族を指定するリンクモンスターを中心に構築。

EXモンスターゾーンに置くリンクモンスターは、
「リンク・ディサイプル」
「リンク・スパイダー」
「エンコード・トーカー」
「デコード・トーカー」
あたりを出すといいでしょう。

特に「リンク・スパイダー」は、間接的に手札やフィールドの「デジトロン」や「ビットロン」を墓地へ送るリンクモンスターなので、重要です。

「リンク・スパイダー」の効果を使い終わった後は、「エンコード・トーカー」や「デコード・トーカー」のリンク素材にするといいでしょう。

その他のリンクモンスターはメインモンスターゾーンに展開用で、「ハニーボット」、
「トライゲート・ウィザード」あたりを出せればいいかと。
(もう少し種類が欲しい。)

なお、「バイナル・ソーサレス」、「トライゲート・ウィザード」は、「相互リンク」がキーワードになるので、出す位置には注意。
(リンクモンスターについては、勉強中)

▼エンコード・トーカー
_20170617_210403

【個別カードについて】
■ブート・スタッガード
特殊召喚には対応していませんが、
サイバース族モンスターの召喚された時に
手札から特殊召喚できる効果を持っています。

また、戦闘ダメージを与えれば、トークンも特殊召喚できます。

■バックアップ・セクレタリー
サイバース族がいれば、手札から特殊召喚できる便利なモンスター。
リンクモンスターのLINKアップやリンク素材が足りない時に重宝します。
「一族の結束」下では、アタッカーとしても活用可能。

■サイバース・ガジェット
_20170617_210616
召喚時に、墓地のレベル2以下のモンスターを特殊召喚できる効果を持っています。
このデッキでは、
「デジトロン」
「ビットロン」
の2種が対象。
なので、「苦渋の決断」を使った後に召喚するのが理想的な形。

「トライワイトゾーン」があれば、トークンも含めて合計6体のモンスターが並びます。

■サイバネット・バックドア
このデッキではよく出せる「デジトロン」を除外すれば、ほぼすべてのサイバース族がサーチ可能。
ですが、サーチ先は、
「ドラコネット」、
「サイバース・ガジェット」、
「バックアップ・セクレタリー」のどれかになると思います。

■一族の結束
_20170617_210514
エクストラデッキも含め、
デッキをサイバース族で固めた最大の理由がこのカードの採用です。

リンクモンスターは攻撃力が低いのが多いので、
1枚発動するだけで、戦闘に参加できる攻撃力になります。

下級モンスターも攻撃力が2000を超える中型から大型のモンスターになるので、複数体並べてビートダウンに戦術変更することもできます。
(リンクせずにそちらで戦った方がダメージ的には、大きいかも。)

■威嚇する咆哮
墓地へモンスターを溜める必要があるので、少し時間が必要なので、時間稼ぎカードとして入れてみました。

このカードのおかげで、「馬の骨の対価」や「サイバネット・バックドア」を安心して使えます。

■量子猫
通常モンスター扱いの罠モンスターです。
サイバース族なら属性は何でも構いません。

極端な話、神属性・サイバース族でもOK!
(「猫ではない。神だ!」と言って遊びましょう。)

守備力が高いので、こちらを選びましたが、
攻撃的なのがお好きな方は、「鏡像のスワンプマン」でも可能です。

【あとがき】
ハイロン:「なかなか面白そうなデッキだな。バニラが湧いてきて、リンク召喚か!」
イグニス:「ソウミタイデスネ…。バニラを活躍サセタカッタヨウデスヨ…。」
ハイロン:「ところで、イグニス!なぜ、そんなしゃべり方をしているんだ?まるでAIみたいだぞ!」
イグニス:「ダッテ…コウデモシナイト…思い出してもらえないもん!!(泣)」
_20170617_210206
▲ラヴァルバル・イグニス
ハイロン:「そういうことだったのか~!!(笑)」

アニメで「イグニス」と聞いた時には、たまにでいいので、「ラヴァルバル・イグニス」を思い出してあげてください。

とある日のイグニス物語(終)

ブログランキングに参加しています。
イグニスをAI(人工知能)だと思った人は、クリックするんだぞ!

人気ブログランキングへ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【デッキレシピ】アップデート:新パックで「レッドアイズ」デッキを強化!


今回、紹介するサンプルレシピは、
「レッドアイズ」デッキです。
(アップデート版です。)

旧式は、儀式を入れてましたが、
デュエリストパックで新規が出たので、
取り入れて、再構築してみました。

では、サンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
真紅眼の黒竜×3
真紅眼の凶星竜―メテオ・ドラゴン×2
真紅眼の鉄騎士―ギア・フリード×3
真紅眼の飛竜×3
真紅眼の遡刻竜×2
真紅眼の幼竜×2
黒鋼竜×3
伝説の黒石×3

〈マジック13枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
レッドアイズ・インサイト×3
真紅眼融合×3
ヘルモスの爪×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1

〈トラップ5枚〉
レッドアイズ・スピリッツ×2
鎖付き真紅眼牙×1
竜の束縛×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター7枚
ロケット・ヘルモス・キャノン×1
真紅眼の黒竜剣×2
真紅眼の黒刃竜×1
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン×3

■エクシーズモンスター6枚
鳥銃士カステル×1
竜魔人クィーンドラグーン×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.28 タイタニック・モス×1
No.11 ビッグ・アイ×1
真紅眼の鋼炎竜×1

■リンクモンスター2枚
リンク・スパイダー×1
デコード・トーカー×1

【サンプルレシピについて】
今回は、変更点を中心に、
シンプルにお送りしたいと思います。

なお、儀式以外の部分は変わらないので、
詳しいデッキ戦術については、
こちらの記事をご覧ください。↓
【デッキレシピ】儀式で戦力補強?「レッドアイズ」デッキ!!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/70137244.html

〈変更点〉
■「真紅眼の鉄騎士―ギア・フリード」の採用
_20170609_231250
「真紅眼の鉄騎士-ギア・フリード」ですが、
1ターンに1度、使える効果が2つあって、

1つ目は、このカードに装備カードが装備された場合に、その装備カードを破壊して、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる魔法・罠カード除去効果と

2つ目は、このカードに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送ると、自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる蘇生効果を持っています。

このカードの登場によって、「レッドアイズ」デッキに、魔法・罠カード除去ができるようになり、また装備カードを入れる意義ができました。

ただ、装備魔法カードを「レッドアイズ」デッキに入れにくいですが、
「黒鋼竜」がいるので、それを装備して、サーチ効果を使うのがベストかなと思います。

また、1番目の効果を使わずに、2つ目の効果を使って、ランク4を作るという方法も取れます。


■「真紅眼の幼竜」の採用
_20170609_231703
戦闘破壊で墓地へ送られた時限定ですが、デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚し、墓地のこのカードを攻撃力300アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する効果と、

モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に、自分のデッキ・墓地から、ドラゴン族・レベル1モンスター1体を手札に加える効果を持っています。

4枚目以降の「伝説の黒石」というようなカードですが、「伝説の黒石」にはどちらか1つしか使えない制約があるので、もしデッキに戻す方の効果を使った時には、「真紅眼の幼竜」にもチャンスが訪れます。

戦闘でわざと破壊されて、攻撃力が2700の「真紅眼の黒竜」を特殊召喚したり、
「真紅眼の鉄騎士―ギア・フリード」を特殊召喚して、相手の魔法・罠カード除去という活用ができます。

回収orサーチ効果は、ドラゴン族・レベル1モンスターなので、「黒鋼竜」や「伝説の黒石」が選択肢になります。

「真紅眼融合」を使った後に、セットするモンスターとして最適ですね。


■融合モンスターの選択肢の増加
●「真紅眼の黒刃竜」の採用。
_20170609_232026
「真紅眼の黒刃竜」 闇7/ドラゴン族/融合/2800/2400
「真紅眼の黒竜」+戦士族モンスター
・「レッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時に自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを攻撃力200アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

・自分フィールドのカードを対象とするカードの効果が発動した時、自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

・このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードに装備されていたモンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。

「真紅眼の黒刃竜」の登場で、「真紅眼融合」で出せる融合モンスターが増えました。

ただ、「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」が優先されそうですが...笑
一応、レベル7なので、次のターンでランク7になるという活用の仕方がありますが...。

「真紅眼の黒刃竜」の効果は、
『「レッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時』とあるので、たくさん「レッドアイズ」を並べて攻撃すると装備できるチャンスが増えます。

装備したモンスターは、
攻撃力200アップの装備カードとして扱ったり、

自分のカードを対象とするカードの発動を無効にして破壊するのに使えたり、

このカードが戦闘・効果で破壊された場合に、装備していたモンスターを特殊召喚するのに使えたりするので、

できる限り装備させておきましょう。


●「ロケット・ヘルモス・キャノン」の採用
戦士族がデッキに入ったことにより、「ヘルモスの爪」の選択肢として、
「ロケット・ヘルモス・キャノン」が新たに加わりました。

「ロケット・ヘルモス・キャノン」は、装備したモンスターに2回攻撃と守備貫通効果を与える効果を付与してくれます。


【あとがき】
他には、「巨竜の聖騎士」とか、「巨竜の守護騎士」などの戦士族を採用してみても面白そうかなと思いますが、
枠がちょっとキツイ…笑

デュエリストパックで、3度目の「レッドアイズ」デッキの強化になるとは思いませんでしたが、
「レッドアイズ」デッキの構築が楽しくなってきました。

この調子で4度目の強化も?

以上で、「レッドアイズ」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】地属性のお友達集合!「獣族フレンズ」デッキ!!


ようこそ地属性パークへw

今回、紹介するサンプルデッキは、獣族を中心とする地属性デッキ(獣族フレンズデッキ)を組んでみました。

では、早速サンプルレシピの紹介したいと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
XX―セイバー フォルトロール×2
XX―セイバー ボガーナイト×3
X―セイバー エアベルン×3
マドルチェ・ホーットケーキ×3
マドルチェ・エンジェリー×3
マドルチェ・ミィルフィーヤ×3
レスキューキャット×2
XX―セイバー ダークソウル×3

〈マジック13枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
死者蘇生×1
エアーズロック・サンライズ×3
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
スケープ・ゴート×3
烏合無象×1

〈トラップ5枚〉
強制脱出装置×3
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター5枚
獣神ヴァルカン×1
XX―セイバー ヒュンレイ×1
ゴヨウ・ガーディアン×1
浮鵺城×1
XX―セイバー ガトムズ×1

■エクシーズモンスター4枚
M.X―セイバー インヴォーカー×1
虚空海竜リヴァイエール×1
銀嶺の巨神×1
超量機獣グランパルス×1

■リンクモンスター6枚
ミセス・レディエント×3
プロキシー・ドラゴン×1
ファイアウォール・ドラゴン×1
電影の騎士ガイアセイバー×1


【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術キーワード〉
■モンスター展開
リンクモンスターを使う都合上、
モンスター展開がキーワードになってきます。

サンプルレシピでは、デッキからと手札からモンスターを展開できるモンスターを用意してみました。
●デッキから展開できるフレンズ
_20170503_124309
「レスキューキャット」と「マドルチェ・ホーットケーキ」の2体です。

▼レスキューキャット
特殊召喚したモンスターの効果が無効になる+レベル3以下の獣族限定になりますが、リリースすることでデッキから2体出せるフレンズです。

レベル3以下の獣族なら組み合わせは自由ですが、リンク召喚を使うなら、「XX―セイバー ダークソウル」を2体出すのがベストです。
(しかも、「XX―セイバー ダークソウル」の効果は、墓地で発動する効果なので、無効にはならずエンドフェイズでサーチ効果を発動できます。)

また、シンクロ召喚を狙うなら、「X―セイバー エアベルン」とレベル3の獣族モンスターという組み合わせがいいでしょう。


▼マドルチェ・ホーットケーキ
「マドルチェ」限定ですが、自分の墓地のモンスターを除外するだけで、デッキから1体特殊召喚することができるフレンズです。

このデッキでは、「マドルチェ・エンジェリー」と「マドルチェ・ミィルフィーヤ」が対象になります。

●手札からモンスターを展開できるフレンズ
_20170503_124334
「XX-セイバー ボガーナイト」と「マドルチェ・ミィルフィーヤ」の2体です。
それぞれ召喚に成功した時に、自身が所属するカテゴリーのフレンズを手札から特殊召喚できます。

また、「X-セイバー」が2体いれば、手札から特殊召喚できる「XX-セイバー フォルトロール」という大きなフレンズもいます。

●その他
手札・デッキ・墓地のどこからでも「EMディスカバー・ヒッポ」を特殊召喚できる「超カバーカーニバル」や獣族専用の蘇生カードの「エアーズロック・サンライズ」も用意してます。


■リンク召喚
_20170503_123533
この人↑をエクストラモンスターゾーンにリンク召喚していきます。
地属性モンスター2体で出せるので、上記のモンスター展開方法を使えばリンク召喚できます。
(あとは、「烏合無象」での特殊召喚もあります。)

「ミセス・レディエント」は、地属性のフレンズを強化するとともに、戦闘・効果破壊されると自分の墓地にいる地属性のお友達をサルベージできるフレンズです。

「ミセス・レディエント」を展開した後は、さらなるリンク召喚やシンクロ召喚、エクシーズ召喚につなげるといいでしょう。


■シンクロ召喚
_20170503_123702
レベル3の「X―セイバー エアベルン」は、チューナーなので、この子を使ってシンクロ召喚します。
用意したシンクロモンスターは、レベル6と9のシンクロモンスターです。

▼レベル6
「マドルチェ・ホーットケーキ」や「EMディスカバー・ヒッポ」、「マドルチェ・ミィルフィーヤ」、「XX―セイバー ダークソウル」のレベル3を素材に、食べないでください。シンクロします。

▼レベル9
レベル6の「XX―セイバー フォルトロール」やレベル6のシンクロモンスターを素材にして出せます。

▼レベル7
一応レベル7も出せますが、その時の素材は、「XX―セイバー ボガーナイト」になることが多いと思います。
(「マドルチェ・エンジェリー」は、そのまま
「マドルチェ・ホーットケーキ」になるので。)

ただ、「XX―セイバー ボガーナイト」は、シンクロ先が「X―セイバー」に限られてしまいますので、そこはリンク召喚でいいかなと思い、抜いてます。(枠も厳しかったので。)


■エクシーズ召喚
_20170503_123942
レベル3のフレンズが多いので、ランク3を用意しました。

▼M.X―セイバー インヴォーカー
手札に「XX―セイバー フォルトロール」があるけど、「X―セイバー」を2体用意できない場合に出すと、いいでしょう。

▼虚空海竜リヴァイエール
「マドルチェ・ホーットケーキ」が除外して効果を発動するので、その除外したモンスターを再び出すのに役に立ちます。

▼銀嶺の巨神
相手モンスターを戦闘破壊すると地属性モンスターを表側守備表示で特殊召喚できます。

表側守備表示なので、リンクモンスターは蘇生できませんが、効果は無効にはならないので、「レスキューキャット」や「マドルチェ・ホーットケーキ」などを蘇生して、リンク召喚につなげるといいでしょう。

なお、「ミセス・レディエント」でサポートしてあげれば、戦闘破壊できる範囲が広がります。


【あとがき】
すぐに紹介しようと思っていましたが、結果的にこのタイミングになってしまいましたw

「20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE」の発売直後に紹介した「レスキューシンクロ」デッキを新マスタールールにあわせて改良して作ってみました。

やはり「ミセス・レディエント」の登場が大きいです。
(3体並べると楽しい~w)

これからもこういう属性指定で、LINK2のリンクモンスターを出していただけると、嬉しいですね。
(次は、水属性か風属性あたりを希望!)

では、このあたりで「獣族フレンズ」デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】6つのトリックで翻弄?「アーティスター」デッキ!


今回は、「アーティスター」デッキを紹介したいと思います。
「アーティスター??」
そう思われた方、すいません。説明不足でした。

「アーティスター」は、「アーティファクト」と「トリックスター」の2つを組み合わたデッキになります。

では、早速サンプルレシピを紹介します。
【サンプルレシピ】
〈モンスター18枚〉
アーティファクト―デスサイズ×2
アーティファクト―モラルタ×2
トリックスター・キャンディナ×3
トリックスター・マンジュシカ×3
アステル・ドローン×3
アーティファクト―ベガルタ×1
トリックスター・リリーベル×3
召喚僧サモンプリースト×1

〈マジック14枚〉
トリックスター・ライトステージ×3
手札抹殺×1
簡易融合×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ドン・サウザンドの契約×3
アーティファクト・ムーブメント×3

〈トラップ8枚〉
トリックスター・リンカーネイション×3
アーティファクトの神智×3
砂塵の大嵐×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター2枚
召喚獣カリギュラ×1
召喚獣ライディーン×1

■エクシーズモンスター10枚
武神帝―ツクヨミ×1
鳥銃士カステル×1
No.59 背反の料理人×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.19 フリーザードン×1
No.61 ヴォルカザウルス×1
アーティファクト―デュランダル×1
始祖の守護者ティラス×1
FA―クリスタル・ゼロ・ランサー×1
迅雷の騎士ガイアドラグーン×1

■リンクモンスター3枚
トリックスター・ホーリー・エンジェル×2
デコード・トーカー×1


【サンプルレシピについて】
〈サンプルレシピに隠された6つのトリック〉
サンプルデッキには、厳選されたトリックが6つ、用意されております。

ここではそのトリックについて、簡単ではありますが、ご説明させていただきます。
■トリックその1:効果ダメージ
_20170421_130753
「トリックスター」は、効果ダメージを与えるテーマなので、積極的に効果ダメージを与えましょう。
効果ダメージを与えるトリガー(引き金)をまとめておきましたので、参考にしてください。
●トリックスター・キャンディナ
→相手が魔法・罠カードを発動する度に200ダメージ。
●トリックスター・マンジュシカ
→相手の手札にカードが加わる度に、加えた数×200ダメージ。
●トリックスター・ホーリー・エンジェル
→このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、
200ダメージ。
●トリックスター・ライトステージ
→自分の「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、
200ダメージ。


■トリックその2:手札公開
_20170421_130930
手札公開は、「ドン・サウザンドの契約」の2番目の効果のお仕事になってます。
このカードと次に紹介するトリックによって、お互いの手札がバレバレになっていくかも?

お互い1枚ドロー&1000ライフを失う効果と軽い縛り効果もありますので、お忘れなく。


■トリックその3:手札入れ換え
_20170421_131058
手札入れ換えカードとしては、「トリックスター・リンカーネイション」が、相手の手札だけを入れ換え、「手札抹殺」や「アーティファクト―デュランダル」が、お互いの手札を入れ換えることになります。

その時に、「ドン・サウザンドの契約」があれば、相手だけ、またはお互いの手の内を見せあう状態になり、「トリックスター・マンジュシカ」がいれば、さらに効果ダメージも与えれます。


■トリックその4:エクストラ封じ
_20170421_131207
エクストラ封じは、「アーティファクト―デスサイズ」の出番です。

相手ターンで、「アーティファクトの神智」を発動して特殊召喚したり、
魔法・罠ゾーンにセットしたこのカードを相手ターンで「アーティファクト・ムーブメント」で破壊して特殊召喚すると、相手はエクストラデッキからの特殊召喚が封じられます。


■トリックその5:リンク召喚
_20170421_131323
「トリックスター」を2体並べて「トリックスター・ホーリーエンジェル」をリンク召喚します。

墓地へ落ちた「トリックスター・リンカーネイション」と召喚権を使えば、簡単に並べることができます。

また、「トリックスター・リリーベル」の効果は、ドロー以外で手札に加わった場合に、特殊召喚できる効果なので、これを上手く使えば2体並べることもできます。

パターンとしては、以下の2つがあります。
・「トリックスター・キャンディナ」でサーチ→「トリックスター・リリーベル」を特殊召喚

・「トリックスター・リリーベル」を「トリックスター・マンジュシカ」で戻す→「トリックスター・リリーベル」を特殊召喚


■トリックその6:エクシーズ召喚
_20170422_005047
ランク4とランク5を用意してます。
◆ランク4は、
・「トリックスター・リンカ―ネイション」で、「トリックスター・キャンディナ」を蘇生。
・「召喚僧サモンプリースト」の効果を使う。
・「簡易融合」でレベル4の融合モンスターを特殊召喚する。
・レベル4のモンスターを通常召喚する
のどれか2つを組み合わせて、出します。

「アーティファクト」がセットされていて、破壊するカードがない場合に、「No.59 背反の料理人」を出すといいでしょう。

「武神帝―ツクヨミ」は、「トリックスター・キャンディナ」が2体並んだ時にでも出すといいでしょう。

◆ランク5は、
特殊召喚された「アーティファクト」や「アステルドローン」、「簡易融合」でレベル5の融合モンスターを特殊召喚して、エクシーズ召喚をします。

ランク5のエクシーズモンスターですが、
「ドン・サウザンドの契約」がある時は、「アーティファクト―デュランダル」、

破壊耐性持ちを出したい時は、
「No.19 フリーザードン」からの「FA―クリスタル・ゼロ・ランサー」、

モンスター除去&バーン効果を使いたい時は、「No.61 ヴォルカザウルス」からの「迅雷の騎士ガイアドラグーン」、
と言った選択肢があるので、お好みのものをお使いください!


【あとがき】
紹介が遅れましたが、パックが発売されてすぐに作りました。
しかし、その後「サモン・チェーン」を入れた構築のデッキが優勝していて、驚きました。

まあ、こちらはドン様による手札公開というのがあるので、面白みはあると思います。
(ただ、サーチ手段がないのが残念なので、個々のデュエリストのドロー力で引いてください!)

「サモン・チェーン?」知らんぷりしておきますよ笑
(ワンキル狙いたい人は、入れてくださいね。)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2