このコーナーの存在を忘れてましたw

さて今回のデッキ作り講座では、
前回紹介したリンクデッキの採用候補に上がったモンスターなどを中心に、汎用系(?)をまとめてみました。

リンクデッキを考えていて、カード選びに悩んでいる方の手助けに少しでもなれば幸いです。


【召喚時に墓地からモンスターを特殊召喚できる系】
_20170319_214825
●サイバース・ガジェット
→レベル2以下
●ジャンク・シンクロン
→レベル2以下
●デブリ・ドラゴン
→攻撃力500以下
●クレーンクレーン
→レベル3
●切れぎみ隊長
→レベル4以下
etc.

これらのモンスターを召喚するだけで、LINK2のリンク召喚が可能となります。

ただ、序盤では墓地が肥えていないため、墓地肥やしができるモンスターや魔法・罠カードの採用が必須になります。

「切れぎみ隊長」は、まだ未発売のカードですが、個人的にはデッキに取り入れたいカードとして、注目してます。


【手札から特殊召喚できる系】
_20170329_102322
●Emハットトリッカー
→フィールドのモンスター2体以上存在する場合
●ドッペル・ウォリアー
→自分の墓地から特殊召喚に成功した時
●TGワーウルフ
→レベル4以下の特殊召喚に成功した時
●稲荷火、デーモン・イーター、ジゴバイト
→自分フィールドに魔法使い族がいる時
●ジャンク・フォアード、フォトン・スラッシャー、SRベイゴマックス、リンクスレイヤー
→自分フィールドにモンスターが存在しない場合
etc.

ゴウフウ以外のカードは、単独ではリンク召喚へ繋ぐことができませんが、

上記の「サイバース・ガジェット」系のカードと組み合わせることで、LINK2→LINK3というようにワンランク上のリンク召喚という選択ができたりするので、枠があれば入れてもいいでしょう。

特に「Emハットトリッカー」は、モンスターを2体以上並べることが容易なデッキなら非常に使いやすいカードになると思います。
(前回読者の方からコメントをいただいて、そのことに気づきました。ありがとうございます。)


【墓地から自身を特殊召喚できる系】
_20170329_102651
●グローアップ・バルブ
→デッキトップ1枚を墓地へ送る
●ジェット・シンクロン
→手札を1枚捨てる。
●ゾンビキャリア
→手札1枚をデッキの1番上に置く
etc.


何らかのコストが必要になりますが、好きなタイミングで墓地から特殊召喚が可能に。

しかも、紹介したモンスターはチューナーなので、場面によってリンク召喚・シンクロ召喚と選択ができるのも特徴。

ただ、こちらも召喚系のカードと同様、墓地肥やしがあらかじめ必要。


【トークン生成系】
_20170329_102917
●BF―朧影のゴウフウ
→手札から特殊召喚に成功時、「朧影トークン」(闇1・鳥獣族・攻/守0)を2体特殊召喚
●幻銃士
→召喚・反転召喚に成功時、自分フィールドのモンスターの数まで、「銃士トークン」(闇4・悪魔族・攻/守500)を特殊召喚できる
●クラスター・ペンデュラム
→召喚に成功時、相手フィールドのモンスターの数まで、「ペンデュラム・トークン」(地1・機械族・攻/守0)を特殊召喚できる
●幻獣機テザーウルフ
→召喚に成功時、「幻獣機トークン」(風3・機械族・攻/守0)を1体特殊召喚
●ダンディライオン
→墓地へ送られた場合、「綿毛トークン」(風1・植物族・攻/守0)を2体特殊召喚
●幻獣機オライオン
→墓地へ送られた場合、「幻獣機トークン」(風3・機械族・攻/守0)を1体特殊召喚
etc.


シンクロと同じように、トークンはリンク素材にも使えるので、新マスタールールでは重要戦略に。

トークン生成は、召喚に成功時系と墓地へ送られた系あたりが扱いやすいと思われます。

召喚に成功した時にトークンを生成する系は、序盤・中盤・終盤を問わずどのような場面でも、召喚に成功すればすぐにリンクへ繋ぐことができます。

墓地へ送られた場合にトークンを生成する系は、墓地肥やしカードがあれば、召喚権を使わずにすぐにリンク素材を用意できるという利点があります。


【あとがき】
リンクデッキを構築中に(現在も改良中)、採用候補に上がったモンスターは上記のようなモンスターになります。

この中から何か構築のヒントや発見になるようなものがあるといいのですが...。

なお、現在もいろいろとカードを探し中!
他にもモンスターで何かいたらいいな~。

では、これでリンク素材候補モンスターのデッキ作り講座を終わります。
(特集記事でも良かったかもと思いつつ。)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。