ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

儀式召喚

【デッキレシピ】敵に塩を送る?!「サクリファイス」デッキ!!



???:「皆さん、こんにちは。サクリファイス(サクちゃん)です!」
_20170110_164334
▲サクちゃん(年齢不詳)

???:「どうも、こんにちは。サウザンドアイズ・サクリファイス(千ちゃん)です!」
_20170110_164311
▲千ちゃん(年齢不詳)

サクちゃん:「今回のデッキレシピは、私達二人が担当させていただきます。よろしくお願いします。」


千ちゃん:「それにしても、最近ハイロンさん更新サボってますね(笑)何しているのだろう?」

サクちゃん:「1BOX開封合戦とかの準備をしてるみたいだよ。ネタ切れもあるみたいだけど。(小声で)」

千ちゃん:「えぇ!本当?さっきデュエルリンクスで遊んでたよ。」

サクちゃん:「それはデュエルリンクスのバニラの世界を探検していたのでしょう。千ちゃん、前回の記事を読んでないの?それよりも今回のデッキレシピの担当を私達二人でやってもいいよとハイロンさんが言ってた。」

千ちゃん:「そうなの?知らなかった。じゃあフリートークはこのあたりにしておいて、早速サンプルレシピの紹介しちゃいます!」

【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
雷撃壊獣サンダー・ザ・キング×2
怒炎壊獣ドゴラン×2
多次元壊獣ラディアン×2
マンジュ・ゴッド×3
クリボール×3
儀式魔人ディザーズ×1
RR-ラスト・ストリクス×2
バトルフェーダー×2
エフェクト・ヴェーラー×2
サクリファイス×3

〈マジック15枚〉
儀式の下準備×3
儀式の準備×1
簡易融合×2
死者蘇生×1
妨げられた壊獣の眠り×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
サイクロン×2
イリュージョンの儀式×3

〈トラップ3枚〉
王宮のお触れ×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター2枚
サウザンドアイズ・サクリファイス×2

■シンクロモンスター8枚
フォーミュラ・シンクロン×1
ABF―雨隠れのサヨ×1
焔紫竜ピュラリス×1
スターダスト・ドラゴン×1
クリムゾン・ブレーダー×1
幻竜星―チョウホウ×1
天穹覇龍ドラゴアセンション×1
神樹の守護獣―牙王×1

■エクシーズモンスター5枚
LL―リサイト・スターリング×1
シャイニート・マジシャン×1
森羅の姫芽宮×1
RR―アルティメット・ファルコン×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1


【サンプルレシピのデッキ戦術について】

千ちゃん:「このデッキの戦術は、あれだな。サクちゃんを儀式召喚して、相手モンスターを装備化して殴るデッキだな。」

サクちゃん:「どうやらそうみたいだね。だからハイロンさんは、私達に頼んだのか。『壊獣』を採用してあるところを見ると、相手の嫌なモンスターを除去しつつ、我々のエサを用意してくれてるようだ。」

千ちゃん:「エサって(笑)でも、そのおかげで対象をとる効果が効かないモンスターがいても大丈夫そうだね。ところでおいらはどうやって出すんだい?」

サクちゃん:「千ちゃんは、『簡易融合』で格好よく登場でしょう!千ちゃんの装備化効果を使った後、ランク1やレベル2のシンクロ召喚に使われると思うよ。」

_20170110_164221

千ちゃん:「サクちゃん、おいらだし汁に使われているような気もするが(泣)」

サクちゃん:「まあ、正規融合は厳しいから仕方がないよ。ところで『LL―リサイト・スターリング』は、『RR―ラスト・ストリクス』をサーチするために入れているらしいよ。」

_20170110_164150

千ちゃん:「その後の展開は、おいら知ってるよ。『RR―アルティメット・ファルコン』を出して、『No.77 ザ・セブン・シンズ』になるパターンか。」

サクちゃん:「じゃあシンクロは、わかる?」

千ちゃん:「『エフェクト・ヴェーラー』と『壊獣』でシンクロするパターンだろう?『壊獣』モンスターがレベル7~9だからそれに対応するように、レベル8~10のシンクロモンスターを採用しているんでしょう。」

サクちゃん:「さすが、千ちゃん!言おうとしてたことを全部言ってくれた。このデッキは大型モンスターだらけで、隙がないね。」

千ちゃん:「隙がないと言えば、手札誘発が多いね。」

サクちゃん:「デュエルリンクスで活躍している『クリボール』も入っているよ。攻撃を避けつつ、儀式素材にもなってくれるから、便利だね。しかもやり過ぎかよと言うぐらい『バトルフェーダー』まで入ってる。」

_20170110_164130

千ちゃん:「それは、やはりサクちゃんのエサの確保で入れているんだと思うよ。」

サクちゃん:「やっぱり??いろいろと私達のことを考えて作ってくれているんだね。」

千ちゃん:「そうだね。」

サクちゃん:「このあたりでそろそろ終わりにしたいと思うんだけど、千ちゃん何か一言ある?」

千ちゃん:「最後まで読んでいただき、ありがとうございました!」

サクちゃん:「しっかりしてるね(笑)一度牢屋に入るとこうなるんだね。興味があればぜひとも作ってみてください。」

千ちゃん:「『ミリオン・アイズ・サクリファイス』が登場する日まで、さようなら~(笑)」






【デッキレシピ】新規カードの力を得た「カオス・ソルジャー」デッキ!


カジュアルに紹介する形になった【デッキレシピ】の第2弾は、「カオス・ソルジャー」デッキを紹介させてもらいます。


【カオス・ソルジャーとは】
「カオス・ソルジャー」は、初代遊戯王の主人公、闇遊戯が使ったモンスターで、レベル8・戦士族の儀式モンスターです。

「ディメンション・オブ・カオス」と「レイジング・テンペスト」で、大幅に強化された結果、儀式素材のレベルの組み合わせによる分類で、「レベル1+レベル7軸」と「レベル4軸」の2つのデッキタイプが登場しました。

なお、今回紹介する「カオス・ソルジャー」デッキは、「レベル4軸」の方になっています。

レベル4軸は、「開闢の騎士」や「宵闇の騎士」などを儀式素材にして、「カオス・ソルジャー」儀式モンスターに効果を付与し、アドバンテージを得るのが特徴です。


では、サンプルレシピの紹介です。
〈モンスター部門〉
_20161104_142017

〈モンスター22枚〉
カオス・ソルジャー×3
(超戦士カオス・ソルジャー×3でもOK)
カオス・ソルジャー -開闢の使者-×2
儀式魔人プレサイダー×2
BF-精鋭のゼピュロス×1
混沌の使者×1
マンジュ・ゴッド×3
終末の騎士×1
開闢の騎士×3
宵闇の騎士×2
超電磁タートル×1
超戦士の魂×3

〈マジック・トラップ部門〉
_20161104_142236

〈マジックカード15枚〉
混沌の場×3
増援×1
おろかな埋葬×1
手札抹殺×1
手札断殺×3
マスク・チェンジ・セカンド×1
超戦士の儀式×2
超戦士の萌芽×3

〈トラップカード3枚〉
天地開闢×3


【サンプルレシピについて】
新規カードの「混沌の使者」、「超戦士の萌芽」、「天地開闢」の3種類を取り入れて作り直してみました。

・「混沌の使者」
「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」とコストの取り合いをしますが、「カオス・ソルジャー」モンスターの攻撃力パワーアップ&条件を満たせば手札に戻ってくるので、様子見として1枚の採用にしています。


・「超戦士の萌芽」
_20161105_004342

「カオス・ソルジャー」デッキにとって革命的な儀式魔法カード。
このカードのおかげで「開闢の騎士」+「儀式魔人プレサイダー」の組み合わせがしやすくなりました。

その他にも「超電磁タートル」や「BF-精鋭のゼピュロス」を儀式召喚しながら墓地へ送るという使い方もあります。


・「天地開闢」
_20161105_004435

このカードを使って、「カオス・ソルジャー」と「超戦士の魂」×2体を選ぶと「超戦士の萌芽」を発動できる準備が整います。
あとは、「開闢の騎士」と「宵闇の騎士」を選択するとカオスの準備もできます。


・「開闢の騎士」、「宵闇の騎士」、「儀式魔人プレサイダー」
「カオス・ソルジャー」を強くする&カスタマイズできる三人衆。
「開闢の騎士」+「儀式魔人プレサイダー」がベスト。


・「超戦士の魂」
儀式魔法がなくても、一時的に「カオス・ソルジャー」の代わりになり、墓地からこのカードを除外すると「開闢の騎士」or「宵闇の騎士」をサーチできる一人二役ができるモンスター。


・「超戦士の儀式」
「カオス・ソルジャー」儀式モンスター専用の儀式魔法です。
それから、このカードが墓地にあると(ただし、墓地へ送られたターンには発動不可)、光属性と闇属性1体ずつとこのカードを除外することで、「カオス・ソルジャー」儀式モンスター1体を「召喚条件無視」で特殊召喚できます。

「超戦士の萌芽」は、1ターンに1度しか発動できないので、2体目の「カオス・ソルジャー」を出すときはこのカードの出番になります。


・「手札抹殺」、「手札断殺」
手札入れ替え兼墓地肥やしカード。
普通に使えば1枚のハンドアドバンテージの損ですが、「超戦士の魂」を墓地へ送ることができれば、すぐに損失を回復できます。



【あとがき】
エクストラデッキは、エクシーズモンスターはランク4とランク8で固めて、「マスク・チェンジ・セカンド」を採用している都合上、「M・HERO」の闇・光属性融合モンスターを用意するといいでしょう。

ただ、サンプルレシピでは儀式召喚に重点をおいているため、エクシーズ召喚をもう少し戦略に入れたい場合は、何かしらの工夫が必要となります。

例えば、「デブリ・ドラゴン」や「カメンレオン」あたりを入れて、該当するモンスターを蘇生させるとエクシーズ召喚ができます。

「デブリ・ドラゴン」
→「開闢の騎士」、「宵闇の騎士」

「カメンレオン」
→「混沌の使者」
(シンクロ召喚も選択可能)

それから、面白いこととして「心眼の女神」と「龍の鏡」を入れると「究極竜騎士」を出すこともできちゃいますね。

あとがきを書いている時点でも、まだまだ改良できそうですね。
改良版の「カオス・ソルジャー」デッキは、日にちが経ってからになると思いますが、姉妹サイトの方に載せておくとします。

ではこれぐらいで「カオス・ソルジャー」デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




【デッキレシピ】華麗なる儀式集団!「サイバー・エンジェル」デッキ!!


「インベイジョン・オブ・ヴェノム」のカードを使ったデッキ紹介の最後は、「サイバー・エンジェル」です。

「サイバー・エンジェル―美朱濡―」の効果がお強いんじゃない?かなと思って作ってみました。
_20160721_123849


【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
サイバー・エンジェル―美朱濡―×2
サイバー・エンジェル―弁天―×3
儀式魔人プレサイダー×2
サイバー・エンジェル―韋駄天―×3
マンジュ・ゴッド×3
レッド・リゾネーター×3
サイバー・プチ・エンジェル×3
ハネクリボー×1

〈マジック17枚〉
祝福の教会―リチューアル・チャーチ×3
テラ・フォーミング×3
儀式の準備×1
コール・リゾネーター×3
おろかな埋葬×1
機械天使の儀式×3
精霊の祝福×1
禁じられた聖杯×2

〈トラップ3枚〉
威嚇する咆哮×3

〈エクストラデッキ15枚〉
虹光の宣告者×2
アームズ・エイド×1
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
BF―星影のノートゥング×1
レッド・ワイバーン×1
瑚之龍×1
キャット・シャーク×1
ガチガチガンテツ×1
神騎セイントレア×1
No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス×1
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1
セイクリッド・トレミスM7×1
彼岸の巡礼者 ダンテ×1


【デッキ戦術】
■儀式モンスター・儀式魔法のサーチ
「マンジュ・ゴッド」を始めとして、「サイバー・プチ・エンジェル」や「儀式の準備」、「祝福の教会―リチューアル・チャーチ」、「虹光の宣告者」の効果を使い、儀式モンスターや儀式魔法カードをサーチします。

■儀式召喚
_20160721_124033

・レベル6編
儀式モンスターを儀式召喚する場合は、基本的にレベル6の儀式モンスターをリリース素材にします。

レベル6の儀式モンスターには、「サイバー・エンジェル―弁天―」と「サイバー・エンジェル―韋駄天―」の2体がいます。

使い分けとしては、
サーチしたい時は、弁天の方をリリースし、
儀式モンスターの攻撃力を上げたい時は、韋駄天をリリースするという使い方をします。

・レベル10編
インベイジョン・オブ・ヴェノムで新たに登場した「サイバー・エンジェル―美朱濡―」が該当します。

エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに対しては、強力な存在になります。

レベル6の儀式モンスターと「儀式魔人プレサイダー」などのレベル4モンスターをリリースして、儀式召喚を狙います。


■シンクロ召喚
_20160721_124218

「レッド・リゾネーター」からの展開が中心なので、レベル4とレベル6のシンクロ召喚に標準を絞りました。

レベル8も狙えますが、儀式召喚してからのシンクロになるので、ちょっと損失の方が大きいかなと思い、その選択肢は捨てました。

●レベル4編
「レッド・リゾネーター」+「サイバー・プチ・エンジェル」の組み合わせで、「虹光の宣告者」を出すのがいいでしょう。

「虹光の宣告者」で、何かの発動を無効にして、儀式関連をサーチするのが理想です。

「サイバー・プチ・エンジェル」のサーチ効果と合わせると儀式召喚の準備が整っているはずです。

●レベル6編
「レッド・リゾネーター」+「儀式魔人プレサイダー」でなれます。

レベル6は、汎用性で固めました。

儀式召喚をするならドロー効果を持つシンクロモンスターを出すといいかも。
そのあたりは、状況によって変えるといいでしょう。


■エクシーズ召喚
_20160721_124813

ランク2とランク6を用意しました。

ランク2は、「レッド・リゾネーター」の存在から出しやすいと思います。

一方、ランク6は、儀式召喚を2回やって出すか、儀式召喚+レベル6のシンクロ召喚で出すしかないので、積極的には狙いません。

なので、ランク2をメインにするといいでしょう。


【あとがき】
書き残したこととして、

「ハネクリボー」は、1キル対策(完全ではないですが)&「祝福の教会―リチューアル・チャーチ」の効果で、特殊召喚する用として入っています。

また、「精霊の祝福」は、4枚目の「機械天使の儀式」として採用しています。

「機械天使の儀式」の2番目の効果を使ってしまうと、儀式魔法がなくなってしまい儀式召喚ができない&「祝福の教会―リチューアル・チャーチ」で戻す儀式魔法カードがなくなってしまうので、採用しています。

(なお、戻すカードは、魔法カードなら何でも大丈夫ですが、儀式魔法を確実にサーチできるカードを握っている場面もあるので、それを想定してます。)

「彼岸の巡礼者 ダンテ」は、「永遠の淑女 ベアトリーチェ」が相手により破壊された時に出すモンスターとして、採用してます。


「化合獣」がまだ未完成ですが、とりあえず「インベイジョン・オブ・ヴェノム」のカードを使ったデッキの紹介は、ここで1度、終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




【デッキレシピ】ペンデュラム召喚以外の全ての召喚法を操る「ブルーアイズ」デッキ!



今さらな感じもしますが、今回は「ブルーアイズ」デッキをご紹介します。
_20160521_194922

以前「バスター・ブレイダー」デッキに入っていた「ブルーアイズ」ですが、「バスター・ブレイダー」から切り離したまま放置していました。

ですが、映画での活躍や格好よさに影響を受けて作るも、紹介するタイミング逃しながら、今回紹介することになりました。

デッキレシピは、シンプルに「青眼の白龍」を中心としたぐらいで、特に変わったところはないと思います。

なので、「ブルーアイズ」デッキを強化したいと思って、読みに来ていただいた方にとっては、物足りない内容となっているはずです。

どちらかと言うと、少しだけ初めて作る人向けになっていると思います。

あらかじめこのことをご了承の上、読み進めていただけることを望みますm(__)m

デッキレシピは、こんな感じです。

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン×3
青眼の白龍×3
マンジュ・ゴッド×3
太古の白石×3
青き眼の祭司×2
伝説の白石×2
青き眼の賢士×3
ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン×1

〈マジック17枚〉
竜の渓谷×1
おろかな埋葬×1
ドラゴン・目覚めの旋律×3
トレード・イン×3
調和の宝札×3
死者蘇生×1
銀龍の轟咆×2
カオス・フォーム×3

〈トラップ3枚〉
王宮のお触れ×3

〈エクストラデッキ15枚〉
青眼の双爆裂龍×2
浮鵺城×1
蒼眼の銀龍×2
青眼の精霊龍×1
幻竜星-チョウホウ×1
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー×1
サンダーエンド・ドラゴン×1
聖刻神龍-エネアード×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
銀河眼の光波竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1



【デッキ戦術】
基本的には、「青眼の白龍」を手札・フィールドに持ってくることから始めます。

手札に持ってくるカードとしては、
「伝説の白石」が墓地へ送られた場合の効果や、「ドラゴン・目覚めの旋律」を使ってサーチしてきます。

フィールドに持ってくるカードとしては、
デッキからは「太古の白石」や「青き眼の賢士」の効果を使い、
墓地からは、「青き眼の祭司」や蘇生カードを使って、「青眼の白龍」を特殊召喚します。

そのまま「青眼の白龍」の圧倒的な力でデュエルを進めることもできますが、
さらに、儀式・シンクロ・エクシーズ・融合召喚の4つの召喚方法を使えます。

■儀式コース
_20160521_194818

高い攻撃力と相手の効果の対象にならない&効果では破壊されない効果、2倍の貫通ダメージを与える効果を持つ「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」の儀式召喚を狙っていきます。

「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」は、「ドラゴン・目覚めの旋律」で、「青眼の白龍」とともにサーチすると手札に加えることができます。

また、「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」が墓地に落ちている場合は、「太古の白石」の墓地で発動できる効果で、拾うといいでしょう。

「カオス・フォーム」は、「マンジュ・ゴッド」を召喚してサーチするといいでしょう。
その後は、「青き眼の賢士」や「青き眼の祭司」の効果を使うためのコストにすると無駄がありません。

■シンクロコース
_20160521_194726

シンクロコースは、レベル9のシンクロ召喚に特化して、レベル1チューナーと「青眼の白龍」を使って、行います。

少し繰り返しになりますが、「青眼の白龍」を「太古の白石」、「青き眼の賢士」、「青き眼の祭司」などの効果や蘇生カードを使って、「青眼の白龍」を特殊召喚した後、レベル1チューナーを召喚するシンプルなスタイルで出します。

シンクロモンスターですが、優先して出したいのは、「蒼眼の銀龍」や「青眼の精霊龍」です。

特に「蒼眼の銀龍」は、エクシーズや融合コースに繋ぐこともできるので、後々の展開を考え、維持ができそうなら最優先になるでしょう。

■融合コース&エクシーズコース
_20160521_194643

融合コースもエクシーズコースも、「青眼の白龍」が2体並べれば、どちらかを選択できることになります。

ここでは、融合コースやエクシーズコースで使うエクストラデッキのカードについて、記載しておきます。

融合コースは、「青眼の白龍」を2体墓地へ送ることで、戦闘でほぼ無敵の「青眼の双爆裂龍」をエクストラデッキから特殊召喚できます。

エクシーズコースは、3つの勢力(グループ)に分けることができます。
まず、高い攻撃力&破壊耐性を持つ「ザ・セブン・シンズ」グループです。

「No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー」をエクシーズ召喚し、効果を使わずに、2つのエクシーズ素材を取り除いて、「No.84 ペイン・ゲイナー」を重ね、さらに「No.77 ザ・セブン・シンズ」を重ねることで、出せます。

次に「ギャラクシーアイズ」グループは、「銀河眼の光波竜」と「No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン」になります。

「銀河眼の光波竜」でモンスターモンスターを奪えますが、それがエクシーズモンスターの場合に、コントロールを奪いつつ、「No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン」にして、相手のフィールドに帰さないということができます。

そして、最後はその他のグループです。
相手のフィールドの状況によって、「サンダーエンド・ドラゴン」や「聖刻神龍-エネアード」、「No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」を使いわけるといいでしょう。


【編集後記】
エクストラデッキ以外は、特に変わったカードは入れていません。

むしろ、「あれが入っていないの?」と思われるかもしれませんが、肩の力が入っていない、ゆるいデッキにしたかったので、 不採用にしました。
(持っていないことが、大きな理由ですが。)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2