ハイロン研究所

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

幻竜族

【遊戯王デッキレシピ】純構築シリーズ:「メタファイズ」デッキ


少し遅くなりましたが、
ストラクで「異次元の精霊」が再録されたのをきっかけに、ほぼ純構築の「メタファイズ」デッキを作ってみましたので、簡単にですが紹介したいと思います。

【採用したカードについて】
■メタファイズの基本
_20170710_195620
上級の「メタファイズ」モンスターは、「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合の効果と除外された場合の効果の2つがあります。

なので、基本的には除外するカードで除外して、「メタファイズ」の除外された時の効果を使いつつ、「メタファイズ」を特殊召喚できるモンスターで展開していく感じになります。

除外された時の効果ですが、
・手札から「メタファイズ」を展開したい時は「メタファイズ・タイラント・ドラゴン」。
・サーチしたい時は「メタファイズ・ネフティス」。
・「メタファイズ・ダイダロス」は、これらのモンスターを除外したい時。
という感じで除外する「メタファイズ」を使い分けることになります。

なお、除外された場合に発動する効果は、次のスタンバイフェイズになるので、少し発動するタイミングが遅れることに、注意しておかなければなりません。


■メタファイズ・タイラント・ドラゴン×3、メタファイズ・ラグナロク×3
_20170710_195828
「メタファイズ」モンスター特殊召喚できるモンスターは、この2体になります。

「メタファイズ・タイラント・ドラゴン」は、除外された次のスタンバイフェイズに手札から、
「メタファイズ・ラグナロク」は、戦闘ダメージを与えた時にデッキから、
「メタファイズ」モンスターを特殊召喚できるので、次に紹介する「メタファイズ」使い分けたりします。

なお、「メタファイズ・ラグナロク」は、召喚・特殊召喚成功時に、デッキの上から3枚除外する効果も合わせもっています。


■メタファイズ・ラグナロク×3、メタファイズ・ネフティス×3
_20170710_195458
「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に、カード除去ができるモンスター達です。

「メタファイズ・ラグナロク」→特殊召喚された表側表示のモンスター全て
「メタファイズ・ネフティス」→セットされた魔法・罠カード全て
なので、自分のカードも巻き込む点には、注意。


■異次元の精霊×2
_20171009_235347
自分フィールドのモンスターを1体除外することで、手札から特殊召喚できるレベル1チューナー。
「メタファイズ」モンスターの効果を発動させたり、シンクロ召喚へ繋いだりとできます。



■サイバー・ヴァリー×3
_20171009_235530
こちらも、「メタファイズ」モンスターの効果を発動させるモンスター。
3つの効果を持ちますが、基本はこのカードと自分のフィールドのモンスターを除外して2枚ドローする効果か、
手札1枚とこのカードを除外して、墓地のカードをデッキトップに置く効果のどちらかを使って、「メタファイズ」を除外します。


■ブリリアント・フュージョン×3
_20171009_235655
「メタファイズ」は光属性なので、「ジェムナイト」を入れるだけで、「ジェムナイト・セラフィ」を融合召喚することができます。

通常召喚権と「ジェムナイト・セラフィ」で得た召喚権で、場合によっては「メタファイズ」を通常召喚するという使い方もできるので、手札事故回避としての役割もあります。


■シンクロモンスター
レベル1チューナーの「異次元の精霊」とレベル4チューナーの「メタファイズ・ラグナロク」で作れるシンクロモンスターを用意しました。

具体的には、
「異次元の精霊」の場合→レベル6、レベル8~9
「メタファイズ・ラグナロク」→レベル8~9、レベル11~12
を出すことを想定。

何とか、幻竜族の「メタファイズ・ホルス・ドラゴン」や「輝竜星-ショウフク」、「幻竜星-チョウホウ」を組み込めました。


■エクシーズモンスター
基本的には、エクシーズせずにそのまま殴ったほうがいいと思うのですが、ランク8とランク9を用意。

ランク8は、レベル8のシンクロモンスターや「メタファイズ」が並んだ時に、
ランク9は、「浮鵺城」のシンクロ召喚から、レベル9のシンクロモンスターを蘇生してという流れからになります。


では、最後にサンプルレシピを紹介して終わりたいと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
メタファイズ・タイラント・ドラゴン×3
メタファイズ・ダイダロス×3
メタファイズ・ネフティス×3
ジェムナイト・ガネット×3
メタファイズ・ラグナロク×3
異次元の精霊×2
サイバー・ヴァリー×3

〈マジック14枚〉
メタファイズ・ファクター×3
テラ・フォーミング×1
封印の黄金櫃×3
死者蘇生×1
アシンメタファイズ×3
ブリリアント・フュージョン×3

〈トラップ6枚〉
幽麗なる幻滝×3
メタファイズ・ディメンション×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター2枚
ジェムナイト・セラフィ×2

■シンクロモンスター10枚
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
メタファイズ・ホルス・ドラゴン×1
輝竜星-ショウフク×1
閃こう竜 スターダスト×1
ゼラの天使×1
浮鵺城×1
灼銀の機竜×1
幻竜星-チョウホウ×1
星態龍×1
ABF-神立のオニマル×1

■エクシーズモンスター3枚
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
幻子力空母エンタープラズニル×1
真竜皇V.F.D×1

以上が純構築シリーズの「メタファイズ」デッキになります。

今週末は、いよいよエクストリーム・フォースの発売日が控えてますね。
今から楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】アンデット族+幻竜族の組み合わせ!?「不知火メタファイズ」デッキ!!


サンプルレシピ紹介です。
「サーキット・ブレイク」が発売されて、新たに登場した「メタファイズ」を使い、デッキを作ってみたので、紹介したいと思います。

サンプルレシピはこんな感じになりました↓
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
メタファイズ・タイラント×2
メタファイズ・ダイダロス×1
メタファイズ・ネフティス×2
馬頭鬼×3
メタファイズ・ラグナロク×3
不知火の宮司×3
ユニゾンビ×3
不知火の隠者×3

〈マジック14枚〉
メタファイズ・ファクター×2
封印の黄金櫃×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
アシンメタファイズ×3
大欲な壺×2

〈トラップ6枚〉
幽麗なる幻滝×3
不知火流 燕の太刀×1
不知火流 輪廻の陣×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター6枚
PSYフレームロード・Ζ×1
邪竜星―ガイザー×1
スターダスト・ドラゴン×1
PSYフレームロード・Ω×1
戦神―不知火×1
魔王龍ベエルゼ×1

■エクシーズモンスター9枚
No.82 ハートランドラコ×1
No.41 泥睡魔獣バグースカ×1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1
No.15 ギミック・パペット―ジャイアントキラー×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
No.107 銀河眼の時空竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1

【サンプルレシピについて】
■不知火について
_20170710_195308
まず「不知火」を相方に選んだのは、
「メタファイズ・ラグナロク」の除外効果をもっと活かせないかなと考えた結果です。

「不知火」の効果ですが、除外された場合に発動できる効果を持っています。
●不知火の宮司
→相手の表側のカードを1枚破壊。

●不知火の影者
→影者以外の除外されている「不知火」を特殊召喚。

これにより、「メタファイズ・ラグナロク」の効果で除外されるとカード除去とモンスターの展開が可能となっています。

また、「不知火」のモンスターには、もう1つ効果があって、
「不知火の宮司」は、召喚成功時に手札・墓地から宮司以外の「不知火」を1体特殊召喚できる効果があります。
(なお、特殊召喚したモンスターがフィールドから離れると除外されます。)

こちらの効果で、ランク4のエクシーズ召喚もできます。

それから「不知火の影者」は、自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースすると(自身もOK)、デッキから守備力0のアンデット族チューナーを特殊召喚できます。

このデッキでは「ユニゾンビ」を持ってきて、「馬頭鬼」を墓地へ送り...という流れでレベル8のシンクロ召喚orランク4のエクシーズ召喚が可能。

■メタファイズについて
_20170710_195828
ここからは、本題の「メタファイズ」です。
上級の「メタファイズ」には、
・除外された場合の効果
・メタファイズの効果で特殊召喚した場合の効果
の2つがあります。

●除外された場合の効果について
_20170710_195458
「メタファイズ」は除外されると、次のスタンバイフェイズに除外されている自身をデッキに戻して効果を発動できるようになっています。
・メタファイズ・タイラント
手札から「メタファイズ」1体を特殊召喚。
(次のターンのエンドフェイズ時に、除外。)

・メタファイズ・ダイダロス
デッキから「メタファイズ・ダイダロス」以外の「メタファイズ」カード1枚を除外。

・メタファイズ・ネフティス
デッキから「メタファイズ・ネフティス」以外の「メタファイズ」カード1枚を手札に加える。

こちらの効果を発動するために、デッキから除外できる「メタファイズ・ラグナロク」や「封印の黄金櫃」、手札から除外できる「アシンメタファイズ」などを使います。

基本的には「メタファイズ・ネフティス」を除外して、手札に「メタファイズ」カードを揃え、
手札が揃ったら「メタファイズ・タイラント」を除外して、手札から「メタファイズ」1体を特殊召喚するという感じです。

●メタファイズの効果で特殊召喚した場合の効果
_20170710_195620
こちらは、「メタファイズ・タイラント」の除外された場合の効果や「メタファイズ・ラグナロク」で戦闘ダメージを与えると「メタファイズ」を特殊召喚できる効果を使い、発動を狙っていきます。
・メタファイズ・タイラント
罠カードの効果を受けない
+モンスターを攻撃した場合、追加の攻撃が1度だけできる。

・メタファイズ・ダイダロス
特殊召喚された表側モンスターを全て除外

・メタファイズ・ネフティス
フィールドにセットされた魔法・罠カードを全て除外

狙い目は、やはり「メタファイズ・ダイダロス」と「メタファイズ・ネフティス」ですが、自分のカードも巻き込む可能性がある点には注意が必要です。

発動タイミングを外すために、「メタファイズ・ダイダロス」→「メタファイズ・タイラント」という順番で除外したり、
場合によっては、戦闘用のモンスターを増やす目的で、効果を発動しないなどの対応が必要になってくるかもしれません。


【その他のカードについて】
■大欲な壺
「メタファイズ・ラグナロク」の除外する効果で、魔法・罠カードも巻き込んでしまうので(特に、「ブラック・ホール」や「ハーピィの羽根帚」など)、それらを戻せるこちらを採用。

「馬頭鬼」的には、「異次元からの埋葬」がいいのでしょうけど...。

■幽麗なる幻滝
「メタファイズ・ラグナロク」のサーチ用ですが、「メタファイズ・タイラント」の効果で特殊召喚したい「メタファイズ」を持ってきたりすることもできます。

■不知火流 輪廻の陣
1ターンに1度、どちらかしか使えませんが、防御効果&ドロー効果を持つ罠カードです。

まずは、防御効果から。
自分フィールドのアンデット族を除外すると、そのターン、自分が受ける全てのダメージを0にします。
この効果で「メタファイズ」が揃うまでの時間稼ぎができますし、
また、「不知火の宮司」を除外できれば、カード除去もできます。

ドロー効果ですが、除外されている守備力0のアンデット族を2体デッキに戻すと、1枚ドローできます。
防御効果で貯めることもできますし、「メタファイズ・ラグナロク」で除外してしまった「不知火」や「ユニゾンビ」を戻すこともできます。

■ランク8
アンデット族の方でレベル8のシンクロモンスターを作って、特殊召喚されたレベル8の「メタファイズ」とともにエクシーズ召喚ができます。
(ただ、そのまま攻撃した方がダメージ的には多い。)

用意したランク8のエクシーズモンスターは、
魔法封じ
モンスターに2回攻撃
戦闘・破壊耐性
というセットになっていますので、状況に合わせて使い分けます。


【あとがき】
「メタファイズ・ラグナロク」を活かすために「不知火」を入れてみましたが、
結果的に「不知火」に寄せる感じで、「メタファイズ」モンスターを削っています。

もう少し改良が必要かなと考えているので、これからも修正を加えていきたいと思います。

以上で、「不知火メタファイズ」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】純構築シリーズ:「真竜」デッキ編


今回、紹介するデッキは、「マキシマム・クライシス」で新たに登場した「真竜」デッキを紹介します。

今回は、いいアイデアが思い浮かばなかったので、ほぼ純粋な構築で作ってみました。

ここから先は、「真竜」本人達に紹介してもらうことにしましょう。
イグニス、マジェスティ、頼んだよ~。

イグニス:「おう!俺に任せろ。バーニング!!」

マジェスティ:「相変わらず、アンタはうるさいよ。うるさいやつは放っておいて、早速『真竜』デッキのサンプルレシピを紹介させていただきます。」

〈サンプルレシピ〉
〈モンスター20枚〉
真竜剣皇マスターP×2
真竜凰マリアムネ×2
真竜拳士ダイナマイトK×3
真竜戦士イグニスH×3
真竜導士マジェスティM×3
真竜騎将ドライアスⅢ世×3
真竜皇バハルストスF×2
スポーア×1
グローアップ・バルブ×1

〈マジック12枚〉
ドラゴニックD×3
テラ・フォーミング×3
おろかな埋葬×1
真竜の継承×3
真竜凰の使徒×2

〈トラップ8枚〉
幽麗なる幻滝×3
真竜皇の復活×3
真竜の黙示録×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター8枚
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
獣神ヴァルカン×1
瑚之龍×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
邪竜星―ガイザー×1
輝竜星―ショウフク×1
浮鵺城×1
神樹の守護獣―牙王×1

■エクシーズモンスター7枚
No.12機甲忍者クリムゾン・シャドー×1
シャーク・フォートレス×1
終焉の守護者アドレウス×1
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
No.6先史遺産アトランタル×1
セイクリッド・トレミスM7×1
真竜皇V.F.D×1
※ランク5やランク6ならもっと汎用性のあるカードに変えてもらっても構いません。

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
■真竜の基本戦術
イグニス:「『真竜』の基本戦術は、俺が紹介するぜ。レッツバーニング!」
_20170117_143032
▲イグニス
正式名称は、「真竜戦士イグニスH」。
「真竜」の4番隊隊長で、剣術に関しては「真竜」随一。
口癖は、「バーニング!」。
【真竜の共通効果】
※レベル9の「真竜皇(凰)」は除く
表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。

この効果クレイジーで、バーニングだろう?!
クレイジーな効果のおかげでリリースするモンスターがいなくても、永続魔法・罠カードがあれば、『真竜』をアドバンス召喚できるんだ。

リリースする永続魔法・罠カードは、やはり「真竜」カードがオススメだぞ。
なぜなら「真竜」の永続魔法・罠カードは、魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、カード除去効果を持っているからだ。
・「真竜」永続魔法
→フィールドの魔法・罠カード1枚除去。
・「真竜」永続罠
→フィールドのモンスター1体除去。

あとは、ダイナマイトと俺、そしてマジェスティの3人は、
『1ターンに1度、アドバンス召喚をした状態で存在して、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に、デッキから「真竜」のカードをサーチまたは、自分フィールドに発動できる効果』もあるぞ。

●対応するサーチ先
ダイナマイトK→「真竜」永続罠カード(自分フィールドに発動もできる)
イグニスH→「真竜」永続魔法カード(自分フィールドに発動もできる)
マジェスティM→「真竜」モンスター


■「ドラゴニックD」の活用
マジェスティ:「『ドラゴニックD』については、私が紹介するね。」
_20170117_142917
▲マジェスティ
正式名称は、「真竜導士マジェスティM」。
「真竜」5番隊隊長で、風を自由自在に操る「真竜」の紅一点。
_20170117_143617
〈1番目〉
フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

〈2番目〉このカードがフィールドに存在する限り、アドバンス召喚した「真竜」モンスターは、それぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

〈3番目〉1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

1番・2番目の効果もあるけど、それより重要なのは、3番目のほう。
手札の状況によって、「真竜」モンスターor「真竜」永続魔法・罠カードを選択できるので、このカードがあると大変便利です。

またこのカードは、自分の手札・フィールドのカードを破壊できるので、
レベル9の「真竜」を破壊すれば、デッキから幻竜族モンスターをサーチor自分フィールドに特殊召喚できるカードに変わります。

また、自分フィールドの「真竜」永続魔法・罠カードを破壊すれば、除去効果に変わるので、覚えておくといいでしょう。

■シンクロ召喚
_20170117_143736
イグニス:「ところでシンクロ召喚は、レベル1チューナーを使って、俺達『真竜』とシンクロ召喚でいいんだよな?」

マジェスティ:「そうよ。『真竜』モンスターは、レベル5と6、レベル8と9だからシンクロモンスターはレベル6と7、レベル9と10を用意するといいよ。」

イグニス:「レベル8はどうやって出すの?ハイロンさん間違えて入れたのかな??」

マジェスティ:「それは、『スポーア』の効果を使うことを想定しているんじゃないの?『スポーア』で『グローアップ・バルブ』を除外したらレベル2になるから、レベル6の『真竜』とシンクロすれば、ワンチャン出せるよ。」

イグニス:「あぁ!そういうことか!!まさにバーニングだぜ!」

■エクシーズ召喚
_20170117_143915
イグニス「次は、エクシーズ召喚だな。このデッキで出しやすいのは、ランク5・ランク6だね?」

マジェスティ:「そうよ。ランク5はアンタと私、そしてランク6は、ダイナマイトとドライアスⅢ世の組み合わせで作れるよ。ところで、ランク9はどうすると思う?」

イグニス:「『真竜凰マリアムネ』や『真竜皇バハルストスF』を使って出すのかな?」

マジェスティ:「その方法もあるけど、『浮鵺城』をシンクロ召喚して、レベル9の『真竜』を蘇生してエクシーズという形もあるみたいよ。」

イグニス:「なるほど!それは、バーニングだな!」

マジェスティ:「(冷笑)」


【あとがき】
久しぶりに、純粋な構築で作ってみましたが、
皆さん「真竜」デッキはいかがでしたでしょうか?

アドバンス召喚がテーマのデッキは、「インヴェルズ」以来かもしれないですね。

それにしても、永続魔法・永続罠カードをリリースするという発想はなかったですね。
考えた人すごいですね。

これからも予想をしなかったような戦術が出てくるのでしょうか?

これから始まる10期も楽しみです。

以上で、「真竜」デッキの紹介を終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




【デッキレシピ】シンクロも融合もできる「竜星メタルフォーゼ」デッキ!


「メタルフォーゼ」の大会での採用率が上がっているみたいですね。
なので、現在の形の「メタルフォーゼ」デッキを紹介したいと思います。

前回紹介した「メタルフォーゼ」は、バニラ(効果なしの通常モンスター)をテーマにしました。
今回、紹介する「メタルフォーゼ」デッキは、「竜星」を取り入れたタイプになっています。
「竜星」を取り入れたことによって、融合・シンクロを状況によって選ぶことができるようにしました。
そのため、「竜星の具象化」は入れておりません。

デッキレシピは、こんな感じです↓
【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
メタルフォーゼ・ゴルドライバー×3
炎竜星-シュンゲイ×3
メタルフォーゼ・シルバード×3
地竜星-ヘイカン×2
メタルフォーゼ・スティエレン×3
闇竜星-ジョクト×2
水竜星-ビシキ×2
光竜星-リフン×2

〈マジック14枚〉
貪欲な壺×1
苦渋の決断×3
錬装融合×3
精神操作×2
ブラック・ホール×1
補給部隊×3
超融合×1

〈トラップ6枚〉
メタルフォーゼ・カウンター×3
激流葬×3

〈エクストラデッキ15枚〉
霞鳥クラウソラス×1
古神クトグア×1
HSRチャンバライダー×1
A・O・J カタストル×1
TG ハイパー・ライブラリアン×1
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
獣神ヴァルカン×1
瑚之龍×1
メタルフォーゼ・アダマンテ×3
メタルフォーゼ・オリハルク×2
メタルフォーゼ・カーディナル×2



【デッキ戦術】
■基本編
_20160511_161940

「メタルフォーゼ」モンスターをペンデュラムゾーンに置くことから始めます。
そのために「苦渋の決断」を使って、サーチします。

置いたら「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果を使い、自分フィールドの表側表示のカードを破壊して、デッキから「メタルフォーゼ」魔法・罠カードをセットします。
このデッキでは、「錬装融合」と「メタルフォーゼ・カウンター」の2種類しか採用してないので、融合をしたければ「錬装融合」を、戦闘破壊や効果破壊に備えるなら「メタルフォーゼ・カウンター」をセットするといいでしょう。

なお、自分フィールドの表側表示のカードを破壊する場合に、「補給部隊」を発動しておくと「メタルフォーゼ」の魔法・罠カードをセットできるとともに、1ドローもできるのでお得です。
また、破壊するカードが「竜星」ならリクルート効果も使えます。
シンクロ召喚を狙う場合は、出したいシンクロモンスターに合わせて、レベルやチューナーをリクルート効果で調整してください。

■融合編
_20160415_233851

融合は、セットした「錬装融合」を使って行います。
普通に「メタルフォーゼ」モンスターを使って、融合するのもいいですが、融合素材の指定が軽いので相手モンスターを利用する手もあります。

「精神操作」で相手モンスターのコントロールを奪って、融合素材に使ったり、「超融合」を発動して、相手モンスターを融合素材に巻き込んで発動したりできます。

ちなみに、「メタルフォーゼ」融合モンスターの素材指定はこんな感じになっています。
●「メタルフォーゼ・アダマンテ」→「メタルフォーゼ」+攻撃力2500以下
●「メタルフォーゼ・オリハルク」→「メタルフォーゼ」×2体
●「メタルフォーゼ・カーディナル」→「メタルフォーゼ」+攻撃力3000以下×2体

これらの融合モンスターを「錬装融合」で融合召喚した場合は、「錬装融合」の墓地で発動できる効果を使い、1ドローができます。

■シンクロ編
_20160511_162008

チューナーのレベルは1~2に、
非チューナーのレベルは2~4に揃えて、
レベル3~6のシンクロモンスターを出せるようにしました。

そのため、今回は「メタルフォーゼ・ヴォルフレイム」は不採用となっています。

シンクロする場合は、非チューナーに、シンクロモンスターに効果を付けることができる「竜星」を選びたいところですが、いなければ「メタルフォーゼ」でも構いません。

「竜星」を非チューナーとして使うと、シンクロモンスターに以下の効果が追加されます。
_20160511_162418

●「炎竜星-シュンゲイ」→攻撃力・守備力500アップ!
●「地竜星-ヘイカン」→戦闘で破壊されなくなる!
●「水竜星-ビシキ」→罠カードの効果を受けない!

ちなみにチューナーは、「闇竜星-ジョクト」と「光竜星-リフン」を採用しました。


【編集後記】
「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果と「竜星」のリクルート効果がとても相性がよいので、「メタルフォーゼ」デッキと「竜星」デッキを合併させて作ってみました。

エクストラデッキについては、枚数調整やモンスターの選別があると思っているので、もう少し改良の余地がありそうです。

シンクロを使っていると、「メタルフォーゼ」が乗っている乗り物が、だんだん「Dホイール」に見えくる(笑)

このデッキを作って以降、個人的にはシンクロが少し熱くなってきて、デッキ改良やデッキ作りにシンクロを取り入れることができないかなと考えていたりします。

以上で、「竜星メタルフォーゼ」デッキの紹介を終了します。
最後まで、ありがとうございました!


ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2