ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

悪魔族

【遊戯王デッキレシピ】みんなはどう組んでる?「魔弾」デッキ!


「汝、必中ノ魔弾ニ魂ヲ委ネヨ。」ということで、今回、紹介するサンプルレシピは、デッキビルドパックで登場した「魔弾」デッキです。

「天気」を作るか、「魔弾」を作るかで悩んでいましたが、結局、両方作っちゃいました笑

形になってきたので、紹介したいと思います。
【採用したカードについて】
■「魔弾」モンスター
_20170827_120146
「魔弾」モンスターの共通効果として、
1.自分・相手ターンに手札から「魔弾」魔法・罠カードを発動できる。

2.「魔弾」モンスターがいる縦列で魔法・罠カードが発動した場合に、それぞれが持つ効果を発動できる。(こちらは、1ターンに1度)

の2つの効果を持っています。

個々の「魔弾」モンスターが持っている2番目の効果ですが、
・「魔弾の射手 ザ・キット」
手札の「魔弾」を1枚捨てて、2枚ドロー。
手札を整えるのに役立ちます。

・「魔弾の射手 カラミティ」
墓地から「魔弾」モンスターを守備表示で蘇生。
守備表示で蘇生するため、特殊召喚したターンには、攻撃に参加できませんが、効果を使ったり、エクシーズやリンク素材にできます。

・「魔弾の射手 ドクトル」
墓地の「魔弾」カード1枚を回収。
他の「魔弾」モンスターの効果を使うために、「魔弾」魔法・罠カードを回収するのが基本。

・「魔弾の射手 スター」
デッキから「魔弾」モンスターを守備表示で特殊召喚。
「魔弾」デッキにおける展開のキーカード。

・「魔弾の射手 カスパール」
デッキから「魔弾」カード1枚をサーチ。
「魔弾」カードなので、手札の状況によって、モンスターか魔法・罠カードかを選べます。

■終末の騎士
役割は、「ヘルウェイ・パトロール」と「亡龍の戦慄-デストルド-」を送る用です。
詳細は該当モンスターのところで。

■ヘルウェイ・パトロール
_20170827_120043
墓地のこのカードを除外して、手札の「魔弾」を特殊召喚するのに役立ちます。
特に、「魔弾の射手 スター」や「魔弾の射手 カスパール」は守備力の方が高いので、エクシーズやシンクロ、リンク素材にしない時は、守備表示で相手ターンを迎えることができます。

■召喚僧サモンプリースト
このカードで特殊召喚したいのは、「魔弾の射手 スター」。
特殊召喚した後、「魔弾の射手 スター」の効果を使い、レベル4の「魔弾」モンスターを特殊召喚すると、LINK3のリンクモンスターやレベル4を3体素材にするランク4エクシーズモンスターも出すことができます。

ちなみに、手札に「魔弾の射手 スター」と「終末の騎士」、「魔弾」魔法・罠カードの3枚があれば、「ヘルウェイ・パトロール」を墓地へ送ることで同じようなことができます。

■ペンデュラムモンスター
ペンデュラムゾーンに置くときには、「手札から魔法カード扱いで発動し、ペンデュラムゾーンに置くことができる。」ということになっているので、採用しました。

「魔法・罠ゾーンの右端or左端」限定ですが、その上に「魔弾」モンスターをあらかじめ出しておけば、ペンデュラムゾーンに置くだけで、「魔弾」モンスターの効果を発動できます。

それで、採用したペンデュラムモンスターですが、「エキセントリック・デーモン」と「EMリターンタンタン」の2種類です。

「エキセントリック・デーモン」は、「魔弾」に少ない魔法・罠除去を補ってくれるだけでなく、モンスター除去も強化してくれます。
_20170827_120339
また、知っている方もいるみたいですが、「EMリターンタンタン」は、ペンデュラム効果に着目して、採用。
「EMリターンタンタン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「EM」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
このターン、自分はこの効果で手札に戻したカードおよびその同名カードの発動ができない。

これで「EMリターンタンタン」自身も戻せるので、右端or左端にいる「魔弾」モンスターの下に置いて効果を発動させた後、自身をバウンスして次のターンに再び...ということができます。
つまり「魔弾」の効果を発動させる弾になります。
_20170827_120422

■亡龍の戦慄-デストルド-
_20170827_120241
自分フィールドにレベル6以下のモンスターがいる場合で、このカードが手札・墓地にあればライフを半分払うことで特殊召喚できるチューナーモンスター。

そのまま壁としても使えますし、
レベルが下がる効果を利用して、レベル7のシンクロ召喚、ランク3orランク4のエクシーズ召喚、リンク召喚の素材としても使えます。

■「魔弾」魔法・罠カード
_20170827_120510
基本的に、「魔弾」モンスターの効果を使って、手札から発動することになります。
また、同名カードの発動は1ターンに1枚で、自分フィールドに「魔弾」モンスターいる場合に発動できます。
・魔弾-ネバー・エンドルフィン
ターン終了時まで、「魔弾」モンスターの攻守を倍にする。(ただし、直接攻撃できない)

・魔弾-クロス・ドミネーター
ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスター1体の攻守を0にし、効果無効。

・魔弾-デスペラード
フィールドの表側表示カード1枚を破壊。

・魔弾-デビルズ・ディール
このカードが存在する限り「魔弾」モンスターに効果破壊耐性を与える。
相手の効果で、このカードが破壊されると、自分のデッキ・墓地から「魔弾」カード1枚を手札に加える。
(ただし、「魔弾-デビルズ・ディール」以外。)

・魔弾-デッドマンズ・バースト
相手が発動した魔法・罠カードの発動を無効にし破壊するカウンター罠。

■ライトロード・アーク ミカエル
非チューナーは光属性なので、
「亡龍の戦慄-デストルド-」と「魔弾」モンスターの組み合わせだからこそ呼べるレベル7のシンクロモンスター。
1000ライフを払えば、フィールドのカード1枚を除外できます。
破壊耐性持ちモンスターの除去等にどうぞ。

■武神帝-ツクヨミ
手札が悪い時や、手札交換をしたい時になります。

■No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
「魔弾-クロス・ドミネーター」の対象になった相手モンスターを狙い撃ちして、1枚ドローに変えてくれます。
効果が無効になっているので、破壊しやすくなっています。

【サンプルレシピ】
採用したカードの説明の後は、サンプルレシピの紹介して終わりたいと思います。
ご参考になればと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
ヘルウェイ・パトロール×2
魔弾の射手 ザ・キット×2
魔弾の射手 カラミティ×2
終末の騎士×3
魔弾の射手 ドクトル×1
魔弾の射手 スター×3
魔弾の射手 カスパール×3
亡龍の戦慄-デストルド-×2
召喚僧サモンプリースト×1
エキセントリック・デーモン×2
EMリターンタンタン×1

〈マジック12枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
成金ゴブリン×3
死者蘇生×1
魔弾-ネバー・エンドルフィン×3
魔弾-クロス・ドミネーター×3

〈トラップ6枚〉
魔弾-デスペラード×3
魔弾-デビルズ・ディール×1
魔弾-デッドマンズ・バースト×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター4枚
妖精竜 エンシェント×1
PSYフレームロード・Ζ×1
ライトロード・アーク ミカエル×1
邪竜星-ガイザー×1

■エクシーズモンスター7枚
虚空海竜リヴァイエール×1
超量機獣グランパルス×1
武神帝-ツクヨミ×1
No.41 泥睡魔獣バグースカ×1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1
ヴァイロン・ディシグマ×1
ヴェルズ・ウロボロス×1

■リンクモンスター4枚
アカシック・マジシャン×1
電影の騎士ガイアセイバー×1
デコード・トーカー×1
トポロジック・ボマー・ドラゴン×1

皆さんは、どんな感じで「魔弾」デッキを組みましたか?

以上で「魔弾」デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】復刻シリーズ~ドン・サウザンドと契約した!?「暗黒界」デッキ!!~


昨日のブログの総訪問者数100万人突破!ありがとうございます。

至らないところもあるかと思いますが、これからも頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

さて、今回紹介するデッキは、「暗黒界」デッキです。
その「暗黒界」デッキに、前々回でカード考察をした「ドン・サウザンドの契約」を組み込んでみました。

新ルールの追い風もありそうですが、不明な点もあるのでエクストラデッキについては調整中です。

では、サンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
暗黒界の龍神 グラファ×3
暗黒界の術師 スノウ×3
暗黒界の尖兵 ベージ×3
ヘルウェイ・パトロール×3
トランス・デーモン×2
魔サイの戦士×3
暗黒界の狩人 ブラウ×3

〈マジック15枚〉
暗黒界の門×3
テラ・フォーミング×3
おろかな埋葬×1
手札抹殺×1
暗黒界の取引×3
ドン・サウザンドの契約×3

〈トラップ5枚〉
闇のデッキ破壊ウイルス×1
リビングデッドの呼び声×2
スキルドレイン×2


〈エクストラデッキ〉
新ルールのため調整中。

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
このデッキの戦術のキーワードをあげて解説したいと思います。
■「暗黒界の龍神 グラファ」の特殊召喚
_20170218_233402
「暗黒界の龍神 グラファ」は、
・グラファ自身が墓地にいる時に、
・自分フィールドの表側の「暗黒界」を手札に戻す
と墓地から特殊召喚できる効果を持っているので、戦術の1つとしてその効果を使い、高攻撃力でビートダウンしていきます。

「暗黒界の龍神 グラファ」を墓地へ送るには、「魔サイの戦士」や「おろかな埋葬」でデッキから墓地へ送ったり、手札を捨てるカードで墓地へ送るといいでしょう。

また、手札に戻す「暗黒界」としては、「暗黒界の尖兵 ベージ」がグッドです。
_20170218_233518
手札からカード効果で捨てれば、特殊召喚できるので、後述する手札を捨てるカードを使いましょう。

その他には、「ヘルウェイ・パトロール」の効果を使ったり、通常召喚権を使って、「暗黒界」を自分フィールドに出すことでも、「暗黒界の龍神 グラファ」を特殊召喚できる準備ができます。


■手札を捨てる
手札を捨てるカードには、お互いの手札を捨てる系と自分の手札だけを捨てる系があります。

お互いの手札を捨てる系には、「手札抹殺」と「暗黒界の取引」が、
自分の手札だけを捨てる系としては、「トランス・デーモン」と「暗黒界の門」が該当します。

これらのカードで、手札を捨てて「暗黒界」モンスターの効果を発動します。

「暗黒界」モンスターの効果を忘れた人のために、以下に効果をまとめておきました。
●カード効果で手札から墓地へ送られた時に発動する効果
グラファ→相手フィールドのカード1枚破壊。
スノウ→自分のデッキから「暗黒界」カード1枚をサーチ。
ベージ→墓地から特殊召喚。
ブラウ→自分のデッキから1枚ドロー。
※なお、グラファ、スノウ、ブラウについては、相手のカードの効果で捨てられた場合は、追加効果があり。


■手札公開
_20170210_171149
手札公開は、「ドン・サウザンドの契約」の2番目の効果を使って行います。

2番目の効果には、
『お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの1番目の効果でドローしたカードを公開し続ける。』とあるので、

このカードを発動している間に、「手札抹殺」や「暗黒界の取引」を使って、手札を破壊しながら、相手の手の内を確認することができます。
(ただ、自分も公開することなるので、諸刃の剣と言ったところですが。)

上手く相手が魔法カードをため込んでくれていたら、「ドン・サウザンドの契約」の3番目の効果の縛りが効いて、相手が通常召喚権を確保するために、まずは、手札の魔法カードを使わざるおえない状況になるかもしれません。
(ただ、セットでも縛りは解けますが。)
まあ、このあたりは運次第になりますが。

■効果封じ
「スキルドレイン」で、フィールドのモンスターの効果を無効にします。

このデッキでは、「トランス・デーモン」やエクストラデッキから出てきたモンスターの効果が使えなくなるぐらいで、それ以外の他のモンスターは墓地で発動するので、あまり影響はありません。

ただ、1000ライフ払うのは、「ドン・サウザンドの契約」があって少しきつい状況もあるかもしれませんが。


■エクシーズ召喚
新ルールの詳細等がまだわかっていないですが、
エクストラデッキ専用のモンスターゾーンがあるため、少なくともエクストラデッキから1体は出せそうなので、ランク3、ランク4、ランク8で、パワーカードを中心に選ぶといいでしょう。

このデッキでは、
【ランク3】
虚空海竜リヴァイエール
超量機獣グランパルス

【ランク4】
鳥銃士カステル
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン

【ランク8】
No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

あたりならいいのかな?
(細かいことも含めて、ルールの全貌が知りたい。)


【あとがき】
「ドン・サウザンドの契約」の2番目の効果が、
『このカードが存在する間にドローしたカード』となっていたので、「手札抹殺」とかでドローしたものでも公開の対象になるんだ!と思い、「暗黒界」デッキに入れてみました。

ドローカードとしてもよく、多少のシナジーはあるのかなと思ってます。

あとは、新ルールの詳細がわかればエクストラデッキを作ることもできますが、しばらくは様子見となりそうです。

以上で「ドン・サウザンドの契約」を入れた「暗黒界」デッキの紹介を終わります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【デッキレシピ】劇団をプロデュース!「魔界劇団」デッキ!!


シングル買いから、「魔界劇団」デッキを考えておりましたが、何とか形になりましたので、紹介させていただきます。
(強いとは言っていない。)

「魔界劇団」を使った、ハイロンプロデュースのハイロン劇団は、こんな感じになりました。

(デッキレシピを劇団風に紹介してみました。)


【デッキレシピ】
〈劇団員19人〉
魔界劇団―ビッグ・スター×2
魔界劇団―サッシー・ルーキー×3
魔界劇団―ワイルド・ホープ×3
魔界劇団―プリティ・ヒロイン×3
アブソーブポッド×3
魔界劇団―ファンキー・コメディアン×3
魔界劇団―エキストラ×2

〈公演 18回〉
闇の誘惑×3
死のマジック・ボックス×2
強制転移×3
魔界台本「オープニング・セレモニー」×3
魔界台本「ファンタジー・マジック」×1
魔界台本「魔王の降臨」×3
魔界大道具「ニゲ馬車」×2
揺れる眼差し×1

〈仕掛け 3つ〉
ペンデュラム・リボーン×3

〈黒子 0人〉


【劇団の動き】
_20160813_141001

ペンデュラムデッキとして、当たり前のことしか、書いてないので、飛ばして先を読んでくれてもいいかな。

■ペンデュラムゾーンにセッティング
ペンデュラムモンスターで構築されているので、これは当然のことですね。

「魔界劇団―ファンキー・コメディアン」は、決まりとして、片方は何でもOKです。

個人的には、「魔界劇団―ビッグ・スター」か「魔界劇団―プリティ・ヒロイン」がいいかな。

「魔界劇団―エキストラ」を使い、調整してください。

■観客を魅了する(?)ペンデュラム召喚をする
こちらもペンデュラムモンスターを使うデッキのため当然になりますね。

「魔界劇団―ビッグ・スター」を始めとして、「ワイルド・ホープ」、「プリティ・ヒロイン」、「サッシー・ルーキー」あたりをペンデュラム召喚をすると、いいでしょう。

レベル4の「魔界劇団」ペンデュラムモンスターは、戦闘・効果破壊に対しての効果が多いので、間接的に守りも少しならこなせます。

もちろん、ワイルド・ホープやプリティ・ヒロインを「強制転移」や「死のマジック・ボックス」で送りつけるのもいいでしょう。


【大仕掛け】
_20160813_141120

魔界台本の2番目の効果の発動を狙う方法です。
大仕掛けと言ってますが、カードが揃えば、やることは簡単です。
(シンプル イズ ベスト!)

エクストラデッキに表側の「魔界劇団」ペンデュラムモンスターが必須条件になりますので、この点はお忘れなきように。

〈大仕掛けの手順〉
●「魔界台本」をセットする。

●通常召喚権を使って、「アブソーブポッド」をセットする。

●「強制転移」や「死のマジック・ボックス」で、「アブソーブポッド」を相手の場に送る。

●バトルフェイズに入って、「アブソーブポッド」に向かって攻撃する。

●「アブソーブポッド」の効果で、お互いにセットされている魔法・罠カードが破壊され、破壊された数だけデッキからドロー。

●「魔界台本」が相手の効果で破壊されたことになるので(リバース時点では、相手のフィールドで発動しているため)、「魔界台本」の2番目の効果が発動。

という流れです。

つまり、「魔界台本」、「アブソーブポッド」、「強制転移」等の3枚と攻撃できるモンスターがいれば、狙えます。

相手に破壊されたい「魔界台本」ですが、
「オープニング・セレモニー」や「魔王の降臨」なら手札を補給することができます。

「ニゲ馬車」なら、そのままダイレクトアタックができますね。
_20160813_140833


【黒子(エクストラデッキ)について】
ファイルにあるランク4が枯渇していたので、今回は用意しませんでした。

もし用意するなら、ランク4やランク7でいいでしょう。


【あとがき】
「魔界劇団」デッキを作ってみました。
ブログの記事は「魔界台本」の2番目の効果に比重を置きすぎましたね。

作り始めの頃は、「DDD 呪血王サイフリート」やレベル7の悪魔族をシンクロできるように、「DDオルトロス」、「DDケルベロス」、「エキセントリック・デーモン」を入れた混ぜ物で考えていましたが、最終的には抜け落ちて、ほぼ純粋に近い形になりました。

皆さんは、どんな劇団をプロデュースしますか?

最後まで、読んでいただきありがとうございました。


【デッキレシピ】華麗なる儀式集団!「サイバー・エンジェル」デッキ!!


「インベイジョン・オブ・ヴェノム」のカードを使ったデッキ紹介の最後は、「サイバー・エンジェル」です。

「サイバー・エンジェル―美朱濡―」の効果がお強いんじゃない?かなと思って作ってみました。
_20160721_123849


【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
サイバー・エンジェル―美朱濡―×2
サイバー・エンジェル―弁天―×3
儀式魔人プレサイダー×2
サイバー・エンジェル―韋駄天―×3
マンジュ・ゴッド×3
レッド・リゾネーター×3
サイバー・プチ・エンジェル×3
ハネクリボー×1

〈マジック17枚〉
祝福の教会―リチューアル・チャーチ×3
テラ・フォーミング×3
儀式の準備×1
コール・リゾネーター×3
おろかな埋葬×1
機械天使の儀式×3
精霊の祝福×1
禁じられた聖杯×2

〈トラップ3枚〉
威嚇する咆哮×3

〈エクストラデッキ15枚〉
虹光の宣告者×2
アームズ・エイド×1
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
BF―星影のノートゥング×1
レッド・ワイバーン×1
瑚之龍×1
キャット・シャーク×1
ガチガチガンテツ×1
神騎セイントレア×1
No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス×1
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1
セイクリッド・トレミスM7×1
彼岸の巡礼者 ダンテ×1


【デッキ戦術】
■儀式モンスター・儀式魔法のサーチ
「マンジュ・ゴッド」を始めとして、「サイバー・プチ・エンジェル」や「儀式の準備」、「祝福の教会―リチューアル・チャーチ」、「虹光の宣告者」の効果を使い、儀式モンスターや儀式魔法カードをサーチします。

■儀式召喚
_20160721_124033

・レベル6編
儀式モンスターを儀式召喚する場合は、基本的にレベル6の儀式モンスターをリリース素材にします。

レベル6の儀式モンスターには、「サイバー・エンジェル―弁天―」と「サイバー・エンジェル―韋駄天―」の2体がいます。

使い分けとしては、
サーチしたい時は、弁天の方をリリースし、
儀式モンスターの攻撃力を上げたい時は、韋駄天をリリースするという使い方をします。

・レベル10編
インベイジョン・オブ・ヴェノムで新たに登場した「サイバー・エンジェル―美朱濡―」が該当します。

エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに対しては、強力な存在になります。

レベル6の儀式モンスターと「儀式魔人プレサイダー」などのレベル4モンスターをリリースして、儀式召喚を狙います。


■シンクロ召喚
_20160721_124218

「レッド・リゾネーター」からの展開が中心なので、レベル4とレベル6のシンクロ召喚に標準を絞りました。

レベル8も狙えますが、儀式召喚してからのシンクロになるので、ちょっと損失の方が大きいかなと思い、その選択肢は捨てました。

●レベル4編
「レッド・リゾネーター」+「サイバー・プチ・エンジェル」の組み合わせで、「虹光の宣告者」を出すのがいいでしょう。

「虹光の宣告者」で、何かの発動を無効にして、儀式関連をサーチするのが理想です。

「サイバー・プチ・エンジェル」のサーチ効果と合わせると儀式召喚の準備が整っているはずです。

●レベル6編
「レッド・リゾネーター」+「儀式魔人プレサイダー」でなれます。

レベル6は、汎用性で固めました。

儀式召喚をするならドロー効果を持つシンクロモンスターを出すといいかも。
そのあたりは、状況によって変えるといいでしょう。


■エクシーズ召喚
_20160721_124813

ランク2とランク6を用意しました。

ランク2は、「レッド・リゾネーター」の存在から出しやすいと思います。

一方、ランク6は、儀式召喚を2回やって出すか、儀式召喚+レベル6のシンクロ召喚で出すしかないので、積極的には狙いません。

なので、ランク2をメインにするといいでしょう。


【あとがき】
書き残したこととして、

「ハネクリボー」は、1キル対策(完全ではないですが)&「祝福の教会―リチューアル・チャーチ」の効果で、特殊召喚する用として入っています。

また、「精霊の祝福」は、4枚目の「機械天使の儀式」として採用しています。

「機械天使の儀式」の2番目の効果を使ってしまうと、儀式魔法がなくなってしまい儀式召喚ができない&「祝福の教会―リチューアル・チャーチ」で戻す儀式魔法カードがなくなってしまうので、採用しています。

(なお、戻すカードは、魔法カードなら何でも大丈夫ですが、儀式魔法を確実にサーチできるカードを握っている場面もあるので、それを想定してます。)

「彼岸の巡礼者 ダンテ」は、「永遠の淑女 ベアトリーチェ」が相手により破壊された時に出すモンスターとして、採用してます。


「化合獣」がまだ未完成ですが、とりあえず「インベイジョン・オブ・ヴェノム」のカードを使ったデッキの紹介は、ここで1度、終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2