ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

新制限

【雑記】10月からの新リミットレギュレーションについての感想!


そろそろかなと思っていましたが、10月からの新リミットレギュレーションが判明しましたね。
では、中身を見てみましょう。
【新禁止】
「真竜剣皇マスターP」
「ドラゴニックD」

新禁止は、「真竜」デッキで厄介な2枚が同時に牢獄に行くことに。
「真竜剣皇マスターP」は、いくかなと思っていましたが、まさか両方いくとは…。
【新制限】
「ABC-ドラゴン・バスター」
「源竜星-ボウテンコウ」
「召喚師アレイスター」
「真竜拳士ダイナマイトK」
「魂喰いオヴィラプター」
「同族感染ウィルス」
「ベビケラサウルス」
「テラ・フォーミング」
「グリモの魔導書」
「真竜の継承」
「真竜皇の復活」
「トリックスター・リンカーネイション」

続いては、新制限。
やはり目立つのは恐竜と「真竜」、そして「WW」関連ですね。
特に「真竜」は、少し過剰気味かなとも思いますが、前例もあることですし、制限を受けても出張パーツとして、他のデッキへ組み込まれるのを防ぐための意味合いもあるかもしれないですね。

少し驚いたのは、「召喚師アレイスター」の制限ですかね。
融合戦術を取り入れる出張パーツとして、とても優秀でしたから、仕方がないといえば仕方がないか。

そろそろリンクモンスターを推したいという思惑も多少あるかも。
(最近、「オルターガイスト」デッキに入れましたが、考え直さねば…。)

今回、禁止から出獄したのは、懐かしいの「同族感染ウィルス」くん。
エラッタもなく、出てくることができました。

このモンスターが使ってた当時は、戦士族や魔法使い族とか言って、除去したり、除去されたりしてました。
(主に、開闢や混黒を除去。)
なつかしい…。

ノーコストで、モンスター除去するヤツがライバルになりますが、今の環境でも使われるのかな?

あと「メタバース」の登場は、やはり「テラ・フォーミング」制限への布石だったみたいですね。
最近は、フィールド魔法も利用するテーマが増えているので、制限化は、影響大ですね。

「トリックスター・リンカーネイション」は、ようやくと言った感じで、この位置は妥当ですね。
【新準制限】
「WW-アイス・ベル」
「召喚僧サモンプリースト」
「増殖するG」
「化石調査」
「貪欲な壺」
「未来融合-フューチャー・フュージョン」

新準制限は、ドロー系やサーチ系が多いですね。
ついに、手札誘発の「増殖するG」が入ってきましたね。

また、緩和カードでは「貪欲な壺」は、うれしいところ。
リンク召喚すると、手札消費も荒いし、墓地もすぐたまるので、「星杯」デッキ等では、ドローカードとしてありがたいです。

「WW」からは、「WW-アイス・ベル」が規制の対象に。
サーチ効果を持つ「WW-グラス・ベル」ではないのですね。
サーチの方かなと思ってました。

「召喚僧サモンプリースト」は、新しい召喚法が出る度に、準制限に緩和されたり、制限に強化されたりと、行ったり来たり。
今回は、リンク召喚を促進する緩和でしょうか(?)
【制限解除】
「EMペンデュラム・マジシャン」
「黒き森のウィッチ」
「彼岸の悪鬼 スカラマリオン」
「レスキューキャット」
「異次元からの埋葬」
「炎舞-「天キ」」
「儀式の準備」
「機殻の生贄」
「真帝王領域」
「揺れる眼差し」
「竜の渓谷」

制限解除組は、ペンデュラムや「テラ・フォーミング」の制限に伴ってのフィールド魔法の緩和が目立ちます。

シンクロ時代に利用価値が大幅に上がった「レスキューキャット」が緩和に。
時代の流れを感じます。

エラッタされても、全盛期と同じように...とはいきませんが、獣族モンスターが増える度に、このカードの利用価値も上がってくると思うので、今後の動向に注目したいと思います。

「炎舞-「天キ」」は、「十◯獣」の呪縛から解放されるといったところ。
ようやく、獣戦士族デッキにサーチカードがフルで帰ってきます。

また、「竜の渓谷」の緩和で、「ドラグニティ」達が渓谷を自由に飛べます。
長かった。

それから「異次元からの埋葬」や「儀式の準備」の緩和で、除外を利用するデッキや儀式デッキに光が戻ってきそうです。
PIC000023
これでようやく9期の最後に登場した強力なテーマに一区切りがつき、中堅に落ちた9期のテーマや10期のテーマにチャンスが。
ただ、しばらくは「SPYRAL」環境になりそう。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

原点回帰で、ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

【新制限】新制限についての感想!


記事にするのが遅れましたが、
ついに、2017年4月から適用される新制限が判明しました!

では、その新制限を確認しておきましょう。
【新禁止】
The tyrant NEPTUNE
十二獣ドランシア
十二獣の会局

【新制限】
黒き森のウィッチ(※エラッタ)
十二獣モルモラット
BF-朧影のゴウフウ
妨げられた壊獣の眠り

【新準制限】
E・HERO エアーマン
ゴヨウ・ガーディアン
終末の騎士
爆竜剣士イグニスターP
氷結界の龍 ブリューナク
妖精伝姫-シラユキ
炎舞-「天キ」
洗脳-ブレインコントロール

【制限解除】
アーティファクト-モラルタ
聖なる魔術師
DDラミア

【全体について】
「The tyrant NEPTUNE」は、大会で結果を出していなかったにもかかわらずサプライズとなりまたが、
過去を振り返ってみると1キルに対しては、すぐに対処していたような気もするので、そう言われればそうかなと。

規制をかけるべきカード(特に「十二獣」)に、ちゃんと規制をかけている点は評価していいでしょう。
(ちょっとやり過ぎもあるかもしれませんが、まあいいでしょう。)

ここ最近のトレンドとしては、緩和が多いですね。
今回も規制強化が5枚に対して、規制緩和が11枚となりました。

実際に始まってみないとわかりませんが、個人的には、いい新制限ではないかなと見ています。


【個別カードについて】
■黒き森のウィッチ
こちらもついに「クリッター」と同じ形のエラッタで出所になりました。

これにより「クリッチー」を正規融合で出すことができるようになります。
おめでとうございます~。

「パーフェクトルールブック2017」の付録カードで、新テキストになってお披露目になるようです。


■十二獣モルモラット
まさかの制限に!
少しやり過ぎかもしれませんが、リンク召喚もあるので、危険と判断されたのでしょう。
しばらくは、墓地肥やし要員として頑張ってください。

「十二獣」は、これから「十二獣サラブレード」と「十二獣ヴァイパー」をエクシーズ素材に取り込んで、攻撃力2800の「十二獣」エクシーズモンスターを作ることになるのでしょうかね?


■BF―朧影のゴウフウ
最近、トークンがリンク召喚に使えることが判明したばかりですが...。
仕事が早いが、どうせなら「スケープ・ゴート」も制限にすれば良かったのでは?

「ゴウフウ制限か~。うん。『ダーク・バースト』で使い回そう!」(確信)

ところで「精神操作」は?


■妨げられた壊獣の眠り
書いていること「ブラック・ホール」ですよね。
準制限と予想したことが恥ずかしい。


■E・HERO エアーマン
このカードに関しては、「おや?」ですね。
まあ、サーチ効果がいろんなテーマに標準装備化されつつあるので、時代に合っていないと言えばそうですが「HERO」っていう点が引っ掛かります。


■終末の騎士
レベル4以下なら何でも落とせる「マスマティシャン」がすでに緩和されているので、少し遅すぎた緩和かなと思ってます。

まあ、こちらはレベルが関係なく闇属性なら何でもOKなので、その点がネックだったのでしょう。


■シンクロモンスター
新ルールの影響もあってか、一時代を築いたシンクロモンスター達が緩和されています。

「氷結界の龍 ブリューナク」は、もう少し制限かなと思いましたが、「瑚之龍」が無制限という点を見落としていたので、緩和コースへ流れていくのかな(?)


■炎舞―「天キ」
会局が禁止により、緩和されることになったのでしょう。

これまでは、獣戦士族が「十二獣」を恨む形でしたが、これからは「十二獣」がこのカードを頼るという手の平を返したような状況に。


■DDラミア
新ルール下でも、活躍できそうな「DD」デッキに追い風になりそうな緩和です。

赤馬社長、リンク召喚も取り入れるつもりですか?!

PIC000023
皆さんは、今回の新制限をどう思ったでしょうか?

ひとまず新制限が判明したことで、新ルールを意識しつつデッキ構築が本格的に取り組めそうです。

以上で、新制限についての感想を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【予想】2017年4月の新制限予想!


※まずはじめに、これから書いてあることは、あくまでも個人レベルでの意見・予想なので、くれぐれも鵜呑みにしないようにお願いします。
PIC000023
Vジャンプの発売が近づいてくるにつれて、そろそろ新制限が話題になってくる時期ですね。

4月は、環境のリセットをする傾向があるためいつもより規制を強化してくる傾向があります。

ただ、今回に限っては新ルールの適用もあるので、そんなに大きな動きがないかもしれないと個人的には予想しています。

(規制されるべきカードが規制されればいいのですけどね。)

では、それぞれの規制・緩和について予想してみたいと思います。
【新禁止予想編】
十二獣ドランシア

■十二獣ドランシア
_20170312_111659
「十二獣」の最終ゴール地点!

禁止にするほどではないような気もします(強いのは事実です)が、このカードを制限にしても結局「十二獣」は出張要因として使われそうなので、この位置を予想。

「十二獣」には、中毒性がございますので、コナミさんには、用法用量を守って正しく扱いくださることを願います。
【新制限予想編】
エルシャドール・ネフィリム
レベル・スティーラー(エラッタ)
十二獣ブルホーン
十二獣の会局
精神操作

■エルシャドール・ネフィリム(願望)
すいません。
予想と言いながら、願望枠です!
新ルールによって、エクストラデッキのカードが緩和しやすい状況なので、入れてみました。
ついに出所できるか?


■レベル・スティーラー
パーフェクトルールブックの発売があるので、禁止の中から最低1枚は、エラッタで緩和されるはずなので、何になるのか注目です。

ちょうど1年前に「クリッター」がエラッタされたので、「黒き森のウィッチ」かな?と思いましたが、
シンクロ民救済のため、あえて「レベル・スティーラー」をあげました!

エラッタは、『「レベル・スティーラー」の効果は、1ターンに1度しか発動できない。』で充分だと思いますが、シンクロ召喚だけでなく、リンク召喚にも使える可能性があるので、ひょっとしたらもう少しエラッタがあったりなかったりして(?)


■十二獣ブルホーン
「十二獣ブルホーン」は、サーチ効果がやはりデッキに安定感をもたらしているので、規制をかけるのじゃないのかなと。

普通にエクシーズ召喚して、別の「十二獣」エクシーズモンスターを挟んで、それにまた「十二獣ブルホーン」を上に乗せたら再びサーチ効果が使う戦術があるので、(つまり、獣戦士族を2枚サーチできるので、)このギミックに規制をかけるとしたら、制限かなと思っています。


■十二獣の会局
_20170312_111611
「十二獣」の規制本命候補その1ですね。

大会の結果を見る限り、デッキに「十二獣」がつかないくらい、デッキ構築に影響を与えている(偏っている)ので、その是正のために規制をかけてきそうです。

「十二獣」カードの中でも、安定性を与えているサーチ効果なので、規制はされやすいでしょう。


■精神操作
シンクロ時代には制限になっていたので、
リンク時代に使われることを想定して、ちょっと早い規制をかけてくるかも。

制限経験カード(エラッタされていないカードに限る)は規制されやすいという傾向があるので、歴史は繰り返されるということになるのでしょうか?

もし今回制限にならなくても、いずれはなりそうなカードの1枚です。
(奪ってリンク素材にできるので。)

【準制限予想編】
十二獣モルモラット
妨げられた壊獣の眠り
洗脳―ブレイン・コントロール
緊急テレポート

■十二獣モルモラット
_20170312_111504
「十二獣」の規制本命候補その2。

今のルールでは、3枚採用できると「十二獣」エクシーズモンスターが簡単に並んでしまうので、規制が必要ですが、規制の範囲は準制限が限界でしょう。


■妨げられた壊獣の眠り
「壊獣」を採用しなければなりませんが、「ブラック・ホール」と「壊獣」モンスターのサーチと二役をこなすカードには違いないので、そろそろかと。


■洗脳―ブレイン・コントロール
前回エラッタ緩和された1枚。
無制限でもいいかもしれませんが、徐々に緩和していくコースを辿るのかなと思っています。

新ルールの影響によって、アドバンス召喚などの特殊召喚に頼らないデッキが環境を取るならワンチャン採用があるかもしれませんが、その前に「精神操作」存在があるので、ビミョーなところ。


■緊急テレポート
願望枠その2。
「Kozmo」の存在もありますが、このカードの制限で巻き添えをくらった「霊獣」や「ガスタ」などのサイキック族デッキの救済を...。

リンク召喚の補助としても、いい仕事をすると思いますよ。

【無制限予想編】
ゴヨウ・ガーディアン
慧眼の魔術師
聖なる魔術師
ダンディライオン

前回、緩和されたカードが無制限になると予想しています。
「聖なる魔術師」と「ダンディライオン」は、そのパターンです。

ただ、リンク召喚にトークンが使えることになったとしたら、「ダンディライオン」の評価が変わるかもしれません。
そのあたりを考慮してしまうとそのままになるかもしれません。

「ゴヨウ・ガーディアン」は、シンクロ素材に制限がついてしまいましたので、一気に無制限かなと。
そうなれば脱獄成功ですね。

「慧眼の魔術師」は、規制がかかっているペンデュラムモンスターの中でも、緩和しやすい分類だし、新ルールもあるので、無制限にできるかなと予想してます。


【あとがき】
もう少し何らかの動きがあるかもしれませんが、個人的な予想は、上記のような感じになります。

木曜か金曜には、判明しそうな雰囲気ですが、果たしてどうなることでしょうか?

それから新ルールの影響がどれだけあるのかも気になるところであり、今から楽しみです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【新制限】2017年1月からの新制限について


ついに2017年1月から適用される新制限が判明しました。
中身を見てみると、サプライズだらけになりました。

その中身は、こんな感じです。
2017年1月適用新制限
※移動のあったカードのみ記載
【禁止】
マジェスペクター・ユニコーン

【制限】
SRベイゴマックス
レスキューキャット※エラッタ
ゴヨウ・ガーディアン※エラッタ
氷結界の虎王ドゥローレン
氷結界の龍ブリューナク※エラッタ
炎舞―「天キ」
洗脳―ブレイン・コントロール※エラッタ
ユニオン格納庫
餅カエル
未来融合―フューチャー・フュージョン※エラッタ
王宮の勅命※エラッタ

【準制限】
聖なる魔術師
ダンディライオン

【制限解除】
甲虫装機―ダンセル
光天使―スローネ
マスマティシャン
馬頭鬼
神の写し身との接触


PIC000023

【新制限について】
【全体】
今回も前回に続き、緩和組が多く、エラッタ緩和が目立つ新制限になりました。
シンクロ優遇の緩和が目立つのが気になるところです。

【規制組】
まさかの「マジェスペクター・ユニコーン」が禁止に。
これは、さすがに予想していませんでした。
これからペンデュラムにスポットが当たるからでしょうか?

個別のデッキでは、「十二獣」、「ABC」デッキは、少し改良の必要が出てきました。

「十二獣」デッキは、周りのカードから規制するという形になりました。
「SR」の部分が抜け落ちた部分を何が埋めるのか気になるところです。
「召喚獣」が第1候補?

ただ、「天キ」が規制された影響として「月光」や「武神」、「炎星」デッキなどの獣戦士デッキが巻き添えをくらうことに。
これらのデッキは今頃、「十二獣」を恨んでそう。

「餅カエル」の制限により、「バージェストマ」や
「バハムート・シャーク」を出せるデッキのエクストラデッキの見直しが必要になります。


【緩和組】
禁止カードから6枚のカードがエラッタで帰ってきました。

「レスキューキャット」は、1ターンに1度、特殊召喚したモンスターの効果は無効になります。

「氷結界の龍ブリューナク」は、1ターンに1度で、相手のカードのみを対象にする効果になります。

「ゴヨウ・ガーディアン」は、シンクロ素材の部分がエラッタされます。
チューナーに素材指定は無かったのですが、『地属性チューナー』になります。

「洗脳―ブレイン・コントロール」は、奪える対象が通常召喚された相手の表側のモンスターのみになります。

融合・シンクロ・エクシーズモンスターや、ペンデュラム召喚されたモンスター、条件を満たした時に特殊召喚できるモンスターなどは奪えません。

「未来融合―フューチャー・フュージョン」は、墓地へ送る効果が、発動後の1回目の自分のスタンバイフェイズ時になります。

「王宮の勅命」は、お互いのスタンバイフェイズに700払うことになり、払えない場合、破壊される効果に変更になります。

~エラッタされたカードについて~
「王宮の勅命」は、維持コストの面でのエラッタなので、そのまま使えそうなカードになりそうです。
このカードが流行ると魔法カードが使いにくくなるので、罠環境になるのかな?
ヤバそう&また禁止に逆戻りしそうな予感がします。

「洗脳―ブレイン・コントロール」や「氷結界の龍ブリューナク」も効果が使える形で残っているので、しばらくは制限かな?

「ゴヨウ・ガーディアン」は、シンクロ素材の指定で、このまま緩和コースになりそうな予感。

エラッタ以外の緩和については、前回の流れからの緩和が多いですね。
ただ、「馬頭鬼」の緩和は少しヤバいような気もしますがw


【あとがき】
みんなの予想を崩してくるKONAMIさん、さすがです笑
参りました!

私が予想したものと見比べてみると、7枚だけ当たってました。
【制限予想】
SRベイゴマックス ○
ユニオン格納庫 ○
強欲で貪欲な壺
未来融合―フューチャー・フュージョン(※エラッタが前提) ○

【準制限予想】
聖なる魔術師 ○
A・ジェネクス・バードマン
竜の渓谷
緊急テレポート
神の通告

【制限解除予想】
慧眼の魔術師
カオス・ソルジャー ―開闢の使者―
光天使スローネ ○
マスマティシャン ○
神の写し身との接触 ○
真帝王領域
モンスターゲート

(参考までに予想した記事はこちら↓
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/67811113.html)

予想って難しいですね 笑

判明した今だからこそ言えますが、「未来融合―フューチャー・フュージョン」を当てれたのは、実はいつもカードを買いに行くお店の店長から聞いた情報でしたw

KONAMIの営業の人から聞いたそうです。
情報源は、いろんなところにあるのですね。


全体的には、緩和が多い新制限になりました。
この新制限は、20周年のアニバーサリーパックとの連携を意識したような印象も受けます。

また、シンクロが環境にいないということもあり、シンクロを応援するための意図もありそうです。

今回の新制限は、KONAMIさんのいろいろな思惑が隠されていそうな新制限だと私の目には見えました。

以上で新制限について、終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2