Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

水族

【デッキレシピ】今さらですが、「壊獣グレイドル」デッキ!


今回、紹介するデッキは、「エクストラパック2016」で作ったまま、デッキを紹介するのを忘れていた、「壊獣グレイドル」です。

まあ、デッキレシピ的にはエクストラ以外は、変わったところは、そんなにないと思いますがせっかく作ったので紹介しておきます。


【デッキレシピ】
〈モンスター24枚〉
壊星壊獣ジズキエル×2
怒炎壊獣ドゴラン×3
多次元壊獣ラディアン×2
海亀壊獣ガメシエル×3
限界竜シュヴァルツシルト×2
グレイドル・イーグル×3
グレイドル・コブラ×1
N・グラン・モール×3
グレイドル・アリゲーター×2
グレイドル・スライムJr.×3

〈マジック10枚〉
死者蘇生×1
妨げられた壊獣の眠り×3
サイクロン×3
グレイドル・インパクト×3

〈トラップ6枚〉
強制脱出装置×3
破壊輪×1
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
神海竜ギシルノドン×1
水晶機巧―アメトリクス×1
グレイドル・ドラゴン×2
浮鵺城×1
鬼岩城×1
ブンボーグ・ジェット×1
神樹の守護獣―牙王×1
ABF―神立のオニマル×1
No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー×1
No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
銀河眼の光波竜×1
No.95ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1


【デッキ戦術】
デッキ戦術は、簡単に説明しておきます。
■相手フィールドに「壊獣」モンスターを特殊召喚
_20160930_113026

「壊獣」は、相手フィールドのモンスター1体をリリースして、攻撃表示で特殊召喚できますので、その効果を使って特殊召喚します。

このデッキで、相手フィールドに出すオススメモンスターは、ガメシエルやラディアンです。

■自分フィールドに「壊獣」モンスターを特殊召喚
_20160930_112907

相手フィールドに「壊獣」モンスターがいると、手札から自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚できます。

自分フィールドに出すといいモンスターは、ジズキエルやドゴランがいいでしょう。
そうすると、「壊獣」どおしのバトルでは有利になるでしょう。

なお、ここまで説明した状況を魔法カードの「妨げられた壊獣の眠り」で、簡単に作ることもできます。

■シンクロ召喚やエクシーズ召喚(できる場合)
「壊獣」モンスターは、自分フィールドに1体しか表側表示で存在できないデメリットがあります。

しかし、「壊獣」モンスターをシンクロやエクシーズの素材に使ってしまえば、新たな「壊獣」モンスターを自分フィールドに特殊召喚できるので、狙ってみるといいでしょう。
(ただし、相手フィールドに「壊獣」モンスターがいることが条件ですが。)

詳しくは、【エクストラデッキについて】内で、紹介します。

■コントロールを奪う
_20160930_113714

戦闘ダメージを受けることになると思いますが、相手フィールドに出した「壊獣」モンスターに向かって、「グレイドル・スライムJr.」以外の「グレイドル」で自爆特攻するとコントロールを奪えます。

ただし、自分フィールドにすでに「壊獣」モンスターがいる場合に、コントロールを奪うと、そのコントロールを奪ったモンスターは破壊されるので、注意してください。
(「壊獣」は、自分フィールドに1体しか存在できないため。)


【エクストラデッキについて】
■レベル5とレベル8のシンクロモンスター
「グレイドル・スライムJr.」の効果を使って、出せます。

「グレイドル・スライムJr.」の効果を使った場合、水属性モンスターしか特殊召喚できなくなるので、水属性で固めています。

■レベル9以上のシンクロモンスター
レベル9以上のシンクロモンスターは、「壊獣」モンスターと「グレイドル・スライムJr.」の組み合わせになります。

なお、レベル9以上のシンクロモンスターの場合は、「グレイドル・スライムJr.」の効果を発動させずにシンクロをすることで出せます。

レベル9は、レベル7の「多次元壊獣ラディアン」、
レベル10は、レベル8の「怒炎壊獣ドゴラン」or「海亀壊獣ガメシエル」、
レベル12は、レベル10の「壊星壊獣ジズキエル」を素材にすれば、出せます。

■ランク8
レベル8の「壊獣」と「限界竜シュヴァルツシルト」でエクシーズ召喚できます。

「No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー」は、「ペイン・ゲイナー」→「ザ・セブン・シンズ」になるための下敷きです。

「No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」は、皆さんお馴染みの魔法封じ。

「銀河眼の光波竜」は、コントロールを奪う&「No.95ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン」になったりするために採用してます。


【あとがき】
デッキを作ってみて、シンクロモンスターのレベル10以上がもっと増えてくれたら、いいのになと思って作っていました。
(一応、いるのですが、実はシンクロ素材に制限があったりして、以外と少ないです。)

シンクロモンスターのレベルは怪獣級なのですが、シンクロしやすいレベル10モンスターの現状は、「ブンボーグ・ジェット」、「神樹の守護獣―牙王」、「天穹覇竜ドラゴアセンション」ぐらいしかいないのが、悲しいところです。
(「天穹覇竜ドラゴアセンション」は、別のデッキで使っているので、今回は入れませんでした。)

レベル12に関しては、「ABF―神立のオニマル」だけです(泣)

これからの強化に期待したいところです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。


【デッキレシピ】「氷結界バージェストマ」デッキ!


読者の皆様、こんにちは。
今回、紹介するデッキは、「エクストラパック2016」で登場した「バージェストマ」を使ったものを紹介します。

その「バージェストマ」デッキのパートナーとして、ハイロンが選んだのは「氷結界」です。

「氷結界」をパートナーとして採用した理由は、

・「氷結界の紋章」でサーチできる。
・「氷結界」モンスターに水族・レベル2チューナーがいる。
・チューナーがいることで、シンクロ召喚を取り入れることができる。
・「氷結界」の中でも水族・レベル2を採用することにより「餅カエル」が共有できる。

の4つの理由からです。

これにさらに付け加えるなら、「カエル」持ってなかったから(笑)

無いなら、違うもので代用ということで、「氷結界」に行きつきました。
(↑この考えが、ハイロンのデッキ構築の核になります。)

そんな「氷結界バージェストマ」のデッキレシピはこちら↓

【デッキレシピ】
〈モンスター5枚〉
氷結界の水影×2
氷結界の伝道師×3

〈マジック10枚〉
湿地草原×1
氷結界の紋章×3
命削りの宝札×3

〈トラップ25枚〉
バージェストマ・ピカイア×3
バージェストマ・ディノミスクス×3
バージェストマ・オレノイデス×3
バージェストマ・カナディア×3
バージェストマ・マーレラ×1
バージェストマ・ハルキゲニア×1
強欲な瓶×3
和睦の使者×3
海竜神の加護×2
波紋のバリア-ウェーブ・フォース-×3

〈エクストラデッキ15枚〉
バージェストマ・オパビニア×3
キャット・シャーク×1
ガチガチガンテツ×1
神騎セイントレア×1
No.45滅亡の予言者 クランブル・ロゴス×1
餅カエル×3
バージェストマ・アノマロカリス×2
虹光の宣告者×1
古神クトグア×1
古神ハストール×1


【デッキ戦術】
■「バージェストマ」罠カードを墓地へ送る
_20160915_143547

このデッキでは、「バージェストマ」罠カードを墓地へ送るカードは、「バージェストマ・ピカイア」と「バージェストマ・マーレラ」ぐらいしか積んでいません。

あとは、「命削りの宝札」を使って、エンドフェイズに手札を捨てる効果を利用して墓地へ送るという手段もあります。

それら以外では、普通に「バージェストマ」の罠カードの効果を使うために、発動して墓地へ送る形もあります。

参考までにこのデッキで採用した「バージェストマ」についてまとめておきます。

【墓地送り系】
ピカイア→手札の「バージェストマ」カード1枚を捨て、2枚ドロー
マーレラ→デッキから罠カード1枚を墓地へ

【除去系】
ディノミスクス→表側のカード1枚除外
オレノイデス→フィールドの魔法・罠カード1枚破壊

【妨害系】
カナディア→相手のモンスター1体を裏側守備
ハルキゲニア→フィールドの表側モンスターの攻・守を半分(ターン終了時まで)


■罠カードを発動
墓地に「バージェストマ」カードが溜まったら、
「和睦の使者」や「海竜神の加護」、「強欲な瓶」等の罠カードを発動して、
(相手が何も発動してこなかったら)それにチェーンを組む形で、墓地から「バージェストマ」の罠モンスター化の効果を使うというのが、「バージェストマ」デッキの特徴になります。

相手ターンに展開する場合は、「和睦の使者」等の防御系カードの発動が必須。

■エクシーズ召喚
_20160915_143750

罠モンスター化した「バージェストマ」を並べて、ランク2のエクシーズをします。

他には、「氷結界」モンスターを通常召喚した後、「氷結界の伝道師」を特殊召喚する形もあります。

ただし、「氷結界」だけだと、「バージェストマ」エクシーズモンスターのエクシーズ素材を使って発動できる効果は使えないので、
罠モンスター化した「バージェストマ」をエクシーズ素材に加えるか、
「餅カエル」を筆頭とする他のランク2モンスターになるか、
シンクロ召喚するかという選択肢のどれかになります。

■シンクロ召喚
_20160915_143939

「氷結界の水影」と「氷結界の伝道師」のセットで、レベル4のシンクロ召喚ができます。
(ただし、シンクロ召喚は、消極的な戦術になります。)

なお、「バージェストマ」を使う手もありますが、フィールドから離れた場合に除外されるので、シンクロ素材として使うのは、後のことも考えて、墓地に多くの「バージェストマ」が溜まっている時ぐらいにしたほうがいいでしょう。


【あとがき】
「氷結界バージェストマ」デッキは、ハイロンがこれまで作ってきたデッキ史上、最もモンスターが少なく、最も罠カードが多いデッキとなりました。

余談ですが、「氷結界」を選ぶ前は、「マリスボラス」や「クロクロークロウ」を採用して、「No.42魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッター」を出したら面白いかなと考えていました。

そして、マリオネッターの効果を活かすために、「非常食」等のライフ回復カードも採用して...と思いましたが、

罠モンスター化した「バージェストマ」を活かせない点や「餅カエル」の存在には勝てませんでした(笑)
いろんな意味で強いです。

デッキ戦術で書き忘れましたが、
相手のライフが2400以下or1200以下なら「水影チャンス」です。

「湿地草原」を発動している状態で、自分フィールドのモンスターがレベル2以下なら(エクシーズモンスターがいると不可能)、「氷結界の水影」がダイレクトアタックできますので、勝利のチャンスが訪れます。

現在考え中ですが、「命削りの宝札」や「強欲で謙虚な壺」を入れている関係から、「ワンダー・エクシーズ」の採用もワンチャンありかなと思っていたりします。

作ってからまだ人とは対戦していないので、枚数調整等の改良点はあると思いますが、以上のようなデッキになりました。

最後まで、見ていただきありがとうございました。


【デッキレシピ】謎の生命体との共演!「Gアーティファクト」デッキ!


今回紹介するのは、「アーティファクト」に「グレイドル=G」を入れた「Gアーティファクト」デッキです。

「アーティファクト」は魔法・罠ゾーンにセットできるモンスターで、魔法・罠ゾーンにセットされたアーティファクトが相手ターンに破壊されると特殊召喚する効果を持ちます。
また、相手ターンに特殊召喚した場合、効果が発動するモンスターでもあります。

「グレイドル」は、戦闘で破壊された時や、モンスターにより異なりますが、モンスターの効果、魔法、罠カードのどれかで破壊された時に、相手のモンスターの装備カードとなって、コントロールを得るモンスター群です。

これら2つのカテゴリーモンスターを組み合わせて作ったデッキレシピは以下のようになります。
【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
アーティファクト―デスサイズ×3
アーティファクト―モラルタ×1
アーティファクト―ヴァジュラ×3
アーティファクト―ロンギヌス×1
アーティファクト―カドケウス×1
グレイドル・イーグル×3
グレイドル・コブラ×2
グレイドル・アリゲーター×2
グレイドル・スライム×1
超電磁タートル×1
ペロペロケルペロス×2

〈マジック14枚〉
強欲で謙虚な壺×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ダブル・サイクロン×3
アーティファクト・ムーブメント×3
グレイドル・インパクト×3

〈トラップ6枚〉
アーティファクトの神智×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
発条機雷ゼンマイン×1
ブラック・レイ・ランサー×1
No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー×1
アーティファクト―デュランダル×2
セイクリッド・プレアデス×2
No.61 ヴォルカザウルス×1
始祖の守護者ティラス×1
終焉の守護者アドレウス×1
発条装攻ゼンマイオー×1
迅雷の騎士ガイアドラグーン×1
セイクリッド・トレミスM7×1
グレイドル・ドラゴン×2


【基本戦術】
相手のターンでも動けるデッキなので、自分のターンと相手のターンに分けて説明します。
●自分のターン
自分のターンでは、主に相手のターンに向けて準備をする感じになります。
具体的には、「アーティファクト」モンスターと一緒に「アーティファクト・ムーブメント」や「ダブル・サイクロン」を伏せたり、「アーティファクトの神智」や「リビングデッドの呼び声」を伏せたりします。

また、これらのカードを手札に持ってこれるように、「強欲で謙虚な壺」を使ったりします。

相手ターンに特殊召喚した「アーティファクト」が、自分のターンに複数いれば、そのまま攻撃要員として使ってもいいし、ランク5のエクシーズモンスターになることもできます。

「アーティファクト」は、自分のターンでは展開しないので、
「グレイドル」モンスターの効果を使って、相手モンスターを奪って戦います。

相手モンスターのコントロールを得る方法としては、
「グレイドル」モンスターで自爆する。
「グレイドル・スライム」の効果で、「グレイドル・イーグル」を破壊する。
「グレイドル・インパクト」で「グレイドル・アリゲーター」を破壊する。
の3つの方法があります。

以上が自分のターンにできる主なことです。
~参考~
「グレイドル」カードの特徴

「グレイドル・イーグル」→戦闘・モンスターの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。
「グレイドル・コブラ」→戦闘・罠カードの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。
「グレイドル・アリゲーター」→戦闘・魔法カードの効果で破壊され、墓地へ送られるとコントロールを得る。

「グレイドル・スライム」
「グレイドル」カード2枚を破壊すると手札・墓地から特殊召喚。この効果で特殊召喚に成功した時、墓地の「グレイドル」1体を守備で特殊召喚する。

「グレイドル・インパクト」
1番目の効果は、「グレイドル」カード1枚と相手フィールドのカード1枚を破壊。
2番目の効果は、自分のエンドフェイズ時に、デッキから「グレイドル」カード1枚を手札に加える効果。

●相手ターン
相手ターンでは、セットしていたカードを使い、相手の動きを妨害していきます。

相手ターンに「アーティファクト」モンスターを特殊召喚するには、
「アーティファクト・ムーブメント」や「ダブル・サイクロン」でセットしていた「アーティファクト」を破壊。
「アーティファクトの神智」でデッキから特殊召喚。
「リビングデッドの呼び声」で墓地から特殊召喚。
のパターンがあります。
_20150910_130158


相手ターンに特殊召喚したい筆頭候補は、「アーティファクト―デスサイズ」です。
_20150910_130058

相手ターンに特殊召喚されると、そのターン中、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できなくなる効果を持っているので、このカードの強さに納得してもらえると思います。

ただし、手札からのペンデュラム召喚は封じれないのですが、相手の思惑を崩すことはできます。

他には、特殊召喚した場合に、相手の表側のカード1枚を破壊できる「アーティファクト―モラルタ」、相手ターン中に「アーティファクト」が特殊召喚された時に1枚ドローできる「アーティファクト―カドケウス」がいます。

また、手札からでもリリースができて、お互いに除外ができなくなる「アーティファクト―ロンギヌス」もいます。


【採用したカードについて】
■アーティファクト―ヴァジュラ
_20150910_130133

「アーティファクト」の共通効果で特殊召喚する方法に加えて、相手モンスターの直接攻撃宣言時に、手札から特殊召喚する方法もある。

特殊召喚された場合の効果は、自分フィールドの魔法・罠ゾーンのカードを全て破壊することになります。

ただ、このデッキでは、「アーティファクト」や装備カードとなった「グレイドル」を破壊することになるので、プラスの効果に変えていけます。

■ペロペロケルペロス
戦闘または、相手の効果でダメージを受けた場合、墓地のこのカードを除外すれば、フィールドのカード1枚を破壊する効果を持つ。

「グレイドル」モンスターが自爆して戦闘で破壊された時に、使えるので採用しました。

相手のカードを破壊してもいいが場合によっては、自分の「グレイドル」カードや相手ターンならセットしている「アーティファクト」も対象になります。


【エクストラデッキについて】
「グレイドル」はレベル3のためランク3、そして、「アーティファクト」はレベル5のためランク5のエクシーズモンスターが入ります。
また、「グレイドル・スライム」を採用しているため、レベル8やレベル10のシンクロモンスターも採用圏内となります。

基本的には、汎用性で選んでもらってかまいません。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2