ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

闇属性

【遊戯王デッキレシピ】新パックでアップデート:「壊獣サクリファイス」デッキver.2.0!!


皆さんは、10ヶ月前のとあるデッキレシピの記事の最後を覚えているでしょうか?
_20171111_172707
(2017年1月10日投稿【デッキレシピ】敵に塩を送る?!「サクリファイス」デッキ!!より
URL→http://hylon-research-station.blog.jp/archives/68590355.html
千ちゃん:「『ミリオン・アイズ・サクリファイス』が登場する日まで、さようなら~(笑)」



あれから約10か月。残念ながら、ミリオンではありませんでしたが、
「デュエリストパック―レジェンドデュエリスト編2―」にて、「ミレニアム・アイズ・サクリファイス」が来ちゃいました。
まさかこんなに早く来るとは思っていませんでした。
_20170922_105341
ということで、今回紹介するサンプルレシピは、「サクリファイス」デッキのアップデート版です。

まずは、サンプルレシピからの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
壊星壊獣ジズキエル×2
怒炎壊獣ドゴラン×2
多次元壊獣ラディアン×2
終末の騎士×3
マンジュ・ゴッド×3
亡龍の戦慄―デストルド―×2
幻想魔術師・ノー・フェイス×1
RR-ラスト・ストリクス×2
ミレニアム・アイズ・イリュージョニスト×2
サクリファイス×3

〈マジック15枚〉
儀式の下準備×3
おろかな埋葬×1
簡易融合×2
死者蘇生×1
妨げられた壊獣の眠り×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
サクリファイス・フュージョン×1
イリュージョンの儀式×3

〈トラップ3枚〉
王宮のお触れ×3

■エクストラデッキ15枚
〈融合モンスター3枚〉
サウザンドアイズ・サクリファイス×2
ミレニアム・アイズ・サクリファイス×1

〈シンクロモンスター6枚〉
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
PSYフレームロード・Ζ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
ダーク・ダイブ・ボンバー×1
邪竜星―ガイザー×1

〈エクシーズモンスター7枚〉
LL―リサイト・スターリング×1
シャイニート・マジシャン×1
森羅の姫芽宮×1
RR―アルティメット・ファルコン×2
No.77 ザ・セブン・シンズ×2

【デッキコンセプト】
デッキコンセプトはそのままで、
「サクリファイス」や「サウザンド・アイズ・サクリファイス」を出して、相手モンスターを吸収しながら戦うスタイルは、変わりません。
また、「壊獣」モンスターを敵に送って吸収という部分も、変更はなしです。

今回のアップデート版では、コンセプトはそのままにしつつ、「デュエリストパック―レジェンドデュエリスト編2―」のカードを追加して、構成し直しましたので、変更点を中心に説明したいと思います。

【変更点】
■ミレニアム・アイズ・イリュージョニスト
_20171111_194857
新規カード1。
2つ効果を持っていて、簡単に言うと、このカードを手札から捨てると、効果モンスターを装備する効果を持ちます。
(相手ターンでも発動が可能。)

さらに、「サクリファイス」モンスターが特殊召喚された場合には、墓地のこのカードを手札に加える効果もあります。

このカードの登場で、
・装備化したモンスターが剥がされた後でも、再び装備化効果の発動が可能。
・相手ターンでのモンスター除去。
ができるようになりました。


■幻想魔術師・ノー・フェイス
_20171111_194748
新規カード2。
こちらも2つの効果を持っていて、
「サクリファイス」モンスターが戦闘・効果破壊された場合、手札・墓地のこのカードを特殊召喚できる効果。
そして、このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に、墓地の「サクリファイス」モンスターを1体特殊召喚する効果があります。

こちらは、「サクリファイス」の保険になる効果を持っていて、このカードが倒されると「サクリファイス」モンスターが復活する効果となってます。

また、2つ目の効果は、『フィールドから墓地へ』なので、シンクロ素材に使って、「サクリファイス」モンスターが出てくるといった展開にすることもできます。


■亡龍の戦慄―デストルド―
_20170827_120241
効果からレベル7シンクロモンスターへ繋げれるチューナー。
「幻想魔術師・ノー・フェイス」の効果を発動するためもありますが、裏側モンスターを吸収してしまった「サクリファイス」モンスターの活用や壁になるといった役割もあります。


■終末の騎士
上記の闇属性モンスターを墓地へ送れるモンスターになります。
状況にあわせて、モンスターを変えるといいでしょう。


■サクリファイス・フュージョン
_20171111_194632
このデッキでは「ミレニアム・アイズ・サクリファイス」の融合召喚用のカードになります。
手札・フィールド・墓地から融合素材を除外できるので、「終末の騎士」で「サクリファイス」を送るだけで、「ミレニアム・アイズ・サクリファイス」の融合素材が揃います。

また、このカードが墓地にあれば、除外することで、「ミレニアム・アイズ・イリュージョニスト」と同じく、「サクリファイス」モンスターに相手の効果モンスターを装備化することもできます。
(ただし、この効果は自分のメインフェイズにしか発動できませんが。)


■シンクロモンスターをレベル7へ統一
前回は、レベル1チューナーを入れて、いろんなモンスターとシンクロすることを想定して、レベルがぐちゃぐちゃでしたが、今回はチューナーを「亡龍の戦慄―デストルド―」に変え、レベル7のシンクロモンスター1本へ統一しました。
なお、リンクモンスターの不採用ですが、大量展開するデッキではないので、リンク召喚の後が続かないという理由で、入れてません。
ただ、「リンクリボー」あたりは入れてもいいかもしれません。


以上が前回からの変更点です。
今回のパックで「サクリファイス」のバックでのサポートが増え、なかなかいい感じの強化がされました。
ただ、儀式特有の事故は相変わらずですが、その点は「RR-ラスト・ストリクス」からのエクシーズや「亡龍の戦慄―デストルド―」からのシンクロで、ある程度は耐えれるのかなといった印象です。

では、「サクリファイス」デッキのアップデートVer.2.0の紹介を終わります。
最後までありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】今日の天気は?晴れ時々幻影!「幻影天気」デッキ!!


―空を彩る、天の使い。―

皆さんの住んでいる地域は、今日、どんな天気ですか?
ということで、今回紹介するサンプルレシピは、デッキビルドパックで登場した「天気」デッキです。

「天気」モンスターは、「天気」カードの発動によって、除外されると次のスタンバイフェイズに、特殊召喚されるという共通効果を持っています。

さらにその「天気」に、永続罠を使う&レベル3という共通点がある「幻影騎士団」を入れて今回は作ってみました。
(「真竜」以外の構築を模索している方には、オススメできるかも?)

「幻影騎士団」を取り入れるメリットは、やはり「幻影騎士団ブレイクソード」による除去が使える点とさらにそこからランク4になれる点でしょう。


【採用したカードについて】
サンプルレシピに採用したカードについて、軽く紹介しておきます。
■雷天気ターメル、晴天気ベンガーラ
_20170814_130029
能動的に、自分の表側の永続魔法・罠カードを送れる「天気」モンスター達。
「幻影霧剣」や「幻影剣」を送れたら「幻影騎士団」モンスターを展開できます。

特に、「晴天気ベンガーラ」は、手札に「天気」魔法・罠カードが必要になりますが、ランク3を作る時には、便利なモンスターになります。
_20170814_130157

■マスマティシャン
_20170814_130352
「晴天気ベンガーラ」や「幻影騎士団」モンスターをピンポイントで送ります。

「幻影霧剣」や「幻影剣」を送りたいなら「カードガンナー」もありかなと思っていますが、ピンポイントで送れる点とエクストラデッキに「彼岸の旅人 ダンテ」がいるので、こちらで様子見。

■幻影騎士団モンスター
_20170814_130516
「幻影騎士団ラギットグローブ」は、闇属性のエクシーズモンスターの素材に絡め、
「幻影騎士団ダスティローブ」は、サーチ効果を使い、
「幻影騎士団サイレントブーツ」は、特殊召喚&「幻影霧剣」や「幻影剣」を調達という感じの役割があります。

■雪天気シエル
_20170814_130829
召喚時に、デッキから「天気」魔法・罠カードを置ける「天気」モンスター。
攻撃力0で召喚しなければならないですが、置いた「天気」魔法・罠カードで除外すれば、
次のスタンバイフェイズに守備表示で特殊召喚すれば問題ありません。

やはり持ってきたいのは、サーチできる「雪の天気模様」でしょう!

■天気模様カード
特徴としては、天気模様が置かれている縦列とその両隣の「天気」モンスターに効果を与える点です。

そして、効果を与えられたモンスターを除外すると、
雪は、サーチ、
曇りは、モンスターの攻撃力を半分にして、ダイレクトアタックできる
雨は、魔法・罠カード1枚のバウンス
雷は、戦闘を行う相手モンスターをバウンス
という感じになっています。
_20170814_130816
▲雪の天気模様

■リンクモンスター
リンクするよりは、エクシーズをした方がいいかもしれませんが(笑)

「ミセス・レディエント」は、地属性の「マスマティシャン」と「雪天気シエル」で、
「アカシック・マジシャン」は、「天気」どおし、or「幻影騎士団」どおしを素材に。

「星杯神楽イヴ」は、「天気」と「幻影騎士団」の混合で作れます。

「虹天気アルシエル」は、今回のサンプルレシピでは出せたらといいなという感じです。


【サンプルレシピ】
採用したカードの軽い説明が終わったところで、
最後にサンプルレシピの紹介です。
ご参考になればと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
雷天気ターメル×3
晴天気ベンガーラ×2
マスマティシャン×3
幻影騎士団ラギッドグローブ×3
幻影騎士団ダスティローブ×3
幻影騎士団サイレントブーツ×3
雪天気シエル×3

〈マジック12枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
雪の天気模様×3
曇りの天気模様×1
雨の天気模様×2

〈トラップ8枚〉
雷の天気模様×2
幻影霧剣×3
幻影剣×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■エクシーズモンスター11枚
彼岸の旅人 ダンテ×1
超量機獣 グランパルス×1
幻影騎士団ブレイクソード×3
No.47 ナイトメア・シャーク×1
ダウナード・マジシャン×1
ヴェルズ・タナトス×1
暗遷士 カンゴルゴーム×1
No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1

■リンクモンスター4枚
ミセス・レディエント×1
アカシック・マジシャン×1
星杯神楽イヴ×1
虹天気アルシエル×1

以上で「幻影天気」デッキの紹介を終わります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】アップデート:「ブラック・マジシャン」デッキ!


今回、紹介するサンプルレシピは、
「ブラック・マジシャン」デッキのアップデート版です。
_20170703_143326
ちなみに、アップデート前のサンプルレシピはこちら↓
【デッキレシピ】黒魔術師の再演!「ブラック・マジシャン」デッキ!!(2017年2月5日投稿)
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69127865.html

では、前回からのサンプルレシピの改良版が、こちらです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
ブラック・マジシャン×3
アストログラフ・マジシャン×2
幻想の見習い魔導師×3
クロノグラフ・マジシャン×2
妖精伝姫―カグヤ×3
妖精伝姫―シンデレラ×1
マジシャンズ・ロッド×3
マジシャンズ・ローブ×1
見習い魔笛使い×3
調律の魔術師×1

〈マジック13枚〉
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
魔術師の再演×2
魔術師の右手×1
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×2
イリュージョン・マジック×2

〈トラップ5枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
永遠の魂×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター7枚
アーカナイト・マジシャン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
スターダスト・ドラゴン×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1
魔王龍 ベエルゼ×1
覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン×1

■融合モンスター1枚
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン×1

■エクシーズモンスター7枚
マジマジ☆マジシャンギャル×1
風紀宮司ノリト×1
幻想の黒魔導師×1
No.89 電脳獣ディアブロシス×1
真紅眼の鋼炎竜×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×2

【変更点】
■アストログラフ・マジシャン
_20170703_143223
「ブラック・ホール」の採用&緩和で発動できる機会が増えたのと、ランク7を作る目的があって投入。

「クロノグラフ・マジシャン」と同様に、モンスター破壊への保険として手札で備えるのが基本です。

■妖精伝姫―カグヤ
_20170703_143125
サーチ効果もありますが、手札バウンス効果を使った後に、「クロノグラフ・マジシャン」や「見習い魔笛使い」の効果で特殊召喚するという戦術がとれることに気づいて採用。

手札バウンス効果を使えなかったとしても、カグヤが戦闘・効果破壊されれば、そこは「アストログラフ・マジシャン」や「クロノグラフ・マジシャン」の発動トリガーになるので、いろいろとできそうです。

■妖精伝姫―シンデレラ
3体目の「妖精伝姫―カグヤ」でサーチする用。
また、「ワンダー・ワンド」を採用していることもあって、1枚採用しました。

■見習い魔笛使い
「妖精伝姫―カグヤ」の効果や「アストログラフ・マジシャン」のサーチ効果、「魔術師の再演」の対象モンスターということで、前回から1枚増やし、3枚体制に。

■ブラック・ホール
準制限への緩和もありますが、相手モンスターを除去しつつ、自分のモンスターが破壊された時に手札から特殊召喚できるペンデュラムモンスターを能動的に発動できるため採用。
また、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」を墓地へ送ったり、エクストラモンスターゾーンを空けるために使うこともできます。

■オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン
_20170703_143023
ランク7の強化のため採用。

「ブラック・マジシャン」デッキで、「永遠の魂」を採用している場合、それを割られて自分のフィールドのモンスターを全て破壊されるというリスクがあるので、その対応策が必要となってきます。

その対応策として、このサンプルレシピでは、「アストログラフ・マジシャン」や「クロノグラフ・マジシャン」を入れてますが、破壊されないモンスターや破壊された(墓地へ送られた)場合に、効果を発動するモンスターの採用も考えられます。

今回のデッキレシピのアップデートでは、破壊された(墓地へ送られた)場合に、効果を発動するモンスターとして、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」を追加。
さらに、アブソリュートから出せる「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」と「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」も一緒に採用しました。

攻撃を無効にする効果もあって、
これにより、防御面を強化する形に。

■No.89 電脳獣ディアブロシス
_20170703_142919
ランク7の強化その2。
相手のエクストラデッキに干渉できて、裏側で除外できる効果が3つある今年のコレクターズパックで登場したナンバーズです。

使ってみたかったのと「ブラック・マジシャン」デッキの戦術を増やすために投入してみました。

■レッドデーモンズ・ドラゴン・スカーライト
レベル8シンクロモンスターの強化。
新マスタールールの適用でいろんなデッキを崩したことで、フリーになっていましたので獲得。

リンクモンスターを採用していないこともあり、「魔王龍 ベエルゼ」が優先されることが多いかもしれませんが、トークンの処理等、複数のモンスターを展開された時の活躍に期待してます。


【あとがき】
シングルで買った「ルドラの魔導書」を入れようと思ったのがきっかけで、再構築を始めましたが、

ルドラは入らず、そのまま「ワンダー・ワンド」を使い続ける結果になってしまいました…笑

まあ必要な枠で考えたら、「ワンダー・ワンド」の方がスリム化できてしまいますから、当然と言えば当然かな。


一応、「アストログラフ・マジシャン」の採用でペンデュラム召喚もできるようになりましたが、手札に持っておく方がいろいろとできるので、無理に狙う必要はないでしょう。

以上で、「ブラック・マジシャン」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】アップデート:新パックで「レッドアイズ」デッキを強化!


今回、紹介するサンプルレシピは、
「レッドアイズ」デッキです。
(アップデート版です。)

旧式は、儀式を入れてましたが、
デュエリストパックで新規が出たので、
取り入れて、再構築してみました。

では、サンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
真紅眼の黒竜×3
真紅眼の凶星竜―メテオ・ドラゴン×2
真紅眼の鉄騎士―ギア・フリード×3
真紅眼の飛竜×3
真紅眼の遡刻竜×2
真紅眼の幼竜×2
黒鋼竜×3
伝説の黒石×3

〈マジック13枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
レッドアイズ・インサイト×3
真紅眼融合×3
ヘルモスの爪×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1

〈トラップ5枚〉
レッドアイズ・スピリッツ×2
鎖付き真紅眼牙×1
竜の束縛×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター7枚
ロケット・ヘルモス・キャノン×1
真紅眼の黒竜剣×2
真紅眼の黒刃竜×1
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン×3

■エクシーズモンスター6枚
鳥銃士カステル×1
竜魔人クィーンドラグーン×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.28 タイタニック・モス×1
No.11 ビッグ・アイ×1
真紅眼の鋼炎竜×1

■リンクモンスター2枚
リンク・スパイダー×1
デコード・トーカー×1

【サンプルレシピについて】
今回は、変更点を中心に、
シンプルにお送りしたいと思います。

なお、儀式以外の部分は変わらないので、
詳しいデッキ戦術については、
こちらの記事をご覧ください。↓
【デッキレシピ】儀式で戦力補強?「レッドアイズ」デッキ!!
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/70137244.html

〈変更点〉
■「真紅眼の鉄騎士―ギア・フリード」の採用
_20170609_231250
「真紅眼の鉄騎士-ギア・フリード」ですが、
1ターンに1度、使える効果が2つあって、

1つ目は、このカードに装備カードが装備された場合に、その装備カードを破壊して、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる魔法・罠カード除去効果と

2つ目は、このカードに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送ると、自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる蘇生効果を持っています。

このカードの登場によって、「レッドアイズ」デッキに、魔法・罠カード除去ができるようになり、また装備カードを入れる意義ができました。

ただ、装備魔法カードを「レッドアイズ」デッキに入れにくいですが、
「黒鋼竜」がいるので、それを装備して、サーチ効果を使うのがベストかなと思います。

また、1番目の効果を使わずに、2つ目の効果を使って、ランク4を作るという方法も取れます。


■「真紅眼の幼竜」の採用
_20170609_231703
戦闘破壊で墓地へ送られた時限定ですが、デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚し、墓地のこのカードを攻撃力300アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する効果と、

モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に、自分のデッキ・墓地から、ドラゴン族・レベル1モンスター1体を手札に加える効果を持っています。

4枚目以降の「伝説の黒石」というようなカードですが、「伝説の黒石」にはどちらか1つしか使えない制約があるので、もしデッキに戻す方の効果を使った時には、「真紅眼の幼竜」にもチャンスが訪れます。

戦闘でわざと破壊されて、攻撃力が2700の「真紅眼の黒竜」を特殊召喚したり、
「真紅眼の鉄騎士―ギア・フリード」を特殊召喚して、相手の魔法・罠カード除去という活用ができます。

回収orサーチ効果は、ドラゴン族・レベル1モンスターなので、「黒鋼竜」や「伝説の黒石」が選択肢になります。

「真紅眼融合」を使った後に、セットするモンスターとして最適ですね。


■融合モンスターの選択肢の増加
●「真紅眼の黒刃竜」の採用。
_20170609_232026
「真紅眼の黒刃竜」 闇7/ドラゴン族/融合/2800/2400
「真紅眼の黒竜」+戦士族モンスター
・「レッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時に自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを攻撃力200アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

・自分フィールドのカードを対象とするカードの効果が発動した時、自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

・このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードに装備されていたモンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。

「真紅眼の黒刃竜」の登場で、「真紅眼融合」で出せる融合モンスターが増えました。

ただ、「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」が優先されそうですが...笑
一応、レベル7なので、次のターンでランク7になるという活用の仕方がありますが...。

「真紅眼の黒刃竜」の効果は、
『「レッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時』とあるので、たくさん「レッドアイズ」を並べて攻撃すると装備できるチャンスが増えます。

装備したモンスターは、
攻撃力200アップの装備カードとして扱ったり、

自分のカードを対象とするカードの発動を無効にして破壊するのに使えたり、

このカードが戦闘・効果で破壊された場合に、装備していたモンスターを特殊召喚するのに使えたりするので、

できる限り装備させておきましょう。


●「ロケット・ヘルモス・キャノン」の採用
戦士族がデッキに入ったことにより、「ヘルモスの爪」の選択肢として、
「ロケット・ヘルモス・キャノン」が新たに加わりました。

「ロケット・ヘルモス・キャノン」は、装備したモンスターに2回攻撃と守備貫通効果を与える効果を付与してくれます。


【あとがき】
他には、「巨竜の聖騎士」とか、「巨竜の守護騎士」などの戦士族を採用してみても面白そうかなと思いますが、
枠がちょっとキツイ…笑

デュエリストパックで、3度目の「レッドアイズ」デッキの強化になるとは思いませんでしたが、
「レッドアイズ」デッキの構築が楽しくなってきました。

この調子で4度目の強化も?

以上で、「レッドアイズ」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2