Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

闇属性

【デッキレシピ】儀式で戦力補強?「レッドアイズ」デッキ!!


今回、紹介するサンプルレシピは、「レッドアイズ」デッキです。
過去に作っていた「レッドアイズ」デッキを新マスタールールに合わせて構築し直してみました。

まずは、サンプルレシピからの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
竜姫神サフィラ×2
真紅眼の黒竜×3
真紅眼の凶星竜―メテオ・ドラゴン×1
真紅眼の飛竜×3
真紅眼の遡刻竜×2
マンジュ・ゴッド×3
黒鋼竜×2
伝説の黒石×3

〈マジック17枚〉
儀式の下準備×3
レッドアイズ・インサイト×3
真紅眼融合×3
ヘルモスの爪×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
祝祷の聖歌×3

〈トラップ3枚〉
レッドアイズ・スピリッツ×2
竜の束縛×1

〈エクストラデッキ14枚〉
■融合モンスター5枚
真紅眼の黒竜剣×2
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン×3

■エクシーズモンスター7枚
鳥銃士カステル×1
竜魔人クィーンドラグーン×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
No.28 タイタニック・モス×1
No.11 ビッグ・アイ×1
真紅眼の鋼炎竜×1

■リンクモンスター2枚
リンク・スパイダー×1
デコード・トーカー×1

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術キーワード〉
■レッドアイズ
_20170406_145422
このデッキのメインモンスター達。
「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外は、「伝説の黒石」の効果で、デッキから特殊召喚できます。

また、「レッドアイズ」魔法・罠カードは、「レッドアイズ・インサイト」でサーチできますし、「レッドアイズ」カードは、「黒鋼竜」がフィールドから墓地へ送られた場合にもサーチできます。

以下は、「レッドアイズ」モンスター達の主な役割です。
●レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
→展開のキーカード。手札・墓地からドラゴン族を蘇生します。

●真紅眼の凶星竜ーメテオ・ドラゴン
→「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」の融合素材その1。
デュアルモンスターなので、もう一度召喚すれば、「レッドアイズ」モンスターを戦闘・効果破壊から守れます。

●真紅眼の黒竜
→「伝説の黒石」で出せる最大レベルのモンスター。
融合召喚・エクシーズ召喚・リンク召喚といろいろな素材になれます。

●真紅眼の飛竜
→召喚権を使っていない自分のターンのエンドフェイズに効果を使えます。
このカードを除外して、墓地の「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を蘇生するのがベター。
ちなみに蘇生対象は、「レッドアイズ」なら何でもOK!

●真紅眼の遡刻竜
→レベル7以下の「レッドアイズ」が相手モンスターの攻撃・相手の効果で破壊された場合の保険。
その時に破壊されたモンスターが戻ってきます。


■融合召喚
_20170406_145648
「真紅眼融合」で「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」を出します。
融合素材は、「レベル7の「レッドアイズ」モンスター+レベル6のドラゴン族」になるので、

レベル7の「真紅眼の黒竜」とレベル6は「真紅眼の凶星竜―メテオ・ドラゴン」or「竜姫神サフィラ」を手札・デッキ・フィールドから墓地へ送って融合召喚するといいでしょう。

なお、「真紅眼融合」を発動するターンは、モンスターを召喚・特殊召喚ができなくなりますので、ご注意を!
(なお、モンスターのセットはできます。)

あと、もう1つ融合モンスターを出す方法として、「ヘルモスの爪」があります。
_20170406_145951
自分の手札・フィールドのドラゴン族を「ヘルモスの爪」で墓地へ送って、「真紅眼の黒竜剣」を特殊召喚します。

なお、「真紅眼の黒竜剣」は、すぐに装備化効果が発動するので、自分フィールドにモンスターを用意しておく必要があります。
(用意しないと、装備化効果が強制なため、最悪の場合、相手モンスターに装備することになります。)

「真紅眼の黒竜剣」を装備した後は、少なくとも攻撃力は1500以上アップするので、だいたいのモンスターを戦闘破壊できることになるでしょう。
(フィールド・墓地にドラゴン族が増えれば増えるほど上昇幅がすごいことになるので、終盤になればフィニッシャー級のモンスターを作れることも。)

また、自分のエクストラモンスターゾーンを能動的にあけて、新たなエクストラデッキからモンスターを呼ぶという役割もできます。


■儀式召喚
_20170406_145840
新マスタールールになってから、新たに加えた戦術です。
「竜姫神サフィラ」を取り入れたのは、やはり「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」の融合素材になれるモンスター(融合素材その2)で、まだ汎用性があるドラゴン族の儀式モンスターということで、採用してます。

2枚ドローして、手札入れ替え効果も「真紅眼の飛竜」や「伝説の黒石」を捨てると無駄がないですし、墓地の「祝祷の聖歌」で守れる点もポイントも高いです。


■エクシーズ召喚
融合召喚に比べると出す機会が少ないですが、ランク4とランク6、ランク7を用意してます。
基本は、「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」や「死者蘇生」、「レッドアイズ・スピリッツ」などの蘇生カードで、
レベル4・6・7のモンスターを墓地から特殊召喚した後、「伝説の黒石」を召喚して、対応するレベルの「レッドアイズ」モンスターをデッキから特殊召喚するのが、自然な流れかと思います。


【あとがき】
リンク召喚に頼らなくても戦えるように、「レッドアイズ」デッキに儀式モンスターを取り入れてみました。
「レッドアイズ」の儀式モンスターと言えば、「ロード・オブ・ザ・レッド」や「黒竜の聖騎士」がいますが、「流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン」の融合素材になれないので、不採用に。

最初の頃は、「祝福の教会―リチュアル・チャーチル」を採用し「竜姫神サフィラ」や「高等儀式術」をサーチして、儀式素材を用意しなくても儀式召喚ができるような構築を考えました。

しかし、融合召喚で「竜姫神サフィラ」を墓地へ送ることもあるし、「祝祷の聖歌」もあるので、「儀式の下準備」を使った方が効率がいいのかなと思い、後者の方を選びました。
(前者の方は、さらにバニラモンスターや「テラ・フォーミング」も採用する必要が出てくるので、枠的にも少し厳しかった。)

このあたりの選択は、儀式素材を用意するか・用意しないかで変えるといいでしょう。
(デュアルでないレベル6・バニラの「レッドアイズ」がいたら、全然、前者でもよかったのですが…。)

以上で、儀式レッドアイズデッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】PP19で強化!「堕天使」デッキ!!


今回、紹介するサンプルレシピは、「プレミアムパック19」で登場した「堕天使ユコバック」と「捕食植物」を取り入れたレシピの紹介です。

「堕天使ユコバック」の登場で、墓地に「堕天使スペルビア」や「堕天使」魔法・罠カードを落としやすくなったので、前に比べたら動きが少し円滑になったかなという印象です。

では、サンプルレシピの紹介です。
一応、新ルールを意識して作りましたが、もう少し変わるかもしれません。
ご参考までにしていただければと思います。
〈サンプルレシピ〉
〈モンスター20枚〉
堕天使スペルビア×2
堕天使ゼラート×1
堕天使イシュタム×3
堕天使アムドゥシアス×2
捕食植物オフリス・スコーピオン×3
堕天使ユコバック×3
捕食植物サンデウ・キンジー×3
ローンファイア・ブロッサム×3

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
成金ゴブリン×3
堕天使の追放×3
死者蘇生×1
堕天使の戒壇×3
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
超融合×1

〈トラップ6枚〉
背徳の堕天使×2
魅惑の堕天使×1
リビングデッドの呼び声×3


〈エクストラデッキ15枚〉
■エクシーズモンスター15枚
〈融合モンスター6枚〉
捕食植物キメラフレシア×2
捕食植物ドラゴスタペリア×1
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×1
グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
〈エクシーズモンスター9枚〉
彼岸の旅人 ダンテ×1
超量機獣グランパルス×1
No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー×1
神竜騎士フェルグラント×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス×1
超巨大空中宮殿ガンガリディア×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1
※新マスタールールによっては、若干の変更あり。仮組みのエクストラデッキです。


【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術キーワード〉
■「堕天使」の共通効果と魔法・罠カード
_20170314_185322
このデッキでは、「堕天使イシュタム」、「堕天使アムドゥシアス」しかいませんが、「堕天使」の強みでもある以下の共通効果があります。
1ターンに1度しか使用できない。
1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

この効果を使って、1度使った「堕天使」魔法・罠カードを再び使えることになります。

なお、この共通効果を使う場合は、『「堕天使」魔法・罠カードの効果を適用する』なので、「堕天使」罠カードに見られる、発動コストを払う必要はありません。

肝心の「堕天使」魔法・罠カードですが、以下の採用したのは4種類です。
●堕天使の追放
→「堕天使」カードのサーチ

●堕天使の戒壇
→墓地から「堕天使」モンスターを守備表示で蘇生

●背徳の堕天使
→フィールドのカード1枚破壊。

●魅惑の堕天使
→相手フィールドの表側表示モンスター1体をエンドフェイズまでコントロールを得る。

※「背徳の堕天使」と「魅惑の堕天使」は、通常使用なら、「堕天使」モンスター1体を手札・フィールドから墓地へ送る必要がある。

基本的には、「堕天使の追放」か「堕天使の戒壇」を使って、手札や場を固めていくのがいいでしょう。

■墓地からの蘇生
_20170314_185434
「死者蘇生」や「堕天使の戒壇」、「リビングデッドの呼び声」の蘇生カードで、「堕天使スペルビア」を墓地から蘇生させ、
そこから「堕天使スペルビア」の効果を使って、さらに「堕天使」モンスターを蘇生するのが自然な流れになります。


■融合召喚
_20170314_185731
「捕食植物サンデウ・キンジー」の効果を使って、自分の手札・フィールドのモンスターを使って、闇属性融合モンスターを融合召喚します。

このモンスターで出せる闇属性融合モンスターは、
・「捕食植物キメラフレシア」(「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター)
・「捕食植物ドラゴスタペリア」(融合モンスター+闇属性モンスター)
・「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」(フィールドの闇属性モンスター2体)
・「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」(「捕食植物」モンスター+レベル8以上の闇属性モンスター)
がいます。

新ルールでは、エクストラモンスターゾーンが1つしかないので、「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」あたりを出すといいでしょう。

なお、「捕食植物サンデウ・キンジー」は、「ローンファイア・ブロッサム」、「捕食植物オフリス・スコーピオン」でリクルートできます。


■エクシーズ召喚
_20170314_185602
エクシーズ召喚は、「堕天使スペルビア」から「堕天使ゼラート」を蘇生することを想定して、ランク8のエクシーズモンスターを用意してます。

「No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー」→「No.84 ペイン・ゲイナー」→「No.77 ザ・セブン・シンズ」へ続くルートか、
「No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」による魔法封じ&攻撃対象コントロールコースのどちらかでいいでしょう。

「堕天使ユコバック」、「ローンファイア・ブロッサム」、「捕食植物オフリス・スコーピオン」の3体がレベル3であることから、ランク3も用意してますが、あまり並ぶことがないので、控えめにしてます。

あとは、「堕天使イシュタム」が2体並んだ時用に、ランク10も一応採用しました。
ここは、削って他のところを増やしてもいいかもしれません。


【あとがき】
「堕天使」テーマは、作ったまま放置してましたが、「プレミアムパック19」の発売、新ルールという追い風もあって、久しぶりに構築し直してみましたが、面白い動きをするデッキですね。

改めて再確認させてもらいました。

以上で「プレミアムパック19」で強化した「堕天使」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】復刻シリーズ~ドン・サウザンドと契約した!?「暗黒界」デッキ!!~


昨日のブログの総訪問者数100万人突破!ありがとうございます。

至らないところもあるかと思いますが、これからも頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

さて、今回紹介するデッキは、「暗黒界」デッキです。
その「暗黒界」デッキに、前々回でカード考察をした「ドン・サウザンドの契約」を組み込んでみました。

新ルールの追い風もありそうですが、不明な点もあるのでエクストラデッキについては調整中です。

では、サンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
暗黒界の龍神 グラファ×3
暗黒界の術師 スノウ×3
暗黒界の尖兵 ベージ×3
ヘルウェイ・パトロール×3
トランス・デーモン×2
魔サイの戦士×3
暗黒界の狩人 ブラウ×3

〈マジック15枚〉
暗黒界の門×3
テラ・フォーミング×3
おろかな埋葬×1
手札抹殺×1
暗黒界の取引×3
ドン・サウザンドの契約×3

〈トラップ5枚〉
闇のデッキ破壊ウイルス×1
リビングデッドの呼び声×2
スキルドレイン×2


〈エクストラデッキ〉
新ルールのため調整中。

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
このデッキの戦術のキーワードをあげて解説したいと思います。
■「暗黒界の龍神 グラファ」の特殊召喚
_20170218_233402
「暗黒界の龍神 グラファ」は、
・グラファ自身が墓地にいる時に、
・自分フィールドの表側の「暗黒界」を手札に戻す
と墓地から特殊召喚できる効果を持っているので、戦術の1つとしてその効果を使い、高攻撃力でビートダウンしていきます。

「暗黒界の龍神 グラファ」を墓地へ送るには、「魔サイの戦士」や「おろかな埋葬」でデッキから墓地へ送ったり、手札を捨てるカードで墓地へ送るといいでしょう。

また、手札に戻す「暗黒界」としては、「暗黒界の尖兵 ベージ」がグッドです。
_20170218_233518
手札からカード効果で捨てれば、特殊召喚できるので、後述する手札を捨てるカードを使いましょう。

その他には、「ヘルウェイ・パトロール」の効果を使ったり、通常召喚権を使って、「暗黒界」を自分フィールドに出すことでも、「暗黒界の龍神 グラファ」を特殊召喚できる準備ができます。


■手札を捨てる
手札を捨てるカードには、お互いの手札を捨てる系と自分の手札だけを捨てる系があります。

お互いの手札を捨てる系には、「手札抹殺」と「暗黒界の取引」が、
自分の手札だけを捨てる系としては、「トランス・デーモン」と「暗黒界の門」が該当します。

これらのカードで、手札を捨てて「暗黒界」モンスターの効果を発動します。

「暗黒界」モンスターの効果を忘れた人のために、以下に効果をまとめておきました。
●カード効果で手札から墓地へ送られた時に発動する効果
グラファ→相手フィールドのカード1枚破壊。
スノウ→自分のデッキから「暗黒界」カード1枚をサーチ。
ベージ→墓地から特殊召喚。
ブラウ→自分のデッキから1枚ドロー。
※なお、グラファ、スノウ、ブラウについては、相手のカードの効果で捨てられた場合は、追加効果があり。


■手札公開
_20170210_171149
手札公開は、「ドン・サウザンドの契約」の2番目の効果を使って行います。

2番目の効果には、
『お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの1番目の効果でドローしたカードを公開し続ける。』とあるので、

このカードを発動している間に、「手札抹殺」や「暗黒界の取引」を使って、手札を破壊しながら、相手の手の内を確認することができます。
(ただ、自分も公開することなるので、諸刃の剣と言ったところですが。)

上手く相手が魔法カードをため込んでくれていたら、「ドン・サウザンドの契約」の3番目の効果の縛りが効いて、相手が通常召喚権を確保するために、まずは、手札の魔法カードを使わざるおえない状況になるかもしれません。
(ただ、セットでも縛りは解けますが。)
まあ、このあたりは運次第になりますが。

■効果封じ
「スキルドレイン」で、フィールドのモンスターの効果を無効にします。

このデッキでは、「トランス・デーモン」やエクストラデッキから出てきたモンスターの効果が使えなくなるぐらいで、それ以外の他のモンスターは墓地で発動するので、あまり影響はありません。

ただ、1000ライフ払うのは、「ドン・サウザンドの契約」があって少しきつい状況もあるかもしれませんが。


■エクシーズ召喚
新ルールの詳細等がまだわかっていないですが、
エクストラデッキ専用のモンスターゾーンがあるため、少なくともエクストラデッキから1体は出せそうなので、ランク3、ランク4、ランク8で、パワーカードを中心に選ぶといいでしょう。

このデッキでは、
【ランク3】
虚空海竜リヴァイエール
超量機獣グランパルス

【ランク4】
鳥銃士カステル
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン

【ランク8】
No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

あたりならいいのかな?
(細かいことも含めて、ルールの全貌が知りたい。)


【あとがき】
「ドン・サウザンドの契約」の2番目の効果が、
『このカードが存在する間にドローしたカード』となっていたので、「手札抹殺」とかでドローしたものでも公開の対象になるんだ!と思い、「暗黒界」デッキに入れてみました。

ドローカードとしてもよく、多少のシナジーはあるのかなと思ってます。

あとは、新ルールの詳細がわかればエクストラデッキを作ることもできますが、しばらくは様子見となりそうです。

以上で「ドン・サウザンドの契約」を入れた「暗黒界」デッキの紹介を終わります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【デッキレシピ】鳥獣カップル成立??「ブラック・ハーピィ」デッキ!!


今さらですが、今年の干支は酉年ですね。

この記事を書いている途中に、デッキレシピの一発目は、このデッキにしたら良かったなと思いましたが、完成したのが最近だったので、紹介が遅れました。

そんなわけで今回紹介するデッキは、鳥獣族の「ハーピィ」を使ったデッキになります。

(ちなみに案内人は、久しぶりにハイロンがご案内します。)

では、早速サンプルレシピの紹介です。

〈サンプルレシピ〉
〈モンスター22枚〉
ハーピィズペット竜×2
ハーピィ・レディ・SB×3
BF―精鋭のゼピュロス×1
ハーピィ・チャネラー×3
A・ジェネクス・バードマン×1
RR―バニシング・レイニアス×3
ハーピィ・ダンサー×3
RR―ミミクリー・レイニアス×3
召喚僧サモンプリースト×1
RR―シンギング・レイニアス×2

〈マジック12枚〉
霞の谷の神風×1
おろかな埋葬×1
万華鏡―華麗なる分身―×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
スワローズ・ネスト×3
ヒステリック・サイン×3

〈トラップ6枚〉
ハーピィの羽根吹雪×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター2枚
エンシェント・フェアリー・ドラゴン×1
妖精竜 エンシェント×1

■エクシーズモンスター13枚
外神ナイアルラ×1
RR-フォース・ストリクス×1
RR-ブレード・バーナー・ファルコン×1
電光千鳥×1
零鳥獣シルフィーネ×1
No.101 S・H・Ark Knight×1
竜魔人 クィーンドラグーン×1
No.59 背反の料理人×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
RR-ブレイズ・ファルコン×1
外神アザトート×1
RR-アーセナル・ファルコン×2

※「竜魔人 クィーンドラグーン」、「No.59 背反の料理人」、「RR-アーセナル・ファルコン」以外のカードは、レベル7のシンクロモンスターやランク4やランク7のエクシーズモンスターなら自由で構いません。


【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
基本的には、エクシーズ召喚を狙います。
ランク4とランク7のエクシーズモンスターを出します。
■ランク4
_20170121_103908
ランク4は、「ハーピィ・チャネラー」や「万華鏡―華麗なる分身―」、「召喚僧サモンプリースト」を使ったり、「RR―バニシング・レイニアス」で「RR(レイド・ラプターズ)」を展開して、作っていきます。

■ランク7
_20170121_104053
ランク7は、「ハーピィ・チャネラー」の効果で、デッキから「ハーピィズペット竜」を特殊召喚することで、なることができます。

■『RR-アーセナル・ファルコン+竜魔人 クィーンドラグーン+ハーピィズペット竜』の陣
ここでは、ランク4とランク7を組み合わせ技を紹介したいと思います。

手札3枚でこの陣を作ることができます。
●必要なカード
「ハーピィ・チャネラー」 1枚
「ハーピィ」カード 1枚
「万華鏡―華麗なる分身―」1枚

《手順》
1. 「ハーピィ・チャネラー」を召喚した後、「万華鏡―華麗なる分身―」を使い、「ハーピィ・レディ・SB」を特殊召喚する。

2.「ハーピィ・チャネラー」の効果で、「ハーピィ」カードを捨てて、「ハーピィズペット竜」を特殊召喚して、「RR-アーセナル・ファルコン」を作る。
_20170121_104916

3.「RR-アーセナル・ファルコン」の効果で、デッキから鳥獣族・レベル4モンスターを特殊召喚する。
※取り除くエクシーズ素材は、「ハーピィズペット竜」にする。

4.「RR-アーセナル・ファルコン」の効果で特殊召喚した鳥獣族・レベル4と「ハーピィ・レディ・SB」で、「竜魔人 クィーンドラグーン」をエクシーズ召喚する。
_20170121_104653

5.「竜魔人 クィーンドラグーン」の効果で、「ハーピィズペット竜」を特殊召喚する。
※クィーンドラグーンの効果を使って特殊召喚したレベル5以上のドラゴン族モンスターは、効果無効&そのターン攻撃できないことには、注意をしましょう。

という手順で出せます。
なお、「万華鏡―華麗なる分身―」の代わりに、「RR-シンギング・レイニアス」でもできます。

これにたどり着くまで、少し時間がかかってしまいました(笑)

〈個別カードについて〉
■霞の谷の神風
「ハーピィ・ダンサー」や「BF―精鋭のゼピュロス」、「A・ジェネクス・バードマン」との兼ね合いから採用してます。

■スワローズ・ネスト
このデッキのキーカードである「ハーピィ・ダンサー」にアクセスするために入れています。

なお、このカードで「RR-ミミクリー・レイニアス」をリリースできたら、「RR-シンギング・レイニアス」をサーチして、上記で紹介した布陣を作ることができます。

(ただし、手札に「ハーピィ」カードが必要です。)

■No.59 背反の料理人
「ヒステリック・サイン」の「万華鏡―華麗なる分身―」をサーチする効果を使ってしまった場合に、このモンスターになって、相手ターンで「ヒステリック・サイン」を破壊するという使い方もあります。


【あとがき】
「ブラック・ハーピィ」デッキは、いかがでしたでしょうか?
もうブラックの正体はお分かりですよね??

今回は、「RR」と「ハーピィ」を組み合わせたデッキを紹介してみました。
黒崎隼(?歳)と孔雀舞(24歳)の大物鳥獣カップル成立ですかね?(笑)

冗談はさておき、「ハーピィ」は、「ハーピィ・レッドアイズ」デッキを作った時以来、実に1年半ぶりに触りました。
ブログを立ち上げたの初期のことを少し思い出しました。

あれから約1年半、読者の皆さんに支えられて何とか更新しております。

過去に感謝しつつ、「継続は力なり」の精神でこれからも頑張りたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



【デッキレシピ】呪いと恐怖が決闘者を襲う??「捕食人形(プレデター・パペット)」デッキ!!


今回紹介するデッキは、ハイロンが作ったデッキの中でも最も恐ろしい組み合わせのデッキになります。

その恐ろしい組み合わせですが、ブースターSPで強化された「捕食植物(プレデター・プランツ)」と、「ギミック・パペット」です。

「ギミック・パペット」は噂によると、とある屋敷で起きた悲惨な事件で犠牲になった家族の怨念が、屋敷にあった人形に宿ったと言われてます。

そして、その屋敷に植えられていた植物にも、犠牲になった家族の怨念が宿り「捕食植物」になったと言い伝えられています。
※フィクションです。


では、サンプルレシピの紹介です。

〈モンスター編〉
_20161121_175303

〈モンスター20枚〉
にん人×2
捕食植物スピノ・ディオネア×3
ギミック・パペット―シザー・アーム×3
ギミック・パペット―マグネ・ドール×3
捕食植物サンデウ・キンジー×3
ローンファイア・ブロッサム×3
ギミック・パペット―ネクロ・ドール×3

〈マジック・トラップ編〉
_20161121_175028

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
トレード・イン×3
アドバンスドロー×2
死者蘇生×1
ジャンク・パペット×2
ブラック・ホール×1
超融合×1
捕食接ぎ木×3

〈トラップ6枚〉
威嚇する咆哮×3
底なしの落とし穴×1
奈落の落とし穴×1
蟲惑の落とし穴×1


〈エクストラデッキ編〉
_20161121_175458

〈融合モンスター7枚〉
捕食植物キメラフレシア×2
捕食植物ドラゴスタペリア×1
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×1
グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×3

〈エクシーズモンスター8枚〉
フレシアの蟲惑魔×1
ヴェルズ・ナイトメア×1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.15 ギミック・パペット―ジャイアントキラー×1
No.40 ギミック・パペット―ヘブンズ・ストリングス×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1


【サンプルレシピについて】
あまりの恐怖に、詳しく紹介することができませんが、軽く説明させていただきます。

■捕食植物サンデウ・キンジー
_20161121_180534

爬虫類族によく間違われますが、植物族です。
くれぐれも近づかないように。

このデッキのキーカードになります。
「超融合」もありますが、基本的にはこのカードで融合召喚します。

2番目の融合召喚できる効果を使います。

手札・フィールドのレベル8の「ギミック・パペット」を素材にして、「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚したり、

闇属性なら、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」や「捕食植物キメラフレシア」を融合召喚したりできます。

「ローンファイア・ブロッサム」や「捕食接ぎ木」で引っ張ってこれるので、繰り返し融合召喚できます。


■にん人
_20161121_180619

出た!ニンジンのお化け~!!
ニンジンばかり残してたら、この人が襲ってきます!!

このモンスターは、融合素材だけでなく、ランク4のエクシーズ召喚にも絡むことができるモンスターです。

モンスター効果は、「にん人」が墓地にいる場合で、手札・フィールドの植物族を1体を墓地へ送ると、墓地から特殊召喚できます。

なので、レベル4のモンスターを召喚した後、手札から植物族を捨てて墓地から蘇生という流れが自然です。

植物族なので、「ローンファイア・ブロッサム」で自分フィールドに持ってこれます。


■ギミック・パペット―ネクロ・ドール
_20161121_180706

「あれ!?あの人形、少し動いた?」(冷や汗)

「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の融合素材候補として、最適な「ギミック・パペット」になります。

融合素材以外では、ランク8のエクシーズ召喚とか、「トレード・イン」や「アドバンスドロー」のコストにもなります。

エクシーズ素材にする時は、「ギミック・パペット」のエクシーズ召喚にしか使用できませんが、墓地の「ギミック・パペット」を除外するだけで、墓地から蘇生できます。

このカード自身は、「ギミック・パペット―シザー・アームズ」の効果で、墓地へ送ることができます。


■捕食植物スピノ・ディオネア
このカードが召喚・特殊召喚に成功すると、相手モンスターに捕食カウンターを置くことができます。

このカードで捕食カウンターを置いて、「捕食植物サンデウ・キンジー」を展開できると、すぐに融合素材にすることができるので、「捕食接ぎ木」等で狙ってみるといいでしょう。



【あとがき】
皆さん、大丈夫でしたでしょうか?

もし1人でいる時に、誰かの視線を感じたとしたら、あなたの家にある人形が見ているのかもしれません。
気をつけてくださいね。
※フィクションです。


【編集後記】
ユーリくんがⅣ(フォー)を取り込んだら、こんな感じになるのでしょうか?

二人とも性格が似ているような気もするので、さらに残虐性が強まりそうです。
(アニメを放送できるかな?)

一縷の望みとして、いつかユーリくんの口から、「ファンサービスだ」というセリフが聞けることを期待しておきます。

上記のサンプルレシピが、グリーディー採用型の「捕食植物」デッキの参考になれば、幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。








ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2