Hylon Research Station(ハイロン研究所)

ハイロン研究所では、遊戯王専門の個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果などをメインにお届けしています。

闇属性

【デッキレシピ】「幻想の見習いの魔導師」で強化!「ブラック・マジシャン」デッキ!!


今回、紹介するデッキレシピは、「ブラック・マジシャン」デッキです。
もう何度目の紹介になるでしょうか?

Vジャンプの付録で「幻想の見習い魔導師」をもらえて、戦術の幅が増えました。

そんな「幻想の見習い魔導師」を使ったデッキレシピはこちらです。

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
ブラック・マジシャン×3
カオス・ソーサラー×2
幻想の見習い魔導師×3
妖精伝姫―ターリア×2
霊滅術師 カイクウ×2
マジシャンズ・ロッド×3
グローアップ・バルブ×1
調律の魔術師×1
アンノウン・シンクロン×1
エフェクト・ヴェーラー×2

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
融合徴兵×2
ワン・フォー・ワン×1
黒魔術のヴェール×2
死者蘇生×1
黒魔術の継承×1
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×3

〈トラップ6枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
永遠の魂×3

〈エクストラデッキ15枚〉
転生竜サンサーラ×1
マジカル・アンドロイド×1
アーカナイト・マジシャン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
ブラック・フェザー・ドラゴン×1
ゼラの天使×1
クリムゾン・ブレーダー×1
魔王龍 ベエルゼ×1
呪符竜×1
マジマジ☆マジシャンギャル×1
風紀宮司ノリト×1
幻想の黒魔導師×1
幻獣機ドラゴサック×1
真紅眼の鋼炎竜×1


【「幻想の見習い魔導師」の登場によるメリット】
_20160919_192542

「幻想の見習い魔導師」の登場によって、
・「ブラック・マジシャン」のサーチが容易になった。
・ランク6のエクシーズモンスターが出しやすくなった。
があると思いますが、もう1つ大きなメリットがあります。
それは、レベル7のシンクロモンスターが出しやすくなったことです。

レベル7のシンクロの中でも特に「アーカナイト・マジシャン」は、「ブラック・マジシャン」の次に恩恵を受けているモンスターかもしれません。


【デッキ戦術】
■基本の布陣形
「黒の魔導陣」を発動した後に、「ブラック・マジシャン」を展開する

まずは、基本の布陣形を作るために、
「黒の魔導陣」は、「マジシャンズ・ロッド」や「黒魔術の継承」でサーチし、
「ブラック・マジシャン」は、「幻想の見習い魔導師」や「融合徴兵」でサーチして、基本の布陣形のための準備をします。

その後「黒の魔導陣」を発動し、相手ターンで「マジシャンズ・ナビゲート」や「永遠の魂」、「妖精伝姫―ターリア」などで、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚すると、「黒の魔導陣」の2番目の効果で相手フィールドのカード1枚を除外できます。

■エクシーズの陣
_20161005_112111

ランク6とランク7を用意しました。

ランク6は、「幻想の見習い魔導師」と「カオス・ソーサラー」で、ランク7は「ブラック・マジシャン」や「アーカナイト・マジシャン」などのレベル7シンクロモンスターで、エクシーズ召喚できます。

なお、ランク7を出す時が多いと思いますが、自分が「永遠の魂」を発動している場合は、「永遠の魂」のデメリットを意識して、破壊されない「幻獣機ドラゴサック」や「真紅眼の鋼炎竜」を優先させるといいでしょう。

■シンクロの陣
_20161005_111934

このデッキではレベル1のチューナーを使って、レベル5、レベル7、レベル8のシンクロモンスターをシンクロできます。

レベル5は、あまりシンクロすることはないと思いますが、一応できるので、採用してます。

レベル7のシンクロモンスターは、「幻想の見習い魔導師」や「カオス・ソーサラー」を特殊召喚した後に、チューナーを通常召喚して、シンクロ召喚ができます。
除去をしたければ「アーカナイト・マジシャン」、相手を妨害したければ「月華竜 ブラック・ローズ」という感じでいいでしょう。

レベル8のシンクロモンスターは、「ブラック・マジシャン」を展開した後、こちらもチューナーを召喚して、シンクロ召喚が基本になります。

チューナーが闇属性なら、「魔王龍 ベエルゼ」を最優先するといいでしょう。
「永遠の魂」を使っているなら、「魔王龍 ベエルゼ」の方が戦線維持ができます。


チューナーが闇属性以外なら、「黒の魔導陣」や「霊滅術師カイクウ」で相手のカードを除外していることもあるので、「ゼラの天使」もいいかもしれません。
また墓地にいれば、「カオス・ソーサラー」を出すために除外にすることができます。


【あとがき】
「幻想の見習い魔導師」の登場により、「ブラック・マジシャン」のサーチだけでなく、ランク6のエクシーズモンスターや「アーカナイト・マジシャン」などのシンクロモンスターを出しやすくなりました。

1枚のカードでこれだけ戦略の幅が広がるカードは、なかなかないですね。
こんな感じで、いろんなカテゴリーを強化してもらいたいです。(ただし、規制がかからない程度に押さえてもらいながらですが。)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



【デッキレシピ】クロウへ捧げる!BFデッキ!!


今回、紹介するデッキは、久しぶりに作ってみたシリーズ?からBF(ブラックフェザー)デッキです。

作ったきっかけとしては、
アニメで女の子版BFに見えてしまった、瑠璃が使うLL(リリカル・ルスキニア)の登場と、

カードにされてしまったクロウ・ホーガンに捧げる意味合いをこめて、デッキを作ってみました。
紹介させていただきます。

【デッキレシピ】
〈モンスター22枚〉
BF―残夜のクリス×3
BF―蒼炎のシュラ×3
BF―黒槍のブラスト×3
BF―精鋭のゼピュロス×1
BF―月影のカルート×3
BF―疾風のゲイル×3
BF―上弦のピナーカ×3
BF―隠れ蓑のスチーム×1
クレーンクレーン×2

〈マジック12枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
闇の誘惑×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
黒い旋風×3
スワローズ・ネスト×2

〈トラップ6枚〉
ゴッドバードアタック×2
デルタ・クロウ―アンチ・リバース×1
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
発条機雷ゼンマイン×1
虚空海竜リヴァイエール×1
超量機獣グランパルス×1
RR―フォース・ストリクス×2
RR―ブレード・バーナー・ファルコン×1
零鳥獣シルフィーネ×1
BF―アームズ・ウィング×2
BF―星影のノートゥング×2
ABF―驟雨のライキリ×2
ABF―涙雨のチドリ×1
BFT―漆黒のホーク・ジョー×1


【デッキについて】
あまり捻りもないので、シンプルな構築になっていると思います。

「BF」は、場に「BF」がいる時に、手札から特殊召喚できるモンスターがいるので、そのあたりを中心に選びました。

また、ランク3とランク4をエクシーズ召喚できるように、採用したモンスターのレベルは、3か4に統一しています。

【デッキ戦術】
説明不要かもしれませんが、このデッキの戦術もシンプルです。

■手札からの大量展開
_20160829_182440

【デッキについて】でも触れましたが、
「BF」が場にいる場合に、手札から特殊召喚できる「BF」モンスターがいます。

「BF―残夜のクリス」、「BF―黒槍のブラスト」、「BF―疾風のゲイル」の3種類です。

これら3種類を「BF―上弦のピナーカ」や「黒い旋風」等で、手札に加えておいて、大量展開を行います。


■シンクロ召喚
_20160829_182702

このデッキのメイン戦術になります。

レベル6のシンクロモンスターは、「クレーンクレーン」の効果を使ったり、「BF―疾風のゲイル」+「BF―月影のカルート」の組み合わせで出せます。

レベル7のシンクロモンスターは、「BF―残夜のクリス」or「BF―黒槍のブラスト」+「BF―疾風のゲイル」が一番出しやすいでしょう。

カードファイルの事情からシンクロモンスターは、「BF」で埋める形になりましたが、汎用性のシンクロモンスターを入れるといいでしょう。


■エクシーズ召喚
_20160829_183014

補助的な感じでエクシーズ召喚します。

ランク3は、レベル6のシンクロ召喚と同じ方法で出します。
防御寄りになってます。
「虚空海竜リヴァイエール」は、「闇の誘惑」で除外したモンスターを特殊召喚するために入れてます。

ランク4は、レベル4の「BF」を召喚した後、手札から特殊召喚できる「BF―残夜のクリス」や「BF―黒槍のブラスト」を特殊召喚すると出せます。

サーチできる「RR―フォース・ストリクス」を始め、
相手フィールドの表側のカードを一時的に無効
&パワーアップする「零鳥獣シルフィーネ」、
高攻撃力で一発逆転できる?「RR―ブレード・バーナー・ファルコン」と、
鳥獣族デッキだから採用できるエクシーズモンスターを入れてみました。


【あとがき】
「BF」デッキは、「ブースターSP トライブ・フォース」が発売した時に一時的に作りましたが、デッキとして完成させたのは、それ以来でした。

「プレミアムパック17」で登場した「BF」と、「ABF」の登場で、だいぶ強化されましたね。

クロウ・ホーガンに届いているかな(笑)。

ありがとうクロウ!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

BF(アマゾン)

【デッキレシピ】「運命」という要素はどこへ?「D―HERO」デッキ!


ブースターSPの発売からだいぶ経っているので、今さら感がありますが、「D―HERO」デッキを紹介したいと思います。

ある程度はできていたのですが、細かい調整をしていたので、紹介が遅れました。
(楽しみにしていた方は、すいません。)

デッキレシピは、こんな感じです↓

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
E・HERO エアーマン×1
D―HERO ディバインガイ×3
D―HERO ドリルガイ×3
D―HERO ディシジョンガイ×2
D―HERO ダイヤモンドガイ×3
終末の騎士×1
D―HERO ディアボリックガイ×3
ゾンビキャリア×2
EMトランプ・ウィッチ×2

〈マジック15枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
デステニー・ドロー×3
闇の誘惑×3
融合×3
死者蘇生×1
大欲な壺×1
禁じられた聖槍×2

〈トラップ5枚〉
ロケットハンド×1
幻影翼×1
幻影剣×1
闇次元の解放×2

〈エクストラデッキ15枚〉
D―HERO デッドリーガイ×2
D―HERO ディストピアガイ×2
彼岸の巡礼者 ダンテ×1
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
瑚之龍×1
煉獄龍 オーガ・ドラグーン×1
ヴェルズ・ナイトメア×1
ヴェルズ・タナトス×1
No.39 希望皇ホープ×1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング×1
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ×1



【デッキ戦術】
発売から時間が経っているので、それぞれの召喚法に着目して紹介したいと思います。

■融合召喚
_20160822_123052

このデッキで融合召喚できるのは、「D―HERO デッドリーガイ」と「D―HERO ディストピアガイ」の2種類。

「禁じられた聖槍」や「ロケットハンド」、「幻影翼」、「幻影剣」の攻撃力増減カードがあれば、「D―HERO ディストピアガイ」を出すといいでしょう。

ただ、このデッキでは墓地肥やし効果がある「D―HERO デッドリーガイ」を優先したいです。

「D―HERO デッドリーガイ」の融合素材として最適なのは、「D―HERO ディアボリックガイ」+「ゾンビキャリア」の組み合わせです。

この組み合わせだと、後で紹介するシンクロ召喚やエクシーズ召喚に繋ぐことができます。
(もちろん、これらを「D―HERO デッドリーガイ」の墓地肥やしの発動コストにするのもOKです。)

「D―HERO デッドリーガイ」の墓地肥やしで送りたいのは、やはり「D―HERO ディバインガイ」でしょう。
(融合素材で使えなかった場合は、「D―HERO ディアボリックガイ」でもOKです。)

融合とデッドリーガイの効果で、手札を多く使ってしまうので、少しだけですが、次のターンで補うことができます。


■シンクロ召喚
_20160822_123113

チューナーの「ゾンビキャリア」を使います。
自己再生効果を使うので、あらかじめ「ゾンビキャリア」を墓地へ送っておいてください。

レベル4の「D―HERO」を使えば、レベル6の「スターダスト・チャージ・ウォリアー」や「瑚之龍」になれます。

また、「D―HERO ディアボリックガイ」とともに、レベル8の「煉獄龍 オーガ・ドラグーン」になることもできます。

「煉獄龍 オーガ・ドラグーン」は、「D―HERO デッドリーガイ」を融合召喚した後からの展開で出すのがいいでしょう。

「D―HERO デッドリーガイ」+「ゾンビキャリア」の効果を使うと、手札が0枚になっていることが多いので、効果を使える状態になっていることが多いです。
(さらに手札が0枚ということは、「D―HEROディバインガイ」を使える可能性もあります。)


■エクシーズ召喚
_20160822_123139

ランク4は、「D―HERO ドリルガイ」の効果を使って、レベル4を2体並べてエクシーズ召喚するのがパターンです。

「D―HERO デッドリーガイ」orレベル6のシンクロモンスターと「D―HERO ディアボリックガイ」で、ランク6を作ることができます。

「永遠の淑女 ベアトリーチェ」か「No.24 竜血鬼ドラギュラス」が優先になります。

「No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ」は、劣勢時や相手モンスターの攻撃力0にしたら、勝てる場合などで出すといいでしょう。



【あとがき】
いろんな召喚法を使うには、「D―HERO ディアボリックガイ」が鍵になります。

融合→シンクロ→エクシーズの順番で使うと、3枚の「D―HERO ディアボリックガイ」を有効に使えます。

「煉獄龍 オーガ・ドラグーン」は、ファイルに残っていたレベル8のシンクロモンスターで、「D―HERO ディバインガイ」の存在や、融合召喚+αにより手札が0枚になりやすかったのを逆に利用できるので、採用してみました。

レベル8をシンクロ召喚できるなら、候補として入れてみたらいかがでしょうか?

はじめのころは、チューナーを「レッド・リゾネーター」にしてましたが、結局「ゾンビキャリア」になってしまいました。

また、初期のころは「マスク・チェンジ」等を入れていましたが、
個人的に、すでに完成されている「マスクHERO」デッキを差し置いて、わざわざ「D―HERO」デッキでも同じことをする意味があるのかな?と疑問を感じたので、抜きました。

(なお、デッキの底力をあげるために、入れるのはありだと思います。)

以上で「D―HERO」デッキの紹介を終わります。
最後まで、読んでいただきありがとうございました。

【デッキレシピ】劇団をプロデュース!「魔界劇団」デッキ!!


シングル買いから、「魔界劇団」デッキを考えておりましたが、何とか形になりましたので、紹介させていただきます。
(強いとは言っていない。)

「魔界劇団」を使った、ハイロンプロデュースのハイロン劇団は、こんな感じになりました。

(デッキレシピを劇団風に紹介してみました。)


【デッキレシピ】
〈劇団員19人〉
魔界劇団―ビッグ・スター×2
魔界劇団―サッシー・ルーキー×3
魔界劇団―ワイルド・ホープ×3
魔界劇団―プリティ・ヒロイン×3
アブソーブポッド×3
魔界劇団―ファンキー・コメディアン×3
魔界劇団―エキストラ×2

〈公演 18回〉
闇の誘惑×3
死のマジック・ボックス×2
強制転移×3
魔界台本「オープニング・セレモニー」×3
魔界台本「ファンタジー・マジック」×1
魔界台本「魔王の降臨」×3
魔界大道具「ニゲ馬車」×2
揺れる眼差し×1

〈仕掛け 3つ〉
ペンデュラム・リボーン×3

〈黒子 0人〉


【劇団の動き】
_20160813_141001

ペンデュラムデッキとして、当たり前のことしか、書いてないので、飛ばして先を読んでくれてもいいかな。

■ペンデュラムゾーンにセッティング
ペンデュラムモンスターで構築されているので、これは当然のことですね。

「魔界劇団―ファンキー・コメディアン」は、決まりとして、片方は何でもOKです。

個人的には、「魔界劇団―ビッグ・スター」か「魔界劇団―プリティ・ヒロイン」がいいかな。

「魔界劇団―エキストラ」を使い、調整してください。

■観客を魅了する(?)ペンデュラム召喚をする
こちらもペンデュラムモンスターを使うデッキのため当然になりますね。

「魔界劇団―ビッグ・スター」を始めとして、「ワイルド・ホープ」、「プリティ・ヒロイン」、「サッシー・ルーキー」あたりをペンデュラム召喚をすると、いいでしょう。

レベル4の「魔界劇団」ペンデュラムモンスターは、戦闘・効果破壊に対しての効果が多いので、間接的に守りも少しならこなせます。

もちろん、ワイルド・ホープやプリティ・ヒロインを「強制転移」や「死のマジック・ボックス」で送りつけるのもいいでしょう。


【大仕掛け】
_20160813_141120

魔界台本の2番目の効果の発動を狙う方法です。
大仕掛けと言ってますが、カードが揃えば、やることは簡単です。
(シンプル イズ ベスト!)

エクストラデッキに表側の「魔界劇団」ペンデュラムモンスターが必須条件になりますので、この点はお忘れなきように。

〈大仕掛けの手順〉
●「魔界台本」をセットする。

●通常召喚権を使って、「アブソーブポッド」をセットする。

●「強制転移」や「死のマジック・ボックス」で、「アブソーブポッド」を相手の場に送る。

●バトルフェイズに入って、「アブソーブポッド」に向かって攻撃する。

●「アブソーブポッド」の効果で、お互いにセットされている魔法・罠カードが破壊され、破壊された数だけデッキからドロー。

●「魔界台本」が相手の効果で破壊されたことになるので(リバース時点では、相手のフィールドで発動しているため)、「魔界台本」の2番目の効果が発動。

という流れです。

つまり、「魔界台本」、「アブソーブポッド」、「強制転移」等の3枚と攻撃できるモンスターがいれば、狙えます。

相手に破壊されたい「魔界台本」ですが、
「オープニング・セレモニー」や「魔王の降臨」なら手札を補給することができます。

「ニゲ馬車」なら、そのままダイレクトアタックができますね。
_20160813_140833


【黒子(エクストラデッキ)について】
ファイルにあるランク4が枯渇していたので、今回は用意しませんでした。

もし用意するなら、ランク4やランク7でいいでしょう。


【あとがき】
「魔界劇団」デッキを作ってみました。
ブログの記事は「魔界台本」の2番目の効果に比重を置きすぎましたね。

作り始めの頃は、「DDD 呪血王サイフリート」やレベル7の悪魔族をシンクロできるように、「DDオルトロス」、「DDケルベロス」、「エキセントリック・デーモン」を入れた混ぜ物で考えていましたが、最終的には抜け落ちて、ほぼ純粋に近い形になりました。

皆さんは、どんな劇団をプロデュースしますか?

最後まで、読んでいただきありがとうございました。


【デッキレシピ】反逆の旗を掲げる「堕天使」デッキ!


どうも「開封力のないブログ主」のハイロンです。
「第2回 1BOX開封合戦」の結果は、22名中21位!
(シタカラ、カゾエタホウガ、ハヤイヨ~)
あまりの結果に、闇堕ちしてしまいそうです(笑)

今回は、「ブースターSP デステニー・ソルジャーズ」で登場した「堕天使」デッキを紹介したいと思います。
_20160809_115759


正直に言って、これでいいのか?と思いますが、「堕天使」デッキの構築に悩んでいる人のためになるのならと思い、紹介しておきます。

【デッキレシピ】
〈モンスター19枚〉
神獣王バルバロス×3
堕天使スペルビア×2
堕天使ゼラート×1
堕天使マスティマ×2
堕天使イシュタム×3
堕天使アムドゥシアス×2
終末の騎士×1
レベル・スティーラー×2
カードガンナー×3

〈マジック15枚〉
おろかな埋葬×1
堕天使の追放×3
トレード・イン×3
アドバンスドロー×2
堕天使の戒壇×3
死者蘇生×1
非常食×2

〈トラップ6枚〉
背徳の堕天使×2
魅惑の堕天使×1
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
No.63 おしゃもじソルジャー×1
森羅の姫芽宮×2
幻獣機ドラゴサック×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×1
覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン×1
No.15ギミック・パペット―ジャイアントキラー×1
神竜騎士フェルグラント×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1
No.102 銀河眼の時空竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.35 ラベノス・タランチュラ×1
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1

【デッキの動かし方】
簡単に言うと
・墓地へ「堕天使」カードを落とす。
・「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚。
・新規の「堕天使」モンスターの共通効果を使う。
の3つになります。

■墓地へ「堕天使」カードを落とす
「堕天使マスティマ」
「堕天使イシュタム」
「堕天使アムドゥシアス」
「終末の騎士」
「カードガンナー」
「おろかな埋葬」
「トレード・イン」
「背徳の堕天使」
「魅惑の堕天使」
を使って、「堕天使」カードまたは、「堕天使」モンスターを墓地へ送ります。

特に「堕天使」モンスターを送る場合は、後々の展開も考えてなるべく「堕天使スペルビア」を優先するようにしましょう。


■「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚する
_20160809_120040

「堕天使の戒壇」や「死者蘇生」、「リビングデッドの呼び声」を使って、「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚します。

墓地から「堕天使スペルビア」を特殊召喚すると、さらに墓地から天使族を特殊召喚できるので、
レベル8を特殊召喚するとランク8のエクシーズモンスターになれますし、
それ以外の新規の「堕天使」モンスターでも、次で紹介する共通効果を使えます。

■新規の「堕天使」モンスターの共通効果を使う
新規の「堕天使」モンスターには、

相手ターンでも発動できますが、
1000ライフを払うと墓地の「堕天使」魔法・罠カードの効果を適用できる効果を持っています。
その後、適用した墓地のカードをデッキに戻します。

サーチ・蘇生・除去・コントロール奪取と揃っているので、状況にあわせて使いわけましょう。

ちなみに、
サーチ→「堕天使の追放」
蘇生→「堕天使の戒壇」
除去→「背徳の堕天使」
コントロール奪取→「魅惑の堕天使」になります。

なお、ライフを1000払う必要がありますが、「堕天使」罠カードを適用する場合のリリースコストは不要になります。

また、「堕天使の戒壇」の効果を「堕天使」の共通効果で適用する場合で、「堕天使スペルビア」を特殊召喚する時、「堕天使スペルビア」の墓地から天使族を蘇生する効果はタイミングを逃します。

これは、共通効果を使った後に、「堕天使」カードをデッキに戻す処理が入るためで、注意が必要です。


【採用したカードについて】
■神獣王バルバロス
_20160809_115948

「トレード・イン」や「アドバンスドロー」の対象を広げるために、採用しています。

また、通常召喚権が残りやすいので、妥協召喚して、「アドバンスドロー」のコストにしてもいいし、3体リリースを狙い、相手のフィールドを丸裸にすることもできます。

3体のリリース素材は、「堕天使スペルビア」を墓地から特殊召喚し、墓地からさらに新たな天使族を特殊召喚して、そのうちどちらかのレベルを1つ奪って「レベル・スティーラー」を墓地から特殊召喚すると、揃えることができます。

■レベル・スティーラー
「堕天使」モンスターのレベルを揃えたり、「レベル・スティーラー」2体で、ランク1のエクシーズモンスターになったり、アドバンス召喚のリリース素材になったりできます。

「堕天使ゼラート」や「終末の騎士」、「カードガンナー」、「おろかな埋葬」でこのモンスターを墓地へ送ったり、通常召喚権を使って、セットしておいて、戦闘破壊されて墓地へ送られるように持っていきましょう。

■非常食
こちらは、新規の「堕天使」モンスターの共通効果のライフを調達するために使います。

また、手札で不要な「堕天使」魔法・罠カードやドローカード等を処理しながら、ライフに変えるという役割もあります。

■エクストラデッキについて
ランク8を中心に、ランク1、ランク6、ランク7、ランク10を用意しておくといいでしょう。

エクストラデッキは、今の私のファイルで用意できる最大限のカードを選びました。
結構、エクシーズモンスターは、限界に近づいています。
(ランク6は他のデッキで使う可能性があるので、外しました。)
なので、エクストラデッキについては、もう少し汎用性のカードで固めてください。


【あとがき】
「堕天使」デッキは、スピードルールだと意外と回るかもと思ったりしてます。

「堕天使」デッキは、召喚権が余るので、召喚時に効果を発動できるモンスターを入れてもいいかもしれません。

私の場合は、バルバロスや終末の騎士、レベル・スティーラー、カードガンナーにしました。

まだ、試していませんが、金銀ガジェットとエクストラデッキに「武神帝―ツクヨミ」を入れるのもいいかもしれません。
_20160809_122158

よく、ヘカテリスやヴァルハラが入っているデッキを見ますが、私は以下の理由から不採用としました。

・墓地へ送って蘇生という「堕天使」デッキのコンセプトから外れている。
→採用されているのは、手札事故防止の意味合いが強い気がする。
・ヴァルハラは、モンスターがいない状態でしか使えない。
→大量展開した後は邪魔になる(発動できない)。
・「堕天使」は、墓地へ送れないのなら、手札にある方がまだ何かしらできる。
→手札に残していると「堕天使」モンスターや「堕天使」罠カードのコストになれる。
・複数枚、手札に来ても処理に困る。
→手札事故の元になる。
・手札入れ替えカードで、引いてしまうとガッカリする。
・少し高騰している。

以上の理由から、少し自分には合っていないのかなと思って不採用にしてます。
(そのおかげで、別のカードを入れることを考える機会が生まれました。)


「カードガンナー」の枠は、「クリバンデッド」でもいいですが、
メインフェイズで発動できる&カード1枚ドローできる可能性があるので、私は落とす枚数は劣りますが、「カードガンナー」の方を採用しました。


少しでも皆さんのデッキ作りの参考になればと思い、長々と書かせてもらいました。

これで「堕天使」デッキの紹介を終わります。
最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。


ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2