ハイロン研究所(Hylon Research Station)

ハイロン研究所は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、大喜利などをメインにお届けしています。

魔法使い族

【遊戯王デッキレシピ】魔力カウンター+ペンデュラム効果!「魔導獣」デッキ!!


「エクストリーム・フォース」が発売してから完成したデッキから紹介したいと思います。
今回紹介するテーマデッキは、「魔導獣(マジックビースト)」です。

「魔導獣」は、簡単に言うと、魔法使い族のペンデュラムモンスターですが、ペンデュラム召喚を前提としていない変わったテーマで、片方のペンデュラムゾーンにカードが存在しない場合に発動できるペンデュラム効果と魔力カウンターを貯めて戦うスタイルなのが特徴です。

そんな「魔導獣」に「魔導書」を混ぜて作ってみました。

【採用したカードについて】
■魔導獣 マスターケルベロス×3
_20171016_121802
光属性・レベル8で、このデッキのボス。

モンスター効果は、
・魔法カードが発動したら魔力カウンターが2つ乗る。
・自分フィールドに魔力カウンターが4つ以上ある場合、マスターケルベロスが効果で破壊されなくなる。
・自分フィールドの魔力カウンターを4つ取り除くと相手フィールドのモンスターを除外して、相手ターン終了時まで、その元々の攻撃力分アップ。
の3つの効果を持っています。


魔力カウンターが4つ以上で、強力な力を発揮するのですが、まず「魔導獣 マスターケルベロス」を出さないことには、話にならないので、出すための3つのルートをこのデッキでは用意しました。

●ペンデュラムルート
「魔導獣 マスターケルベロス」のペンデュラム効果を使って、「魔導獣 キングジャッカル」をサーチ。

そして、「魔導獣 キングジャッカル」のペンデュラム効果を使って、エクストラデッキに行った「魔導獣 マスターケルベロス」を特殊召喚するというルートです。

こちらは、「魔導獣 マスターケルベロス」が手札にある時に使えるので、覚えておくといいでしょう。

●ジャッカルルート
_20171016_121615
「魔導獣 ジャッカル」のモンスター効果は、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いてリリースすると、デッキから「魔導獣」効果モンスターを特殊召喚できるので、こちらの効果を使ってでも、「魔導獣 マスターケルベロス」を特殊召喚できます。

なお、「魔導獣 ジャッカル」は、魔法カードを発動した時に、乗せれる魔力カウンターは1個ですが、「魔導加速」を使えば、一気に3つ乗せることができます。

●テンペルルート
_20171016_121513
こちらのルートは、「魔導召喚士 テンペル」の効果を使って、「魔導獣 マスターケルベロス」の特殊召喚を狙います。

「魔導召喚士テンペル」は、「魔導書」を発動したメインフェイズ時に、自身をリリースするとデッキから光属性または闇属性の魔法使い族・レベル5以上のモンスターを特殊召喚できる効果を持っているので、それを利用します。

魔力カウンターを気にせずに、「魔導書」1枚発動しておくだけで、簡単に特殊召喚できるという点が利点でしょう。

ただ、「魔導召喚士テンペル」の効果を使うターンには、レベル5以上のモンスターを特殊召喚できないので、上記のルートですでに特殊召喚してしまっている時にはこのルートは使えませんので、注意が必要です。


■魔導獣 キングジャッカル×3
_20171016_121656
闇属性・レベル6で、「魔導獣」のナンバー2。

モンスター効果は、
・魔法カードが発動したら魔力カウンターが2つ乗る。
・1ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを2つ取り除くと、相手モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。
の2つの効果を持っています。


効果モンスターメタの効果を持っているので、魔法・罠カードに対応できる「トーラの魔導書」を伏せておいて、自分フィールドに維持しておきたいですね。

このモンスターも上級モンスターですが、ジャッカルルートやテンペルルートで出すことが可能です。


■魔導獣 メデューサ×2
_20171016_121333
使うのはペンデュラム効果がメインで、墓地から魔力カウンターを置くことができるモンスター1体を特殊召喚して、魔力カウンターを1つ置くという効果です。

普通に使っていたら、蘇生できるモンスターがいないですが、「ジェット・シンクロン」の手札コストや「魔導加速」&「調律」を使うと上記のペンデュラムモンスターが落ちていることがあるので、それを狙います。

また、シンクロ召喚した「アーカナイト・マジシャン」を蘇生できれば、すぐに効果を使うことができます。


■魔導獣 ガルーダ×2
_20171016_121429
ペンデュラム効果は、魔法・罠カード除去。
モンスター効果は、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて、このカードを特殊召喚して、召喚・特殊召喚に成功したばかりの相手モンスターを手札に戻す効果を持っています。

どちらもカード除去効果なので、1枚で2役をこなせる器用さがあります。


■ジェット・シンクロン×3
_20171016_121238
レベル6の「魔導獣 キングジャッカル」とレベル1のチューナーをシンクロ素材にすれば、「アーカナイト・マジシャン」が出せるので、それ目的です。

「調律」でサーチもできるし、手札1枚捨てれば墓地から特殊召喚もできて、場合によってはリリース要因にもなれます。


■魔導術士ラパンデ×1
墓地へ送られた時に、デッキからレベル3の「魔導」モンスターを手札に加えれるので、それで「魔導召喚士テンペル」を加えます。

「ジェット・シンクロン」や「魔導加速」、「調律」、「ルドラの魔導書」などで墓地へ送って、サーチという流れがいいでしょう。

ただ、強制効果なので、1枚だけの採用にしました。


■魔導書
魔導書院ラメイソン
グリモの魔導書
ヒュグロの魔導書
ルドラの魔導書
トーラの魔導書
の5種類を採用。

この中では、ペンデュラムモンスターと「ルドラの魔導書」との相性が悪いですが、そこは手札の「魔導書」カードを墓地へ送ったり、通常召喚したペンデュラムモンスターなら「副話術士クララ&ルーシカ」になったりすることで、ある程度は解消できます。
(「魔導書士 バテル」を入れれば、早い話ですが、残念ながらバテル難民です。)


■ペンデュラム・パラドックス×1
「魔導獣」ペンデュラム効果を使っていたら、自然とエクストラデッキにたまっていくので、発動機会はあります。

ただ、2枚以上ないと発動できないので、1枚で様子見してます。


■エクストラデッキについて
紹介したサンプルレシピでは、「アーカナイト・マジシャン」と「ブラック・ローズ・ドラゴン」以外は、特に必須カードが見当たらないので、レベル7やレベル5のシンクロモンスターを中心に、自由に組むといいと思います。

あとは、通常召喚したペンデュラムモンスターを「ルドラの魔導書」で送れるモンスターに変えることができる「副話術士クララ&ルーシカ」あたりがあるといいかなと言ったところです。

エクシーズモンスターは、充分な魔力カウンターが足りていない時に出すような感じで、ランク8を中心に、ランク6やランク4といったあたりがあるといいかなと言ったところです。


では、最後にサンプルレシピの紹介です。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
魔導獣 マスターケルベロス×3
魔導獣 キングジャッカル×3
魔導獣 メデューサ×2
魔導獣 ガルーダ×2
魔導召喚士 テンペル×3
ジェット・シンクロン×3
魔導術士 ラパンデ×1
魔導獣 ジャッカル×3

〈マジック17枚〉
魔導書院ラメイソン×1
おろかな埋葬×1
調律×2
グリモの魔導書×1
ヒュグロの魔導書×2
ルドラの魔導書×3
ペンデュラム・パラドックス×1
死者蘇生×1
トーラの魔導書×2
魔導加速×3

〈トラップ3枚〉
威嚇する咆哮×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター6枚
HSRチャンバライダー×1
ジェット・ウォリアー×1
アーカナイト・マジシャン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1

■エクシーズモンスター7枚
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1
No.40 ギミック・パペット―ヘブンズ・ストリングス×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1
No.107 銀河眼の時空竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1

■融合モンスター1枚
彼岸の巡礼者 ダンテ×1

■リンクモンスター
副話術士クララ&ルーシカ×1

以上が「魔導獣」のサンプルレシピの紹介になります。

発売した時に作ったため「アストログラフ・マジシャン」などは入っていませんが、追々入れていきたいと思います。
(あとは、「魔導書士 バテル」あたりも。)


では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】アップデート:「ブラック・マジシャン」デッキ!


今回、紹介するサンプルレシピは、
「ブラック・マジシャン」デッキのアップデート版です。
_20170703_143326
ちなみに、アップデート前のサンプルレシピはこちら↓
【デッキレシピ】黒魔術師の再演!「ブラック・マジシャン」デッキ!!(2017年2月5日投稿)
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69127865.html

では、前回からのサンプルレシピの改良版が、こちらです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
ブラック・マジシャン×3
アストログラフ・マジシャン×2
幻想の見習い魔導師×3
クロノグラフ・マジシャン×2
妖精伝姫―カグヤ×3
妖精伝姫―シンデレラ×1
マジシャンズ・ロッド×3
マジシャンズ・ローブ×1
見習い魔笛使い×3
調律の魔術師×1

〈マジック13枚〉
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
魔術師の再演×2
魔術師の右手×1
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×2
イリュージョン・マジック×2

〈トラップ5枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
永遠の魂×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター7枚
アーカナイト・マジシャン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
スターダスト・ドラゴン×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1
魔王龍 ベエルゼ×1
覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン×1

■融合モンスター1枚
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン×1

■エクシーズモンスター7枚
マジマジ☆マジシャンギャル×1
風紀宮司ノリト×1
幻想の黒魔導師×1
No.89 電脳獣ディアブロシス×1
真紅眼の鋼炎竜×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×2

【変更点】
■アストログラフ・マジシャン
_20170703_143223
「ブラック・ホール」の採用&緩和で発動できる機会が増えたのと、ランク7を作る目的があって投入。

「クロノグラフ・マジシャン」と同様に、モンスター破壊への保険として手札で備えるのが基本です。

■妖精伝姫―カグヤ
_20170703_143125
サーチ効果もありますが、手札バウンス効果を使った後に、「クロノグラフ・マジシャン」や「見習い魔笛使い」の効果で特殊召喚するという戦術がとれることに気づいて採用。

手札バウンス効果を使えなかったとしても、カグヤが戦闘・効果破壊されれば、そこは「アストログラフ・マジシャン」や「クロノグラフ・マジシャン」の発動トリガーになるので、いろいろとできそうです。

■妖精伝姫―シンデレラ
3体目の「妖精伝姫―カグヤ」でサーチする用。
また、「ワンダー・ワンド」を採用していることもあって、1枚採用しました。

■見習い魔笛使い
「妖精伝姫―カグヤ」の効果や「アストログラフ・マジシャン」のサーチ効果、「魔術師の再演」の対象モンスターということで、前回から1枚増やし、3枚体制に。

■ブラック・ホール
準制限への緩和もありますが、相手モンスターを除去しつつ、自分のモンスターが破壊された時に手札から特殊召喚できるペンデュラムモンスターを能動的に発動できるため採用。
また、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」を墓地へ送ったり、エクストラモンスターゾーンを空けるために使うこともできます。

■オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン
_20170703_143023
ランク7の強化のため採用。

「ブラック・マジシャン」デッキで、「永遠の魂」を採用している場合、それを割られて自分のフィールドのモンスターを全て破壊されるというリスクがあるので、その対応策が必要となってきます。

その対応策として、このサンプルレシピでは、「アストログラフ・マジシャン」や「クロノグラフ・マジシャン」を入れてますが、破壊されないモンスターや破壊された(墓地へ送られた)場合に、効果を発動するモンスターの採用も考えられます。

今回のデッキレシピのアップデートでは、破壊された(墓地へ送られた)場合に、効果を発動するモンスターとして、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」を追加。
さらに、アブソリュートから出せる「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」と「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」も一緒に採用しました。

攻撃を無効にする効果もあって、
これにより、防御面を強化する形に。

■No.89 電脳獣ディアブロシス
_20170703_142919
ランク7の強化その2。
相手のエクストラデッキに干渉できて、裏側で除外できる効果が3つある今年のコレクターズパックで登場したナンバーズです。

使ってみたかったのと「ブラック・マジシャン」デッキの戦術を増やすために投入してみました。

■レッドデーモンズ・ドラゴン・スカーライト
レベル8シンクロモンスターの強化。
新マスタールールの適用でいろんなデッキを崩したことで、フリーになっていましたので獲得。

リンクモンスターを採用していないこともあり、「魔王龍 ベエルゼ」が優先されることが多いかもしれませんが、トークンの処理等、複数のモンスターを展開された時の活躍に期待してます。


【あとがき】
シングルで買った「ルドラの魔導書」を入れようと思ったのがきっかけで、再構築を始めましたが、

ルドラは入らず、そのまま「ワンダー・ワンド」を使い続ける結果になってしまいました…笑

まあ必要な枠で考えたら、「ワンダー・ワンド」の方がスリム化できてしまいますから、当然と言えば当然かな。


一応、「アストログラフ・マジシャン」の採用でペンデュラム召喚もできるようになりましたが、手札に持っておく方がいろいろとできるので、無理に狙う必要はないでしょう。

以上で、「ブラック・マジシャン」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】黒魔術師の再演!「ブラック・マジシャン」デッキ!!


前回、カード考察をした「魔術師の再演」を入れたサンプルレシピの紹介です。
「魔術師の再演」を「ブラック・マジシャン」デッキに入れて作り直してみました。
_20160610_115649


そのサンプルレシピはこちらです↓
〈サンプルレシピ〉
〈モンスター20枚〉
ブラック・マジシャン×3
幻想の見習い魔導師×3
クロノグラフ・マジシャン×2
マジシャンズ・ロッド×3
マジシャンズ・ローブ×2
見習い魔笛使い×2
グローアップ・バルブ×1
エフェクト・ヴェーラー×2
調律の魔術師×2

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
死者蘇生×1
魔術師の再演×3
魔術師の右手×2
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×2
イリュージョン・マジック×2

〈トラップ6枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
永遠の魂×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター9枚
アーカナイト・マジシャン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×1
ゼラの天使×1
クリムゾン・ブレーダー×1
魔王龍 ベエルゼ×1
水晶機巧-グリオンガンド×1

■エクシーズモンスター6枚
マジマジ☆マジシャンギャル×1
風紀宮司ノリト×1
虚空の黒魔導師×1
幻想の黒魔導師×1
幻獣機ドラゴサック×1
真紅眼の鋼炎竜×1

【サンプルレシピについて】
〈デッキ戦術〉
■基本形
_20170204_235452
「黒の魔導陣」を発動した後に、「ブラック・マジシャン」を展開する
全ては、これから始まると言ってもいいでしょう。

まずは、基本形を作るために、
「黒の魔導陣」は、「マジシャンズ・ロッド」でサーチし、
「ブラック・マジシャン」は、「幻想の見習い魔導師」、「イリュージョン・マジック」でサーチして、準備をします。

準備ができたら、「黒の魔導陣」を発動して、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚していきますが、
その方法としては、
●「見習い魔笛使い」の効果を使う。
●「クロノグラフ・マジシャン」の効果を使う。
●相手ターンで「マジシャンズ・ローブ」の効果を使う。
●「マジシャンズ・ナビゲート」を発動する。
●「永遠の魂」を発動する。
などがあります。

なお、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚すると、「黒の魔導陣」の2番目の効果で相手フィールドのカード1枚を除外できるので、お忘れずに!

「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できれば手札や場の状況次第で、次から紹介するシンクロ召喚やエクシーズ召喚へ駒を進めることもできます。

■シンクロ召喚
_20161005_111934
このデッキで採用したチューナーは、全てレベル1なので、レベル7やレベル8のシンクロモンスターを作っていきます。

●レベル7のシンクロモンスター
比較的簡単に特殊召喚できる「幻想の見習い魔導師」をシンクロ素材にします。
(もちろん、「クロノグラフ・マジシャン」でも構いません。)
一番のオススメは、相手のフィールドのカードを2枚破壊できる「アーカナイト・マジシャン」です。
「ブラック・マジシャン」がいる時は、効果を使った後すぐにランク7にすると無駄がありません。

●レベル8のシンクロモンスター
「ブラック・マジシャン」をシンクロ素材にします。

チューナーが闇属性の「調律の魔術師」なら「魔王龍 ベエルゼ」、「黒の魔導陣」の除外効果とシナジーがある「ゼラの天使」あたりがいいでしょう。

■エクシーズ召喚
_20161005_112111
ランク6やランク7になることができます。

採用はしませんでしたが、レベルの分布からランク1やランク2も用意してもいいかもしれません。

●ランク6のエクシーズモンスター
「クロノグラフ・マジシャン」の効果を使って、「幻想の見習い魔導師」を特殊召喚したりなどで並べることができます。
ただし、レベル6が2体並ぶ機会は少ないです。

エクシーズ先は、魔法・罠カードの発動を無効にできる「風紀宮司ノリト」がいいでしょう。

●ランク7のエクシーズモンスター
「マジシャンズ・ナビゲート」で、「ブラック・マジシャン」を2体並べたり、レベル7のシンクロモンスターとともに、エクシーズ素材とする形がベストです。

さらなる「ブラック・マジシャン」を展開したければ「幻想の黒魔導師」、「永遠の魂」のデメリット緩和&バーンなら「真紅眼の鋼炎竜」あたりが狙い目になるでしょう。


【個別カードについて】
■クロノグラフ・マジシャン、見習い魔笛使い
これらのカードは、実は「ブラック・マジシャン」を特殊召喚するだけでなく、「永遠の魂」のデメリット効果が発動した時に、手札にモンスターがいれば、アフターケアができるという役割もあります。

特に「クロノグラフ・マジシャン」は手札で待機できるので、保険になります。

ちなみに、「クロノグラフ・マジシャン」は、ランク6にこだわらなければ、「アストログラフ・マジシャン」でもいいと思います。

■イリュージョン・マジック
前回のデッキレシピでは、入れていませんでしたが、手札から「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できる上記のカードが加入したので、採用しています。

■魔術師の再演
このデッキではどちらの効果も積極的に使えます。
1番目の効果で、
「調律の魔術師」
「エフェクト・ヴェーラー」
「見習い魔笛使い」
「マジシャンズ・ローブ」
あたりが蘇生対象になります。

2番目の効果は、「幻想の見習い魔導師」の特殊召喚する時のコストとして捨てれば、「ブラック・マジシャン」と「魔術師の右手」をサーチすることもできます。

■水晶機巧―グリオンガンド
「ブラック・マジシャン」にダブルチューニングすれば、ワンチャン出すことができるので、実験的に入れております。


以上が「魔術師の再演」を入れた「ブラック・マジシャン」のサンプルレシピの説明になります。
いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【デッキレシピ】あなたはどの娘とフュージョンする!?「召喚獣ガール」デッキ!!


「召喚獣」を使ったデッキレシピ第2段です。
前回紹介した「超量召喚獣」は、面白さはあったものの安定性に少し不安感がありました。
(申し訳ないです。)

その反省点を踏まえて、最近「召喚獣」デッキを作り直しました。

どうやらアレイスター君は、超量戦隊をクビになった後、秘密の花園に迷いこんだようです。

では、サンプルレシピを見てみましょう。


【サンプルレシピ】
_20161203_101649

〈モンスター18枚〉
サイレント・マジシャンLv8×1
妖精伝姫―シンデレラ×2
チョコ・マジシャン・ガール×3
アップル・マジシャン・ガール×2
Emハットトリッカー×1
召喚師アレイスター×3
沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン×2
召喚僧サモンプリースト×1
ベリー・マジシャン・ガール×3

〈マジック17枚〉
暴走魔法陣×3
テラ・フォーミング×3
おろかな副葬×3
召喚魔術×3
ワンダー・ワンド×3
サイレント・バーニング×2

〈トラップ5枚〉
迷い風×1
仁王立ち×2
神の警告×1
神の宣告×1

_20161203_101605


〈エクストラデッキ編〉
〈融合モンスター11枚〉
召喚獣カリギュラ×2
召喚獣コキュートス×2
召喚獣ライディーン×1
召喚獣プルガトリオ×1
召喚獣メルカバー×2
召喚獣メガラニカ×2
召喚獣エリュシオン×1

〈エクシーズモンスター4枚〉
※ランク4ならご自由に
No.82 ハートランドラコ×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1
Emトラピーズ・マジシャン×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1


【サンプルレシピについて】
おやおや、アレイスター君が迷いこんだ花園は、どうやら美少女の魔法使い族の女の子がたくさんいるところのようですね。

〈召喚獣編〉
■召喚師アレイスター
_20161116_110801

召喚するだけで、「召喚魔術」をサーチできます。

召喚した後は、「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」や「ワンダー・ワンド」のコストにして、墓地へ送るといいでしょう。

■暴走魔法陣
「召喚師アレイスター」をアクセスできる&融合召喚を安全に行えるフィールド魔法。

「テラ・フォーミング」を合わせると、「召喚師アレイスター」を含めて、実質9枚体制になります。

■召喚魔術
_20161116_110848

いろんな娘とフュージョンできる魔法カード。
(おい、その表現やめろ!)

手札融合の場合は墓地へ送られ、
自分フィールドor自分・相手の墓地のモンスターを素材に使う場合は、除外されることを覚えておきましょう。

特に「召喚師アレイスター」は、このカードで回収できるので、手札の減りを抑えることができるので、自分フィールドor自分の墓地から除外することを心がけたいです。


〈美少女魔法使い編〉
■沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン
_20160603_173234

まず、手札の数×500アップする効果と魔法を1回無効にできる効果があるので、何としても維持はしたいです。
なので、手札の数が重要になります。
(たとえ、手札の枚数が少なくて、思うように攻撃力が上がらなくても、「サイレント・マジシャンLv8」が控えてます。)

手札の増やし方ですが、
「召喚師アレイスター」を召喚して、「召喚魔術」をサーチした後、「ワンダー・ワンド」のコストにするだけで、1枚は増えています。

後は「召喚魔術」で、除外されている「召喚師アレイスター」を回収したり、「サイレント・バーニング」を発動できるときに発動したり、「おろかな副葬」で墓地へ落とした「サイレント・バーニング」を除外して、「サイレント・マジシャン」をサーチして、手札をなるべく減らさないようにはできます。

このモンスターの横に「召喚獣メルカバー」がいれば最高ですね。

「サイレント・マジシャン」関連は、光属性なので、「召喚獣メルカバー」になれます。

■マジシャン・ガールズ
_20161203_015623

攻撃対象になった時に、何かしらの効果が発動します。
あくまで牽制程度に考えてもらえればと思います。

「チョコ・マジシャン・ガール」は、魔法使い族限定の手札入れ換え&「召喚獣コキュートス」の素材になれる水属性です。

「アップル・マジシャン・ガール」は、墓地の「マジシャン・ガール」を回収できて、「召喚獣プルガトリオ」の融合素材の炎属性です。

「ベリー・マジシャン・ガール」は、デッキから「マジシャン・ガール」をサーチ&「召喚獣メガラニカ」になれる地属性です。

なお、「ベリー・マジシャン・ガール」は、「召喚師アレイスター」の項目で説明したカードをそのまま使えたりします。


■妖精伝姫―シンデレラ
_20161203_015534

手札の魔法カードを1枚捨てるだけで、このモンスターに「ワンダー・ワンド」を装備できます。

不要な「テラ・フォーミング」や「召喚魔術」、「サイレント・バーニング」などをコストに「ワンダー・ワンド」に変えて、2枚ドローという形ができます。

墓地へ送った後は、もちろん「召喚獣メルカバー」の融合素材にするといいでしょう。

「召喚僧サモンプリースト」も、不要な魔法カードの処理をしながら、エクシーズ召喚という形で入っています。

〈その他〉
■Emハットトリッカー
ランク4のエクシーズ素材&「ワンダー・ワンド」&融合素材用に1枚入れています。

■迷い風、仁王立ち
「おろかな副葬」用&妨害するために入れています。

「迷い風」は、特殊召喚されたモンスターに対するメタです。

「仁王立ち」は、攻撃対象を移し替えることができないので、「マジシャン・ガール」に使う場合は特殊召喚だけになりますが、牽制&時間稼ぎとしては充分でしょう。


【あとがき】
デッキレシピは、今年発売されたパックから魔法使い族を集めたオールスターみたいな感じになってしまいました。

枠がないけど、風属性代表で「WW」を入れてみるといいかもしれません。

前回の「超量召喚獣」デッキの反省点を踏まえて、作り直してみました。

「超量」といい、「マジシャン・ガール」といい、やはり属性がバラけているカテゴリーに出張させやすいですね。

「召喚獣」は、しばらく秘密の花園で暮らせそうな予感です。

(私もこんな花園へ行きたい(笑)!)

以上で、「召喚獣ガール」デッキの紹介を終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。







ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2